競馬予想@競馬総合情報

競馬予想@競馬総合情報!、競馬予想で的中ラッシュするためにいろいろな視点からを作成しています。競馬予想データ、競馬ニュース、競馬情報など

    banazz

    アイビスサマーダッシュ

    「種牡馬・血統」アイビスサマーダッシュの血統評価

    chi




    血統はここのサイトチェック」-無料血統サイト(血統シックス)
    kettou61



    最近の中央重賞
    ラジオNIKKEI賞

    rajionikkei1

    CBC賞

    cbc1


    アイビスサマーダッシュ血統分析
    1) 過去5年のアイビスサマーダッシュの血統

    aivsd2020


    2回以上馬券になっているのは
    サクラバクシンオー
    ベルカント2回


    2)新潟競馬場芝1000m登録馬別
    aivsd20201




    注目
    ロードカナロア産駒
    バトルライン産駒






    血統ファンなら一度見てみたい!!
    血統シックス

    kettou62

    アイビスサマーダッシュ予想|2020年|1番人気成績|予想オッズまとめ

    yosouodds


    G1成績

    フェブラリーステークス

    baken3



    大阪杯
    oosakahai2
    oosakahai1


    天皇賞(春)
    tenharu1
    tenharu2


    NHKマイルC
    nhkm2
    nhkm1
    nhkm3

    ヴィクトリアマイル
    viku


    宝塚記念
    takaraduka2


    アイビスサマーダッシュ1番人気結果

    2019年 ライオンボス 1着

    2018年 ダイメイプリンセス 1着

    2017年 フィドゥーシア 2着

    2016年 ベルカント 1着

    2015年 ベルカント 1着

    2014年 セイコーライコウ 1着

    2013年 ハクサンムーン 1着

    2012年 ビウイッチアス 10着

    2011年 エーシンヴァーゴウ 1着

    2010年 メリッサ 18着



    1番人気は7勝。。。


    「結果」
    7-1-0-0-2-2/10(70%-80%)



    アルケミスト
    akia

    「期間限定これ激アツだよね」まあ見逃し厳禁です。
    無料コンテンツだけで儲けられる。





    ヤフーニュースより
    【アイビスSD見どころ】ライオンボスが連覇に挑む


     芝直線1000mで行われる真夏の名物重賞。中心はライオンボスだろう。昨年に続きこの電撃戦を制すことができるか。出走を予定している主な有力馬は次の通り。

     ■7/26(日) アイビスサマーダッシュ(3歳上・GIII・新潟芝直線1000m)  

     ライオンボス(牡5、美浦・和田正一郎厩舎)は昨年直線競馬で快進撃を続けて3連勝で本レースをV。また、前走の韋駄天Sもトップハンデで勝利し、改めて直線競馬への高い適性を見せた。0.5キロとはいえ前走からの斤量減はプラスで、昨年は負傷により騎乗が叶わなかった鮫島克駿騎手とのコンビで連覇達成を期待したい。  

     ダイメイプリンセス(牝7、栗東・森田直行厩舎)は暖かくなって調子を上げてくる夏馬で、一昨年の本レースなど、ここ2年連続で夏場に重賞制覇を飾っている。今年で7歳だが、前走の韋駄天Sで3着に好走しまだまだやれることをアピール。ここも上位争いを期待できるだろう。鞍上は秋山真一郎騎手。  

     その他、CBC賞で復活Vのラブカンプー(牝5、栗東・森田直行厩舎)、韋駄天Sで2着のジョーカナチャン(牝5、栗東・松下武士厩舎)、昨年2着のカッパツハッチ(牝5、美浦・矢野英一厩舎)、初芝の前走を逃げ切ったアユツリオヤジ(牡6、栗東・村山明厩舎)、昨秋のルミエールオータムDでライオンボスに先着したレジーナフォルテ(牝6、美浦・佐藤吉勝厩舎)なども上位争いの圏内。発走は15時45分。

    アイビスサマーダッシュ動画【2019年】



    アイビスサマーダッシュー2019年結果 

    1着 ライオンボス 田辺裕信
    2着 カッパチアッチ 丸山元気
    3着 オールポッシブル 津村明秀
     
    アイビスサマーダッシュ-予想(人気)

    1番人気 ライオンボス
    2番人気 ラブカンプー
    3番人気 ダイメイプリンセス
    4番人気 ジョーカナチャン
    5番人気 アユツリオヤジ





    中京記念の無料予想はここでゲットしよ
    無料予想などはここでチェック
    ホライズン
    aisd



    アイビスサマーダッシュ【2019年】スピード指数ランク付け


    keibaspeed




    うまとみらいと

    もう有名すぎて・・・某競馬場駅前に広告出すぐらいw
    まずは無料会員からかな。




    アイビスサマーダッシュ-スピード指数

    1位 ナインテイルズ
    2位 ラインスピリット
    3位 レッドラウダ
    4位 レジーナフォルテ
    5位 フェルトベルク





    この辺りですかね。



    だって・・・
    これ凄い良い無料コンテンツなんだよねwww
    利用しないのがもったいない。
    競馬予想レープロが激アツw

    rep



    アイビスサマーダッシュ予想|2017年|調教・追い切りニュースまとめ

    choukyou


    勝馬の栞で今週も無料予想GET
    アイビスサマーダッシュ注目馬はここで無料GETw
    http://horse-win.com/
    kachiuma


    ヤフーニュースより引用

    【アイビスSD】アクティブミノル好調キープ 文句なしの好時計
    「アイビスサマーダッシュ・G3」(30日、新潟)

     14年函館2歳S、15年セントウルSの覇者アクティブミノルが26日、前走のCBC賞で3着。復活の兆しを見せた。北出師は「前走はいいレースだった。今の状態なら」と、ここに向けて鼻息が荒い。

     最終追い切りは、朝一番の栗東坂路。馬場状態のいい時間帯だったとはいえ、しまいは鋭い伸びを見せて4F51秒2-36秒7-11秒4と文句なしの時計をマーク。前走後も好仕上がりを維持しているのは一目瞭然だ。

     手綱を取った酒井は「やればやるだけ時計が出る馬。それにしてもしまい11秒4はすごい」と笑顔。「前走は出ムチを入れたらガーンと行った。直線競馬は合うと思う」と確かな手応えを口にした。

     前走から着用しているブリンカーの効果も大きいようだ。「状態はずっと良かったが、ブリンカーで走る気が戻った。絶対的なスピードは持っている。直線競馬は初めてだが、この馬のスピードが生きる展開になれば」と指揮官は期待を膨らませている。
    【アイビスSD】ネロ、猛調教で昨年2着の雪辱だ!
    ◆第17回アイビスサマーダッシュ・G3(30日・芝1000メートル、新潟競馬場)

     夏の新潟開幕を告げるサマースプリントシリーズ第3戦、第17回アイビスサマーダッシュ・G3(30日)で、昨年2着の雪辱に燃えるのがネロ。今年初戦のシルクロードSで11着だが「急仕上げの印象」と高野助手は不完全燃焼を強調して、反撃を期待する。

     その前走後は状態が上向かず、春を自重。夏からの勝負に切り替えた。「ここ目標にじっくり乗り込みました。時計が変わらず出るし、ひと追いごとに良くなっています」と同助手。4月16日の坂路入りから3か月以上、49秒0の猛時計を2度記録するなど調整は入念だ。

     昨年は連覇を達成した女王ベルカントに頭差泣いた。スプリンターズSでは0秒1差6着と好走。続く京阪杯で念願のタイトルを奪い、上積みを蓄えて戻ってきた。「新潟の直線1000メートルは一番得意としている条件。何とかもう1つタイトルを取りたい」と同助手。5戦全連対の舞台で、6歳馬が躍動する。
    アイビスSD】電撃伸び!フィドゥーシア、シビれる11秒7
    サマースプリントシリーズ第3戦、アイビスサマーダッシュの追い切りが26日、東西トレセンで行われた。栗東ではオープン特別2連勝中のフィドゥーシアが、CWコースで鋭い反応。重賞初Vを視界に入れた。CBC賞3着のアクティブミノルは、坂路でラストに抜群の伸びを披露。サンケイスポーツ調教評価で最上級の『S』となった。

     3連勝で重賞初Vを決め、良血開花をアピールしたい。5歳牝馬のフィドゥーシアがCWコースで4ハロン51秒0-11秒7のシャープな伸びを見せ、万全の態勢を証明した。

     「動きは良かった。息の入りも追うごとに良くなっているのは間違いない。さすがオープン馬。自分で体をつくってきたよ」

     金折助手が上昇ムードに笑顔を見せた。まだ薄暗い開門直後に登場。単走ながらも軽快なピッチで進み、手応え良く直線に向くと、最後は鋭い反応で一気にゴールを駆け抜けた。4走前の長篠S(1600万下)1着時から、それまでの坂路からCWコース主体の調整にチェンジし、腰に疲れを残さずにレースを迎えることができている。

     「調教は金折(助手)に任せていたけど、予定通りだね」と松元調教師がうなずく。調教後の馬体重は488キロ。前走の韋駄天S(OP)1着時の476キロから12キロ増も「新潟までの輸送で体が絞れることを考えれば、ちょうどいい感じ」と、世話役の吉田厩務員は状態に太鼓判を押した。

     母は2002年スプリンターズS、03年高松宮記念のGIを制したビリーヴ。デビュー当初から大きな期待を背負っていた。「奥手の血統で思うように行かなかったけれど、やっと体に芯が入ってきたよ」とトレーナーは言う。母は4歳夏から4連勝でスプリンターズSを制覇。娘も古馬になって本格化ムードを漂わせている。オープン特別を2連勝中。今回と同じ条件の前走を楽々と逃げ切って、タイトル奪取に王手をかけた。

     「(初の直線1000メートルだった)前回は半信半疑だったけど、あの内容なら適性はある。このまま行ってくれるといいね」

     指揮官が期待に胸をふくらませる。ビリーヴが制したスプリンターズSは、同年の開催日程の都合により新潟で行われたもの。母が初めてビッグタイトルを手にした思い出の越後路で、娘も初の勲章に手を伸ばす。
    【アイビスサマーダッシュ予想|2017年|調教・追い切りニュースまとめ】の続きを読む

    アイビスサマーダッシュ|2017年|予想オッズまとめ

    yosouodds

    競馬で勝ちたい・儲けたい
    そんな貴方様に・・・競馬劇場
    無料コンテンツ4つは完全オリジナル
    そんな無料コンテンツが見れる
    競馬劇場が熱い
    keibakaigi


    ヤフーニュースより

    『中京記念】レース展望
    福島開催が終了し、今週から6週間(7月29日~9月3日)の日程で新潟競馬が始まる。開幕週の日曜メインは夏の新潟名物ともなった電撃の芝直線1000メートル戦のアイビスサマーダッシュ(30日、GIII)。JRA競馬場(全10場)で唯一の直線競馬でもあり、1分足らずのレースにスピード自慢のつわものたちがしのぎを削る。

     ネロ(栗東・森秀行厩舎、牡6歳)は昨年のこのレース2着を含め、千直は【2・3・0・0】とパーフェクト連対で適性の高さは抜群。持ち時計の54秒1もメンバー最速タイだ。2走前のGIII京阪杯で重賞初制覇を飾ったが、1000メートルの方が信頼が増す。今回はシルクロードS11着以来6カ月ぶりのレースだが、栗東での1週前追いでは坂路で4ハロン49秒0の好時計を馬なりでマーク。態勢はほぼ整っているといっていい。経験がない58キロを背負う点が鍵になるが、上位争いは必至だろう。鞍上の戸崎圭太騎手とはコンビを組んで3戦3勝。福島リーディングを圧巻の成績で獲得した手腕は心強い。

     フィドゥーシア(栗東・松元茂樹厩舎、牝5歳)は2走前の春雷Sでオープン初勝利を挙げ、初の千直となった前走のオープン特別・韋駄天Sも快勝。スプリントGI・2勝のビリーヴが母という良血が開花しつつある。約2カ月半とレース間隔はあいたが、順調に乗り込まれているので力は発揮できるはず。持ち時計の54秒3も上々で、ネロと4キロ差があれば逆転も可能だ。同馬を担当するのは母ビリーヴと同じ吉田政弘厩務員。同厩務員の息子である吉田貴昭調教助手は、同日のクイーンSに出走する有力馬マキシマムドパリを手がけており、父子で同日重賞Vという快挙も期待される。

     シンボリディスコ(美浦・高橋祥泰厩舎、牡7歳)は一昨年の2着馬。前走の韋駄天Sはフィドゥーシアの1馬身半差の2着に敗れたが、千直は【0・3・1・0】と安定している。この馬も約2カ月半ぶりの出走だが、4カ月ぶりの実戦だった前走で好走したように、鉄砲駆けするのは強みだ。

     函館2歳S、セントウルSと重賞2勝の実績馬アクティブミノル(栗東・北出成人厩舎、牡5歳)が千直に矛先を向けてきた。長く不振が続いていたが、前走のCBC賞3着で復活の兆しが見えてきた。初の直線競馬が刺激になる可能性もあり、侮れない存在だ。

     プレイズエターナル(栗東・安田隆行厩舎、牡7歳)は2走前に準オープンながら、千直の駿風Sを完勝している。前走がそうだったようにスタートが悪いタイプだけに、オープンではゲートの出が大きな課題となるが、クリアすれば上位争いが期待できる。鞍上の北村友一騎手はサマージョッキーズシリーズで首位に立っており、勝てばシリーズVに大きく前進するだろう。

     ラインスピリット(栗東・松永昌博厩舎、牡6歳)は昨秋、オープンの千直・ルミエールオータムダッシュを逃げ切っているが、ハナに立って自分のリズムで走れないと惨敗まであるタイプ。同型馬との兼ね合いがポイントになる。

     格上挑戦組にも注意したい。前走の1000万下・さくらんぼ特別を勝って勢いに乗るレジーナフォルテ(美浦・佐藤吉勝厩舎、牝3歳)は未勝利勝ちが千直で、さらに51キロの軽量が魅力。同じ牝馬で2006年のサチノスイーティー以来の3歳馬Vが見られるかもしれない。

     千直3勝のアースエンジェル(美浦・田中剛厩舎、牝5歳)、千直6戦4連対のイオラニ(美浦・栗田博憲厩舎、セン6歳)、韋駄天S3着のレッドラウダ(栗東・音無秀孝厩舎、牡4歳)もこの舞台なら上位争いを演じても不思議はない。

     なお、持ちタイム54秒1で最速タイのダンシングワンダー(栗東・中内田充正厩舎、牝5歳)は出てくれば有力だが、自己条件である1600万下の佐世保S(30日、小倉、芝1200メートル)に出走する公算が大きい。
    【アイビスサマーダッシュ|2017年|予想オッズまとめ】の続きを読む

    このページのトップヘ