競馬予想@競馬総合情報

競馬予想@競馬総合情報!、競馬予想で的中ラッシュするためにいろいろな視点からを作成しています。競馬予想データ、競馬ニュース、競馬情報など

    banazz

    追い切り

    5

    根岸ステークス予想|調教・追い切り|ネット評価まとめ

     

    【平松さとしの重賞サロン】おなじみのライター・平松さとし氏が今週から登場。週末の重賞にエントリーした馬の関係者の素顔に迫ります。第1回は東京GIII根岸S(日曜=31日、東京ダート1400メートル=1着馬にフェブラリーS優先出走権)のアンズチャンに騎乗する横山典弘騎手です。

     こんにちは、平松さとしです。

     競馬の世界で仕事をやらせていただくようになってから30年弱、フリーになってちょうど20年。調教師や騎手など、多くの関係者に支えられてここまでやってくることができました。当コーナーではそんな彼らに恩返しをする意味も込めて、私の交遊録から世に出ていないエピソードをご紹介できれば、と考えております。

     今回は記念すべき第1回。ということで、華のあるジョッキーを、と思い、“ノリちゃん”こと横山典弘騎手を取り上げさせていただきます。

     すっかり大ベテランとなった彼にはしっかりした技術と実績があります。そして、それらを残せた要因のひとつに数々の経験があることは間違いないでしょう。

     経験という意味では以前の彼は毎年、積極的にフランスに行っていました。私も何度も現地で彼に会い、お世話にもなりました。ある年には現在は同じジョッキーとなった長男の横山和生騎手や現在、競馬学校生の三男ら家族全員と一緒に行ったこともありました。

     かの地で横山騎手は言ったものです。

    「実績を積んだ日本と違いフランスでは自分も無名。一から乗り馬を探し、ようやく乗れても大した馬ではない。だけど、それが刺激になってまた日本で頑張ろうという気持ちになれる」

     そんな言葉を耳にしていただけに近年、ぱったりと海外遠征しなくなってしまったことには少々寂しい気持ちを抱いたものです。

     さて、そんな横山騎手。今週の東京GIII根岸Sではアンズチャンに騎乗予定。2走前、同馬で銀嶺Sを勝った直後に「すごい脚だな」とその末脚に感心していました。当時と同じ東京に戻って再びその末脚が爆発するのか!? 注目したいところです。

     
    根岸ステークスの調教参考動画
    サンスポ予想王-美浦
    【根岸ステークス予想|調教・追い切り|ネット評価まとめ】の続きを読む

    アメリカJCC予想|調教・追い切り|ネット評価まとめ

    アメリカJCCディサイファ、勝ってドバイだ!小島師も納得の動き

    ◆第57回アメリカJCC・追い切り(21日・美浦)

     アメリカJCC(24日、中山)に出走するディサイファが21日、美浦の坂路で追い切りを行った。陣営の意気込みを、椎名竜大記者が分析した。

    【写真】雪化粧の坂路を力強く駆け上がったサトノラーゼン

     追い切り前、美浦・南馬場のAダートコースに入ったディサイファは、首をグッとしならせ、気合をのぞかせながら馬場を1周した。その後、坂路に向かうと、一直線に伸びて800メートル54秒2をマーク。ビシッと追われることはなかったが、迫力満点の動きを見せた。

     パンと張り詰め、毛づやが光る馬体を追いかけるように厩舎へ。「気合が乗ってますね」と小島太調教師に声をかけると、「そうなんだ。馬がその気になっている。先週も“おっ”という動きをしていたし、いい感じできているんじゃないかな」と目尻を下げた。どの角度から見ても、状態がいいのは明らかだ。

     師の机には「海外G1取って種牡馬入りだ」の見出しが躍る20日付の本紙。「こんなこと書かれて大変だったぞ」と言いつつ、目は笑っている。「じいさんになって、これだけ良くなる馬も珍しい。大人になって、環境の変化に動じなくなっているのは強み。かき込む走法だから洋芝は合うし、ダートもいい」と7歳でのドバイ遠征に思いを巡らせた。

     芝1800メートルのターフか、ダート2000メートルのワールドカップか。遠征にはここでまず勝利しなければならない。小島師は「自信を持っていける馬じゃないと(オーナー・モハメド殿下のお膝元であるドバイには)行けない。アメリカJCCはレベルが高いし、距離も1ハロン長い。だからこそ、ここでオッという競馬ができれば。ワクワクしているよ」と締めた。68歳のベテラントレーナーの夢に乗って、1票投じる手もありそうだ。(椎名 竜大)

     

    サンスポ予想王ー調教




    ・マイネルプロスト

    ・ショウナンバッハ

    ・ライズトゥフェイム

    ・ステラウインド

    ・ルルーシュ

    ・サトノラーゼン

    ・ヤマニンボラワクテ

     



    主な馬の調教タイム

    ① マイネルプロスト

    1/20 南W良馬場

    70.0-54.2-38.9-12.8

    ③ ディサイファ

    1/21 南坂良馬場

    54.2-39.3-26.0-12.9

    ⑥ サトノラーゼン

    1/20 栗東坂重

    53.9-40.1-25.2-12.1

    ⑦ ショウナンバッハ

    1/21 南W良馬場

    68.5-51.4ー37.2-12.3

     

    2chSCの声

    【アメリカJCC予想|調教・追い切り|ネット評価まとめ】の続きを読む

    5
    フェアリーS予想|調教・追い切り|ネット評価まとめ

    <フェアリーS:追い切り>



     3歳牝馬によるフェアリーS(G3、芝1600メートル、11日=中山)の追い切りが7日、東西トレセンで行われた。唯一の2勝馬クードラパン(久保田)は美浦ウッドで上々の動きを披露。前走の阪神JFは13着に敗れたが、調子落ちは感じない。腰痛から復帰する田辺裕信騎手(31)とともに、16年初戦で反撃ののろしを上げる。

     リスタートだ。クードラパンが復帰する鞍上とともに、巻き返しの態勢を整えた。田辺騎手を背にして美浦ウッドに入ると、4ハロンから徐々にスピードアップ。ラスト1ハロンで軽く仕掛けられると瞬時に反応し、軽やかにゴール線を駆け抜けた。時計は54秒7-13秒3と平凡も、終始落ち着き払って気配は上々。見守った久保田師は「しまいだけ反応を見たかったが、いい反応だった」と状態の良さを強調した。

     前走の阪神JFは好位キープから強気の競馬で臨んだものの、前半から馬がハミをかんで、直線で失速した。師は「いかにリラックスして走れるかだけど、力みがあっていまひとつだった先週に比べて、今日は良かった」と課題克服に自信を見せる。引き揚げてきた田辺も「勝ちを意識し過ぎず、自分のペースを守った方がいい」と、前走を糧に反撃に転じる構えだ。

     その鞍上は、ダービーフィズで臨む予定だった昨年の有馬記念前日に腰痛を発症。16年開幕の5日も騎乗を取りやめた。検査の結果は軽度のヘルニアだったが、年末年始を安静にしていたことで、6日の調教後に復帰のゴーサインが出るまでに回復した。「神経を傷めるまではいっていない。それに、休んだからといってすぐに良くなるものでもないからね」。たとえ万全でなくても、プロとしてできる限りのパフォーマンスでファンの期待に応えたい。人馬そろって、16年の仕事始めを華々しい復活劇にしてみせる。【栗田文人】

     

    サンスポ予想王-調教・追い切り参考動画


     

     

    91:2016/01/07(木) 11:48:47.60 ID:
    リセエンヌとアルジャンテでいい
    ディープ買っとけば当たるだろ
    【フェアリーS予想|調教・追い切り|ネット評価まとめ】の続きを読む

    5
    中山金杯予想|予想・追い切り|ネット評価まとめ

    フルーキー重賞連覇へ動きに熱気/中山金杯

    <中山金杯:追い切り>

     重賞連勝を狙うフルーキー(牡6、角居)が3日、熱気あふれる勝負仕上げを施された。坂路で4ハロン54秒7-12秒9をマーク。ラスト100メートルでハミを掛け直され、軽快にピッチを上げた。

     年末30日にも3頭併せを消化したばかり。調整過程はすこぶる意欲的だ。前川助手は「すごく柔らかい。競馬を使ってもダメージが少ない。以前はちょっと幼い感じで集中力を欠いていたけど、年齢を重ねるごとに良くなってる。今は走る方に気持ちが向いてきた」と心身の充実に目を細めた。鞍上のM・デムーロ騎手は4週連続重賞Vを果たしており、うち3勝は角居厩舎とのタッグと注目だ。

     

    サンスポ予想王-中山金杯



    ・マイネルフロスト・ネオリアリズム・ライズトゥフェイム・バロンドゥフォール

     

    中山金杯・追い切り


    ロンギングダンサー

    1/3(南P良)

    55.7-40.3-12.8


    ステラウインド

    1/3(南W良)

    56.7-41.7ー13.9


    ヤマカツエース

    1/3(栗東CW良)

    71.0-54.6-39.6-11.9


    マイネルフロスト

    12/31(南W良)

    66.3-52.3ー38.2-12.2


    フルーキー

    1/3(栗東坂良)

    54.7-39.6-25.6-12.9

     

     ツイッターの声

    【中山金杯予想|予想・追い切り|ネット評価まとめ】の続きを読む

    5
    京都金杯予想|調教・追い切り|注目馬まとめ

    トライキャスト(無料予想が熱い)
    中山金杯の注目サイト


    シベリアンスパーブ、京都金杯最終追いきり情報/美浦トレセンニュース

     重賞初挑戦となった前走のチャレンジC(GIII)で3着と好走としたシベリアンスパーブ(牡7・美浦・手塚貴久)が、1月3日(日)にウッドチップコースで最終調整を行った。追い切り後の手塚調教師のコメント。

    「前走は、短期だったとはいえ放牧明けの一戦でした。叩き良化型ですし、1度使って型通り良くなっています。京都も昨年(飛鳥S・1600万下・2着)経験していて、良い走りをしています。ハンデ(54キロ)も前走と据え置きですしね。明け7歳ですが、馬は力をつけて自信も出てきたと思います。乗り難しい馬ではないので、乗り替わりも問題ないでしょう。開幕週の馬場なので、インで脚をためる競馬ができればと思っています。状態はすごく良いですし、枠順次第になるでしょうけど、色気は持っています」
    (取材・写真:佐々木祥恵)

     

    京都金杯ー追い切り動画

    サンスポ予想王


     

    ・エキストラエンド・トーセンスターダム・マジェスティハーツ・ミッキーラブソング

    ・メイショウマンボ

     

     

    主な馬の調教タイム

    ウインプリメーラ

    12/31(栗東坂良)

    53.0ー38.4ー24.7ー12.2

    エキストラエンド

    12/30(栗東CW良)

    56.0ー40.6-12.0

    オメガヴェンデッタ

    1/2(栗東CW良)

    56.0ー40.6ー12.0

    トーセンスターダム

    12/31(栗東CW良)

    87.5-70.4ー54.7-39.4-11.8

     

     

    2chSCの声

    【京都金杯予想|調教・追い切り|注目馬まとめ】の続きを読む

    このページのトップヘ