競馬予想@競馬総合情報

競馬予想@競馬総合情報!、競馬予想で的中ラッシュするためにいろいろな視点からを作成しています。競馬予想データ、競馬ニュース、競馬情報など

    banazz

    日本ダービー

    東京優駿(日本ダービー)予想|2019年|予想オッズまとめ

    yosouodds




    東京優駿の人気を調べてみました。

    ちなみに東京優駿の1倍台の馬


    15年 ドゥメンテ(1.9) 1着

    07年 フサイチホウオー(1.6) 7着

    05年 ディープインパクト(1.1) 1着

    94年 ナリタブライアン(1,2) 1着

    91年 トウカイヘイオー(1.1)1着





    無料の予想で
    競馬を勝ちたい・儲けたい
    そんな貴方さまにはUMAチャンネル

    充実の無料予想・・・
    umachs

    チャンピオンズカップでコパノリッキー買えたのはこのサイトのこの
    無料コンテンツのおかげ

     
     トラックマンS(栗東担当者)

     コパノリッキーが好調キープ出来ているようです。フェブラリーSの後リフレッシュされたことで走りがスムーズになりしっかり手前を変えて走れるようになったのがここ3戦の好走の原因のようです。前走も出遅れがなければ勝てていたかという競馬で、ここもうまく立ち回れば勝ち負けに加わってくるという感触です!!

    ヤフーニュースより
    【日本ダービー キャロットF秋田代表インタビュー】サートゥルナーリア、圧倒2冠で世界へ「隠されている強さを見たい」


     ◆第86回日本ダービー・G1(5月26日・芝2400メートル、東京競馬場)  

    令和最初の競馬の祭典、第86回日本ダービー・G1は26日、東京競馬場で行われる。注目は、ディープインパクト以来、14年ぶりとなる無敗の2冠奪取を狙うサートゥルナーリア。4戦4勝で皐月賞を制した大物だが、馬主のクラブ法人、キャロットファームの秋田博章代表(71)は「隠されている強さを見せていない」と、内に秘めた爆発的な力の発揮を期待した。  

    ―まずは、皐月賞を振り返ってください。  
    「レース間隔が空いたことで、ちょっと緩んだ感じがありました。栗東トレセンに入って調教を急ピッチでやったのですが、直前にトレセンに見に行った時、少し硬さがあるかなと感じていました。競馬は接戦ではあったものの、勝ててよかったというのが正直なところです」  

    ―完調手前でクラシック1冠目をV。ダービーへ上積みは大きそうですね。  
    「ホープフルSの後、トライアルを使わずに皐月賞へ向かったのは、ダービーにベストな状態を持っていくためです。2日にノーザンファームしがらきで馬を見ましたが、筋肉のメリハリがしっかりついてきており、想定通りに馬はできてきました。このまま順調にいけば、いいレースができるだろうと思っています」  

    ―キャリア4戦4勝。「大物」の予感が、確信に変わったレースはどれですか?  
    「まだ実感がない、というのが正直なところです。牧場時代から同世代の中でも完成度という点では抜けている感じがありました。非常に体幹がしっかりしていることでブレずに走れる馬なので、これから期待している走りを見せてくれると思います」  

    ―期待している走りが今回になれば最高ですね。  
    「ディープインパクトはダービーで圧倒的なパフォーマンスを発揮し、強さの違いを見せました。だから、どこかで『この馬、本当に強いな』と感じるパフォーマンスを見せてくれることで、今後のレースを使っていく上で選択肢が広がると思います」  

    ―選択肢という点では、凱旋門賞への1次登録を済ませています。  
    「国内で勝ち負けできても、やはり抜けた存在じゃないと海外のG1は勝てないですからね。そういう意味では、ダービーで選択肢の広がるような勝ち方、競馬をしてくれるかどうかが、今後どう使っていくかにかかってくるだろうと思います」  

    ―母シーザリオの産駒としては、エピファネイア(菊花賞、ジャパンC)、リオンディーズ(朝日杯FS)に続く3頭目のG1馬となりました。  
    「それぞれ父が違うこともあって体形は違いますが、ロードカナロアに変わって、兄弟の中でも体幹がしっかりしていて、さらに精神的な強さがありますね。ただ、母も兄弟も靱帯(じんたい)を傷めて引退しているので、今後はその部分に気をつけていかなければいけないなと思っています」  

    ―皐月賞で騎乗したルメールが騎乗停止になり、新たな鞍上に短期免許で来日中のレーンを迎えました。  
    「すごくソツのない競馬をしますよね。好位を取り、そこからしっかり脚をためられる。そういうコントロールする技術にたけている騎手だと思っていますから、心配はしていません」  

    ―秋田代表は、ノーザンファームの牧場長として数多くの名馬に携わってきました。平成の競馬にどのような印象を持たれていますか。  
    「ダービーの時計を振り返ってみますと、キングカメハメハ(04年)とディープインパクトが2分23秒3のダービーレコードをマークし、それをドゥラメンテ(15年)が0秒1上回った。日本の馬場が良くなっているのもあるのかもしれないけど、スピードの絶対値が上がってきているのは間違いなく、海外の関係者からも注目されているところじゃないかと思います。とにかく、昭和とはスピードが変わりましたね」  

    ―令和に向けての展望はいかがですか。  
    「日本はトレセンの施設だけでなく、牧場、育成牧場の技術が平成に入って急速に進歩したと思います。実際にスピードを持った馬は増えてきていますが、日本人の競馬関係者は前向きに、考えながら仕事をしており、馬を若い時から鍛えていくノウハウを蓄積しています。令和になって、そういうところがさらに追求されていくと思いますね。他国の競馬の進歩と比較すると、日本はさらにその上を行っていると私は思っています」  

    ―最後に意気込みをお願いします。  
    「これまでの4戦では、まだまだ隠されている強さというのを見せていない。ぜひ、ダービーでその強さを見せてほしいものですね」(取材・構成 西山 智昭)  

    ◆秋田 博章(あきた・ひろあき)1948年2月25日、北海道生まれ。71歳。80年代に旧社台ファームに入り、93年にノーザンファームの場長に就任。ディープインパクト、キングカメハメハ、ジェンティルドンナなど数多くの名馬の生産、育成に携ってきた。13年に同ファーム顧問。15年3月からキャロットクラブの取締役となり、18年12月にはキャロットファームの代表取締役に就任した。

    日本ダービー動画【2018年】



    日本ダービー-2018年結果 

    1着 アーモンドアイ ルメール
    2着 リリーノーブル 川田将雅
    3着 ラッキーライラック 石橋脩


    2018年オークス関連

    予想オッズ-ネット競馬

    1番人気 サートゥルナーリア 
    2番人気 ヴェロックス
    3番人気 ダノンキングリー
    4番人気 アドマイヤジャスタ 
    5番人気 ランフォザローゼズ



    管理人予想
    1番人気 サートゥルナーリア




    ギャロップジャパン(GallopJapan)

    無料コンテンツでこれだけ楽しめます。
    管理人に日々チェックしています。もちろん無料でw
    特に鉄板の複勝圏内率が半端ないw
    とりあえず誰でも無料で試せる無料コンテンツを大事にしようw
    gjs

    日本ダービー(東京優駿)予想|2018年|直前情報まとめ

    chokuzen

    ヤフーニュースより

    【日本ダービー】出走馬の長所と短所

    「日本ダービー・G1」(27日、東京)

    (1)ダノンプレミアム

    長所=4戦4勝の2歳王者。潜在能力はナンバー1
    短所=一頓挫明けの上に初距離。折り合い微妙

    (2)タイムフライヤー

    長所=初代ホープフルS覇者。大舞台に強い
    短所=今年2戦がさえない。瞬発力勝負疑問

    (3)テーオーエナジー

    長所=交流G3の勝ち馬。未知の魅力はある
    短所=今回が初芝。血統面からもダート向きで

    (4)アドマイヤアルバ

    長所=戦績〈2・6・1・0〉の堅実派。経験豊富
    短所=最後の詰めに課題。G1では荷が重い

    (5)キタノコマンドール

    長所=全姉ジャパンC2着。屈指の豪脚は府中向き
    短所=重賞未勝利馬は過去20年で連対例なし

    (6)ゴーフォザサミット

    長所=同舞台の青葉賞を快勝。東京3戦2勝
    短所=出遅れ癖解消とは、まだ言い切れない

    (7)コズミックフォース

    長所=後続に抜かせず前走V。しぶとさ魅力
    短所=プリンシパルS組は不振。成長途上で

    (8)ブラストワンピース

    長所=3戦負けなし。前走のちのG1・2着馬に完勝
    短所=毎日杯Vからのぶっつけローテがどう出る?

    (9)オウケンムーン

    長所=共同通信杯Vを含め左回りは3戦2勝
    短所=前走がよもやの大崩れ。気配も一息

    (10)ステイフーリッシュ

    長所=デビュー2戦目にG1で3着。前走V時計も優秀
    短所=テンションが高く、馬体減なら不安も

    (11)ジャンダルム

    長所=ダービー5勝の鞍上。末脚の切れ味はトップ級
    短所=母系が短距離血統。距離延長は割引か

    (12)エポカドーロ

    長所=豊かな先行力と、息の長い末脚を兼備
    短所=母短距離馬。瞬発力勝負にも不安残す

    (13)グレイル

    長所=皐月賞上がり3Fはメンバー最速タイ
    短所=府中の2走前が案外。前走は出遅れた

    (14)エタリオウ

    長所=4戦連続の2着。相手なりの堅実駆け
    短所=1勝馬は77年間もVなし。詰めが甘い

    (15)ステルヴィオ

    長所=展開不向きの皐月賞でも上がりは最速タイ
    短所=父母ともに短距離系。距離延長が鍵に

    (16)ジェネラーレウーノ

    長所=先行馬が崩れた皐月賞で驚異の粘り込み
    短所=スタミナ豊富も、気性面の危うさ残す

    (17)ワグネリアン

    長所=東京で重賞楽勝。直線長い舞台は魅力
    短所=今年2戦が期待外れ。成長力に疑問も

    (18)サンリヴァル

    長所=祖母は樫Vのウメノファイバー。堅実
    短所=決め手欠く。重賞未勝利で大外も減点

    【日本ダービー】展開から浮上するのはこの馬だ

    「日本ダービー・G1」(27日、東京)

     オークスがレースレコードに0秒2差に迫る好時計。最終週でも芝は良好な状態を保っており、Cコース変わりも加味すれば、ある程度は前で運びたい。

     逃げ馬不在でジェネラーレウーノが押し出されてハナへ。皐月賞の上位2頭が続き、絶好枠を引いたダノンプレミアムはその直後。折り合い面から距離に不安を抱えるものの、平均ペースなら我慢は利くはず。世代最上位の能力を存分に発揮して、あっさりと勝負をつける。

     2歳王者に対抗するのは同じく無敗のブラストワンピース。高い操縦性を誇り、道中はダノンを徹底マーク。よどみのない流れになれば逆転の目も。

    【日本ダービー】馬場状態から浮上するのはこの馬だ

    「日本ダービー・G1」(27日、東京)

     ダービーが行われる27日、東京競馬場のある東京都府中市の天気予報は晴れのち曇り。雨の心配はなく、良馬場での決戦が期待できる。芝は今週からB→Cコースとなり、仮柵が外に移動。先週までと比べてインが有利になった印象は強い。同じ距離で行われた土曜5R・3歳500万下は、8頭立ての少頭数ながら2分24秒4の優秀なタイムが記録された。馬場の高速化に拍車がかかっている印象だけに、2分23秒台前半のダービーレコードに迫る決着が予想される。

     イン有利な馬場なら、先行できるステイフーリッシュは外せない。前走の京都新聞杯を2分11秒0の好時計でV。前半5F58秒5のハイペースを2番手追走から抜け出す、強い内容だった。10年京都新聞杯を2番手から押し切ったトーセンホマレボシは、続くダービーで3着に好走している。今年も本番に直結する勝ち方だったと言えるのではないか。

     デビュー以降、崩れたのは大幅な馬体減のあった2走前の共同通信杯(10着)のみ。まだ底は見せておらず、伸びしろも十分。名手・横山典が巧みな手綱さばきで栄光のゴールへと導く。

    【日本ダービー】傾向と対策
    過去5年の結果から傾向を探る。

     ☆重賞実績 3着内12頭が芝1800メートル以上の3歳重賞で勝利またはG1で連対実績があった。

     ☆キャリア 3戦以下で3着内に入った馬は過去10年までさかのぼってもいない。3着内最多は4戦の5頭で理想は6戦まで。

     ☆ステップ 3着内10頭が前走皐月賞組。3頭が青葉賞、2頭が京都新聞杯からの臨戦だった。

     ☆内枠有利 1~4枠【3・4・3・34】に対し、5~8枠は【2・1・2・39】とやや不利。とくに15番以降は3着1回のみと振るわない。

     結論 ◎エポカドーロ ○ゴーフォザサミット ▲ステイフーリッシュ

    【日本ダービー】パドックのツボ

     (1)ダノンプレミアム 気合を表に出すタイプも、久々で極端にうるさいようだと黄信号。

     (2)タイムフライヤー 丸みのある体形で歩様は柔軟。踏み込みに力強さが出れば前進も。

     (3)テーオーエナジー いつも突っ張る感じの歩様。舞台が芝になるだけに柔軟性欲しい。

     (4)アドマイヤアルバ チョコチョコと小さな完歩で硬く映っても大丈夫。体重増は歓迎。

     (5)キタノコマンドール 12キロ増の前走でもスラリと見せた細身の体形。さらに増でもOK。

     (6)ゴーフォザサミット 前走は歩様が滑らかになり気配が大幅アップ。維持できれば好戦。

     (7)コズミックフォース いつも落ち着き払って周回。前走の馬体重はキープしたいところ。

     (8)ブラストワンピース 筋肉質でパワフルな体形。間隔が空いただけに緩みは要チェック。

     (9)オウケンムーン 首が高めで肩の出が窮屈に映るタイプ。集中していれば力出せる。

     (10)ステイフーリッシュ 前回東京に輸送した共同通信杯は12キロ減で10着。馬体維持が鍵か。

     (11)ジャンダルム 皐月賞時はフワフワとして気合不足に映った。前向きさが欲しい。

     (12)エポカドーロ 腹周りがコロンと見えるのは体形。ジワリとした気合乗りが理想。

     (13)グレイル 丸みを帯びた好馬体の持ち主で良く見せるが締まった方がベター。

     (14)エタリオウ いつもテンション高め。細く見えた前走より減るようだと厳しい。

     (15)ステルヴィオ パドックは鶴首で気合十分に周回。体を大きく使えれば上積み大。

     (16)ジェネラーレウーノ パシュファイヤー装着が示すように気性は激しい。集中できれば。

     (17)ワグネリアン 気合が乗って小走りになるのはいつものこと。少し締まれば絶好。

     (18)サンリヴァル 12キロ減だった皐月賞時の体重はキープしたい。テンションは高め。


    競馬予想サイト レープロの無料予想が激アツなの知っているw

    rep


    これだけの無料コンテンツを誰でも無料・しかも匿名性の高いフリーメールで登録できます。

    競馬レープロへ行く



    日本ダービー予想|2018年|調教・追い切りニュースまとめ

    choukyou


    高配当21では今週も無料予想GET
    馬券師が馬券的中を目指しますw
    無料予想で有馬記念予想を公開
    kouhai21s


    ヤフーニュースより
    【日本ダービー】ブラストワンピース自在に攻める!大竹師は枠順気にせず

    「日本ダービー・G1」(27日、東京)

     競馬の祭典・日本ダービーに出走する18頭とその枠順が24日、確定した。無傷3連勝中のブラストワンピースは4枠8番に決まった。大竹師は「真ん中より少し内でいいんじゃないですか。自在性がある馬なので、枠順はあまり気にしていませんでした」と淡々とした口ぶり。

     追い切り翌日の木曜朝は厩舎周りの運動で仕上げを進めた。東のエース格がどんな走りを見せるか注目だ。

    【日本ダービー予想|2018年|調教・追い切りニュースまとめ】の続きを読む

    日本ダービー予想|2018年|馬体診断(スポニチ)まとめ

    batais


    ヤフーニュースより

    【日本ダービー】ジェネラーレ95点!完成度高く威風堂々

    ジェネラーレウーノ。イタリア語で「一番の将軍」と命名されたダービー候補も将軍杉を思い起こさせる姿。キ甲(首と背の間の膨らみ)が太い幹のように屹立(きつりつ)している。同世代のライバルよりも年輪を重ねたような発達ぶり。キ甲の成長に伴って、首差しも奇麗に抜けています。杉になぞらえれば、見事な枝振りのようです。それだけ完成度が高い。

      
     立ち方も皐月賞時から変わってきました。わずか1カ月半前には前肢に負重をかけようとせず、口を開いてハミで遊んでいた。ところが、今度は左後肢の蹄が浮き上がるほど前肢に負重をかけています。きちんとハミをかみながら顎を引いて立っている。「見てくれ!」と言わんばかりの充実した気持ちが表れたたたずまい。将軍杉のような威風堂々たる立ち姿です。

      
     スラリと胴長で、無駄のない体形。こういう体つきは瞬発力が足りない半面、持久力に優れています。2400メートルに距離が延びるのは歓迎でしょう。腹周りは過不足なく引き締まっている。晴れの大一番に臨むにふさわしい万全の仕上がりです。天下の覇権を狙う有力候補が東西に群雄割拠する戦国ダービー。「一番の将軍」にも勝機あり。そう確信させる天高くそびえた将軍杉のような立ち姿です。

    【日本ダービー】ブラスト95点!筋骨隆々で圧倒的な存在感

     ジェネラーレウーノが将軍杉なら、ブラストワンピースは国内最大級の太さを誇る屋久島の縄文杉になぞらえたい。周囲16メートル超もある幹は波打つようにうねり、盛り上がった瘤に覆われて圧倒的な存在感を示しています。ワンピースも女性のおしゃれな衣装のイメージとは正反対にいかつい鎧(よろい)をまとったような体つき。骨量と筋肉量は520キロ超の体重以上にインパクトがあります。特に臀部(でんぶ)が縄文杉のこぶのように盛り上がっている。首も野太くて、腹袋も立派。顎っぱりもいい。食欲旺盛なのでしょう。初めて馬体をチェックしましたが、縄文杉を見上げた時のような驚きを感じました。

      
     視線を顔に移してみれば、鼻の穴をしっかり広げて、目、耳と同じ方角、前方の1点に集中しています。ハミも適度なくわえ方。弓なりの長い引き手に従い、ゆとりを持って立っています。筋肉の鎧をかぶったパワーむき出しの馬体はマイラーやダートホースに多い。2400メートル向きの体形とは言えませんが、力みもなく、余裕のある立ち姿が距離克服の可能性を伝えてくれます。

      
     四肢には保護用のバンテージ着用。脚元の状態は確認できません。蹄の形状も芝生に隠れて見えません。キ甲ははっきり分かる。容積はあるが、まだ抜け切っていない。成長途上です。栄養の乏しい花崗(こう)岩の山地に育つ縄文杉は成長が遅いが、稲敷台地の肥沃(ひよく)な土壌に育つブラストワンピースは秋にもっと進化しているはず。世代屈指の未完の大器です。

    【日本ダービー】ステルヴィオ95点!荘厳華麗でバランス絶妙

      ステルヴィオを杉の木に例えるなら、屋久島で最も美しいプロポーションを誇る大和杉でしょう。瘤(こぶ)もシワもない幹が真っすぐ、りりしく背中を伸ばしています。ステルヴィオも絶妙なバランスを整えた流麗な体。皐月賞時からの変化も感じられます。トモに一層力が付いてきた。押しトモ(角度の浅いトモ)とはいえ、筋肉のボリュームが目立つようになりました。尾もたくましさを増しているように映ります。トモがパワーアップしたからでしょう。腹周りも前回よりふっくらしています。

      
     短距離で活躍したロードカナロア産駒とはいえ、体形は適度な背と腹下の長さを持った中距離型。2400メートルについては何とも言えませんが、マイラー体形でないのは確かです。ロードカナロアは牝馬2冠を制したアーモンドアイのように距離に融通の利く産駒も出す。大和杉のようにしっかりと大地をつかんだ静謐(せいひつ)なたたずまい。この雰囲気なら未知の距離にも対応できるでしょう。


    日本ダービー
    はここの無料情報で万馬券GETw
    競馬ファンならここの予想を信頼して大儲けwwww
    競馬劇場
    keibageki

    日本ダービー予想|2018年|予想オッズまとめ

    yosouodds



    無料の予想で
    競馬を勝ちたい・儲けたい
    そんな貴方さまにはUMAチャンネル

    充実の無料予想・・・
    umachs

    チャンピオンズカップでコパノリッキー買えたのはこのサイトのこの
    無料コンテンツのおかげ

     
    トラックマンS(栗東担当者)

    コパノリッキーが好調キープ出来ているようです。フェブラリーSの後リフレッシュされたことで走りがスムーズになりしっかり手前を変えて走れるようになったのがここ3戦の好走の原因のようです。前走も出遅れがなければ勝てていたかという競馬で、ここもうまく立ち回れば勝ち負けに加わってくるという感触です!!


    ヤフーニュースより

    【ダービー】3冠に挑戦できる資格を持つエポカドーロ



     今週の日曜東京メインは競馬の祭典・日本ダービー(27日、GI、芝2400メートル)。今年は過去10年で2位タイとなる重賞勝ち馬13頭がメンバーに名を連ねるが、例年にない混戦ムードを断ち切るのは、果たしてどの馬か。

     唯一、3冠に挑戦できる資格を持つのがエポカドーロ(栗東・藤原英昭厩舎、牡)。皐月賞では、3頭が後続を引き離して先行する中、4番手で実質的には逃げるような形でリズム良く追走すると、実績のある道悪(稍重)も味方に力強く抜け出した。短距離指向の母系から2400メートルの距離が鍵となるが、安定した先行力と粘りは魅力だ。

    【日本ダービー予想|2018年|予想オッズまとめ】の続きを読む

    このページのトップヘ