競馬予想@競馬総合情報

競馬予想@競馬総合情報!、競馬予想で的中ラッシュするためにいろいろな視点からを作成しています。競馬予想データ、競馬ニュース、競馬情報など

    banazz

    エリザベス女王杯

    エリザベス女王杯予想|2017年|予想オッズまとめ

    yosouodds

    競馬で勝ちたい・儲けたい
    そんな貴方様に・・・競馬劇場
    無料コンテンツ4つは完全オリジナル
    そんな無料コンテンツが見れる
    競馬劇場が熱い
    keibakaigi


    ヤフーニュースより

    ムーア騎手騎乗予定のルージュバックVS武豊騎手騎乗予定のスマートレイアー
    ◆第42回エリザベス女王杯・G1(12日・芝2200メートル、京都競馬場)

     第42回エリザベス女王杯・G1が11月12日、京都競馬場の芝2200メートルを舞台に行われる。

     前走のオールカマーでインから抜け出す新境地を見せたルージュバック(牝5歳、美浦・大竹正博厩舎)。これまで2000メートル(2歳時の百日草特別)までしか勝ち星がなかったが、2200メートルを克服したレースぶりは光った。潜在能力の高さは疑いようがなく、スノーフェアリーで2010、2011年を連覇したライアン・ムーア騎手とのコンビで悲願のG1制覇へ大きく期待が膨らむ。

     衰え知らずの7歳熟女、スマートレイアー(牝7歳、栗東・大久保龍志厩舎)は、前走の京都大賞典でほぼ最後方から、直線インを縫っての差し切り勝ち。逃げ、先行に活路を見い出した時期を経て、脚質に幅が出てきており、今やどんな競馬でもできる安定感を身に付けた。この馬を知りつくす武豊騎手の手綱も心強く、デビュー28戦目にして初のG1戴冠があっても驚かない。

     春のドバイ・ターフ制覇から7か月ぶりの実戦だった前走の府中牝馬S(2着)で地力を証明したヴィブロス(牝4歳、栗東・友道康夫厩舎)。逃げたクロコスミアは首差捕まえきれなかったが、好位から上がり3ハロン33秒2の脚を使い、上々の始動戦だった。ここに向けて状態は上昇しており、自身3つめのG1タイトルを目指す。

     昨年の3着馬ミッキークイーン(牝5歳、栗東・池江泰寿厩舎)は、春の宝塚記念(3着)以来の実戦だが、1週前の栗東・坂路で鋭く伸びて、好調をアピールした。昨年と同様、左前脚じん帯の不安からの久々の実戦となるが、何とか間に合った感の昨年よりも、臨戦態勢は整いつつある。当週の動きに要注目だ。

     昨年、スタートでやや出遅れながら、内、内を通って抜け出し、G1初制覇を果たしたクイーンズリング(牝5歳、栗東・吉村圭司厩舎)。今回、Cデムーロ騎手とのコンビで前、前から積極的に運べば、勝機もありそうだ。

     秋華賞1、2、3着のディアドラ(牝3歳、栗東・橋田満厩舎)、リスグラシュー(牝3歳、栗東・矢作芳人厩舎)、モズカッチャン(牝3歳、栗東・鮫島一歩厩舎)は、54キロを生かし、チャンスをうかがう。

     マイルCSを勝ったサダムパテックの半妹でまだ奥がありそうな、ディープインパクト産駒ジュールポレール(牝4歳、栗東・西園正都厩舎)が最大の惑星馬か。
    【エリザベス女王杯予想|2017年|予想オッズまとめ】の続きを読む

    エリザベス女王杯予想|2016年|最新情報まとめ

     13日に京都競馬場で行われる、第41回エリザベス女王杯(3歳上・牝・GI・芝2200m・1着賞金9300万円)の前日オッズがJRAより発表された。

     単勝オッズ1番人気には、昨年の覇者マリアライト(牝5、美浦・久保田貴士厩舎、3.4倍)が支持された。

     続いての2番人気は昨年のオークス馬ミッキークイーン(牝4、栗東・池江泰寿厩舎、3.8倍)、3番人気は府中牝馬Sを勝ったクイーンズリング(牝4、栗東・吉村圭司厩舎、6.1倍)となった。

     以下、昨年の本レース3着馬タッチングスピーチ(牝4、栗東・石坂正厩舎、7.2倍)、秋華賞2着のパールコード(牝3、栗東・中内田充正厩舎、9.2倍)、昨年の秋華賞3着のマキシマムドパリ(牝4、栗東・松元茂樹厩舎、19.2倍)と続いている。各馬の単勝オッズは以下の通り。

     左から馬番、馬名、オッズ

    02 マリアライト 3.4
    01 ミッキークイーン 3.8
    03 クイーンズリング 6.1
    08 タッチングスピーチ 7.2
    15 パールコード 9.2
    07 マキシマムドパリ 19.2
    10 シュンドルボン 19.8
    04 ヒルノマテーラ 23.2
    12 アスカビレン 36.5
    14 シャルール 41.6
    11 デンコウアンジュ 42.8
    05 メイショウマンボ 43.3
    09 シングウィズジョイ 47.3
    06 プロレタリアト 57.9
    13 プリメラアスール 83.3

     その他、馬連は01-02が5.4倍、馬単は02-01が10.7倍、3連複は01-02-03が9.3倍、3連単は02-01-03が32.3倍でそれぞれ1番人気となっている。

    ※出馬表・成績・オッズ等は主催者発表のものと照合してください。

     

    エリザベス女王杯-馬場から浮上するのはこの馬だ!!

     

     「エリザベス女王杯・G1」(13日、京都)

     13日の京都競馬場の天気は晴れのち曇り。土曜の芝は良でスタートしており、終日天候にも恵まれた。馬場が悪化することはなさそうだ。

     芝2200メートル戦で行われた京都12R(3歳以上1000万下)の勝ち時計は2分15秒9。9頭立ての少頭数で、前半1000メートル通過が65秒4の超スローペースだったことからも参考外か。ただし、全体的に例年よりもやや時計がかかっている印象で、2分12秒台後半から13秒台前半の決着が予想される。

     土曜の芝レースは、勝ち馬こそ先行脚質の馬が目立ったが、2着馬以降には差し馬の台頭もあった。脚質による大きな有利不利はなく、展開次第で自在に立ち回れるタイプが、勝利に一番近いとみる。

     クイーンズリングは、ロスなく運べそうな内めの2枠3番を引き当てた。好位からの抜け出しも、後方からの末脚勝負にも対応が可能なタイプ。インの経済コースを運べれば、直線は必ず脚を使えるはずだ。

     昨年は8着に終わって距離不安がささやかれているが、むしろ、直線でスムーズさを欠いたことが大きい。それでいて、勝ち馬とは0秒3差は地力の証明だろう。重賞3勝の実力馬。力を出し切ればG1タイトルに手が届く。

     


     

    【エリザベス女王杯予想|2016年|最新情報まとめ】の続きを読む

    エリザベス女王杯予想|2016年|調教・追い切り|ネット評価まとめ


    競馬予想はここを絶対信頼・・・・・・・・・まずは無料コンテンツを見逃すなwwww

     

    エリザベス女王杯-2枠2番のマリアライト

     JRAは11日、京都競馬場で行われる第41回エリザベス女王杯(13日、G1 芝15頭 2200メートル)の枠順を発表した。

    【写真】聖獣グリフィンのようなボディーを想起させるマリアライトの立ち姿

     連覇を狙うマリアライト(牝5)は2枠2番。昨年3着のタッチングスピーチ(牝4)は5枠8番に入った。

     また、昨年のオークス馬ミッキークイーン(牝4)は1枠1番。秋華賞2着のパールコード(牝3)は8枠15番、府中牝馬ステークス優勝のクイーンズリング(牝4)は2枠3番からのスタートになった。

     馬券は12日から全国で発売される。

     
    サンスポ追い切りCheck 2016エリザベス女王杯(栗東)



    サンスポ追い切りCheck 2016エリザベス女王杯(美浦)



    TM追い診断 2016エリザベス女王杯(栗東)



    TM追い切り診断 2016エリザベス女王杯(美浦)  






    管理人おすすめ-無料で調教診断などしているサイト
    ベストレコード
    ここは無料で追い切り情報をだしています

    bestre

    エリザベス女王杯|マリアライトまとめ

    エリザベス女王杯の予想はここを信頼-無料予想が熱い

    マリアライトの連覇なるか/エリザベス女王杯の見どころ

     3歳馬の登録がわずか2頭と、古馬中心のメンバー構成となった今年のエリザベス女王杯。その中でも昨年の覇者マリアライトが人気を集めそうだ。史上4頭目の連覇を達成できるか。出走を予定している主な有力馬は次の通り。

    ■11/13(日) エリザベス女王杯(3歳上・牝・GI・京都芝2200m)

     マリアライト(牝5、美浦・久保田貴士厩舎)は昨年の覇者。その後は有馬記念で僅差の4着、今年の宝塚記念で優勝など、牡馬相手に互角以上の争いを演じている。今秋初戦のオールカマーは5着に敗れたが、叩き良化型だけに、今回は力を見せてくれるはず。史上4頭目の連覇なるか。

     ミッキークイーン(牝4、栗東・池江泰寿厩舎)は春の阪神牝馬S、ヴィクトリアマイルでともに2着だったが、ベストではない距離で力は見せたと言っていいだろう。秋初戦に予定していた京都大賞典を回避しただけに、今回は状態がカギとなるが、問題なければ当然勝ち負け。

     タッチングスピーチ(牝4、栗東・石坂正厩舎)は昨年の本レースでマリアライトとタイム差なしの3着。今年は牡馬との争いで苦戦しているが、牝馬同士のここなら巻き返しは必至だろう。R.ムーア騎手の手腕にも注目したい。

     その他、府中牝馬Sで重賞3勝目を挙げたクイーンズリング(牝4、栗東・吉村圭司厩舎)、秋華賞2着のパールコード(牝3、栗東・中内田充正厩舎)、1600万の身だがこの条件は合うマキシマムドパリ(牝4、栗東・松元茂樹厩舎)などもGI制覇を狙う。発走は15時40分。

     
     
    【エリザベス女王杯|2016年|マリアライトまとめ】の続きを読む

    5
    エリザベス女王杯回顧|結果と動画|ネット評価まとめ
    マリアライト勝利!京都G1完全制覇蛯名「まだまだ良くない」

     連覇を狙うラキシスと、昨年2着の雪辱を期すヌーヴォレコルトに注目が集まったが、レースを制したのはG1初挑戦の6番人気、マリアライトだった。

     中団で折り合うと、直線で抜け出した。鞍上の蛯名正義騎手(46)は安藤勝己、武豊に続く3人目の“京都G1完全制覇”を達成。「レース自体は完璧でした」と納得の表情を見せると「この馬向きの馬場になったし、馬も前回よりもギュッとシェイプアップして良い状態だったので思い切っていきました」とレースを振り返った。

     ゴール直前、ヌーヴォレコルトとタッチングスピーチの猛追をしのぎ切った。「なんとかしのいでくれって感じでしたけど、よく頑張ってくれたと思います」と蛯名。「すごく乗りやすくて、こういう馬場も苦にしないで上手に走ってくれる。牧場さんも、厩舎もずっと我慢してしてくれて、ここまであまり回数を使っていないので、まだまだこれから良くなってくれると思う」と、初のG1挑戦で“新女王”となったマリアライトのさらなる飛躍に期待した。

     

    エリザベス女王杯-2015年

     

    1着 マリアライト 蛯名正義

    2着 ヌーヴォレコルト 岩田康誠

    3着 タッチングスピーチ ルメール

     

     エリザベス女王杯予想-ツイッターの声

    【エリザベス女王杯回顧|結果と動画|ネット評価まとめ】の続きを読む

    このページのトップヘ