競馬予想@競馬総合情報

競馬予想@競馬総合情報!、競馬予想で的中ラッシュするためにいろいろな視点からを作成しています。競馬予想データ、競馬ニュース、競馬情報など

    banazz

    フェブラリーS

    フェブラリーS予想|調教・追い切り|ネット評価まとめ


    無料コンテンツが熱い競馬情報会社

    高配当21 
    http://ko-21.jp/
    高配当21の無料情報だけで大万馬券ゲット。無料情報に期待。

    ドリーム万馬券.com
    http://dream100uma.com/
    無料コンテンツの質NO1ですね!馬連・3連複が熱い!!

    千軍万馬 
    http://sngn.jp/
    重賞の無料コンテンツが激アツ!馬連予想で万馬券ゲット

    by競馬予想会社ファン



    ノンコノユメゆとりローテで頂点/フェブラリーS

    <フェブラリーS:追い切り>

     フェブラリーS(G1、ダート1600メートル、21日=東京)に出走するノンコノユメ(牡4、加藤征)が18日、美浦ウッドで最終追い切りを行った。3頭併せで2馬身追走し、真ん中を割って入り併入。5ハロン69秒3-13秒6と時計、動きとも平凡だが、もともと調教では走らないタイプ。前哨戦を使わず、間隔を十分に空けての調整でJRA・G1初制覇に挑む。

     息も乱れてなければ、興奮する様子もない。追い切り直後、馬場から上がってきたノンコノユメは、追い切り前と同じ姿だった。加藤征師は「競馬を覚えてから追い切りでは走らなくなった。この馬にしては伸び伸び走っていたけれど」と苦笑した。

     3歳未勝利のカハラブライド、オーダードリブンの2頭を2馬身追走。直線で真ん中に入ると1度抜け出しそうな脚色を見せたが、併入。強めに追われたが時計、動きともに目立ってないものの、「いつもの感じ」と加藤征師は意に介さなかった。

     追い切りで動かないから工夫している。3頭併せの真ん中を通らせたのも、その1つ。「ノンコノユメはあまり他の馬が好きじゃない。それであえて真ん中を走らせた」と説明する。馬混みでの展開となった時に動じないようにするためだ。ふだんの調教でも補っている。「追い切り以外も結構ハードにやっている。週末は15-15で走っているし、この馬に対してやることはしっかりやってきた。調整は(昨年勝った)武蔵野Sのときよりもスムーズ」と胸を張った。

     昨年12月のチャンピオンズC以来のレース。あえて前哨戦を使わずに、5戦4勝と得意の東京ダート1600メートルにぶっつけで臨む。「一番いい状態で持っていくには、直行という選択肢だった」と打ち明ける。昨年は武蔵野Sから中2週でチャンピオンズCに向かったため、疲れをとるために余裕を持たせた。3歳から古馬になる大事な時期、厳寒期でもあるこの季節に、「無理をさせたくなかった」(師)と詰まったローテでのレースを避けた。10年前、同じローテで勝った4歳馬がカネヒキリ。前年の武蔵野S、JCダートを使っての直行だった。その同じ道を今年ノンコノユメがたどる。【三上広隆】

     ◆フェブラリーSを勝った4歳馬のローテ G1になった97年以降、4歳馬が勝ったことは6回。97年のシンコウウインディは、まだチャンピオンズC(JCダート)が設立されていなかったが、初戦は年明けの平安S1着。それ以外の5頭のうち03年ゴールドアリュール、06年カネヒキリ、14年コパノリッキーは、その年初戦がフェブラリーSと前哨戦を使わずに勝っている。

     

    サンスポ予想王、フェブラリーS動画

    サンスポ追い切りCheck 2016フェブラリーS 栗東

     

    TM追い切り診断 2016フェブラリーS 美浦

     

     主な馬の調教タイム

    2/17 ホワイトフーガ

    南坂やや重

    53.0ー38.8ー25.8ー13.1

    2/17 コパノリッキー

    栗東CW重

    84.4-67.2-51.4-37.5-12.3

    2/17 アスカノロマン

    栗東CW重

    83.2-66.6-52.7ー39.4-13.4

    2/17 ベストウォーリア

    栗東坂重

    52.5-38.9-25.2-12.2

    2/18 ノンコノユメ

    南W良

    69.3-53.8ー39.6-13.6

    2/17 モンドクラッセ

    南W良

    51.6-38.0ー13.0

    2/17 モーニン

    栗東坂重

    52.2-37.5-24.3-11.8

     

     

    【フェブラリーS予想|調教・追い切り|ネット評価まとめ】の続きを読む

    5
    フェブラリーS予想|2016年|ノンコノユメまとめ
     
    無料予想が激アツの競馬情報会社

    ターフビジョン 
    http://tr-vision.net
    3連複無料予想が激アツ!!無料会員になることをおすすめします!! 

    ハイヴォルテージ 
    http://high-voltage.tokyo
    元グリーンch解説者在籍!!注目無料予想が期待度大!!

    トライキャスト 
    http://tricast.jp
    無料コンテンツと有料コンテンツが豊富!!

    馬生
    http://umanama.com/
    競馬予想の真髄を学べるサイト!!

    競馬劇場 
    http://keiba-gekijo.com
    マコちゃんの予想が面白い、登録料0円に期待

    by競馬予想会社ファン

     ノンコノユメは何度見ても不思議な馬体をしています。車に例えれば、前輪がスタッドレスタイヤ、後輪はスポーツタイヤ。前駆と後駆が別の用途でつながっている印象を受けます。

     前駆は明らかにダート仕様。肩、胸前、首が450キロの中型馬とは思えないほど立派です。その半面、後駆は芝仕様。流麗な曲線を描いていてスマートです。全身が重厚感むき出しのコパノリッキーとは対照的な馬体。レースでは芝を走るような小気味よいフォームでダートを疾走してきました。前駆は砂、後駆は芝。前代未聞の体形です。

     霊獣になぞらえるなら竜の頭と鹿の体を持つ「麒麟」のような…と昨年のチャンピオンズC時に書きましたが、当時よりも心身の状態はさらに上向いています。飛節の立ち方がさらに良くなった。しっかりと大地をつかんだ立ち姿。顔を見れば、目は前回よりも輝きを増しています。ハッピーな表情。2カ月半の休養がプラスになっているのは間違いありません。毛ヅヤも良し。前回以上にはじけそうな雰囲気になっています。仁王像(コパノリッキー)の迫力に対抗できるのは神獣・麒麟のミステリアスな馬体でしょう。

     
    文句なしの東京芝1600mパフォーマンス
    ユニコーンS

     

    武蔵野S

     

     

     

    【フェブラリーS予想|2016年|ノンコノユメまとめ】の続きを読む

    5
    フェブラリーS回顧・結果・動画・ネット評価
     
    管理人お勧めコンテンツが豊富!!
    まず無料会員へ

    teki

     22日、東京競馬場で行われたGI第32回フェブラリーS(ダート1600メートル)は、前年覇者で1番人気のコパノリッキーが直線抜け出し勝利。同レース初の連覇を達成した。勝ち時計は1分36秒3。2着は5番人気のインカンテーション、3着は3番人気のベストウォーリア。

     
    フェブラリーS-2015年動画
    【フェブラリーS回顧・結果・動画・ネット評価】の続きを読む

    5
    フェブラリーS予想|調教・追い切り|最新情報まとめ
     
    地方競馬から不気味なサイン


    管理人お勧めコンテンツが豊富!!
    まず無料会員へ

    teki

     今年最初のJRA・GIのフェブラリーSの枠順が19日に決まる。今年は3年ぶりに地方所属馬が参戦(2頭)。中でも大井のハッピースプリントは、交流GI全日本2歳優駿を勝ち、羽田盃、東京ダービーを制した南関東2冠馬。このところは中距離戦で善戦止まりだが、マイル戦なら一変も可能。16年ぶり史上2頭目の地方所属馬のVを狙う。

     1999年のメイセイオペラ(岩手)以来、16年ぶりの地方所属馬のVへ向け、大井のハッピースプリントが態勢を整えてきた。2走前の東京大賞典、前走の川崎記念はともに1秒以上離された4着。数字だけ見れば手を出しづらいが、舞台が替わるのは大きなプラスだ。

     「ここ2戦のレースを見ても、しまいが少し甘くなっているし、2000メートルは長い。マイルが最も力を発揮できる距離だし、とくに広い府中のマイルはベスト」

     森下調教師は断言する。大井の羽田盃(1800メートル)と東京ダービー(2000メートル)を制した南関東2冠馬だが、距離は素質の高さでカバーしていた。本来は、快勝した交流GI全日本2歳優駿(川崎、1600メートル)を見てもマイルがベスト。多少ズブい面もあるだけに、直線が長いのも歓迎だ。

     「最近は体質が強くなり、以前よりも調教での走りがしっかりしてきた。レースでも徐々に古馬のペースに対応できている」と、トレーナーは着実な成長を強調する。絶好の舞台なら、前2走以上の結果が出ても不思議ではない。

     森下調教師は今年35歳で、2010年に開業した。すでに東京ダービーを2勝している新進気鋭の調教師で、ゆくゆくは海外でも通用する厩舎を目指している。

     「ここまで、1段ずつ着実に登ってきている感触はある。挑戦することで厩舎も力をつけるはずだし、JRAでの戦い方を学んで、互角に戦えるような厩舎作りをしていきたい」

     森下調教師のキャリアに刻まれる、初のJRA・GI挑戦。「ペースも違うし強い馬ばかりだから、一筋縄ではいかない」と慎重な構えを崩さないが、「いつも想像以上の走りをする馬」とも。最高の結果を出す可能性も、十分に秘めている。 (大貫師男)

    【フェブラリーS予想|調教・追い切り|最新情報まとめ】の続きを読む

    5

    フェブラリーS予想|2015年|コパノリッキー強調点・弱点|ネット評価


    管理人お勧めコンテンツが豊富!!
    まず無料会員へ

    teki

     「フェブラリーS・G1」(22日、東京)

     昨年の覇者コパノリッキーが、武豊とのコンビで史上初のフェブラリーS連覇に挑む。

     最低人気でのVからちょうど1年。昨年はノーマークの強みを生かしてホッコータルマエの追撃をまんまと封じ込めたが、その後も交流G1のかしわ記念とJBCクラシックを制覇し、フロックではなかったことを証明。前走の東海Sでも、酷量58キロを背負って後続を4馬身突き放す圧勝劇を演じた。

     この1年で心身ともに大きく成長。だが、村山師は現状に満足はしていない。「(2着に敗れた2走前の)東京大賞典で力の差を見せつけられた。スピードだけでは通用しない」。昨年の最優秀ダート馬ホッコータルマエとの“ガチンコ勝負”でつけられた4馬身という決定的な差。屈辱を糧に、指揮官はさらなるパワーアップを誓った。

     カイバ量を増やし、調教もよりハードに。1週前の11日は、栗東CWで意欲的に7F94秒8を計時。15日も坂路で4F55秒6を記録し、しっかりと負荷をかけてきた。調教役の鹿屋助手は「1週前は6F80秒を切るほどいい動き。15日も少し時計が速くなりましたが、スムーズに走っていました。状態がいいからこそ速くなったのでしょう」とハードトレの成果を感じている。真の“ダート王”へ。ライバル不在のここで負けるわけにはいかない。1番人気が予想される今年は、圧倒的なパワーで押し切ってみせる。

     
    2014年のフェブラリーS動画
     
     
    昨年は16番人気で勝利だった
    コパノリッキー
     
    前走ー田辺騎手から武豊騎手へ変更されました
     
    2015年の東海S動画
    【フェブラリーS予想|2015年|コパノリッキー強調点・弱点|ネット評価】の続きを読む

    このページのトップヘ