競馬予想@競馬総合情報

競馬予想@競馬総合情報!、競馬予想で的中ラッシュするためにいろいろな視点からを作成しています。競馬予想データ、競馬ニュース、競馬情報など

    banazz

    馬体診断

    NHKマイルC予想|2021年|注目馬の馬体診断


    ヤフーニュースの馬体診断と気になった馬を扱っています。




    batais





    注目馬の馬体診断ニュース


    「広告」馬体はここで学べ
    ハピネス
    2021-04-14_00h19_22






    ヤフー(引用元)
    https://news.yahoo.co.jp/articles/437e03c3d1df20e62ae54b4aa2a2332cdcc109b8

     バスラットレオン A
     
     腹袋の大きいキズナ産駒。つなぎも短くかき込みの利いたフットワークで、長くいい脚が使えるタイプだ。厳寒期はなかなか重めが取れず、体形を加味してもかなりボテッと映っていた。しかし、暖かくなって新陳代謝が良くなったことで研ぎ澄まされてきた。年明け4走目になるが、余分な脂肪が取れて筋肉質。心身のバランスが取れて充実している。  

     1週前のケイコも申し分なく、状態に関してはデビュー以来一番の印象だ。あとはつなぎの短さや走法から、全体時計が速くなる分はいいが、適度に上がりがかかる流れがベター。タフさが生きる舞台なら好戦必至だ。(馬サブロー栗東・吉田順一)  

    〈1週前追い切り診断〉
     藤岡佑を背に栗東坂路で4F50秒5-36秒5-12秒2(G強め)。テンから好ラップを刻んで、最後まで力強い伸び脚を見せた。充実した出来にある。

    ヤフー(引用元)
    https://news.yahoo.co.jp/articles/eeb3d584bf07270026179e0ca7a245c2925222d6
     バスラットレオン 90
     
     デビュー8戦目、今年に入って3戦もしているのに馬体減りは全くない。トモの筋肉は朝日杯FS時よりも盛り上がっています。後膝の上部、人間で言えば股の部分に大きなくびれができるほど臀部(でんぶ)が発達している。

     レースキャリアを積みながら体をつくってきたのです。アゴっぱりがいいので食欲が旺盛。回復も早いのでしょう。朝日杯時にはなかったゆとりを感じさせる立ち姿です
    ヤフー(引用元)
    https://news.yahoo.co.jp/articles/fc4554ebf91c3928a2ec37953146b089291ca964
     シュネルマイスター A評価

    張りのある体と、丸みのある臀部(でんぶ)。太めの首差しに胸前も厚い。筋肉質でがっちりとした体形からもスピードに特化しているつくり。お腹回りに多少の緩みは感じられるが、肌の質感は非常に良好で、当週の追い切りできっちりと整ってくるだろう。

     全体的なバランスも申し分なく、抜群の気配に映る。舞台は違えど、2戦目のマイル戦の内容が強烈。2F延長で挑んだ弥生賞ディープインパクト記念は2着。連対確保と悪くない内容ながらも、ラストの伸びには物足りなさがあった。ためて運んでこその脚質で、直線の長い舞台なら、さらに躍動する可能性は高い。(馬サブロー美浦・石堂道生)

     〈1週前追い切り診断〉嶋田(レースはルメール)を背に美浦Wで5F63秒6-37秒0-12秒3(直強)。大きく前を走る2頭を目標に進み内に潜ったが、手応え、勢いの違いを見せつけるようにあっさりと抜き去った。時計、動きの迫力ともに申し分なく、成長著しい。
    ヤフー(引用元)
    https://news.yahoo.co.jp/articles/71fcb8ae9828583faecb05e56453407e3e515e2d
     シュネルマイスター 90点評価
      
     幼さの中に非凡さもうかがえる立ち姿。キ甲が抜けていないし、筋肉にも鍛える余地があります。顔つきも子供。その半面、とてもバランスが取れていて、各部位が滑らかにリンクされています。柔らかい筋肉で丸みを帯びた体つき。成長が楽しみな逸材です。

    ヤフー(引用元)
    https://news.yahoo.co.jp/articles/3c5f14bc131bebbe67097b45a20679aeb5938e0c
     ルークズネスト B評価
     
     500キロ前後のモーリス産駒だが、父と同じ毛色で4本とも白い爪。脚質不問で柔軟性があり、長くいい脚を使えるタイプだ。短めでたくましい首差しと筋肉量の多いごつさを感じさせる前腕に比べると、トモの股部分の膨らみが気持ち足りない。また、爪自体も相当に薄くなっており、完全に軌道に乗るのは父と同様に年をひとつ重ねてからというイメージは強い。とはいえ、未勝利勝ち後はゆったりしたローテーションを維持。筋肉質であばらを見せており、前走の状態はキープしている。(馬サブロー栗東・吉田順一)
     〈1週前追い切り診断〉
     幸を背に栗東CWで6F77秒9-36秒9-11秒9(馬なり)。多少内めを回ったとはいえ、水曜で2番目に速い時計を楽々とマークした。徐々にスピードを上げる理想的なラップを刻み、身のこなしも非常にしなやか。今の落ち着きっぷりなら、マイルでも十分に対応は可能だろう。
    ヤフー(引用元)
    https://news.yahoo.co.jp/articles/3c5f14bc131bebbe67097b45a20679aeb5938e0c
     ルークズネスト 95点評価
     
     子は親を映す鏡といいますが、それにしてもよく似ている。ルークズネストは父モーリスの姿を鮮やかに映し出しています。圧倒的な骨量と筋肉量。特にトモと胸前は鎧(よろい)をまとったようにいかつい。たくましい腹袋、根を張ったように安定した首差し。四角張ったマイラー体形も父と同じです。キ甲はまだ抜けきっていませんが、大きくて幅がある。抜けてくれば、さらに迫力が増すでしょう。

     馬体診断でモーリスに触れたのはG1に出走した4~5歳時。精かんな顔つきでした。ルークズネストは3歳馬だけに優しさが残る顔ですが、アゴっぱりは父譲り。食欲も旺盛なのでしょう。よく食べるから立派な体ができるのです。

     ボリューム満点の上半身とは対照的に下半身はいささか寂しい。膝(前肢)から下、飛節(後肢)から下が小づくり。前肢のつなぎにももう少し遊びが欲しい。下半身も立派だった父に比べると頼りない。それでも前後肢のバランスは取れています。子は親を映す鏡。父モーリスの傑出したマイラーの姿を映し出す馬体です。




    管理人的にはルークズネスト




    「広告」先週のTENKEIの無料予想が天皇賞春的中させていました

    「管理人確認済み」

    ※ 無料公開された予想
    2021-05-05_11h52_00



    2021-05-05_11h53_11




    指定サイトにフリーメールを入れれば無料予想ゲットできます。
    TENKEIの無料予想をゲットしに行く!!


    天皇賞春予想|2021年|注目馬の馬体診断


    ヤフーニュースの馬体診断と気になった馬を扱っています。




    batais





    注目馬の馬体診断ニュース


    「広告」馬体はここで学べ
    ハピネス
    2021-04-14_00h19_22






    ヤフー(引用元)
    https://news.yahoo.co.jp/articles/72490272aaa8e72ca0bf759851035fe15a2b731e

     ワールドプレミア A
     
     3カ月ぶりだった前走の日経賞(3着)は、体つきこそすっきりと仕上がっていたが、まだ皮膚が厚ぼったく良化途上との印象だった。それが今回は、下腿(かたい)の血管がはっきりと浮き上がっている。加えて、うっすらとあばらが見えており、皮膚の薄さは前走時に比べると雲泥の差だ。  

     肩の上腕三頭筋と上腕筋や、トモの大腿二頭様筋(だいたいにとうようきん)と半腱半膜様筋(はんけんはんまくようきん)の段差がくっきりとしており、ひと叩きされた上積みは大きい。臀部(でんぶ)の上部に銭形の斑点が浮き出ているように、申し分のない状態に仕上がっている。(馬サブロー栗東・竹原伸介)  
    〈1週前追い切り診断〉

     福永を背に栗東CWで7F95秒5-37秒2-12秒4(一杯)。ポタジェ(4歳オープン)を0秒8追走して併入。体を大きく使えており、動きに力強さも出てきた印象。前走からの上積みは大きい。


    ヤフー(引用元)
    https://news.yahoo.co.jp/articles/bc26c3db2a6696c7761548651c06dd3bc2a6eb64
     ワールドプレミア 95
     
     ワールドプレミアは全ての面で昨年の有馬記念(5着)を上回っています。筋肉が浮き立つほどたくましい体つきに変わりました。

     特にトモの筋肉量が増えている。毛ヅヤも数段良くなりました。散漫な立ち方から姿勢を正した力強い立ち方になったのも好ましい。背も腹下も長いステイヤー体形。距離も今回の方が向いています。
    ヤフー(引用元)
    https://news.yahoo.co.jp/articles/3ac2d76a405b98eb7131e3a3c9bc0ab78b3bd4f9
     アリストテレス B評価

     脚長のスラッとした体形で、480キロ前後の馬体重とは思えないほど細身に見えるところはいつも通り。人間に置き換えるとマラソンランナーのような体つきをしており、かなりの長距離適性を示している。

     今年3戦目という臨戦過程もあるが、前走の阪神大賞典(7着)から馬体としては大きく変わっていない。唯一、トモから下腿(かたい)部の血管がくっきりと浮き出ている点が、前走時よりも良化した部分だろう。

     まだキ甲(※1)が抜け切っておらず成長の余地を残しているが、3歳時のトモ高の体形に比べると、現在はキ甲とほぼ平行。少しずつ大人の体つきになってきた。(馬サブロー栗東・竹原伸介)

     〈1週前追い切り診断〉ルメールを背に栗東CWで6F84秒8-38秒1-12秒5(仕掛け)。シエラネバダ(6歳1勝クラス)を0秒6追走して併入した。力強いフットワークで、迫力十分の動き。軽く追われると俊敏に反応した。前走で大敗した影響は感じられず、状態は引き続き良好だ。

     (※1)「キ甲」とは首と背の境の膨らんでいる部分。幼いうちは目立たないが、成長すると隆起してきてよく分かるようになる。この部分が隆起してよく見えるようになることを「キ甲が抜ける」と表現される。

    ヤフー(引用元)
    https://news.yahoo.co.jp/articles/aae8b55ab614d473494ab8dd50fef0eb15caba1e
     アリストテレス 95点評価

     古代ギリシャの哲学者と同名のアリストテレスは悟りを開いたような穏やかな顔つきになりました。昨年の菊花賞時は神経質そうに白目をむき、耳に力を入れ、鼻こうをとがらせていましたが、今回は落ち着き払っている。馬体の張りも素晴らしい。長距離馬にしては首が太いが、疲れのたまりづらい柔軟な筋肉が補っています。


    ヤフー(引用元)
    https://news.yahoo.co.jp/articles/5b18f3e78066b447b0d7ef507f249837fbdd0d84
     ディープボンド A評価
     
      【ディープボンド A】前走の阪神大賞典で、昨年の京都新聞杯以来となる10カ月ぶりの勝利。2カ月半ぶりで10キロ増の馬体だったものの、全体的に筋肉量が増えたためと推察でき、太め感はなかった。当時も毛ヅヤは良かったが、今回はさらにピカピカになってきた。肩に浮き出た血管も前走時にはなかったもの。皮膚が薄くなり、1段上の状態に仕上がっている。
     3歳時は脚の長い体形で体長よりも体高が長く、純粋なステイヤーとは言えないバランスをしていたが、首をスラッと長く見せるようになったのは長距離適性に関していい傾向と言えるだろう。500キロ前後の大型馬の割に、短距離馬のようなガッチリとした筋肉ではないこともプラスに評価できる。(馬サブロー栗東・竹原伸介)

     〈1週前追い切り診断〉和田竜を背に栗東CWで6F79秒6-37秒9-12秒3(一杯)。テンザワールド(7歳3勝クラス)を0秒3追走して0秒4先着した。弾むようなフットワークで、活気あふれる動き。追われてからの反応も素早かった。休み明けをひと叩きされて、気配はさらに上向いている。

    ヤフー(引用元)
    https://news.yahoo.co.jp/articles/e56ac79f019178eb5d10554f79b0d714ba3f4d56
     ディープモンスター 95点評価
     
     ディープボンドは昨年の菊花賞(4着)時に比べて毛ヅヤが抜群に良くなりました。よほど体調がいいのでしょう。キズナの産駒は総じてあまり見映えしませんが、この馬はとてもバランスのいい体つきです。穏やかな顔つきは長距離戦に臨むのにふさわしい。腹下は長くないが、背中にゆとりがある体形も長距離向きです。




    管理人的にはディープボンド




    「広告」先週のTENKEIの無料予想がフローラS的中させていました

    「管理人確認済み」

    ※ 無料公開された予想
    2021-04-27_11h09_15



    指定サイトにフリーメールを入れれば無料予想ゲットできます。
    TENKEIの無料予想をゲットしに行く!!









    桜花賞予想|2021年|注目馬の馬体診断


    ヤフーニュースの馬体診断と気になった馬を扱っています。




    batais





    注目馬の馬体診断ニュース


    「広告」馬体はここで学べ
    必勝!万馬券ちゃんねる

    2021-03-24_14h08_37





    ヤフー(引用元)
    https://news.yahoo.co.jp/articles/676544742ea2805c03a0e921a3baa21fbe71fc7b

     ソダシ A
     
     デイリー杯クイーンC週の2月11日に始動。チューリップ賞を挟むのかと思わせるぐらい早い調整だが、これはテンションの維持と、つなぎが硬いためケアが必要なことが要因。ゆったりしたローテーションがベストと判断したからだろう。

     徐々に負荷をかけて切れを増長させるメリハリの利いた調整過程。白毛馬や爪が四本とも白い馬は筋肉が緩まないことが多いが、当馬はあばらを見せて極限まで絞り込んだ姿形だ。それでいてテンションが上がっていないのは、陣営の調整過程がうまくいった証し。気性+馬体からぶっつけ本番の不安は皆無だ。(馬サブロー栗東・吉田順一)

     〈1週前追い切り診断〉吉田隼を背に栗東坂路で4F52秒4-38秒5-11秒8(一杯)。先行する僚馬2頭を内からあっさりとかわして鋭く伸びた。中間の乗り込みも順調。仕上がりは上々だ。
    ヤフー(引用元)
    https://news.yahoo.co.jp/articles/8d3536ed829493ab2c4d76b640f063a19dd71dd8
     ソダシ 95
     
    桜花賞を待たずに散ってしまった里桜が再び一重の大輪を咲かせたような純白の輝き。ソダシは昨年の阪神JF時の毛ヅヤを保っています。その美しさに目を奪われると見落としてしまいますが、白毛の内側に隆起した大きな筋肉も昨年と変わっていません。

     父クロフネ×母の父キングカメハメハの血統を体現するダート馬のような体つき。スピードや切れ味よりもパワーを感じさせます。芝のレースで白星を重ねてきたのは筋肉の質が繊細だからです。被毛と同色の白覆面の間から黒い目がカメラマンをにらみつけています。気性の強そうな目の輝きも2歳時と一緒です。

     変わってきた点もあります。サトノレイナスほどではありませんが、キ甲も少し抜けてきました。立ち姿も大人びている。強いて難を言えば、腹周りに阪神JF時のようなゆとりがない。休み明けの牝馬だけにもう少し余裕が欲しい。

    ヤフー(引用元)
    https://news.yahoo.co.jp/articles/943893cff3107a872f349341865e2e31039d3548
     サトノレイナス A評価

      2歳時は体に緩さが残っていたが、全体的に輪郭がはっきりとして筋肉量とのバランスが非常にいい。背丈が伸びてだいぶキ甲(※1)が抜け、確かな成長を感じさせるつくり。肌にも張りがあって体調も良さそう。1週前としては申し分ない仕上がりに映る。

     スラッとした体形で、恐らく距離が延びてこその素材ではあるが、クラシックは素質の高さで上回れる時期。現状の走りのレベルならここも期待は大。(馬サブロー美浦・石堂道生)

     〈1週前追い切り診断〉ルメールを背に美浦Wで5F64秒5-36秒8-12秒1(馬なり)。2頭を追い掛けて内に潜ったが、脚力の違いであっさりと前へ。スピード、切れともに素晴らしく、持ったまま矢のような伸び脚。時計も速く、体調に隙はない。

     (※1)「キ甲」とは首と背の境の膨らんでいる部分。幼いうちは目立たないが、成長すると隆起してきてよく分かるようになる。この部分が隆起してよく見えるようになることを「キ甲が抜ける」と表現される。
    ヤフー(引用元)
    https://news.yahoo.co.jp/articles/63f34773319dc324d0b215ed25bcda8a8c119b5c
     サトノレイナス 100点評価

     桜と共に樫の女王にも手が届く驚異の成長力だ。鈴木康弘元調教師(76)がG1有力候補の馬体を診断する「達眼」。「第81回桜花賞」(4月11日、阪神)ではサトノレイナスに唯一満点をつけた。達眼が捉えたのは先週の大阪杯を制したレイパパレと同じ部位の進化。昨年の阪神JFでは白毛の女王ソダシの鼻差2着に敗れたが、劇的な馬体の変化がリベンジを可能にする。

     馬名には名付け親であるオーナーの願いが込められています。サトノレイナスの「レイナス」とはスペイン語で「女王たち」。1人の女王を意味する「レイナ」ではなく、複数形の「レイナス」と命名したのはなぜか。ビロードのような薄い皮膚に包まれた馬体がその理由を語ってくれます。

     ひと目で素質の高さが伝わってくるバランスの整った体。首から背中、腰にかけて流麗なトップラインを描いています。その輪郭にはしなやかな走りを可能にするディープインパクト産駒らしい柔軟な筋肉。背中と腹下の奥行きはマイル路線を一緒に歩んできた同期のライバルと一線を画している。中長距離適性を示す“長背長腹”の体形です。桜花賞と共にオークスも期待できる、桜と樫の女王候補。春の牝馬2冠獲りを可能にするのが3歳春を迎えての目覚ましい成長ぶりです。

     昨年の阪神JF時には抜けていなかったキ甲(首と背中の間の膨らみ)が発達してきた。それに合わせて首差しが奇麗に抜け、肩やトモも盛り上がっています。大阪杯で大金星を挙げたレイパパレの馬体診断でもキ甲が発達したと指摘しましたが、レイナスも大人の体つきに変わってきた。トモ(脛=すね)と前肢(前腕部)の筋肉にうっすらと浮き出る血管。阪神JF時には見られなかった。ビロードのような薄い皮膚を持つ馬が鍛え込まれると、こういう血管が映るのです。毛ヅヤも前走時より輝いている。

     顔つきには気性の成長が表れています。穏やかに耳を立て、ゆとりをもってハミを受けながら、目には獲物を追うような鋭い光を宿しています。可愛い目がプロの競走馬らしい目つきに変わった。

     4カ月の休養明け。腹周りには多少余裕がありますが、1週前の馬体だけにこれでちょうどいい。今週のひと追いと阪神への輸送で絞れるからです。複数の女王を意味するレイナス。まずは桜の女王へ、非の打ちどころがない体つきになりました。 

    ヤフー(引用元)
    https://news.yahoo.co.jp/articles/ef84dbe37915589608afba983b8efc17249319ee
     アカイトリノムスメ B評価
     
     デビュー戦こそ敗れたが、立て直してから目下3連勝中。微増ながらも一戦ごとに体を増やしての出走には好感も、まだ肌のつくりは幼さがあって、目付きもキツい。現状は能力でカバーしている印象だけに、心身が伴えばさらなるレベルアップがありそう。体自体は無駄なく仕上がっている。
    (馬サブロー美浦・石堂道生)

     〈1週前追い切り診断〉横山武を背に美浦Wで5F67秒0-39秒8-12秒3(馬なり)。滑らかなフォームのまま、一気の伸び脚。馬体もたくましくなっており、状態は前走以上と言える。


    ヤフー(引用元)
    https://news.yahoo.co.jp/articles/7f54cc0ebdc5a07847b3033ca278886524ce6ae7
     アカイトリノムスメ 90点評価
     
      アカイトリノムスメはハワイの赤い鳥「アパパネ」にあやかった3冠牝馬の娘。偉大な母が鹿毛なら娘は黒鹿毛ですが、毛ヅヤは抜群にさえています。母よりひと回り小ぶりの450キロ前後の馬体。小さくても首差しが良く抜けているし、トモ、特に臀部(でんぶ)が発達しています。

     馬体のつくりが硬かった母とは対照的に、娘はとても柔らかい体つき。ただし、腹周りには余裕がありません。初の関西遠征でこれ以上細くならなければいいのですが…。



    ヤフー(引用元)
    https://news.yahoo.co.jp/articles/c1eeae5837e8362cde2b3f5b3f49f01081f010b3
     エリザベスタワー B評価
     
     同世代にシュネルマイスターがいるキングマン産駒。日本での子どもはマイル以下がベストの印象だ。

     当馬も牝馬で500キロを超す雄大な馬格を誇り、力感のあるボリューム満点のシルエット。体質の強さに負荷をかけてくる高野厩舎の調整が相乗効果を生み、鍛えれば鍛えるほど強くなりそうだ。

     チューリップ賞からさらに臀部(でんぶ)はふっくらとし、マイル~二千ぐらいで長くいい脚が使えそうな姿形になってきた。舌がハミを越すなどの口向きの難しさは、トライアビットハミとノーズバンドでかなり修正。あとは多少タフな設定になれば浮上してくる。(馬サブロー栗東・吉田順一)

     〈1週前追い切り診断〉栗東坂路で4F53秒5-39秒1-12秒5(一杯)。テンからスムーズに折り合い、ラストまでしっかりと伸びた。出来は充実している。
    ヤフー(引用元)
    https://news.yahoo.co.jp/articles/00fe9328df861e6d20ce925ff55c34b3d0876446
     エリザベスタワー 85点評価
     
      まだキ甲が抜けていないし、首差しも細い、発展途上の馬体。それでも、ボリューム感は満点です。特に肩とトモには大きな筋肉をつけています。ハミを着けず、モグシ(簡易頭絡)だけで立っているため緊張感は伝わりませんが、気の強そうな目をしています。



    管理人的にはサトノレイナス




    「広告」先週のイマカチの無料予想が大阪杯的中させていました

    「管理人確認済み」

    ※ 無料公開された予想
    2021-04-04_16h04_22


    ※ 的中実績
    予想を信じて買った馬券
    2021-04-04_19h17_25

    ある意味完璧すぎた。

    指定サイトにフリーメールを入れれば無料予想ゲットできます。
    イマカチの無料予想をゲットしに行く!!





    大阪杯予想|2021年|注目馬の馬体診断


    ヤフーニュースの馬体診断と気になった馬を扱っています。




    batais





    注目馬の馬体診断ニュース


    「広告」馬体はここで学べ
    必勝!万馬券ちゃんねる

    2021-03-24_14h08_37





    ヤフー(引用元)
    https://news.yahoo.co.jp/articles/fc6d4261e2ae3c5c838587e028af0acb54f4de8e

     グランアレグリア A

     マイルCSから大きな変化はなし。強いてあげれば、腹回りがシャープに映るくらいか。前肢と後肢のバランスが良く、四肢でしっかりと踏みしめて胸を張る姿は、王者の風格すら漂わす。柔らかい筋肉をまとい、しっとりとした質感。精神的にもゆとりが出ており、高いレベルで状態キープ。(馬サブロー美浦・佐野裕樹)  
    〈1週前追い切り診断〉
     
     杉原(レースはルメール)を背に美浦Wで5F68秒0-40秒6-12秒9(馬なり)。以前は前に馬を置くとガツンと行くこともあったが、今は折り合い、フォームともに乱れなし。直線も意識的に後ろに構えたが、スムーズな加速から切れのある伸び脚を披露。体の張り、ツヤも良く、状態は文句なし。
    ヤフー(引用元)
    https://news.yahoo.co.jp/articles/32d01b8731665279fe7f4e99c536e838d6aeaf0f
     グランアレグリア 100
     
     競馬は最高の推理小説である――と言ったのは競馬評論家の故・大川慶次郎氏だったか。集めた状況証拠(予想の手がかり)を組み立てて事件の真相(レースの結末)に迫るのが競馬の推理。果たして短距離界のチャンピオンは中距離にも対応できるのか。グランアレグリアの写真にルーペを向けながら事件の謎を解明できない探偵の気分を味わってます。  

     マイルから未経験の2000メートルに延びる春初戦。距離克服の可否を馬体から解き明かしてほしい…との依頼が持ち込まれました。馬体写真から読み取れる解明の手がかりは2つ。「体形」と「表情」です。  

     まず「体形」。馬の目利き10人がグランアレグリアの体つきを見れば、おそらく10人ともスプリンターと思うでしょう。太い首、肩とトモには岩のような大きな筋肉。ダウンジャケットでも着込んだような厚みを増しています。一昨年の桜花賞時に476キロだった体重は昨年の安田記念で492キロ、スプリンターズS、マイルCSでは500キロを超えました。体重増は筋肉の増量分。加齢とともに筋肉マッチョなスプリンター体形が完成したのです。  

     スプリンターがマイルの古馬G1を強い競馬で連勝できたのはなぜか。コントロールが利く気性だからです。2つ目の手がかり「顔つき」が示すのは穏やかな気性。桜花賞時には耳を前方へ強く立てて前向きさをのぞかせていましたが、年を経るごとにおとなしくなってきた。馬の目利き10人が今回の顔つきだけを見れば、おそらく10人とも中距離型だと思うでしょう。ハミも着けず引き手を遊ばせながら涼しい顔で立っている。どこにも力みがない。藤沢和雄厩舎の教育の成果です。  

     スプリンター色が強まった体形と、中距離馬をイメージさせる顔つき。満点の仕上がりとはいえ、相反する手がかりから2000メートル克服の可否を見抜くのは難しい。浮沈の鍵はレース序盤。少しでもファイトすれば距離の壁にぶつかります。リラックスして走れれば壁は越えられる。力みひとつない穏やかな顔つきから後者の可能性が高いかもしれない。金田一耕助や明智小五郎にも解き明かせない結末。だから、競馬は最高の推理小説なのです。(NHK解説者)
    ヤフー(引用元)
    https://news.yahoo.co.jp/articles/32d01b8731665279fe7f4e99c536e838d6aeaf0f
     コントレイル A評価

     ジャパンC(2着)以来4カ月ぶりだが、馬体から昨秋3戦の激闘の疲れは感じられず、しっかりとリフレッシュされたようだ。当時に比べると背丈が高くなり、前駆にもボリューム感が増した。  

     以前は若干きゃしゃな印象があったが、全体的にパワーアップしている。それでも上腕三頭筋(じょうわんさんとうきん)の輪郭がくっきりとしており、下腿(かたい)の血管も浮き出て皮膚の薄さが感じられる。太め感のない仕上がりだ。  

     相変わらず毛ヅヤの光沢は十分で、トモに丸みがあるのも好感が持てる。100%に近い状態だろう。馬体が大きくなったとはいえ、体高と体長のバランスは変わっておらず、芝2000~2400メートルがベストの条件という印象もそのまま。今回は適鞍と言える。 (馬サブロー栗東・竹原伸介)  
    〈1週前追い切り診断〉
     福永を背に栗東CWで6F78秒6-37秒0-12秒4(馬なり)。トゥオトゥオ(3歳未出走)を1秒4追走して1秒先着、テンカハル(3歳1勝クラス)を1秒追走して0秒9先着した。前半のラップが速かったが、直線では馬なりのままグイグイと伸びた。ひと追いごとに気合乗りも良化。九分以上の仕上がりで出走できそうだ。
    ヤフー(引用元)
    https://news.yahoo.co.jp/articles/9dce60959f3254051bad4768013270323a7fcdb4
     コントレイル 100点評価

     コントレイルは青春小説の主人公のように試練や挫折を乗り越えて成長しています。昨年のJCで初黒星を喫してから4カ月。休養がプラスになったのでしょう。馬体はJC以上にフックラと丸みを帯びています。特にトモと首差しのボリュームが増してきた。それでいながら、筋肉の柔らかさは3歳春と変わらない。きついレースを重ねても柔軟性を失っていません。  

    「空を飛ぶような走り」。

     父ディープインパクトも主戦・武豊騎手がこう表現したほど弾力のある柔らかな筋肉の持ち主でした。450キロそこそこの体に全ての部位が無駄なく滑らかにリンクされた機能性の高さも父譲り。レースで少し行きたがる面まで一緒です。菊花賞では緩いペースに掛かり気味になっての辛勝。初めての試練でした。JCでは行きたがるのを抑えた分だけ後手に回って2着。初めての挫折でした。  

     巻き返しを期す舞台は最も距離適性の高い2000メートル。筋肉の張りが目立つ古馬となって偉大な父にまた一歩近づくでしょう。馬体写真に写っているのは、試練や挫折を糧に成長する青春小説の主人公の姿です。

    ヤフー(引用元)
    https://news.yahoo.co.jp/articles/b192bd1a5bf69e5816aa2b27164c85a9955e2fdf
     レイパパレ B評価
     
     前走のチャレンジCで初の2000メートルを克服し、デビュー5連勝で重賞を制覇した逸材。3歳時には細身で脚長の体形をしていたが、4カ月の休養で馬体がボリュームアップ。浅胸筋(せんきょうきん)の発達は以前から牡馬顔負けだったが、全体的には牝馬らしい、しなやかな体つきをしており、馬体をふっくらと見せている点も強調できる。  

     馬体のバランスから見るとマイラー寄りの体形をしているが、純粋なマイラーと比較すると首が細くて長い。そのため芝1600~2000メートルが適距離と思える。肩の上腕三頭筋(じょうわんさんとうきん)の部分にうっすらと血管が浮き出ており、仕上がりは九分以上だ。 (馬サブロー栗東・竹原伸介)  

    〈1週前追い切り診断〉
     栗東坂路で4F55秒5-40秒2-12秒6(G強め)。タイセイポジション(3歳1勝クラス)との併せ馬で半馬身先着。相変わらずキビキビとした素軽さ満点のフットワークは目につく。仕上がりは上々だ。


    ヤフー(引用元)
    https://news.yahoo.co.jp/articles/30e321782b3c0d7f1df40bf4acd2b1cfbc4890d1
     レイパパレ 95点評価
     
     サンショウは小粒でも…のことわざを地で行くような馬体。レイパパレは420キロそこそこの体重しかありませんが、ボリューム満点の筋肉をつけています。

     発達したキ甲(首と背の間のふくらみ)と肩に合わせて首差しもきれいに抜けている。大人の体つきです。力みのない立ち方も心強い。5戦5勝の成績にふさわしい姿です。


    ヤフー(引用元)
    https://news.yahoo.co.jp/articles/b192bd1a5bf69e5816aa2b27164c85a9955e2fdf
     サリオス A評価
     
     太い首差しに、盛り上がった肩回りの筋肉は、これ以上ないほどの強靱(きょうじん)さ。それに合わせてトモのボリュームも増しており、きれいな長方形のバランスを保てている。あばらがうっすらと浮き出ているように、以前のような体から受ける重たさはなくなった。前走時もかなり締めた感じだったが、中間のハードトレで、一段と締めた印象だ。肌もピカピカで、体調はかなりいい。
    (馬サブロー美浦・佐野裕樹)  
    〈1週前追い切り診断〉
    松山を背に美浦Wで5F65秒6-37秒8-11秒9(仕掛け)。カフェクラウン(5歳3勝クラス)を0秒8追走から、楽々と抜き去り2馬身先着。入念な乗り込みを消化して、馬体、動きともに迫力を増している。
    ヤフー(引用元)
    https://news.yahoo.co.jp/articles/0780c9868814afbf598d4add420646afdca02e1c
     サリオス 90点評価
     
     サリオスは3歳春の時点で完成度の高い馬体でした。古馬になっての成長こそ感じられませんが、素晴らしい張りを保っています。毛ヅヤも満点。少し余裕がある腹周りも今週の追い切りと輸送で絞れるでしょう。穏やかにハミを受けた立ち方も頼もしい。マイラー体形ですが、安定した気性から中距離もこなせるでしょう。



    管理人的にはレイパパレ



    「広告」先週のTENKEIの無料予想が高松宮記念的中させていました

    「管理人確認済み」

    ※ 無料公開された予想

    2021-03-30_22h31_20

    ※ 的中実績
    2021-03-31_11h04_16

    ある意味完璧すぎた。

    指定サイトにフリーメールを入れれば無料予想ゲットできます。
    TENKEIの無料予想をゲットしに行く!!





    朝日杯フューチュリティステークス予想|2020年|注目馬の馬体診断


    ヤフーニュースの馬体診断と気になった馬を扱っています。




    batais





    注目馬の馬体診断ニュース

    ヤフー(引用元)
    https://news.yahoo.co.jp/articles/2469c14e444decbddf0bc9e51c2fdb312f0a0c79

     レッドベルオーブ A

     中型サイズのディープインパクト産駒だが、クビ差しが長く、胴長&脚長のスラッとしたシルエット。必要最低限の筋肉を身にまとい、パッと見は非力な印象を受けるほどだ。ただ、管囲の細い脚を考慮すれば、これ以上筋肉をつけると脚元に負担がかかってくるのも事実。また、つなぎも長めで少しクッションが硬めなことを考慮すれば、絶妙なバランスと言っていいだろう。
     目つきは鋭く、ハミをかんでいる顔立ちからは、やはり気性は勝ち気。依然、折り合いに課題を残している現状で、マイルがベストだろう。前走同様のシルエットを維持しており、状態は高いレベルで安定している。

    (馬サブロー栗東・吉田順一)

     〈1週前追い切り診断〉福永を背に栗東CWで5F68秒9-38秒5-12秒4(馬なり)。エイカイファントム(2歳1勝クラス)を0秒4追走して0秒2先着。余分な力みがなく、直線の加速も滑らか。1週前としては動き、気配ともに申し分ない。
    ヤフー(引用元)
    https://news.yahoo.co.jp/articles/9cfbb1cb6bb098f94e18e9e9828911ad50f5626b
     レッドベルオーブ 90
     
     レッドベルオーブはディープインパクト産駒らしい均整の取れた体つきです。頭から尾まで流れるような輪郭を描くアカ抜けた体形。馬体重470キロ前後と大きくはありませんが、各部位が機能的にリンクされています。玄人好みの馬体と言っていいでしょう。
     筋肉の量はさほど目立ちませんが、その分、質が高い。疲れのたまりづらい柔軟さ、瞬発力を生み出す繊細さを兼備した筋肉。この極上の筋肉が2戦連続レコード勝ちをもたらしたのでしょう。

     ただし、立ち姿には力が入りすぎています。白眼でカメラマンをにらみながらハミを気にして口を開き、尾は上げ気味。ナーバスな面がうかがえる。レースで冷静に走れるかが浮沈の鍵です。
    ヤフー(引用元)
    https://news.yahoo.co.jp/articles/04001f173d85eecdbb3dc10d457c3a61bb2128f4
     モントライゼ B評価

     地面の傾斜+前重心のため、いつも以上にトモ高の姿形だが、ダイワメジャー産駒らしい筋肉隆々の馬体を誇示。関東遠征後だが馬体減りはなく、前腕とトモのボリュームはキープしている。首差しや背中が短めで回転の速い走りだが、ストライドは多少稼げる走法。時計の出る舞台ならマイルは十分に守備範囲だろう。

     とはいえ、少し破折(※1)気味の脚元からすれば、速いラップが求められる流れは厳しく、前走のような前受けで踏ん張る競馬が理想。よどみのない適度に上がりがかかる流れを演出したいところだ。

    (馬サブロー栗東・吉田順一)

     〈1週前追い切り診断〉栗東坂路で4F52秒4-38秒8-12秒8(一杯)。京王杯2歳Sを快勝した反動はなく、元気に駆け上がってきた。好調を維持している。

     (※1)「破折」とは、爪の前面(あるいは背面)の蹄壁の角度とつなぎの角度が違っている馬のこと。
    ヤフー(引用元)
    https://news.yahoo.co.jp/articles/a88c24c2a7742ba560031d6550eb338c927758f6
     モントライゼ 85点評価
     
     親に似ぬ子なしといいますが、どこが似るかは人それぞれ。馬も似る箇所は異なります。モントライゼは父ダイワメジャーにそっくりなのは臀部(でんぶ)。

     トモの筋肉の中核ともいうべき臀筋は非常に発達しています。トモのパワーを受ける飛節も立派。顎っぱりがいいので食欲旺盛なのでしょう。ただし、腹袋は物足りない。


    どちらも、評価高いですよね。
    管理人的におすすめなのは
    モントライゼは距離かなって感じはしますね。

    好きなのはレッドベルオーブかな。







    「広告」最近激アツの無料予想ありサイトを見つけました
    誰でもフリーメールを用意すればかんたんに予想がゲットできます。

    勝ち馬常勝理論
    (某パチスロライターの番組ではないw)



    「無料予想結果」←管理人確認済み。
    180点をどう考えるか?

    12月13日(日)
    中山3R 的中
    結果→ 13-1-14
    「22,190円」×200円
    →「4万4380円」の払い出し

    180点

    中山4R 的中
    結果→ 16-14-17
    「59,200円」×200円
    →「11万8400円」の払い出し

    180点


    中京1R 的中
    結果→ 16-11-7
    「48,440円」×200円
    →「9万6880円」の払い出し



    このページのトップヘ