競馬予想@競馬総合情報

競馬予想@競馬総合情報!、競馬予想で的中ラッシュするためにいろいろな視点からを作成しています。競馬予想データ、競馬ニュース、競馬情報など

    banazz

    ステイヤーズS予想

    5
    ステイヤーズステイヤーズ予想|調教・追い切り|ネット評価まとめ

    アルバートなど、ステイヤーズS厩舎情報/美浦トレセンニュース

     土曜日の中山では暮れの名物、3600mのマラソンレース、ステイヤーズS(GII)が行われる。美浦から出走する注目馬3頭について、関係者に取材した。

    アルバート(牡4・美浦・堀宣行)について、橋本篤典調教助手。
    「前走(比叡S・1600万下・1着)は馬場が渋ると良くないかと思いましたが、関係ありませんでしたし、強い内容でした。長めの距離に適性があったのでしょう。前走前の調教も緩い内容でしたが、レース間隔が詰まっている今回も強い調教はいりませんでしたし、感触を確かめてもらう程度でした。前走から平行線ですが、状態は良いです。連勝する前と大きく変わった感じはありませんが、ここでも力は通用すると思います」

    ネオブラックダイヤ(牡7・美浦・鹿戸雄一)について、鹿戸調教師。
    「前走の新潟記念(GIII・14着)はレースの流れが向かなかったですし、道悪も応えた感じですね。レース後はノーザンファームに放牧に出して、ここを目標に調整をしてもらいました。水曜日に長めから追い切って馬はできていますし、仕上がりに問題はないですね。気分屋ですが、気が向けば春の天皇賞(GI)でも5着になったように楽しみはあります。中山にも実績がありますし、秋山騎手も何度もこの馬に乗っていてわかっていますので、チャンスはあると思っています」

    マイネルメダリスト(牡7・美浦・田中清隆)について、田中調教師。
    「休み明けを1度使って良くなっていますし、追い切りの動きも問題ありませんでした。ここのところ精彩を欠いた走りをしていますので、今回はブリンカーを着けてみますが、これで変わり身を見せてくれればと思います」
    (取材・写真:佐々木祥恵)

    【ステイヤーズS】ファタモルガーナ 半年ぶりも『雰囲気悪くない』

    【ステイヤーズS(土曜=5日、中山芝内3600メートル)注目馬2日最終追い切り:栗東】長距離重賞で2着が3度と、ディープインパクト産駒としては異色な実績が目を引くファタモルガーナ。この日は坂路で単走。強めに追われて4ハロン54・3―13・2秒をマークした。半年ぶりのレースとなるが、7歳という年齢ながら大事に使われてきたこともあって衰えは感じられない。

     佐藤助手「もう少し攻めたい気持ちもあるが、柔らかみがあって雰囲気は悪くない。切れる脚を使うタイプじゃないから東京コースではどうしても早めに動く形に。やはり中山のほうが勝つチャンスは大きい。何とか重賞を勝たせたい」

    【ステイヤーズステイヤーズ予想|調教・追い切り|ネット評価まとめ】の続きを読む

    5
    ステイヤーズS予想|予想・予想オッズ|1番人気ファタモルガーナまとめ

    ステイヤーズSレース展望

     関東の舞台は東京から中山に移り、土曜メーンにステイヤーズS(5日、GII、芝3600メートル)が行われる。国内の平地最長距離レースにスタミナ自慢が集結。名手たちの手綱さばき、駆け引きにも注目したい一戦だ。

     ファタモルガーナ(栗東・荒川義之厩舎、セン7歳)は2012、14年とこのレースで2着が2回ある。7歳となった今年もダイヤモンドS2着、目黒記念3着と長距離重賞で好走。今回は6カ月ぶりのレースとなるが、長距離適性は最上位といえる。ただ、平地3000メートル以上ではいまだ1勝もしていないディープインパクト産駒。先週はジャパンC(ショウナンパンドラ)、京阪杯(サトノルパン)と重賞を2勝しているディープ産駒の勢いで、距離の壁を破ることができるか…という点でも注目される。

     メイショウカドマツ(栗東・藤岡健一厩舎、牡6歳)は、前走のアルゼンチン共和国杯で2番手から早めに抜け出してアタマ差の2着。13年にダイヤモンドSで3着に好走するなど、3000メートルを超えるレースにも実績がある。蛯名正義騎手とのコンビでは2戦して1、2着。中山にも勝ち星があり、重賞初Vを狙う。

     勢いという点で最右翼なのは、アルバート(美浦・堀宣行厩舎、牡4歳)だ。500万下、1000万下、1600万下と3連勝中で、勝ち方も目を見張るものがある。前走の比叡Sは大外から突き抜け、2馬身半差の完勝。2400メートルを超える距離は未知数だが、距離を延ばしてパフォーマンスを上げてきた。日経新春杯、日経賞と中長距離重賞2勝のアドマイヤデウスを出しているアドマイヤドンが父で、母の父が長距離戦に強いダンスインザダークという点も魅力。騎乗予定のライアン・ムーア騎手は、前週に堀厩舎の管理馬で2勝を挙げ、ジャパンCで2着と手綱さばきがさえわたっている。リーディング争いで2位に4勝差をつけている堀厩舎としても、勝ち星の上積みが期待できる1頭だ。

     スズカデヴィアス(栗東・橋田満厩舎、牡4歳)は2月の京都記念で、のちにGIを2勝するラブリーデイにハナ差の2着と好走。このレースでも昨年4着と善戦しており、長距離適性を示した。半年ぶりだったアルゼンチン共和国杯は逃げて9着だったが、ひと叩きされたぶんの上積みは見込める。ずるさのあるタイプだけに、アンドレア・アッゼニ騎手との新コンビは魅力だ。

     ネオブラックダイヤ(美浦・鹿戸雄一厩舎、牡7歳)は今春の天皇賞で、それまでと違った差す競馬で0秒3差の5着と健闘。宝塚記念でもラブリーデイから0秒5差の9着と内容は悪くなかった。GIIIでも惨敗する半面、GIの強敵相手でも差のない競馬を演じるなど、つかみどころのないタイプだが、中山芝は【2・2・0・4】と比較的安定している。引き続き、手の合う秋山真一郎騎手が騎乗するのも心強い。

     ダンスインザダーク産駒のカムフィー(美浦・池上昌和厩舎、牡6歳)は準オープンの身だが、騎乗予定の横山典弘騎手はこのレースで現役最多、歴代2位タイの5勝を挙げている。騎乗するのは久々だが、コンビを組んで【2・2・2・4】と相性が良く、管理する池上和調教師にとっても重賞初Vのチャンスだ。

     菊花賞、天皇賞・春と3000メートル以上のGIを5勝しているステイゴールド産駒で、重賞勝ちがあるマイネルメダリスト(美浦・田中清隆厩舎、牡7歳)、ケイアイチョウサン(美浦・和田正道厩舎、牡5歳)や、今年に入って3勝と充実しているトゥインクル(栗東・牧田和弥厩舎、牡4歳)、連勝中で勢いがあるアドマイヤジャパン産駒のトルークマクト(美浦・尾関知人厩舎、牡5歳)など、メンバーは多彩だ。

     勝てば有馬記念への道が開ける一方、過去10年で3連単の配当が20万円以上となったケースが4度もあるように、荒れるときは大荒れになる長丁場の決戦。隠れたマラソンランナーを探すのもひとつの楽しみだろう。

     

    ステイヤーズ予想オッズ・ネット競馬より


    1番人気 ファタモルガーナ 2.8
    2番人気 メイショウカドマツ 3.8
    3番人気 アルバート 5.0
    4番人気 スズカデヴィアス 5.4
    5番人気 ネオブラックダイヤ 11.3
     

    ステイヤーズ予想オッズ・競馬ブックより


    1番人気 ファタモルガーナ
    2番人気 アルバート
    3番人気 トゥインクル
    4番人気 スズカデヴィアス
    5番人気 カムフィー

     

    ファタモルガーナ、ツイッターの声

     

    【ステイヤーズS予想|予想・予想オッズ|1番人気ファタモルガーナまとめ】の続きを読む

    このページのトップヘ