競馬予想@競馬総合情報

競馬予想@競馬総合情報!、競馬予想で的中ラッシュするためにいろいろな視点からを作成しています。競馬予想データ、競馬ニュース、競馬情報など

    banazz

    函館2歳S

    5
    函館2歳S予想|2016年バンドオンザラン|近年不振の道営馬の活躍なるな?

     地方の1番星が、中央のターフに新たな歴史を刻む。ホッカイドウ競馬の“出世レース”栄冠賞を制したバンドオンザラン(牡2、角川)が、今年最初のJRA2歳重賞、函館2歳S(G3、芝1200メートル、24日)に出走する。

     全国で最も早く行われた4月20日の新馬戦を快勝し、通算3戦2勝、2着1回。毎年、2歳戦で勝ち星を量産する角川秀樹師は「またがった時からほかの馬とは背中が違っていた。まだ、若い面はあるけどオンとオフの切り替えが上手」と笑顔を見せる。

     新種牡馬スズカコーズウェイ(種付け料20万円)の初年度血統登録頭数は7頭。うち同馬を含め3頭が角川厩舎で19日までにデビューし、すべてJRA認定競走を勝ち上がっている。スズカの生産者でもあるグランド牧場の伊藤佳幸代表は「ここ3年10頭前後だったけど、今年は61頭と交配したんです。堂々として立ち居振る舞いまで変わってきた。(昨年急死した生産馬で種牡馬の)スズカマンボの分まで頑張ってほしい」と期待を寄せる。

     グランド牧場&角川厩舎のタッグは、昨年の同レースでタイニーダンサーが4着。角川師は「血統的にもこちらの方が向いていると思う」と話し、伊藤代表は「人気はないようだけど、何とかいい競馬をして来年のクラシックにつながっていくといいよね」と夢を膨らませた。【奥村晶治】

     
     
    栄冠賞-2016年




    これは強かったwwwww


    近年不振の道営馬。
    過去10年馬券になっていたのが1頭
    ハートオブクィーンだけなので・・・
    果たしてwwwww
     




    函館2歳S2016年・・・
    難解なレースですよねwwwww
    そんなレースの予想の参考になりそうな予想が
    ギャロップジャパン
    無料会員になって予想をゲットしましょう

    ■モンドキャンノ

    新馬戦で高いポテンシャルを見せつけたモンドキャンノ。
    新馬戦前の調教では各上馬をアオる好調教を見せレースでも余裕の好位追走からステッキ一発で快勝。
    勝ち時計の1分9秒4はレコードとコンマ1秒差なら能力は相当なもの。
    能力の違いでここは押し切れる。


    ■ドゥモワゼル

    新馬戦こそモンドキャンノに力の違いを見せつけられたが続く未勝利戦では4馬身差の快勝を見せたドゥモワゼル。
    出遅れて末脚勝負に決め込むと最後は2着に0.7秒差。
    初戦はハナを奪う厳しい競馬だったがこれが本来の能力だろう。
    モンドキャンノとは再戦となるが末脚が生きる展開になれば黙ってはいないはず。
    スタート五分なら逆転も。


    ■ロイヤルメジャー

    430キロ前後と小柄牝馬のロイヤルメジャー。
    しかしデビュー戦では馬場状態が悪いながらも楽に先手を取りそのまま危なげなく押し切って見せた。
    時計こそ馬場の影響がありそこまで目立たなかったが2着に2馬身半、そこから更に3着には2馬身半だからこちらも能力では引けはとらない。
    一度使った上積みも大きく前進は必至。牡馬相手でも好勝負できるはず。


    ■ザベストエバー

    今年の新馬勝ち第一号のザベストエバー。
    1000mだったが逃げ切り0.2秒差をつけての快勝。
    トビの大きな走法だけに1F延長はプラスに出そう。
    中間も順調そのもので陣営側も「シャープな脚捌きで駆け抜けた。良いデキで挑める。」と仕上がりに関しては問題なし。
    このデキなら好勝負できてもおかしくはない。


    ■バリンジャー

    バリンジャーは福島で新馬勝ちを収めての函館転戦。
    デビュー戦では馬群にひるまない勝負根性。
    最後は抑える余裕すら見せ0.4秒差の快勝。
    レースぶりからも能力は高く、回転の速い脚捌きからも短い距離は得意なはず。
    迎え撃つ函館組から見ても危険な相手。首位争いしてきても不思議ではない。


    button3-4-u






    5

    函館2歳S予想|調教・追い切り|ネット評価まとめ

     

    今週はここに函館2歳Sに期待
    トライキャスト無料予想

    torai1


    ブランボヌール5馬身千切った 

    <函館2歳S:追い切り>



     世代最初の重賞、函館2歳S(G3、芝1200メートル、26日)に向けた追い切りが22日、函館競馬場で行われ、ディープインパクト産駒ブランボヌール(牝、中竹)が、万全をアピールした。ウッドコースでブリヤン(3歳未勝利)と併せ、馬なりのまま5馬身ぶっちぎり。産駒6世代目にしてJRA全10場重賞制覇に王手をかける父に、同レース産駒初出走で一発回答で応えてみせる。

     ブランボヌールが躍動した。追い切りはウッドコースでブリヤンを5馬身先行させスタート。小柄な牝馬だが気迫の走りで3角で馬体を併せるとじりじりとプレッシャーをかける。直線では強めに追われる相手を尻目に、軽く促しただけで一気に5馬身突き抜けた。時計は5ハロン68秒5、ラスト1ハロン13秒0だったが、数字以上に強烈デモだった。中竹和也師(50)は「馬なりだったが、満足いく動き。順調ですね」と納得の笑顔を見せた。

     競馬界の七不思議に終止符を打ち、新たな時代を告げる。父ディープインパクトは産駒6世代目にしてG1・25勝(うち障害1勝)を挙げる怪物サイアーだが、同レースに産駒を送るのは意外にもこれが初めて。トレーナーも「えっ? そうなの」と驚くが、VならJRA全10場重賞制覇となり、サンデーサイレンスと並ぶ最速での達成とまた1つ勲章が加わる。

     新馬勝ちが、父の大記録を後押しするだけの好内容だった。スタートダッシュこそつかなかったものの、好位4番手を追走し、直線では馬群を割ってメジェルダとのたたき合いを首差制した。2歳離れした強心臓に、師も「根性がある。厩舎で普段は寝ているくらい。メンタル面では注文がない」と絶賛する。

     母は同じく函館で新馬勝ちして挑戦したが、6着に敗れた。函館リーディングトップ(19勝)をひた走る岩田康誠騎手(41)を背に母の雪辱も期す。トレーナーは「母と違いどっしりしている」。孝行娘が“両親”に記録ずくめの勝利を届ける。【松末守司】

     
    サンスポ予想王
    函館2歳S

    函館2歳S

     

    主な馬の調教タイム

    ブランボヌール

    7・22 函館W良

    68.5-53.3-40.3-13.0

     

    オデュッセウス

    7・22 函館W良

    68.3-53.7ー40.0ー12.7

     

    ツイッターの声 

    【函館2歳S予想|調教・追い切り|ネット評価まとめ】の続きを読む

    5
    函館2歳S予想|注目馬メジャータイフーン|ネット評価まとめ
     
    【函館2歳S予想|注目馬メジャータイフーン|ネット評価まとめ】の続きを読む

    5
    函館2歳S予想|予想オッズ|ネット評価まとめ
     
    【函館2歳S予想|予想オッズ|ネット評価まとめ】の続きを読む

    このページのトップヘ