競馬予想@競馬総合情報

競馬予想@競馬総合情報!、競馬予想で的中ラッシュするためにいろいろな視点からを作成しています。競馬予想データ、競馬ニュース、競馬情報など

    banazz

    ルージュバック

    ルージュバック|エプソムカップ2016年に出走してきた理由

     「エプソムC・G3」(12日、東京)

     再出発だ。昨年のきさらぎ賞以降、1年4カ月間も勝ち星から見放されているルージュバックが、久々のタイトル奪取に燃えている。

     前走のヴィクトリアマイルは好位勢の直後で脚をためるも結果は5着。大竹師は「エンジンがかかる前に終わってしまった」と唇をかむ。昨年の桜花賞でも断然の人気を裏切っているように、マイルの距離は短かったようだ。「レース後はすぐに息が入っていた。その分、レースのダメージは少ない」と中3週での参戦を決めた。

     前走後は短期放牧を挟んで1日に帰厩。5日に美浦Wで6F83秒7と長めから追い切るなど、順調な調整が進む。「得意の9Fに戻るのはいい。広い東京コースも合う」と指揮官の口調によどみはない。3戦2勝、2着1回の9F戦ならば前走と違う姿を見せることができるはずだ。

     同日に阪神で牝馬限定重賞のマーメイドSがあるが、あえて陣営は牡馬混合戦のここを選択。トレーナーは「(マーメイドSは)ハンデ戦なので斤量を背負わされることに加え、阪神への輸送もあるので」と説明。強豪牡馬が相手でも十分勝算があると見込んでの参戦。まずは久々のVを決め、復活の足掛かりにする。

     
    きさらぎ賞では文句なしのパフォーマンスだった
     

     

    相性抜群の戸崎騎手に戻るのも

    ヴィクトリアマイルはルメールだった

     

    牝馬のハンデ戦より54キロの別定戦を選んで来たのか

     

     


    伝説の馬券師、大川慶次郎氏のサイト
    無料会員でその遺伝子を引くことが出来ますw
    ここでしか入手不可能な大川メソッド情報
    今週末の重賞の特選情報を無料でメール公開

    button3-4-u





    【ルージュバック|エプソムカップ2016年に出走してきた理由】の続きを読む

    中山牝馬S予想|2016年|ルージュバックをどうするか?それが全て

     「中山牝馬S・G3」(13日、中山)

     しぼんだ夢は、もう一度花開くのか。ルージュバックが今季初戦にここをチョイスした。

     思えば昨年の今ごろは無敵の雰囲気だった。新馬-百日草特別を桁違いの強さで勝つと、きさらぎ賞では牡馬を一蹴。「牝馬2冠を勝って秋は凱旋門賞へ」という壮大なプランが描かれていた。

     だが、桜花賞は後方でもがき苦しみ9着。オークスは最後の最後、ミッキークイーンに差されて2着に終わった。札幌記念に凱旋門賞行きをかけて臨むはずだったが、熱発で出走回避と暗転。秋もエリザベス女王杯4着、有馬記念10着と無冠に終わった。

     その後は福島県のノーザンファーム天栄に放牧、立て直しを図った。大竹師は「いいと思いますよ。見た目も元気。いつも通りで特に変わったところはない」と帰厩後の状態に胸を張る。「もともと古馬になってから、と思っていた馬。ヴィクトリアマイル(5月15日・東京)へ向けて結果を出し、実りある一年にしたい」と決意表明した。

     デビュー戦からコンビを組む戸崎圭は「G1を勝たせなくてはいけない馬」と言い続けて来た。牝馬限定戦のG3。力の違いを見せたいところだ。

     

    56キロのハンデが決まりましたね

    トップハンデはバウンスシャッセの56.5

    rujyu
    《オークス-2015年》

     

    137:2016/03/07(月) 15:16:09.82 ID:
    枠順決まる前にルージュ鉄板とか見ると
    ルージュもアルビアーノしちゃうんだろうなと思う

    そしてアルビアーノ軸だった奴は
    ルージュ軸にするんだろうとも思うw
    204:2016/03/08(火) 07:33:13.86 ID:
    重賞何個か取ってるからハンデ57以上なのでは
    【中山牝馬S予想|2016年|ルージュバックをどうするか?それが全て】の続きを読む

    5
    ルージュバック|きさらぎ賞回顧|大竹調教師もうやることがない


    【GODSPEED-注目サイト】
     

     3カ月ぶりに、初コースの京都。良血の牡馬たちが相手とくれば、多少の割引があってもいいのに、単勝1.7倍の断トツ人気。ルージュバックの強さをファンはよくご存じだ。

     確かにすごかった。スタートが良すぎて、先手を奪い合うネオスターダム、エメラルヒマワリの後ろへ。「3番手で大丈夫かなと思ったけど、鞍上(戸崎騎手)にまったく心配した様子がなかったからねえ」と大竹調教師。後方からぶち抜いた前走と競馬は異なっても、結果は同じ。はっきりいって大楽勝だった。

     「競馬場に到着してからも落ち着いていたし、輸送も何ともなかった。あと何をすればいいのか。走る馬は調教師がいらないというけど、ホント、もうやることがないんだよね」という指揮官の自画自賛を、そのまま受け止めていい勝ちっぷりだ。

     結果的に引き立て役になったとはいえ、2着ポルトドートウィユも4角で外へ振られた以外は思いどおりの競馬。高野調教師も「デビュー時とは別馬と思えるほど。ひ腹の辺りがガッシリしてきた」と成長を口にしながら、ルージュとは2馬身差。オルフェーヴルの全弟アッシュゴールドの池添騎手も「馬ごみのなかで競馬ができた。成長力のある血統だし、作り直した成果はあった」としながら、勝ち馬には3馬身離されていた。

     「気性の荒さを見せているとはいえ、牝馬特有のもの。ここまでは思い描いたとおりにきている。あとは多頭数。それがカギになるかな」と大竹調教師。次走は「桜花賞を含めいろいろ」と。牡馬相手のGIIIをあっさり勝って連勝を伸ばせば、確かに選択肢は広がってくる。 (南庄司)

     
    2015年のきさらぎ賞を圧勝した
    ルージュバック
    【ルージュバック|きさらぎ賞回顧|大竹調教師もうやることがない】の続きを読む

    このページのトップヘ