競馬予想@競馬総合情報

競馬予想@競馬総合情報!、競馬予想で的中ラッシュするためにいろいろな視点からを作成しています。競馬予想データ、競馬ニュース、競馬情報など

    banazz

    七夕賞予想

    七夕賞予想|2017年|調教・追い切りニュースまとめ

    choukyou


    勝馬の栞で今週も無料予想GET
    宝塚記念注目馬はここで無料GETw
    http://horse-win.com/
    kachiuma


    ヤフーニュースより引用

    【七夕賞】昨年12月以来の実戦フェイマス、追い切りは及第点
     若武者・石川の手綱で一発を狙うフェイマスエンドは脚部不安のため、昨年12月のチャレンジC以来の実戦。最終追い切りは坂路併走で4F53秒5~1F12秒3を刻み、ハギノカエラ(4歳500万)に1馬身先着。梛木助手は「欲を言えばもう少しパンとしてほしいけど、追い切りは反応、動き共に良かった」と及第点。オープンでは4戦して4着2回。舞台設定に恵まれれば、馬券圏内に食い込める。得意の小回り2000メートル、かつ軽量54キロなら一発も十分。「条件はいいですね。内枠を引けるようなら楽しみはありますよ」。前々でロスなく運んで上位へ。若手らしいアグレッシブな騎乗に導かれ、高配を演出するか。
    【七夕賞】スズカデヴィアス、ラスト重点で鋭い伸び
    ◆七夕賞・追い切り(5日・栗東トレセン)

     サマー2000シリーズ第1戦の第53回七夕賞(9日、福島)の追い切りが5日、東西トレセンで行われた。

     スズカデヴィアスは栗東・坂路を単走。ラスト重点に追われ、軸のしっかりした走りで54秒1―12秒4と鋭い伸びを披露した。「予定通り。不安はないですね」と橋田調教師は状態の良さに胸を張った。

     昨年12月の金鯱賞から末脚を生かすスタイルに転じて成績が安定。4着だった前走の鳴尾記念も、前残りの展開を0秒3差まで詰めて力は示した。トレーナーは「ジョッキー(横山典)もこの馬をよく分かってくれている。今回は脚質にこだわらずに乗ってくれたら」とベテランの手綱に全幅の信頼を寄せる。

     例年は夏場を苦手としていたが「今年はそんなに暑くないから辛抱できている。2000メートルでは安定しているし、ハンデ(56キロ)もいいところでしょう」と橋田師。好材料が並ぶ今回は重賞初制覇の絶好機だ。
    【七夕賞】ゼーヴィント、3頭併せでラスト11秒9をマーク
    ◆七夕賞・追い切り(5日・美浦トレセン)

     サマー2000シリーズ第1戦の第53回七夕賞(9日、福島)の追い切りが5日、東西トレセンで行われた。同じ福島の昨年のラジオNIKKEI賞勝ち馬ゼーヴィントは美浦・Wコースの3頭併せでラスト11秒台をマーク。5か月半ぶりでも重賞4連続連対中の地力の高さを見せつけるか。

     ゼーヴィントは美浦のWコースで、外セシルクラウン(4歳500万)、中クリミアタイガー(4歳障害未勝利)を追走。余裕を持って運び、直線では内から鋭く脚を伸ばした。6ハロンから追われ、ラスト1ハロンは11秒9をマーク。休み明けとしては上々だろう。

     それでも、木村調教師の表情には不満の色が浮かんだ。「人間で言えば、1時間かかる問題を10分で解いてしまうタイプなので、あまり負荷がかかっていない。馬が遊んでしまっていた」。十分に見える内容だったが、予定より攻め込めなかった点を悔やんだ。

     裏を返せば、それだけ地力が高いということ。木村師は「まだ太いが、能力はずぬけている。G1でも恥ずかしくない馬だと思う」と続けた。納得のいく調整ではなくても、G3は通過してほしいと力が入る。

     期待の大きさは主戦の戸崎も同じだ。前2週、計12勝の固め打ちで86勝と全国首位に立ったが「ただ勝っているだけ。内容が薄い」と手厳しい。「重賞、特にG1」と言うリーディングジョッキーにとって、「若さが徐々に解消してきたが、まだ良くなる余地を残している」パートナーはともに高みを目指せる有望株と言える。

     重賞で3戦連続2着。ゼーヴィント自身も消化不良の内容が続くが、休養で馬体のバランスは良くなった。5か月半ぶりを克服し、人馬のモヤモヤとした思いを打ち破った先には、雲ひとつない夏空が広がっているはずだ。
    【七夕賞予想|2017年|調教・追い切りニュースまとめ】の続きを読む

    七夕賞予想|2017年|予想オッズまとめ

    yosouodds

    競馬で勝ちたい・儲けたい
    そんな貴方様に・・・競馬劇場
    無料コンテンツ4つは完全オリジナル
    そんな無料コンテンツが見れる
    競馬劇場が熱い
    keibakaigi


    ヤフーニュースより

    『七夕賞】レース展望
      【七夕賞(日曜=9日、福島芝2000メートル)過去10年ワンポイント】過去10年の単勝1番人気は〈2・1・2・5〉。以下、2番人気〈1・2・2・5〉、3番人気〈1・0・2・7〉と続く。全体的に上位人気の信頼度が低いのは先週のラジオNIKKEI賞と同様だ。

     目立つステップはエプソムC組の2勝、3着4回だが、その6頭のエプソムCの着順は8→5→9→7→2→7で、1桁着順ならOK。5着だったエプソムCからの臨戦となるバーディーイーグルはハンデも53キロの軽量。妙味十分とみた。
    【七夕賞予想|2017年|予想オッズまとめ】の続きを読む

    5
    七夕賞ーアルバートドック、CWコースで鋭い動き!初コンビ戸崎で重賞2勝目だ 

    ◆七夕賞追い切り(6日・栗東トレセン)

     サマー2000シリーズ初戦の第52回七夕賞・G3(10日、福島)で重賞2勝目を狙うアルバートドックは栗東・CWコースで鋭い動きを披露した。

     飛躍の夏へ、アルバートドックが絶好調をアピールした。最終追い切りはCWコースを単走。スタートから首の低いフォームで力強さは十分。しっかり折り合ったまま4コーナーを回った。直線で軽く気合をつけられると、すぐさまギアを上げ、余力たっぷりにラスト12秒0。鋭くゴールを駆け抜けた。

     「しまいだけやってくれという先生(須貝調教師)の指示通り。最後はしっかりハミをとってくれましたし、変わらず調子はいいですね」と野見山助手。1週前追い切りが不良馬場の同コースで6ハロン80秒5の好時計。思い通りの調整過程に笑みを浮かべた。

     2月に解散した松田博厩舎の“ラスト重賞”だった小倉大賞典で重賞初V。転厩後は〈18〉〈5〉〈7〉着と結果が出ていないが、良績のない左回りや展開の不向きなど、敗因ははっきりしている。「前日輸送ならカイバも食べてくれますしね。あとは結果を出すだけです」と野見山助手は巻き返しへ自信をのぞかせる。

     手綱を執るのは先週まで99勝を挙げ、全国リーディングを快走する戸崎。先週もラジオNIKKEI賞をゼーヴィントで勝利と、勢いは増すばかりだ。「初コンビになりますが、戸崎騎手も前走(の映像)は見てくれているし、うまく乗ってくれるでしょう」と同助手は全幅の信頼を寄せる。最高の仕上げと鞍上効果で、2つ目のタイトルを奪取する。(吉村 達)



    アルバートドックは小倉大賞典で初重賞
    その後、松田資から須貝厩舎へ転厩








    無料予想ありサイト一撃帝王が熱い
    無料コンテンツが豊富
    競馬ファンならチェックしておきたいサイト

    七夕賞の予想も公開
    実際に公開されている無料予想


    七夕賞(G3)
    この重賞で連軸濃厚の注目ホースがコチラ!
    ★シャイニープリンス★
    新潟大賞典では3着のこの馬に注目。6歳の年齢を迎えるが、ここに来て本格化の兆しを見せている。これまでのマイル路線から距離延長でレース振りが一変。2走前の福島民報杯の走りが出来れば、ここでも勝ち負けの筆頭。
    ★ダコール★
    8歳となったこの馬も侮れない。今季は日経新春杯では4着、小倉大賞典では2着、新潟大賞典では4着と確実に掲示板圏内には入る安定感。この成績を見ても重賞戦では互角以上に戦える力は十分に有り得る。
    ★アルバートドック★
    小倉大賞典の勝ち馬のこの馬もこの舞台で巻き返しを狙う。近3走では成績が振るわないが、道中の展開不利などの影響があった事も否めない。不完全燃焼の競馬が続いているだけに、今回のレースで巻き返しを狙っているはず

    button3-4-u


    【七夕賞|2016年|1番人気濃厚注目馬アルバートドック】の続きを読む

    5
    七夕賞予想|調教・追い切り|ネット評価まとめ
     
    【七夕賞予想|調教・追い切り|ネット評価まとめ】の続きを読む

    ラジオNIKKEI賞予想|予想オッズ1番人気グランデッツァまとめ
     
    【七夕賞】グランデッツァ輝き再び!3年4ヶ月ぶり重賞V

     福島で行われるサマー2000シリーズの開幕戦「第51回七夕賞」の追い切りが8日、美浦、栗東トレセンで行われた。約3年4カ月ぶりの重賞制覇を狙うグランデッツァが坂路で抜群の切れ味を見せつけ仕上がりの良さをアピールした。コンビを組む川田もこのレースに勝利すれば函館を残し、JRA全10場重賞制覇へ王手がかかる。人馬共に気合の入る一戦に万全の態勢が敷かれた。

     グランデッツァは不良馬場の坂路で好時計を叩き出した。ゴール前ではラチ沿いに少しモタれる面を見せたが、またがった藤懸(レースは川田)が左ムチと巧みな手綱さばきでコントロール。ラスト2Fは12秒0→12秒3の切れ味を発揮した。引き揚げてきた藤懸も好感触を口にする。

     「しっかり動けていたし時計も出ました。(馬場は悪かった?)この馬の動きがいいからなのか、感じなかったですね。久しぶりに乗ったので比較はできないけど状態はいいと思います」

     今春の始動戦に予定していたマイラーズCは右前脚蹄出血で回避したが、その後は都大路S(2着)→鳴尾記念(5着)と順調に使われてきた。叩き3走目で出来は最高潮。平田師は3歳春のスプリングS以来、約3年4カ月ぶりの重賞制覇に自信をにじませる。

     「先週の動きも良かったし調子はいい。普通に勝ち負けできるんじゃないか。ハンデ(57キロ)も57・5キロぐらいかと思っていたし、案外軽かったな。秋に向けても何とか賞金加算したい」

     ここはサマー2000シリーズの初戦となるが、陣営にとっては賞金加算が至上命題。4戦未勝利のこの距離にも、陣営は同じ距離の前走内容から手応えをつかんでいる。指揮官が「追いだしは遅れたけど、最後はよく伸びてきた。脚を余したぐらいだし距離は大丈夫」といえば、鞍上の川田も「前回はかなり力んでしまいましたね。だいぶ我慢させる競馬をしたので、今回の方が流れに乗りやすいはず。流れひとつで距離に対応できると思っています」と感触を口にした。かつてクラシック候補と評された逸材が、初の“みちのく”遠征で輝きを取り戻す。

     

    グランデッツァの前回の重賞勝利

    スプリングステークスー2012年

     

    七夕賞の予想オッズ

    1番人気 グランデッツァ 3.2
    2番人気 レコンダイト 4.7 
    3番人気 アルフレード 6.7
    4番人気 トウケイヘイロー 9.1
    5番人気 クランモンタナ 10.1
    6番人気 メイショウナルト 13.2
    7番人気 マイネルディーン 14.3
    8番人気 ステラウインド 17.9
    9番人気 フラアンジェリコ 22.6
    10番人気 ヒラボクディープ 23.1

     

    ツイッターの声 

    【ラジオNIKKEI賞予想|予想オッズ1番人気グランデッツァまとめ】の続きを読む

    このページのトップヘ