競馬予想@競馬総合情報

競馬予想@競馬総合情報!、競馬予想で的中ラッシュするためにいろいろな視点からを作成しています。競馬予想データ、競馬ニュース、競馬情報など

    banazz

    馬体診断

    皐月賞|2022年|注目馬の馬体診断


    ヤフーニュースの馬体診断と気になった馬を扱っています

    batais




    注目馬の馬体診断ニュース


    「広告」最近おすすめの競馬サイト
    万馬券TOTTA

    皐月賞の馬体診断
    (気になった馬をヤフーニュースから引用しています)


    ヤフー(引用元)
    https://news.yahoo.co.jp/articles/bb0ad34d92ab3ea0403e17ad5a19ce7399e92ce9
     ドウデュース 評価A
     
     朝日杯FS、弥生賞ディープインパクト記念ともに筋肉隆々でコロンとした姿形。全体的にメリハリがなかったことや、カキ込みの利いた走法からもマイラー色が濃かったのは確かだ。  ハーツクライ産駒で成長曲線はもう少し先かと判断していたが、今回はまるで別馬かと思うぐらいのシルエット。首が適性の位置ということもあるが、キ甲(※1)が抜けて前腕から肩にかけての繊維がくっきり。皮膚の厚ぼったさはなく、あばらを見せて筋肉質の馬体を誇示している。トモの丸みは少し足りないが、これは週末と当週追いで膨らむ見立て。さらに、りりしい顔つきで貫禄が出てきた。
    (馬サブロー栗東・吉田順一)  

    〈1週前追い切り診断〉
     武豊を背に栗東CWで6F82秒2-36秒5-11秒2(一杯)。追走して僚馬2頭の内へ。迫力満点のフットワークでグングン加速して2馬身突き放した。馬体も力感を保ちながらすっきりと見せ、前回からの上積みはかなり大きい。  
    (※1)「キ甲」とは首と背の境の膨らんでいる部分。幼いうちは目立たないが、成長すると隆起してきてよく分かるようになる。この部分が隆起してよく見えるようになることを「キ甲が抜ける」と表現される。
    ヤフー(引用元)
    https://news.yahoo.co.jp/articles/592603da4c13124d22010208d010347eb4a47114
     ダノンベルーガ 評価A

     適度なボリュームがあって張りは十分。馬体のバランスとしてはほぼ均等で、背中のラインもいい意味で緩やか。少し重心は高いものの、回転の利いたフットワークが特徴的。無駄に筋肉でガチッと固まることを懸念していたが、柔軟さを感じられる点は何よりだ。スケールという点で今年のメンバー構成ではひとつ出ている感はある。共同通信杯からの直行でも攻め気配は断然今回の方が上。仕上がりはほぼ万全とみる。
    (馬サブロー美浦・石堂道生)  

    〈1週前追い切り診断〉

     川田を背に美浦Wで6F83秒4-36秒9-11秒1(馬なり)。抜群の推進力で先行したグランプレジール(3歳未勝利)をとらえると、相手を上回る手応えと脚勢のまま、最後は矢のような伸びを披露した。右トモの不安は全く感じさせず、馬体&動きともに迫力満点。前走以上の出来で臨めそうだ。
    ヤフー(引用元)
    https://news.yahoo.co.jp/articles/191fb7bf38df53c7d852bc35bc4042adbcc24982
     イクイノックス 評価B
     
     バランスは前駆が勝っていて、腹袋もしっかりとしている。毛ヅヤはピカピカで、透き通るような肌の質感。毛色の影響もあって、見栄えのするタイプだ。  跳びが大きく、距離は延びてこその印象があり、前回からの1F延長は全く問題なさそう。レースぶりからも徐々にギアが上がっていくような感じで、広い舞台が似合う素材。器用さが求められる中山内回りの対応がひとつのポイントだろう。(馬サブロー美浦・石堂道生)  
    〈1週前追い切り診断〉
     ルメールを背に美浦Wで7F98秒2-37秒2-11秒4(馬なり)。長めを意識して乗られたが、直線は追われるパラダイスリーフ(6歳3勝クラス)相手を尻目に持ったまま躍動した。相手に合わせる感じだったが、やる気になればいくらでも動きそうな勢いだった。馬体に重苦しさも一切なく、万全の仕上がりと言える。
    ヤフー(引用元)
    https://news.yahoo.co.jp/articles/1fdc32cb0b108ba0940d48fc8317c38ab47b4b19
     アスクビクターモア 評価B
     
     胴が詰まり気味で、バランスとしては無駄なくギュっとまとまった体形。それでも筋肉だけで固まってはおらず、肌の質感からも柔らかみが見てとれる。柔軟なバネが特長で、可動域の広いフットワークは美浦トレセンの中でも際立つものだ。  
     レース間隔を開けつつも、続けて同じ舞台で結果を残し、本番へ向けて文句なしの臨戦過程。目付きが少しきついことから、メンタル面がひとつのポイントになるかもしれない。(馬サブロー美浦・石堂道生)  
    〈1週前追い切り診断〉

     美浦Wで6F82秒7-37秒2-11秒5(仕掛)。単走ながら迫力満点のフットワーク。全身を無駄なく使って、直線で促すとしっかり反応して真っすぐに伸び切った。体の緩さが抜けて、全体的にメリハリが出てきたのも成長の証しだ。

    ヤフー(引用元)
    https://news.yahoo.co.jp/articles/7066c267444e7afc1c7bcf540be3445dc9d373ef
     キラーアビリティ 評価B
     
     2歳時は2~3カ月の間隔をとりながら4戦。2度の敗戦を糧にG1を奪取した。今回は約3カ月半ぶりだが、首差しや腹回りに緩みはなく、あばらをしっかりと見せている。ただ、撮影角度や前重心の影響もあるが、前走時に比べると臀部(でんぶ)がへこんで丸みがやや足りない感じも。長距離輸送を加味しながら、週末と当週の調整過程を吟味したいところだ。  前走と同じく接着装蹄だが、爪の状態は悪くなさそう。破折(※1)気味の爪や脚の使いどころから、中山の芝二千はベストに近い印象だ。
    (馬サブロー栗東・吉田順一)  

    〈1週前追い切り診断〉
     横山武を背に栗東CWで6F81秒7-37秒7-11秒4(一杯)。バーデンヴァイラー(4歳オープン)、ドンフランキー(3歳オープン)と併入した。追い比べからいったん前に出た際にフワッとする面は見せたが、全体的な動きは上々。ひと追いごとに良化を示している。  (※1)「破折」とは、爪の前面(あるいは背面)の蹄壁の角度とつなぎの角度が違っている馬のこと。
    管理人的にはアスクビクターモア




    バカみたいに無料予想を調査しているからわかる

    今週がおすすめの無料競馬情報サイト1社を紹介します。
    (今週の無料予想の公開が期待される1サイト)


    匠の万馬券

    2022-01-14_13h44_08



    大阪杯|2022年|注目馬の馬体診断


    ヤフーニュースの馬体診断と気になった馬を扱っています。




    batais




    注目馬の馬体診断ニュース


    「広告」最近おすすめの競馬サイト
    アーニングインデックス

    高松宮記念の馬体診断
    (気になった馬をヤフーニュースから引用しています)


    ヤフー(引用元)
    https://news.yahoo.co.jp/articles/63c4d079ec8c9032e30a83063e871e1fb9f02060
     エフフォリア 評価A
     
     厚みを増した首回りや、盛り上がった肩の筋肉は鍛え直した成長の証し。それに比べるとトモの張りや、もうひと締まりできる腹回りから、有馬記念のようにギンギンに仕上げたといった感じではない。  それでも、前駆の強いスタイルにならず、うまくバランスを保てているのは好感が持てる。今季の始動戦であれば、ある程度の余裕は当然。覇気を感じさせる立ち姿からも、この馬本来のパフォーマンスを発揮できるだろう。
    (馬サブロー美浦・佐野裕樹)  

    〈1週前追い切り診断〉
     横山武を背に美浦Wで6F83秒1-37秒2-11秒6(直一)。前2頭を目標に進み、直線はビシッと追われて力強い伸び脚。まだ反応に甘さはあるが、加速してからの迫力はこの馬本来の姿。体も徐々に引き締まってきており、最終追いできっちりと仕上がりそうだ。
    ヤフー(引用元)
    https://news.yahoo.co.jp/articles/c5ffe36520300dfaf9271b2aefed37ea9c28b9e4
     ジャックドール 評価B

     デビュー以来、芝2000メートルだけを使われて9戦6勝、2着2回、5着1回の好成績。5連勝で金鯱賞を制し、ここへ駒を進めてきた。モーリス産駒らしい骨太のガッチリとした体形で、500キロ超の大型の馬体は迫力を感じる。前駆の浅胸筋(せんきょうきん)と上腕三頭筋(じょうわんさんとうきん)の輪郭がくっきりとしており、筋肉質の馬体は目を引く。  3歳春当時は歩様に力強さを欠いていたが、今は成長に見合うパワフルな歩様も手に入れた印象だ。今回、馬体の張りは十分で、ビロードのように輝く毛ヅヤは前走時以上に感じられる。  体高に比べて体長が長く、芝2200メートルまでなら対応できそうだが、首が太くて若干短いため芝1800メートルやマイルの方が長い距離よりも力を発揮できそう。もちろん今回の芝2000メートルはベストの条件だ。
    (馬サブロー栗東・竹原伸介)
     〈1週前追い切り診断〉

     間隔が詰まっているため、1週前追い切りは行っていないが、27日の栗東坂路で4F55秒5-40秒6-12秒8(馬なり)をマーク。レコードで走った反動はなさそうだ。

    管理人的にはレッドジェネシス




    バカみたいに無料予想を調査しているからわかる

    今週がおすすめの無料競馬情報サイト1社を紹介します。
    (今週の無料予想の公開が期待される1サイト)


    匠の万馬券

    2022-01-14_13h44_08





    有馬記念|2021年|注目馬の馬体診断


    ヤフーニュースの馬体診断と気になった馬を扱っています。




    batais




    注目馬の馬体診断ニュース


    「広告」最近おすすめの競馬サイト
    穴馬特選情報よろずや


    有馬記念フィリーズの馬体診断
    (気になった馬をヤフーニュースから引用しています)


    ヤフー(引用元)
    https://news.yahoo.co.jp/articles/42e488f664ec9f45752df94ebd0022354d762dd7

     クロノジェネシス 評価A
     
     今夏の宝塚記念でグランプリ3連覇を達成し、凱旋門賞に遠征。世界の強豪相手で初めて掲示板を外したが、能力は色あせるものではない。その宝塚記念では、ビロードのような質感の毛ヅヤで下腿(かたい)に血管が浮き出ていた。皮膚の厚いタイプにしては、かなりの仕上がりと感じた。  

     今回は冬場でもあり、ほぼ全体に毛脚の長い冬毛が出ている。そのため見栄えは決して良くないが、昨年の有馬記念でも同じような状態で勝っており、気にする必要はないのかもしれない。それでも臀部(でんぶ)の毛ヅヤは輝いており、馬体の張りも十分にある。肩とトモの筋肉量は落ちておらず、馬体からは海外遠征による疲れも感じられない。相変わらず顔つきに風格を漂わせているのも頼もしい。 (馬サブロー栗東・竹原伸介)  

    〈1週前追い切り診断〉
     団野(レースはルメール)を背に栗東CWで6F82秒2-37秒3-11秒7(馬なり)。僚馬トリプルエース(4歳オープン)に4馬身半先着した。直線でエンジンが掛かるとアッと言う間に突き抜ける好内容。帰厩後は4本の追い切りを消化しており、乗り込み量は十分。凱旋門賞7着以来、3カ月ぶりでも態勢は整ってきている。
    ヤフー(引用元)
    https://news.yahoo.co.jp/articles/d318b57dc3b5875ab5d808e82e6848b1579523ac
     エフフォーリア 評価S

     天皇賞(秋)でもS評価。これ以上ない状態と書いたが、今回はその出来をキープできているかがポイントになる。  

     結論から言えば、問題なし。何ひとつ悪いところがない。四肢でしっかりと地面をつかみ、キリッと前を向く姿は前回と同じ。体のラインをはっきりと見せて、ボリューム感のあるトモの張りに、パンパンに張った肩と首差し。それでいて、うっすらとアバラを見せているように、付けるべきところにはしっかりと筋肉を付けている。さらに、脂肪が付きやすいところはしっかりと締めており、上質のパンプアップが施されている。艶々(つやつや)の肌も、体調のいい証拠だ。(馬サブロー美浦・佐野裕樹)  

    〈1週前追い切り診断〉
     横山武を背に美浦Wで6F84秒1-38秒2-11秒8(馬なり)。先行した2頭を追いかけて直線では最内に潜ったが、抜群の手応えのままグングンと加速。最後まできっちりと伸び切った。動きの迫力は前回と同様。絶好の出来をキープしている。

    ヤフー(引用元)
    https://news.yahoo.co.jp/articles/91f3b699d34765902cf03dc4a04542c4eb3dcb25
     タイトルホルダー 評価A

     中間に放馬のアクシデントはあったが、きっちりと追い切りを行っており、また馬体を見ても大きなダメージは皆無。緩いところを徐々に締めながらも、ふっくらとみせるのは筋肉の質がいいからだろう。  前肢が強かった菊花賞から、前~後肢のバランスが見違えるように良化している。特に腰に力が入ってきた印象だ。肌質もいい意味で前回と変わっておらず、間違いなく好調キープと判断できる。(馬サブロー美浦・佐野裕樹)  

     〈1週前追い切り診断〉横山和を背に美浦Wで6F85秒1-38秒0-12秒2(馬なり)。追われる外2頭との手応え、脚勢の違いは明らか。引っ張って横を見ながら抑え込んだが、手綱を緩めれば一気に抜けそうな雰囲気だった。馬体の緩みも一切見られない。


    管理人的にはパンサラッサ




    バカみたいに無料予想を調査しているからわかる

    今週がおすすめの無料競馬情報サイト2社を紹介します。
    (今週の無料予想の公開が期待される2サイト)

    ※ 金の鞍
    2021-12-20_22h14_58

    ※ ATARU
    2021-12-20_22h15_50



    JC(ジャパンカップ)|2021年|注目馬の馬体診断


    ヤフーニュースの馬体診断と気になった馬を扱っています。




    batais




    注目馬の馬体診断ニュース


    「広告」馬体はここで学べ
    勝鞍
    2021-09-28_01h54_41



    JC(ジャパンカップ)の馬体診断
    (気になった馬をヤフーニュースから引用しています)


    ヤフー(引用元)
    https://news.yahoo.co.jp/articles/381b92349fed7ad4228eaa5f81cd057238a881db

     コントレイル 評価S
     
     【コントレイル S】

     前走の天皇賞・秋(2着)でもかなりの仕上がりだったが、今回はさらに状態が上向いてきた。いくらか物足りなかった浅胸筋(せんきょうきん)が厚みを増し、上腕三頭筋(じょうわんさんとうきん)の輪郭がくっきりと見て取れる。  全体的に皮膚が薄くなって、肩や下腿(かたい)の血管が見やすくなった。特に、前走時に見えにくかった前腕の血管が浮き出てきたのが研ぎ澄まされた証拠だろう。  

     前回でも記したように、キ甲(※1)が抜けて馬体が完成してきており、バランスの良さも特筆すべき点だ。前走時は光量不足で毛ヅヤが物足りなく感じたが、今回はビロードのような光沢でピカピカに輝いている。1週前の状態としては、100%と思える仕上がりだ。 (馬サブロー栗東・竹原伸介)  

     〈1週前追い切り診断〉
     栗東CWで6F76秒8-36秒7-12秒5(馬なり)の猛時計をマーク。スピード感にあふれる動きでラストまで脚色は衰えず、5秒7も先行したゲンパチミーティア(3歳2勝クラス)と併入、スーパーフェイバー(3歳3勝クラス)には首差先着した。休み明けの天皇賞・秋(2着)を使われて気配はさらに上向いている。(※1)「キ甲」とは首と背の境の膨らんでいる部分。幼いうちは目立たないが、成長すると隆起してきてよく分かるようになる。この部分が隆起してよく見えるようになることを「キ甲が抜ける」と表現される。

    ヤフー(引用元)
    https://news.yahoo.co.jp/articles/34e8179c8bbb14faf9e735c2bb2bc301409f9dcd
     オーソリティ 評価A

     浮き出るような体のシルエット。これ以上ないほど肌ツヤがピカピカで、目下の出来の良さが伝わってくる。  背中と胴が長く、典型的なステイヤー。その長さに見合った筋肉が付いていることで、バランス良く見せている。前回よりも腹回りがすっきりとして、軽さが出ているのはプラス材料。胸を起こして前を見据える、お手本のような立ち姿だ。
    (馬サブロー美浦・佐野裕樹)  

    〈1週前追い切り診断〉
     美浦Wで6F83秒5-39秒6-12秒5(馬なり)。前走後の初時計。長めを意識させながらじっくりと乗ったが、折り合い、走りともにスムーズ。ラストも馬なりのまま力強く伸び切った。体の張り、毛ヅヤの良さも前回同様。好調をがっちりとキープ。

    ヤフー(引用元)
    https://news.yahoo.co.jp/articles/aa1201f2b0806fe09867c8501386dd6a7626ce95
     シャフリヤール A評価

     【シャフリヤール A】  

     春先には芝1800~2000メートルがベストの中距離馬と見ていたが、ダービー(1着)当時には距離の融通が利くように思えた。それは多少体長が長くなり、デビュー以来最小の444キロまで絞り込んで体脂肪を減らした体つきをしていたからだ。  

     ひと夏を越した神戸新聞杯(4着)では首が長くなってきており、現在は芝2000~2400メートルが適条件だと思う。加えて全体的な筋肉の量が増えて、馬体に迫力が出てきた点にも好感が持てる。  当時は4カ月ぶりで多少皮膚が厚く見えていたが、今回は薄くなり下腿(かたい)の血管馬くっきりと浮き出ている。毛ヅヤも良化して、胴には銭形斑点を呈してきた。体調は上向きと考えていいだろう。ダービー当時を100とすれば、90ぐらいの状態にはある。 (馬サブロー栗東・竹原伸介)  

    〈1週前追い切り診断〉
    岩田望(レースは川田)を背に栗東CWで6F83秒3-37秒4-11秒7(仕掛け)。トーセンスカイ(5歳2勝クラス)を1秒追走して0秒2先着した。キビキビとしたフットワークで、素軽さ満点の動き。ゴール前で軽く追われるとグイッとひと伸びした。前走で道悪に苦しんだ影響はなく、中間は元気いっぱいだ。



    管理人的にはオーソリティ





    バカみたいに無料予想を調査しているからわかる

    菊花賞がおすすめの無料競馬情報サイト2社を紹介します。
    (菊花賞の無料予想の公開が期待される2サイト)

    ※ ハピネス
    ※ ハナミチ


    天皇賞秋|2021年|注目馬の馬体診断


    ヤフーニュースの馬体診断と気になった馬を扱っています。




    batais





    注目馬の馬体診断ニュース


    「広告」馬体はここで学べ
    勝鞍
    2021-09-28_01h54_41



    菊花賞の馬体診断
    (気になった馬をヤフーニュースから引用しています)


    ヤフー(引用元)
    https://news.yahoo.co.jp/articles/762cabe3dca0cbc5dd0b28cab4de33280a27de29

     エフフォーリア 評価S
     
    【エフフォーリア S】

     ひと夏を越して、急激な進化中。体が大きくなって、パーツ、パーツが強靱(きょうじん)な筋肉でまとわれている。  

     特に肩回りの筋肉の張りは、相当に鍛えられてきた証拠。ダービー時よりも全体的にメリハリがあり、皮膚を薄く見せて、あばらもうっすら。前腕と下腿(かたい)に血管が浮き上がって見えるように、無駄な脂肪を落として、研ぎ澄まされた状態だ。復帰戦でここまでの仕上げは文句なしのS評価。(馬サブロー美浦・佐野裕樹)  

    〈1週前追い切り診断〉

     横山武を背に美浦Wで5F69秒1-37秒8-11秒3(G強)。2頭の間に入れたが、両サイドを圧倒する迫力と伸びがあり、ラストも鋭い反応でスパッと切れた。中間はラスト1F11秒台を連発。馬体、動きともに申し分ない状態。

    ヤフー(引用元)
    https://news.yahoo.co.jp/articles/31365603585d059d241db22c73f9454579357068
     コントレイル 評価A

    【コントレイル A】
     
     大阪杯(3着)以来7カ月ぶりだが、馬体には太め感は感じられず、すっかりリフレッシュされてきた。4歳の秋を迎え、ほぼ完成形の馬体になったようだ。若干、浅胸筋(せんきょうきん)が薄くなった感じはするが、取り立てて述べるほどではなく、相変わらず上腕三頭筋(じょうわんさんとうきん)の輪郭はくっきりとしている。肩や下腿(かたい)の血管も浮き出ており、皮膚の薄さも感じられるのは好印象だ。  

     ピカピカに輝いていた大阪杯当時と比較すると毛ヅヤは物足りないが、光量が足りない点を考えれば光沢は十分にある。トモも丸みを帯び、100%に近い状態だろう。体高と体長のバランスは変わっておらず、芝2000~2400メートルがベストの条件だ。
    (馬サブロー栗東・竹原伸介)  

    〈1週前追い切り診断〉
     福永を背に栗東CWで6F79秒1-36秒1-11秒6(馬なり)。僚馬ホウオウアマゾン(3歳オープン)を0秒5、ダノンファラオ(4歳オープン)を5馬身追走する形で、それぞれに7馬身先着を果たした。直線に向くとアッという間に2頭を突き放し、余力十分に抜け出した内容は力感十分。馬体もすっきりと仕上がっている。大阪杯3着以来でも力は発揮できそうだ。

    ヤフー(引用元)
    https://news.yahoo.co.jp/articles/592d27a2e482047de34bea65910060691bab4da5
     グランアレグリア A評価

      【グランアレグリア A】

     8月にノドを手術した。ただ、馬体の張り、しっとりと見せるツヤの良さから、その影響は皆無。ひと息入れたことで、筋肉の柔らかさが戻り、前回よりも丸みのあるシルエット。腹回りにもいい意味で余裕を持たせており、雰囲気は2走前に快勝したヴィクトリアMに一番近いか。  前、後肢のバランスが良く、可動域が広く取れるつくり。距離は問題ない。キリッとした表情もグッド。
    (馬サブロー美浦・佐野裕樹)  

    〈1週前追い切り診断〉
     ルメールを背に美浦Wで6F81秒7-38秒4-12秒3(馬なり)。僚馬を目標に進んだが、並ぶ間もなく抜き去る圧巻のパフォーマンス。体全体を無駄なく使ったフォームは迫力があり、どこまでも伸びそうな勢い。パンパンに張った馬体からも、態勢に抜かりはない。



    管理人的にはカレンブーケドール





    バカみたいに無料予想を調査しているからわかる

    菊花賞がおすすめの無料競馬情報サイト2社を紹介します。
    (菊花賞の無料予想の公開が期待される2サイト)

    ※ ハピネス

    ※ ハナミチ


    このページのトップヘ