競馬予想@競馬総合情報

競馬予想@競馬総合情報!、競馬予想で的中ラッシュするためにいろいろな視点からを作成しています。競馬予想データ、競馬ニュース、競馬情報など

    banazz

    有馬記念直前情報

    有馬記念予想|2018年|直前情報まとめ

    chokuzen

    ヤフーニュースより

    有馬記念 パドックツボ

      レイデオロは気合を表に出すタイプで常にチャカチャカしながら周回する。極端にイレ込まなければ問題ないが、大幅な馬体増減は歓迎できない。

     オジュウチョウサンは滑らかな歩様で集中力もあり、抜群に良く見せるタイプ。いつも通りなら力は出せる。秋4戦目のキセキは歩様に硬さで出ていないか要チェック。

    ブラストワンピースは筋肉質で幅のある体形。太く映っても張りがあれば大丈夫。

    【有馬記念】出走馬の長所短所


    「有馬記念・G1」(23日、中山)


    (1)オジュウチョウサン

    長所=スタミナは底なし。最内枠から武豊の神騎乗なら

    短所=一気の相手強化。速い時計だとさすがに苦しい


    (2)クリンチャー

    長所=道悪の鬼。時計かかる消耗戦なら持ち味生きる

    短所=凱旋門賞では17着に大敗。帰国初戦で


    (3)モズカッチャン

    長所=強い4歳世代牝馬の一角。好枠も魅力

    短所=牡牝混合重賞では4、6、3着と善戦まで


    (4)マカヒキ

    長所=ダービー馬。中山〈1・1・0・0〉の実績

    短所=2年以上未勝利。全盛期の輝きはなく


    (5)パフォーマプロミス

    長所=前走重賞Vの勢い。同じ舞台でV経験

    短所=全7勝中6勝が56キロ以下。斤量増は?


    (6)サトノダイヤモンド

    長所=一昨年の勝ち馬。実績はメンバー上位

    短所=3歳時にG1・2勝。全盛期は過ぎたか


    (7)サウンズオブアース

    長所=15年有馬記念2着などG1で3度の2着

    短所=2勝はメンバー最少。4年以上未勝利


    (8)ブラストワンピース

    長所=唯一の3歳馬。斤量面ではかなり有利

    短所=G15、4着止まり。決め手勝負は疑問


    (9)リッジマン

    長所=重賞初制覇と勢い十分。スタミナ豊富

    短所=G1初挑戦。中2週のローテも心配で


    (10)ミッキースワロー

    長所=中山G2で1、2着。はまれば末脚強烈

    短所=他力本願の脚質。展開の助けが必要で


    (11)ミッキーロケット

    長所=上半期のGP覇者。息の長い末脚魅力

    短所=筋肉痛でJC回避。瞬発力で見劣りも


    (12)レイデオロ

    長所=天皇賞・秋を完勝。厩舎&鞍上超一流

    短所=断然人気は確実。大事に乗り過ぎると


    (13)スマートレイアー

    長所=前走上がり2位タイ。末脚の衰えなし

    短所=G1〈0・1・0・11〉。2着も5年前で…


    (14)キセキ

    長所=17年菊花賞馬。今秋は3、3、2着と堅実

    短所=この秋4戦目。前走超絶時計の反動?


    (15)シュヴァルグラン

    長所=昨年不利受けて3着。鞍上再騎乗魅力

    短所=馬番15番は28年間Vなし。昨秋の勢いなく


    (16)サクラアンプルール

    長所=中山〈3・1・2・2〉。最多勝タイの相性

    短所=G1では13、8、16、6着。大外枠も大減点

    【有馬記念】展開を読む

     「有馬記念・G1」(23日、中山) 
     キセキが先制。中盤までは平均的な流れで進み、2周目向正面から一気にペースアップ。後続はなし崩し的に脚を使わされる前に早めの仕掛けが求められ、消耗戦を乗り切る持久力と機動力が重要なポイントになる。 

     その両方を兼ね備えたレイデオロがV最有力。他馬を待たずに徐々にエンジンを吹かして行くタイプで、流れに合わせてポジションをアップ。早めにキセキを射程圏に捉えて抜け出しを図る。 
     
     絶好枠を引き当てたモズカッチャン、パフォーマプロミスが不気味な存在。先行勢がバテる展開ならブラストワンピースの決め手がさく裂する。

    【有馬記念】馬場状態から浮上するのはこの馬だ

    「有馬記念・G1」(23日、中山) 
    有馬記念が行われる23日、中山競馬場のある千葉県船橋市の天気予報は曇り時々晴れ。土曜は午後から雨模様だったが、良発表から悪化することはなかった。

    暮れの大一番も良馬場決戦が濃厚だ。同舞台で行われた土曜11RグレイトフルS(1600万下)は2分32秒7で決着。前年の同レースより1秒4速いことから、例年以上の高速馬場と考えて良さそう。

    今年はメンバー的にも平均以上のペースで流れる見込み。V時計は2分30秒前後だろう。 極端なタイム勝負になるとすれば、速い決着にも対応できる裏付けは欲しいところ。そこで芝2500メートルの持ち時計トップ馬パフォーマプロミスが浮上する。

    3走前の目黒記念(3着)が2分29秒8。高速馬場もドンと来いのタイプだろう。 

    この秋2戦目で消耗度も少なく、むしろ大幅に上昇する余地を残している。長く脚を使えるステイゴールド産駒。内めの好枠を引き当て、一発を狙うには絶好の条件だ



    競馬予想サイト レープロの無料予想が激アツなの知っているw

    rep


    これだけの無料コンテンツを誰でも無料・しかも匿名性の高いフリーメールで登録できます。

    競馬レープロへ行く



    有馬記念予想|2017年|直前情報まとめ

    chokuzen

    ヤフーニュースより


    【有馬記念】馬場状態から浮上するのはこの馬だ
     「有馬記念・G1」(24日、中山)

     天候に恵まれた今開催の中山は、芝・ダートとも23日まで全レースが良馬場。芝は見た目に内側が荒れているとはいえ、路盤がそこまで傷んでいないのだろう。前残りのレースも目立っている。有馬記念と同じ距離で行われた土曜11R・グレイトフルS(3歳上1600万下)は、2分34秒1。好位で脚をためた馬のワンツーで決まっている。

     今年はどう考えてもハイペースになりそうもない顔触れ。スロー~平均ペースで流れそうだ。今の馬場傾向を踏まえると、やはり前が有利だろう。内が止まる馬場ではないだけに、できれば道中はロスなく内寄りを進みたい。外枠勢は大幅に割り引くのが正解だ。

     以上の観点から、絶好の狙い目となりそうなのがヤマカツエース。この枠なら内でジッと脚をためられる。去年の有馬記念は4着。距離に不安があったのか、序盤は折り合い重視で運び、直線で猛追しての4着だ。今年はもっと自信を持って、序盤から位置を取りにいくだろう。人気のキタサンブラックをマークしながら、直線で出し抜け。これが池添の描くVシナリオに違いない。
    【有馬記念】傾向と対策
    過去20年の結果から傾向を探る。

     ☆人気 1番人気が【10・4・1・5】。勝率50%、連対率70%と安定。4番人気が4勝で続く。2桁人気馬のVはなく、07年マツリダゴッホの9番人気が最低。

     ☆年齢 4歳9勝、3歳8勝できっ抗。5歳は3勝止まりで、全て芝11F以上の牡牝混合G1勝ちの実績馬だった。6歳以上は0勝。

     ☆前走 優勝20頭は全てG1かG2からの臨戦で、うち15頭が3着以内。牝馬は牡馬混合戦に出走していることが条件。

     結論 ◎キタサンブラック ○スワーヴリチャード ▲シュヴァルグラン
    展開を読む【有馬記念=スローペース】
     好枠キタサンブラックがハナへ。道中のロスを抑えたい内枠勢がインを締めて前を追う。シュヴァルグラン、スワーヴリチャードは馬群の切れ目で内に潜り込みたい。逃げるブラックに末脚勝負のライバル勢。直線の攻防は見応え十分。

    【有馬記念】出走馬の長所短所

    「有馬記念・G1」(24日、中山)

     (1)ヤマカツエース

    長所=中山は1、1、4着と得意。枠順も絶好だ

    短所=適性は中距離。昨年4着時の勢いなく

     (2)キタサンブラック

    長所=G1を6勝。レースの主導権を握れる

    短所=他馬のマークが厳しい。秋激走の反動?

     (3)クイーンズリング

    長所=中山は2戦2勝。ルメールの手綱魅力

    短所=近走精彩欠く。一流牡馬とも未対戦で

     (4)ブレスジャーニー

    長所=末脚非凡。今年3走目で上昇度も十分

    短所=全3勝は1800メートル以下。距離が長いか

     (5)トーセンビクトリー

    長所=グランプリ血統。母&全兄2頭が好走

    短所=G1は8、17、10着。パンチ不足は否めず

     (6)サトノクロニクル

    長所=根性あり混戦に強い。重賞初Vの勢い

    短所=秋4戦目で疲れ心配。小回りも不得手

     (7)シャケトラ

    長所=器用な脚質。当舞台の日経賞Vもある

    短所=G1は9、4、15、11着。一線級とは力差が

     (8)レインボーライン

    長所=中山得意なステイゴールド産駒。消耗戦は歓迎

    短所=脚質がしまい一手。展開に左右される

     (9)サクラアンプルール

    長所=中山は〈3、1、1、0〉。コース適性は長所

    短所=G1では13、8着の上に、今回は初距離

     (10)シュヴァルグラン

    長所=正攻法でジャパンCを快勝。充実一途

    短所=昨年6着。中山適性には疑問符がつく

     (11)ルージュバック

    長所=自在の脚質でどんな展開でも対応可能

    短所=気分屋でムラのある成績。安定しない

     (12)サトノクラウン

    長所=はまった時の爆発力は本物。勝負強い

    短所=久々の中山で距離も未知。舞台は疑問

     (13)ミッキークイーン

    長所=牝馬トップ級の実力。消耗度も少ない

    短所=牡馬混合G1は8、5、3着。善戦までか

     (14)スワーヴリチャード

    長所=強い3歳世代の代表格。鞍上も心強い

    短所=唯一崩れたのが皐月賞6着。右回り?

     (15)カレンミロティック

    長所=G1で2着2回の意外性。先行力は健在

    短所=9歳と高齢。さすがに伸びしろはない

     (16)サウンズオブアース

    長所=重賞で2着7回。有馬でも好走歴あり

    短所=近走見せ場すらつくれず。枠も致命的


    有馬記念の予想はプロの予想で
    しかも無料で予想を公開中wwwww
    競馬ジャパンの無料コンテンツが激アツw。
    フリーメールで登録可能なだけにチェックしないのは間違い。

    arima


    競馬ジャパンへ行く



    このページのトップヘ