競馬予想@競馬総合情報

競馬予想@競馬総合情報!、競馬予想で的中ラッシュするためにいろいろな視点からを作成しています。競馬予想データ、競馬ニュース、競馬情報など

    banazz

    セントウルS

    セントウルS予想|最新情報|ネット評価まとめ 

     

    セントウルSの予想はここ信頼
    ここの無料予想なら信頼できる
    チェンジ
    sento1

    ◆セントウルS追い切り(10日)

     第29回セントウルS・G2(13日、阪神)に出走する一昨年の覇者、ハクサンムーンが栗東の坂路で追い切り、荒れた馬場をものともせず、ラスト2ハロン12秒2、12秒1のハイラップで駆けた。充実期を迎えた6歳馬が、前哨戦を勝ってG1スプリンターズSへ向かうか。

     いつも通り、他馬のいなくなった閉門間際の坂路へ登場。単走で1ハロン目は15秒6とゆっくりだが、肩ムチを入れたラスト2ハロンは12秒2、12秒1。踏み荒らされた馬場を苦にせず、極上のラップを刻み、全体も53秒7でまとめた。

     「万全ですね」

     西園調教師は満点ジャッジだ。「7月(31日)に帰厩して、これで(速い追い切りは)5本目。中間にいい時計も出ているし、しっかり仕上がっています」。高松宮記念2着以来5か月半ぶりの実戦だが、不安はみじんも感じさせない。

     過去6度挑戦して16、3、2、5、13、2着。あと一歩届かないG1制覇へ、前走後は一昨年に制したサマースプリントシリーズには目もくれず休養。ここから中2週で続く大一番スプリンターズSを見据え、夏場に無理をさせなかった。同じ過程の昨年は、ここを2着後に厳しい展開に巻き込まれたG1で崩れたが、雪辱を期して同じ臨戦過程を取った。

     セントウルSは前哨戦の位置づけだが、中間の上昇度に、調教担当の田中助手は驚きの口ぶり。「乗っている感触が、すごくいい。こっちの感覚が狂うほどで、思っているより時計が速い。今までの中でも、かなりいい部類だと思います」。過去に3か月以上の休み明けは当週の坂路で54秒台程度だが、全体時計、ラストのラップも今回が一番。さらにいつもある硬さがなく、張りとやわらかみを帯びた馬体に自信を深めている。

     6歳秋に迎えた充実期。西園調教師は今年こそ、の思いだ。「年齢的にもラストチャンス。ここと両方勝つ気で、悔いのないように仕上げてきました」。真の王者となるため、G2では負けられない。(宮崎 尚行)

     
    セントウルS
     
    【セントウルS予想|最新情報|ネット評価まとめ】の続きを読む

    5
    セントウルS予想|予想・オッズ1番人気ストレイントガール|ネット評価
     
    【セントウルS予想|予想・オッズ1番人気ストレイントガール|ネット評価】の続きを読む

    このページのトップヘ