競馬予想@競馬総合情報

競馬予想@競馬総合情報!、競馬予想で的中ラッシュするためにいろいろな視点からを作成しています。競馬予想データ、競馬ニュース、競馬情報など

    banazz

    ジャパンカップ

    JC「ジャパンカップ」2020年、カレンブーケドールを買いたい最大限の理由

    keibadata





    2020年は競馬も含めて異例な年、
    ずっと言ってきたけどまたまたG1で1番人気が勝利した。

    2020年のG1の1番人気成績
    マイルCS グランアレグレリア 1着
    天皇賞秋 アーモンドアイ 1着
    菊花賞 コントレイル 1着
    秋華賞 デアリングタクト 1着
    スプリンターズステークス グランアレグレリア 1着
    宝塚記念 サートゥルナーリア 4着
    安田記念 アーモンドアイ 2着

    東京優駿 コントレイル 1着
    優駿牝馬 デアリングタクト 1着
    ヴィクトリアマイル アーモンドアイ 1着
    NHKマイルC レシステンシア 2着
    天皇賞春 フィエールマン 1着
    皐月賞 コントレイル 1着
    中山GJ オジュウチョウサン 1着
    桜花賞 レシステンシア 2着
    大阪杯 ダノンキングリー 3着
    高松宮記念 タワーオブロンドン 12着
    フェブラリーS モズアスコット 1着


    13-3-1-1-0-1/16
    まあ文句ない成績です。




    「広告」 管理人おすすめの無料予想あり、先週も大爆発!!
    ワイド馬券完璧、鬼勝ち馬券情報局

    2020-11-26_12h20_20





    カレンブーケドール。
    昨年の2着馬・・・。国枝先生はアーモンドアイに心が奪われていそうですけどw
    過去5年JCの1番枠の結果

    2020-11-27_10h48_32

    3-2-1-0-0-2/8(37%-75%)



    馬券圏外だったのは
    16年 ビッシュ 11番人気16着
    15年 トリップトゥパリス 11番人気14着


    2年連続1番枠に入るのも何かの縁。。。



    毎週、無料予想で結構大きい配当でています。
    とりあえずチェック必至です。

    2020-11-23_14h46_07
    EXTRA(エキセトラ)公式サイトへ






    「種牡馬・血統」ジャパンカップの血統評価

    chi




    先週は無料予想4戦3勝、管理人も無料予想で儲かりましたw
    テイケンの無料予想をゲットしましょう
    2020-11-16_09h22_24





    最近の管理人馬券(最新版にしました)

    福島記念
    2020-11-17_14h00_40


    11月15日東京8レース
    2020-11-17_14h04_11

    11月15日福島3レース
    2020-11-17_14h04_27

    11月14日東京10レース
    2020-11-17_14h04_51


    ジャパンカップ血統分析

    1) 過去10年ジャパンカップ血統
    2020-11-26_23h39_36



    2) 登録馬父別東京競馬場芝2400m
    2017年~

    2020-11-26_23h41_46

    ※ エピファネイア産駒
    ※ ロードカナロア産駒
    ※ ディープインパクト産駒


    【広告】

    ジャパンカップ予想|2020年|1番人気成績|予想オッズまとめ

    yosouodds


    管理人のG1成績

    フェブラリーステークス

    baken3



    大阪杯
    oosakahai2
    oosakahai1


    天皇賞(春)
    tenharu1
    tenharu2


    NHKマイルC
    nhkm2
    nhkm1
    nhkm3

    ヴィクトリアマイル
    viku


    宝塚記念
    takaraduka2



    「北九州記念」
    red1

    red2

    red5



    「紫苑S」
    shions1


    「セントウルS」
    sentou2020s


    「ローズS」
    4


    「オールカマー」
    orukama


    過去のジャパンカップの1番人気

    2019年 レイデオロ 11着  
    2018年 アーモンドアイ 1着 
    2017年 キタサンブラック 3着 
    2016年 キタサンブラック 1着 
    2015年 ラブリーデイ 3着 
    2014年 ジェンティルドンナ 4着 
    2013年 ジェンティルドンナ  1着
    2012年 オルフェーヴル 2着 
    2011年 デインドリーム  6着
    2010年 ブエナビスタ 1着降着→2着




    1番人気は3勝


    「結果」
    3-2-2-1-0-2/10

    勝率 30%
    複勝率 70%


    アルケミスト
    akia

    「期間限定これ激アツだよね」まあ見逃し厳禁です。
    無料コンテンツだけで儲けられる。





    ヤフーニュースより
    【ジャパンC】過去10年で5勝の「前走・天皇賞(秋)」 優勝馬のうち唯一の非GIローテは京都大賞典


     29日に東京競馬場で行われるジャパンカップ(3歳上・GI・芝2400m)について、前走・ローテーション別に検証していく。 

     過去10年で最多の5勝(5-4-8-40)を挙げているのは天皇賞・秋組。注目のアーモンドアイは天皇賞勝利から臨む。同レース優勝馬は2017年キタサンブラックや2015年ラブリーデイがジャパンCで1番人気となったがいずれも3着で、この2レースを連勝した馬はいない。ただし2010年ブエナビスタは1位入線降着(2着)で、2012年エイシンフラッシュを除き6頭中5頭が馬券圏内と安定している。  

     また、2019年覇者スワーヴリチャード(3番人気)、2014年優勝馬エピファネイア(4番人気)は前走それぞれ7着、6着から巻き返しての勝利であり、ジャパンCでも引き続き上位人気に推されているようであれば、侮れない。今年は天皇賞・秋で5着のキセキも登録。  

     優勝馬の前走のうち、唯一の「非GI」であるのが京都大賞典で、2-1-0-14。2017年シュヴァルグランは前走1番人気3着と人気を裏切ったがジャパンCで5番人気1着、2016年キタサンブラックはともに1番人気で勝利。勝率・連対率では天皇賞・秋を上回っている。シュヴァルグランや2013年ゴールドシップ(2番人気15着)などの例はあるが、概ね人気通りの着順に落ち着いているようだ。今年はグローリーヴェイズ・パフォーマプロミスが登録。  

     今年は無敗の三冠牝馬デアリングタクトのみが登録している秋華賞組は2-1-0-2。サンプルは少ないながらも出走した場合の好走率では群を抜いている。2018年アーモンドアイ、2012年ジェンティルドンナと、三冠牝馬2頭はいずれも秋華賞とジャパンCを連勝した。  
     
     同様に無敗の三冠馬コントレイルのみが登録している菊花賞組は1-0-0-4。2010年のローズキングダムも2位入線からの繰り上がり優勝と、やや分が悪くも見えるが、ローズキングダムと2016年ディーマジェスティの4番人気が最上位人気(平均6.2番人気)と、秋華賞組の平均4.6番人気よりも有力馬が少なかったうえ、5頭中4頭が人気よりも上位の着順にきていた。  

     その他、カレンブーケドール・クレッシェンドラヴ・ミッキースワローが該当するオールカマー組は0-0-0-2、ユーキャンスマイルのアルゼンチン共和国杯は0-0-1-17。また、中9週以上の休み明けで3着以内に入った馬はいない。


    ジャパンカップ動画【2019年】




    ジャパンカップー2019年結果 

    1着 スワーヴリチャード マーフィ
    2着 カレンブーケドール 津村明秀
    3着 ワグネリアン 川田将雅

     
    ジャパンカップー予想(人気)

    1番人気 アーモンドアイ
    2番人気 コントレイル
    3番人気 デアリングタクト
    4番人気 カレンブーケドール
    5番人気 キセキ


    「広告」
    競馬の無料コンテンツはここ使え
    ジャパンカップは参考に
    無料重賞有力情報はチェック必至
    gfree



    JC「ジャパンカップ」2020年、過去に3冠牝馬を勝った馬がその年のジャパンカップの成績(デアリングタクト)

    keibadata





    2020年は競馬も含めて異例な年、
    ずっと言ってきたけどまたまたG1で1番人気が勝利した。

    2020年のG1の1番人気成績
    マイルCS グランアレグレリア 1着
    天皇賞秋 アーモンドアイ 1着
    菊花賞 コントレイル 1着
    秋華賞 デアリングタクト 1着
    スプリンターズステークス グランアレグレリア 1着
    宝塚記念 サートゥルナーリア 4着
    安田記念 アーモンドアイ 2着

    東京優駿 コントレイル 1着
    優駿牝馬 デアリングタクト 1着
    ヴィクトリアマイル アーモンドアイ 1着
    NHKマイルC レシステンシア 2着
    天皇賞春 フィエールマン 1着
    皐月賞 コントレイル 1着
    中山GJ オジュウチョウサン 1着
    桜花賞 レシステンシア 2着
    大阪杯 ダノンキングリー 3着
    高松宮記念 タワーオブロンドン 12着
    フェブラリーS モズアスコット 1着


    13-3-1-1-0-1/16
    まあ文句ない成績です。




    「広告」 管理人おすすめの無料予想あり、先週も大爆発!!
    ワイド馬券完璧、鬼勝ち馬券情報局

    2020-11-26_12h20_20





    3冠牝馬

    ※ 1986年 メジロラモーヌ
    ※ 2003年 スティルインラブ
    ※ 2012年 ジェンティルドンナ
    ※ 2018年 アーモンドアイ
    ※ 2020年 デアリングタクト

    この内、秋華賞後JC出てきたのは
    ※ ジェンティルドンナ(3番人気1着)
    ※ アーモンドアイ(1番人気1着)


    前走秋華賞だった馬のJC成績

    2020-11-25_02h08_48


    2-3-1-1-1-5/13
    勝率 15.4%
    複勝率 46.2%
    複勝回収率 130円





    毎週、無料予想で結構大きい配当でています。
    とりあえずチェック必至です。

    2020-11-23_14h46_07
    EXTRA(エキセトラ)公式サイトへ






    JC(ジャパンカップ)予想|2019年|直前情報まとめ

    chokuzen

    ヤフーニュースより
    【ジャパンC予想】 出走有力馬を馬体から分析! 馬見のスペシャリストが指名した“重馬場適性”に優る穴馬とは?/JRAレース展望

     今回は、ジャパンCについて馬体面や場などから考察したいと思います。東京の芝2400mで行われますが、出走を予定している有力馬は基本的にこのコースへの実績や適性がある馬ばかりですし、あえて触れる必要はないでしょう。カギとなるのは馬場と枠でしょう。  

     例年、ジャパンCは内枠や先行馬が有利になることが多いですが、今年は雨模様で道悪が予想されますから、同じような馬場状態だった2014年と近い傾向になりそうです。このあたりは、ジャパンCまでのレースをしっかりと観察してもらえればと思います。  

     馬場状態についてですが、先週の競馬を見ると良馬場でもある程度の時計がかかって、パワーやスタミナが要る印象。道悪になりそうな今週は、さらにその傾向が顕著になりそうです。このような傾向を踏まえて、有利になりそうな馬を挙げて分析していきましょう。  

     まず取り上げたいのがスワーヴリチャード。スタミナ豊富なハーツクライ産駒で、パワーもあるので道悪は問題ありません。むしろ、それほど速い脚がないだけにプラスといっても良いでしょう。前走時はまだ筋肉に張りがなく、本来の状態ではありませんでしたが、一度使われてグンと馬体に張りが出て厚みを感じさせるので、状態は確実に良くなっています。  
     右手前で強い馬なので左回りで広い東京コースはピッタリですし、枠順も良いところを引けました。昨年も天皇賞10着からジャパンCでは3着と前進したように、大きく変わるタイプの馬。馬場を考えれば昨年以上にやれそうです。  

     今春の目黒記念でレコード勝ちしているルックトゥワイスは、時計の速い馬場に実績がある馬ですが、スタミナ豊富でステイゴールド産駒という点からも今の馬場はこなせると思います。前走時はまだ体に張りがなく、仕上げも緩い状態でしたが、使われた今回は一変。  グンとトモに実が入って無駄肉が削げ落ちてきました。毛ヅヤも一変していますし、皮膚も薄く見せています。条件への適性も高いですし、このメンバーに入っても十分戦えると思います。  

     最後に取り上げたいのがダンビュライト。かなり馬場の悪かった新馬戦で圧勝していますし、極悪馬場での菊花賞でも5着。まだ完成していなかったことを考えると十分でしょう。道悪については、かなり高い適性を感じさせます。  

     前走時も良い仕上がりだと思いましたが、使われた今回はトモの張りが違ってきましたし、立ち姿の力強さも格段に増しました。音無厩舎らしく腹袋がしっかりしてきましたし、スタミナも感じさせます。前に行ける脚質も有利になりそうで、ここは好走できる可能性が高いと思います。  

     前記の馬たちが現時点で考えられる馬場に合っていそうです。現時点では適性が高く、人気面でも妙味がありそうなダンビュライトが穴馬となりそうです。 (文=古澤秀和)

    展開を読む【ジャパンカップ=スローペース】

     逃げ宣言ダイワキャグニーがハナへ。道中の流れは緩む。

    4角からムイトオブリガード、レイデオロが積極的に仕掛け、ワグネリアンも続く。スワーヴリチャード、ユーキャンスマイルは末脚に懸ける。鍵は雨で荒れた馬場の回復具合。。

    【ジャパンカップ】パドックのつぼ

     ワグネリアンは常にテンション高めだが、今年の3戦はイレ込みに近かった。集中力が欲しい。

     レイデオロは前走時、妙に落ち着いていた印象。やる気を見せた方がベター。

     ユーキャンスマイルは細身で完歩が小さく、見栄えはしないタイプ。激走後だけに硬さが出ていないか要注意。

     スワーヴリチャードは落ち着いている方が好成績。

     カレンブーケドールは体重に急激な変動がなければ力出せる。


    競馬予想サイト レープロの無料予想が激アツなの知っているw

    rep


    これだけの無料コンテンツを誰でも無料・しかも匿名性の高いフリーメールで登録できます。

    競馬レープロへ行く



    このページのトップヘ