競馬予想@競馬総合情報

競馬予想@競馬総合情報!、競馬予想で的中ラッシュするためにいろいろな視点からを作成しています。競馬予想データ、競馬ニュース、競馬情報など

    banazz

    高松宮記念

    【能力値ランキング】2022年3月27日高松宮記念nouryokuchi



    競馬情報会社。新規サイト。
    新規の内に無料会員だけの権利は取っておいたほうが良さそうな感じ

    けいばーの
    2022-03-12_08h45_25


    高松宮記念
    1位 1 サリオス
    2位 9 ロータスランド
    3位 7 レシステンシア
    4位 18 グレナディアガース
    5位 14 ダイアトニック 


    めちゃくちゃ難しいですね。



    バカみたいに無料予想を調査しているからわかる

    今週がおすすめの無料競馬情報サイト1社を紹介します。
    (今週の無料予想の公開が期待される1サイト)


    匠の万馬券

    2022-01-14_13h44_08




    高松宮記念|2022年|注目馬の馬体診断


    ヤフーニュースの馬体診断と気になった馬を扱っています。




    batais




    注目馬の馬体診断ニュース


    「広告」最近おすすめの競馬サイト
    アーニングインデックス

    高松宮記念の馬体診断
    (気になった馬をヤフーニュースから引用しています)


    ヤフー(引用元)
    https://news.yahoo.co.jp/articles/f7fd557fc973abd04762a09654a11b0240e7706c
     グレナディアガース 評価A
     
     昨秋のマイルCS(13着)当時は後肢が後方に流れ気味だったが、今回は四肢が真っすぐになった。これは全体的に筋肉量が増して、馬体がしっかりしてきた証拠だろう。  

     まだキ甲(※1)は抜けていないものの、だいぶ大人の体形に近づいてきたようだ。今回は1年ぶりに勝利を挙げた阪神C以来、3カ月の休養明けになるが、無駄肉は一切なく、九分以上の仕上がりに思える。馬体に張りがあり、皮膚は薄く前腕や肩と下腿(かたい)に血管がくっきりと見えている点も強調したい。  

     初の芝1200メートルになるが、フランケル産駒らしく胴体に厚みがあり、首が太く短めであることから十分に対応は可能だ。豊富な光量があるとはいえ、ピカピカに輝いた毛ヅヤから体調の良さがうかがえる。 (馬サブロー栗東・竹原伸介)  

    〈1週前追い切り診断〉
    福永を背に栗東CWで6F81秒6-36秒1-10秒8(仕掛け)。アラジンバローズ(5歳1勝クラス)と併せて3馬身先着。スピード感あふれる動きで、最後に軽く追われると鋭く伸びて突き放した。阪神C以来3カ月ぶりだが、馬体は引き締まっており、気配も上々だ。 (※1)「キ甲」とは首と背の境の膨らんでいる部分。幼いうちは目立たないが、成長すると隆起してきてよく分かるようになる。この部分が隆起してよく見えるようになることを「キ甲が抜ける」と表現される。

    ヤフー(引用元)
    https://news.yahoo.co.jp/articles/c5ffe36520300dfaf9271b2aefed37ea9c28b9e4
     レシステンシア 評価B

     昨年は阪急杯(1着)→高松宮記念(2着)だったが、今年は香港スプリント(2着)→休養→高松宮記念のローテーション。初の海外遠征によるダメージを懸念したが、馬体を見る限り心配はなさそうだ。  500キロ前後の大型馬の割に馬体に太め感は感じず、前駆の筋肉量も落ちていない。多少皮膚が厚く見える向きもあるが、昨年の当レースでも同じような下腿(かたい)の血管の浮き上がりぶり。特に問題とする点ではない。  
     
     ただ時季が時季とあって、首や腹の下部に毛足の長い冬毛が残っている。馬体の張りは申し分ないだけに、毛ヅヤが物足りないのは気に掛かるところ。当日までにどこまで状態がアップしてくるかが鍵になりそうだ。 (馬サブロー栗東・竹原伸介)  〈1週前追い切り診断〉横山武を背に栗東坂路で4F50秒1-36秒1-11秒7(一杯)。全身を大きく使ってダイナミックに登坂。追われてからも鋭い反応でフィニッシュした。海外遠征明けの不安は一切ない。
    ヤフー(引用元)
    https://news.yahoo.co.jp/articles/bc8c3a4a14dba1198339e11fbfce317c06844d55
     ダイアトニック 評価B

     前哨戦の阪急杯で、1年7カ月ぶりに勝利して駒を進めてきた。当時は休み明け2戦目というローテーションだったが、抜群の毛ヅヤで状態は申し分なかった。  今回も同様に毛ヅヤは輝いているが、筋肉の輪郭が多少ぼやけているように感じる。あばらがうっすらと浮き出ているので、腹部を除き薄皮一枚分の余裕がありそう。前腕や下腿(かたい)の血管も見えてはいるが、くっきりという感じではない。もう一段上の仕上がりがあるように思える。  11カ月の長期休養などがあり、まだ21戦の戦歴。7歳にしては若々しさの残る馬体で、ここにきてようやく完成してきた印象だ。芝千二~千六で勝っているが、若干肩が立ち気味で、マイルよりは千二の方が合う。 (馬サブロー栗東・竹原伸介)  

    〈1週前追い切り診断〉岩田康を背に栗東坂路で4F52秒0-37秒6-11秒7(一杯)。気負うことなく、スイスイと登坂。ラストで追いだされると鋭く伸びた。好調をがっちりキープしている。


    管理人的にはグレナディアガース




    バカみたいに無料予想を調査しているからわかる

    今週がおすすめの無料競馬情報サイト1社を紹介します。
    (今週の無料予想の公開が期待される1サイト)





    匠の万馬券

    2022-01-14_13h44_08





    【能力値ランキング】3月28日中京競馬場11レース高松宮記念

    nouryokuchi


    管理人馬券

    中山牝馬S
    2021-03-19_14h43_32
    阪急杯
    2021-03-05_19h43_53


    小倉大賞典
    2021-02-26_22h10_54

    京都牝馬S

    2021-02-26_22h12_06


    フェブラリーS
    2021-02-26_22h13_33



    高松宮記念

    1位 レシステンシア
    2位 インディチャンプ
    3位 ラウダシオン
    4位 ダノンファンタジー
    5位 マルターズディオサ
    6位 ダノンスマッシュ





    「広告」先週のスプリングSで的中させていました
    「管理人確認済み」

    2021-03-21_15h51_29
    管理人も無料予想で儲けされてもらいました!!

    2021-03-23_00h21_18




    イマカチの無料予想をゲットしに行く!!






    「種牡馬・血統」高松宮記念の血統評価

    chi


    最近できた新サイト管理人的おすすめ
    めざまし万馬券
    2021-03-25_00h28_55


    最近の重賞管理人馬券
    2021-03-25_00h33_19

    2021-03-25_00h32_44


    高松宮記念血統分析

    1)過去5年の高松宮記念種牡馬別成績
    2021-03-25_00h36_35


    アドマイヤムーン産駒
    ※ セイウンコウセイ
    ※ ファインニードル


    2) 登録馬父中京競馬場芝1200m

    2018年~
    2021-03-25_00h40_12


    登録馬の段階なので除外あり

    「買い」
    ※ ロードカナロア産駒
    ダノンスマッシュ




    【広告】

    高松宮記念予想|2021年|注目馬の馬体診断


    ヤフーニュースの馬体診断と気になった馬を扱っています。




    batais





    注目馬の馬体診断ニュース


    「広告」馬体はここで学べ

    2021-03-24_14h08_37





    ヤフー(引用元)
    https://news.yahoo.co.jp/articles/18178668ba6d1cfdcb41c48fc7b7c5822b67ee71

     ダノンスマッシュ A

     明け6歳を迎えたが、馬体には若々しさがある。昨年暮れの香港遠征による疲れは見受けられず、中間の休養でしっかりと回復してきたようだ。今回は今年初戦で3カ月半ぶりだが、馬体の太め感は全くない。  

     発達した肩の僧帽筋(そうぼうきん)と上腕三頭筋(じょうわんさんとうきん)は以前と同様で、力強いトモの丸みも変わっていない。昨年のスプリンターズS(2着)当時と比較しても遜色のない馬体をしており、くっきりと見えているあばらや毛ヅヤから、今回の方がむしろ状態は上と思える。前腕部と下腿(かたい)の血管も浮き出ており、この時季とは思えないほど皮膚の薄さが際立つ。
    (馬サブロー栗東・竹原伸介)  

    〈1週前追い切り診断〉
     栗東坂路で4F50秒6-37秒5-12秒5(一杯)の好時計で鋭く伸びた。中間も力強い動きを連発。仕上がりは文句なしと言っていい。

    ヤフー(引用元)
    https://news.yahoo.co.jp/articles/187c934bbd5a8ded87ada47af1521922b1ce1d3a
     ダノンスマッシュ 100
     
     故友の相馬眼にもかなうスーパーボディーだ。鈴木康弘元調教師(76)がG1有力候補の馬体を診断する「達眼」。

     春のG1開幕戦「第51回高松宮記念」(28日、中京)ではダノンスマッシュ、レシステンシアに満点をつけた。類いまれな相馬眼で“マイネル・コスモ軍団”をけん引した岡田繁幸氏が19日、71歳で死去。故友をしのびつつ、有力候補の馬体を解説する。  

     馬の資質を見抜く目(相馬眼)を養う方法はあるのか。「たくさんの馬を見ることです」。牧場研修で北海道静内を訪れた若いホースマンに熱弁を振るっていた岡田繁幸氏が亡くなりました。調教師だった私とオーナーブリーダーの彼とは立場も違えば、競馬に対する考え方も異なる。若い頃は互いの情熱をぶつけ合ったものです。静内の居酒屋で口角泡を飛ばして言い争いになった時は一緒に食事をしていた社台ファームの吉田照哉氏と錦岡牧場の土井睦秋氏(故人)が仲裁に入って、カラオケで仲直り。昨晩のことのように思い出されます。  

     馬の見方は十人十色。日高屈指の相馬眼と言われた繁幸氏は馬体の捉え方も私と異なりますが、“筋肉の質”と“飛節のつくり”にこだわる点は一緒でした。彼がダノンスマッシュの馬体について感想を求められたとしたら…。たぶん私と同じ指摘をするでしょう。一流のスプリンターといえば全身に鎧(よろい)のような分厚い筋肉をつけているものですが、この6歳牡馬の体は相変わらず薄手。そのかわり、とても柔軟な筋肉をつけている。筋肉の量ではなく、質に優れているのです。  

     他馬との相違点はもう一つ。飛節のつくりです。締まった立派な飛節が絶妙な角度でトモにリンクしている。そのためトモのパワーを余すことなく推進力に換えています。車でいえば、トモはエンジン、飛節はエンジン内のピストン運動を回転エネルギーに変換するクランクシャフト。ダノンスマッシュにはスポーツカー仕様の高性能クランクシャフトが備わっている。  

     この先は私の独断ですが、顔つきに余裕が読み取れます。昨年の高松宮記念(10着)時には不機嫌そうに後ろに絞っていた耳を左右に開いている。鼻をとがらせて、白眼を出している。過去の顔写真と比べれば違いは一目瞭然。じゃれている時に浮かべる顔です。香港遠征で勝利を挙げ、ゆとりが生まれたのでしょうか。ともあれ、遠征帰りでもアバラがうっすらと浮き出た確かな仕上がりです。  

     繁幸氏が健在だったら、その相馬眼はダノンスマッシュをどう評価したか…。寂しさを募らせながら筋肉の質と飛節のつくりに秀でた馬体に満点を付けました。(NHK解説者)

    ヤフー(引用元)
    https://news.yahoo.co.jp/articles/c68fdb7e6288c5558d50eae0c51fc895e6866f6a
     インディチャンプ B評価

     昨春のマイラーズC以来、勝ち星から遠ざかっているが、その後の4戦全てで掲示板を外しておらず、一線級の力は衰えていない。  

     2カ月ぶりの前走・阪急杯(4着)では、デビュー以来最高馬体重の484キロ。馬体がコロンとして見えており、多少余裕が残っていたようだ。好調時にはすっきりとした体つきで、あばらもうっすらと見えるが、今回は見えていない。前走時よりも馬体が引き締まったものの、薄皮一枚分まだ余裕がある印象だ。  

     相変わらず張りのある馬体。光沢のある毛ヅヤもいつも通りで、当日までにどこまで好調時に近づけるかがポイントになる。
    (馬サブロー栗東・竹原伸介)  

    〈1週前追い切り診断〉
     栗東坂路で4F51秒1-37秒4-12秒4(一杯)。アードラー(7歳オープン)との併せ馬で2馬身半先着。ひと叩きされた効果は大きく、いい頃の迫力のある動きが戻ってきた印象だ。

    ヤフー(引用元)
    https://news.yahoo.co.jp/articles/47499927581f132925d150f4173cf563cea8a6d2
     インディチャンプ 90点評価
     
     インディチャンプはマイラー型の胴と四肢の持ち主ですが、太い首と肩の盛り上がりはスプリントでもと思わせる。

     顔を見れば、鼻こうを開いた精悍(せいかん)な面構え。強い気性をうかがわせます。この気性と発達した首や肩を生かせば初の1200メートル戦に対応できるかも。陰部を出しているのはリラックスしているからだと捉えたい。


    ヤフー(引用元)
    https://news.yahoo.co.jp/articles/1aabdbfc801a7a65a5b1773beb039e521e623f81
     レシステンシア A評価
     
     3歳時から脚長でスラッと見せる体形は変わっていないが、桜花賞(2着)当時に比べて前走時で26キロの体重増があり全体的にパワーアップしている印象だ。牡馬一線級の短距離馬に比べると首回りが細く感じるかもしれないが、性別差を考えれば問題はなく、頭が高い点も加味すれば短距離への適性は十分にある。  

     体長と体高の比率は同程度で、正方形に近い馬体をしている点からも、初めての1200メートルは対応できそう。3カ月ぶりの前走・阪急杯(1着)で太め感なく仕上がっていたため馬体に大きな変化はないが、当時に比べると毛ヅヤが大幅に良化。顔つきもキリッとして、叩かれた効果は十分だ。 (馬サブロー栗東・竹原伸介)  

    〈1週前追い切り診断〉
     武豊を背に栗東坂路で4F50秒3-36秒6-11秒7(仕掛け)。素軽い脚さばきでキビキビと登坂。ラスト1Fからの伸び脚も素晴らしかった。文句なしの気配。

    ヤフー(引用元)
    https://news.yahoo.co.jp/articles/0780c9868814afbf598d4add420646afdca02e1c
     レシステンシア 100点評価
     
     レシステンシアはひと目でスプリンターだと分かる体形です。私や岡田繁幸氏ならずとも馬の目利きなら1200メートル戦向きの馬体と考えるでしょう。野太い首、分厚い肩とトモ…。

     3歳春当時から父ダイワメジャー譲りの筋肉質の馬体でしたが、加齢とともに筋肉のボリュームがさらに増している。馬体重をチェックしてみると、昨年5月のNHKマイルC476キロ→11月のマイルCS500キロ→今年2月の阪急杯508キロ。体重増がそのまま筋肉の増量につながっている。バランスのいい筋肉を身につけたマイラー体形から岩のような筋肉の塊を付けたスプリンター体形に変化したのです。  

     顔つきも一変。昨年のマイルCS時には白目をむきながら、左耳を前方へ、右耳を後方へ向ける不安定な顔つきでした。ところが今回は両耳を正面に立てて、遠くを穏やかに見つめている。気性が安定しているのです。マイルCS時、四肢に着けていた肢巻きも外して、腱がすっきりと見える健康な脚を披露してくれました。私や繁幸氏ならずとも馬の目利きなら満点を付ける馬体です。




    管理人的には
    レッドアンシェル



    「広告」先週のスプリングSで的中させていました
    「管理人確認済み」

    2021-03-21_15h51_29
    管理人も無料予想で儲けされてもらいました!!

    2021-03-23_00h21_18




    イマカチの無料予想をゲットしに行く!!





    このページのトップヘ