競馬予想@競馬総合情報

競馬予想@競馬総合情報!、競馬予想で的中ラッシュするためにいろいろな視点からを作成しています。競馬予想データ、競馬ニュース、競馬情報など

    banazz

    京成杯オータムハンデ予想

    京成杯オータムハンデ予想|2017年|調教・追い切りニュースまとめ

    choukyou


    ランキングでは今週も無料予想GET
    馬券師が馬券的中を目指しますw
    http://keiba-ranking.club

    rannking


    ヤフーニュースより引用

    【京成杯AH 武士沢に聞く】「マルターズアポジーいい感じでした」
      ◆京成杯オータムハンデ追い切り(9月6日、美浦トレセン)

     ―マルターズアポジーの追い切りは、美浦・Wコースで6ハロン81秒0―38秒8―12秒4。アドラビリティ(5歳500万)に5馬身先着しました。

     「前に馬を置いてかわす内容。いい感じでした。今回は中山で輸送距離が短いし、楽させると体が増える可能性もあるので、しまいはしっかりと追いました。状態はいい意味で平行線ですね」

     ―1600メートルの関屋記念で鮮やかな逃げ切り勝ち。今回も同距離です。

     「2000メートルでも駄目なことはないけど、マイルの流れの方が自分の形に持っていきやすい。ただ、この距離だと速い馬も多い。前に行く馬との兼ね合いがカギですね」

     ―勝てばサマーマイルシリーズ優勝が決定。

     「そこは意識せず、ここで結果を出せるように考えたい。58キロのハンデはしょうがないですね。これから上に行って戦うことを考えると克服してほしい。あとは枠。中山のマイルですから、やはり内が欲しいですね」
    【京成杯AH】グランシルク、“無冠の帝王”返上へ手応えあり!
    ◆京成杯オータムハンデ追い切り(9月6日、美浦トレセン)

     グランシルクは美浦のWコースを馬なりで単走。力みのないフォームで5ハロン66秒2―12秒5をマークした。「単走でものびのび走っていたね。気候も涼しくなって、元気な状態で臨めそう」と戸田調教師は納得の表情だ。

     惜敗続きにピリオドを打ちたい。末脚確かな実力馬はこれまで重賞戦線で2着2回、3着2回。前走の中京記念(2着)でも、外から懸命に追い込んだが、内の勝ち馬ウインガニオンには2馬身半届かなかった。「以前と比べて折り合いが付くようになっているし、何とか“無冠の帝王”を脱したい。勝てばサマーマイルシリーズ王者? ぜひ頑張ってほしいね」とトレーナー。順調ならば、今後はスワンS(10月28日、京都)からマイルCS(11月19日、同)を予定。1週前に感触を確かめた田辺との初タッグでまずは悲願の初タイトルを狙っていく。(川上 大志)
    【京成杯オータムハンデ|2017年|調教・追い切りニュースまとめ】の続きを読む

    5
    京成杯オータムH予想|予想直前情報|ネット評価まとめ 
     

     サマーマイルシリーズは、今週の中山競馬場で行われる最終戦(全3戦)の京成杯オータムHまで目が離せない展開だ。逆転優勝に向けて面白いのが、8ポイントで3位につけているアルマディヴァン。前2戦は2、4着とあと一歩だけに、開業4年目の高橋文雅調教師(43)=美浦=にも力が入っている。重賞初制覇で、シリーズ優勝を決める。

     悲願の重賞初Vは、サマーマイルシリーズの逆転優勝がかかっている。中京記念2着、関屋記念4着のアルマディヴァンが、厩舎の期待を乗せて中山を激走する。

     「厩舎開業当初からの馬がここまできてうれしいね。自分たちのやってきたことが実になっているということだから」

     開業4年目を迎えた高橋文調教師が、感慨深い表情で話す。高橋師は大久保洋吉厩舎の助手時代の2012年、調教師試験に合格。準備期間もあまりないままに同年3月に開業した。その年の12月にアルマはデビュー。初勝利に5戦を要し、オープン入りは5歳になった今年の3月と遅咲きの牝馬だが、そのぶん「いい勉強をさせてもらっている」と感謝の様子だ。

     後方一気の末脚が武器で、関屋記念では上がり3ハロン32秒7の豪脚で追い上げた。「1回ブレーキをかけるところがあったけど、そこからまた伸びた」と、スムーズなら0秒2差は変わっていたかも。今回は開幕週の馬場が鍵だが、「手前を替えてからの一瞬の伸びがあるから、思うほど中山は悪くない。開幕週だから内で死んだふり。それでもいいね」と、一発を狙う。

     「以前は追い切って反動が出たけど、いまはそれもなくなった。いつも競馬ではこちらが思うより一段上の走りをしてくれるからね。その準備はできたと思う」

     中京記念が13番人気、関屋記念が8番人気。今回も人気はなさそうだが、トレーナーは好勝負できる手応えをつかんでいる。サマーマイルシリーズは8ポイントで3位。「勝てば文句ないよね」と気鋭のトレーナーも当然、逆転優勝を狙っている。充実一途の5歳牝馬が、厩舎に初の重賞タイトルをもたらし、夏のマイルチャンピオンの称号を手に入れる。 (柴田章利)

    ★優勝の行方

     サマーマイルシリーズは第3戦の今回が最終戦。王者になるには12ポイント以上であり、シリーズ1勝以上が条件。現在3位(8ポイント)のアルマディヴァンと5位(4ポイント)で並ぶダローネガ、ヤングマンパワーは京成杯AH制覇が絶対条件となる。首位(11ポイント)の2頭、スマートオリオン(第1戦・中京記念V)とレッドアリオン(第2戦・関屋記念V)は6着以下でも1ポイントが与えられるため、出走すれば最低でも計12ポイント。優勝条件を満たす。

     

    直前情報まとめ

     

     

    【京成杯オータムH予想|予想直前情報|ネット評価まとめ】の続きを読む

    このページのトップヘ