競馬予想@競馬総合情報

競馬予想@競馬総合情報!、競馬予想で的中ラッシュするためにいろいろな視点からを作成しています。競馬予想データ、競馬ニュース、競馬情報など

    banazz

    オールカマー予想

    オールカマー予想【2022年】能力値とデータ

    nouryokuchi

    競馬情報会社。新規サイト。
    新規の内に無料会員だけの権利は取っておいたほうが良さそうな感じ
    無料予想はおすすめ

    馬ゴラク
    2022-07-24_01h40_15




    オールカマー・能力値上位


    1位 デアリングタクト
    2位 ジェラルディーナ
    3位 テーオーロイヤル
    4位 ヴェルトライゼンデ
    5位 ウインキートス


    オールカマー・データ
    2022-09-24_23h39_59






    バカみたいに無料予想を調査しているからわかる


    おすすめの無料競馬情報サイトを紹介します。

    ※ 的中タウン
    2022-01-11_23h40_40


    オールカマー予想【2022年】出走馬父の中山競馬場芝2200mデータ
    keibadata


    競馬情報会社。新規サイト。
    馬単無料予想が激アツです。
    土日でパーフェクトも。。。

    シークレットホース
    2022-06-21_00h42_13


    オールカマー
    2022-09-23_01h39_17


    中山競馬場芝2200m
    ルーラーシップ産駒・エピファネイア産駒注目。。。

    ルーラーシップ産駒
    ロバートソンキー

    エピファネイア産駒
    デアリングタクト

    リオンディーズ産駒は不振

    テーオーロイヤル


    バカみたいに無料予想を調査しているからわかる


    おすすめの無料競馬情報サイトを紹介します。

    ※ 的中タウン
    2022-01-11_23h40_40


    オールカマー予想【2022年】過去5年複勝圏内馬と夏使った組と夏使わなかった組
    keibadata


    競馬情報会社。新規サイト。
    馬単無料予想が激アツです。
    土日でパーフェクトも。。。

    シークレットホース
    2022-06-21_00h42_13


    過去5年の複勝圏内馬の前走時期
    2022-09-21_02h08_25

    一目瞭然でダービー組ですが・・・
    今年のダービー組はレベルが低い

    神戸新聞杯に出走したダービー組(ダービー上位3頭)

    2022-09-21_02h28_05






    バカみたいに無料予想を調査しているからわかる


    おすすめの無料競馬情報サイトを紹介します。

    ※ 的中タウン
    2022-01-11_23h40_40


    オールカマー予想|2018年|調教・追い切りニュースまとめ

    choukyou


    高配当21では今週も無料予想GET
    馬券師が馬券的中を目指しますw
    無料予想で有馬記念予想を公開
    kouhai21s


    ヤフーニュースより
    【産経賞オールカマー】追って一言 マイネルミラノ・丹内騎手「状態は変わりません」

     ◆マイネルフロスト・高木師 「単走でけいこの動きはまずまずだが、叩いた方が良さそう」

     ◆マイネルミラノ・丹内騎手 「状態は変わりませんね。中山の2200メートルは合いそうですが…」

     ◆ミライヘノツバサ・伊藤大師 「坂路でやるだけのことはやれた。地力に期待」

    【オールカマー予想|2018年|調教・追い切りニュースまとめ】の続きを読む

    オールカマー予想|調教・追い切り|ネット評価

     

    クリールカイザーが注目馬・・・田辺で1発あるか

    【オールカマー(日曜=25日、中山芝外2200メートル=1着馬に天皇賞・秋優先出走権)得ダネ情報】天皇賞・秋へのステップレース。ゴールドアクター&マリアライトの両グランプリ馬が参戦も両馬とも久々のうえ、目標は先。使われてきた馬との比較はこの時期の永遠のテーマだが、得ダネ班は使われてきた馬を優先。クリールカイザーの激走に望みを託した。

     先週、東西で行われた3歳GIトライアルはともにGI馬が断然人気に応えて快勝した。だが、先々も条件馬で終わるであろう格下馬も多い3歳戦と、歴戦のキャリア組が揃う古馬重賞では様相は異なる? 先週までの流れにあえて逆らい、オールカマーは穴馬激走の可能性に懸けたい。

     当欄が候補指名するのはクリールカイザーだ。その根拠は「モチベーションの高さ」。トライアル戦でよく言われる“勝負度合い”というものだが、先を見据えたGI馬たちを逆転するには必須な材料であることは間違いない。

    「ここが目イチ勝負」――相沢調教師がそう意気込むのも無理はない。オールカマーが行われる中山2200メートルは重賞V(昨年のAJCC)の舞台。しかも、ゴールドシップを筆頭に、ミトラ、エアソミュール、ディサイファといったそうそうたる面々を破ってのものだ。「中山2200のコース形態はこの馬にピッタリ。ここを狙って調整してきたし、ここと来年のAJCCは大きな目標になる」と、ここは“勝ちにきた一戦”とみていい。

     前走・七夕賞の5着善戦に「展開は厳しかったけど、見せ場を作っていいところは見せた。だいぶ復調してきたね」と師。7歳馬とはいえ衰えはなく、むしろ1年近いブランクの影響から徐々に立ち直りつつある。

    「(脚元の関係で)坂でしか追えないけど、1週前に併せ馬をビッシリやっているし、太め感はない。今週でキッチリ仕上がるはず」

     夏休みを挟んだとはいえ、GI馬たちとは異なる“勝負仕上げ”。得意の舞台で再度の大金星が期待できそうだ。

     
    【オールカマー予想|調教・追い切り|ネット評価】の続きを読む

    このページのトップヘ