best
アルゼンチン共和国杯『ホッコータルマエ』予想『2014年』|2ch・ツイッター

 今週はGI開催の谷間で、東京ではアルゼンチン共和国杯(9日、GII、芝2500メートル)が行われる。注目はホッコーブレーヴ。天皇賞・春では勝ったフェノーメノとタイム差なしの3着に健闘するなど、地力強化は明らかだ。過去2勝2着3回と東京コースは得意にしており、57キロのハンデも想定内。重賞初制覇を飾り、ジャパンカップ(30日、東京、GI、芝2400メートル)に向かう。

 4カ月半ぶりの実戦でも全力投球。ジャパンCを目指しているホッコーブレーヴが満を持して始動する。

 この春は日経賞で2着に突っ込み、天皇賞・春は1着フェノーメノにクビ+ハナ差の3着。一流ステイヤーに成長を遂げた。前走の宝塚記念は8着に敗れたが、思い切った勝負に出た結果、直線の進路が狭くなってしまった。内容そのものは悪くなかった。

 「夏場は放牧に出て秋初戦がこのレースというのは予定通り。9月17日に美浦トレセンに戻してから、しっかりと乗り込んできた」と松永康調教師は順調な仕上がりを口にする。

 昨年のこのレースが重賞初挑戦で5着。その後もあえて一線級の強いメンバーにぶつけて、潜在能力の覚醒を促してきた。スパルタ教育の成果は今年になって表れ、GIで上位を争える実力を身につけた。

 手綱をとる田辺騎手の存在も頼もしい。3日に盛岡競馬場で行われた交流GIのJBCクラシックをコパノリッキーで制すなど絶好調で、勢いにも乗っている。

 「田辺騎手には1週前追い切りで、感触をつかんでもらった。仕掛けどころの難しい馬だけど、そのあたりのクセはわかっているからね。久々でも心配ないタイプだし、体重も480キロ台で出走できると思う。直線の長い東京は得意だし、ジャパンCへ向かうためにも、ここはしっかりと結果を出して賞金を加算したい」と指揮官はタイトル奪取へ力を込める。

 前2走はGIで58キロを背負ってきたので、今回の57キロのハンデはむしろ歓迎。相手関係も有利になった。この1年で進化したホッコーブレーヴが東京の長い直線で躍動する。 (片岡良典)

 
アルゼンチン共和国杯-2013年動画
 
【アルゼンチン共和国杯『ホッコータルマエ』予想『2014年』|2ch・ツイッター】の続きを読む