競馬予想@競馬総合情報

競馬予想@競馬総合情報!、競馬予想で的中ラッシュするためにいろいろな視点からを作成しています。競馬予想データ、競馬ニュース、競馬情報など

    banazz

    競馬重賞回顧

    5
    中山記念回顧|岩田はここまで乗れるとは?|ネット評価まとめ
    管理人お勧めコンテンツが豊富!!
    まず無料会員へ

    teki

     第89回中山記念(1日、中山11R、GII、4歳上オープン国際、別定、芝・内1800メートル、1着本賞金6000万円=出走11頭)昨年のオークス馬で、岩田康誠騎乗の3番人気ヌーヴォレコルトが、直線でインから力強く伸び、2着ロゴタイプにクビ差でV。今年の始動戦を白星で飾った。タイム1分50秒3(稍重)。この後はひと息入れて、ヴィクトリアマイル(5月17日、東京、GI、芝1600メートル)、宝塚記念(6月28日、阪神、GI、芝2200メートル)と歩む。1番人気のイスラボニータは伸びを欠いて5着に終わった。

     内ラチから1頭分あるか、ないか。昨年のオークス馬ヌーヴォレコルトが、わずかなスペースを突いて勝負に出た。先頭に立ったロゴタイプの内側へ馬体をねじ込むように入れて伸び、1991年のユキノサンライズ以来24年ぶりの牝馬による中山記念制覇を達成。雨の中山で、新たな女傑伝説の幕開けを予感させる完勝劇を見せた。

     「外に進路がなかったので一か八か内を狙った。4コーナーと最後の直線で他の馬に迷惑をかけてしまったけど、昨年よりパワーアップしているし、本当にすごい馬」

     岩田騎手がパートナーを絶賛した。進路の取り方で自身は計15万円の過怠金の制裁を受けたが、勝負服が泥だらけになるほどの激戦を制したパートナーに「こんな根性のある牝馬はなかなかいない」と興奮を隠さない。

     ロケットダッシュを決め、道中は雨で湿った馬場でも抜群の行きっぷりで3番手のインを追走。4コーナーからはタイトで激しい肉弾戦になったが、1歳上のロゴタイプ(2着)、同期のイスラボニータ(5着)の2頭の皐月賞馬を力でねじ伏せた。

     昨年はオークスを勝ったが、秋華賞、エリザベス女王杯でともに2着と涙をのみ、最優秀3歳牝馬のタイトルを逃した。それだけに今年にかける思いは強い。休み明けでも結果にこだわっていた斎藤調教師は「中身がしっかりしてきたし、これで男馬に通用しなければ…という気持ちだった。力を証明できてよかった」と満足げだ。

     このあとはヴィクトリアマイル、宝塚記念のGIロードを進む。「今年は負けないことがテーマ。たとえ男馬が相手でも。この馬は牝馬だとは思っていません」とトレーナー。4歳を迎え、驚くべきパワーアップをとげたヌーヴォレコルトから目が離せない。 (板津雄志)

    ★岩田に過怠金

     ヌーヴォレコルトに騎乗した岩田騎手は、4コーナーと直線の2箇所の強引な進路取りで制裁を受け、合計15万円の過怠金を科せられた。ともに十分な間隔がないのに先行馬を追い抜いたためで、4コーナーではマイネルフロスト、タイキパーシヴァル、イスラボニータ、ステファノスに影響を与えて過怠金10万円、直線ではロゴタイプに影響を与えて同5万円となった。

    ■ヌーヴォレコルト

     父ハーツクライ、母オメガスピリット、母の父スピニングワールド。栗毛の牝4歳。美浦・斎藤誠厩舎所属。北海道千歳市・社台ファームの生産馬。馬主は原禮子氏。戦績10戦5勝。獲得賞金3億6730万円。重賞は2014年GIオークス、GIIローズSに次いで3勝目。中山記念は斎藤誠調教師、岩田康誠騎手ともに初勝利。馬名の意味は「新記録(イタリア語)」。

     
    中山記念-2015年動画
    【中山記念回顧|岩田はここまで乗れるとは?|ネット評価まとめ】の続きを読む

    5
    ハープスター・キズナ惨敗|京都記念のネット評価

    管理人お勧めコンテンツが豊富!!
    まず無料会員へ

    teki

     第108回京都記念(15日、京都11R、GII、4歳上オープン国際、別定、芝・外2200メートル、1着本賞金6000万円=出走11頭)2強敗れる。注目を集めた初対決は、1番人気のハープスターが5着、2番人気のキズナが3着。人気の2頭は、連対すら果たせなかった。勝ったのは2番手を進んだラブリーデイ。中山金杯に続く重賞連勝となった。タイム2分11秒5(良)は1995年ワコーチカコの記録を0秒3更新するレースレコードだった。

     AJCCで7着に敗れたゴールドシップに続いて、またしても人気を集めたGI馬が敗れた。

     9カ月半の骨折休養明けでの復帰Vは、容易ではなかった。キズナは後方追走から、直線入り口で大外へ。22キロ増ながらメンバー最速となる上がり3ハロン33秒3の末脚を繰り出したが、ハナ、クビ差の3着に終わった。

     「残念ですね」と武豊騎手は第一声。「最後は差し切れるかと思ったほど。ラスト80メートルか70メートルぐらいで脚が鈍ったが、骨折明けでよく走ったとも言える。『さすが』と思わせる面もあった。これからですね」と前を向いた。

     佐々木調教師は「負けたのは久しぶりで息切れした面や、行った行ったの展開もあったでしょう」と敗因を分析。「無事に行けば、次の産経大阪杯(4月5日、阪神、GII、芝2000メートル)では昨年と同じ勝ち方で連覇できるでしょう」と巻き返しを誓っていた。

     一方、ハープスターはよもやの5着。道中は馬群のなかで、いつもより前めの中団やや後方を追走。3コーナーで4番手まで進出する積極策に出たが、直線では内にササり、本来の末脚を発揮しないまま流れ込んだ。

     「今までで一番いい位置をスムーズに取れました。ただ終始、内にササるところを見せて、これは初めてのこと。こういう(積極的な)競馬をしたのが初めてだったので、そういう面を見せたのかという印象です」と川田騎手は肩を落とす。

     「休み明け初戦だし、仕方ないかな。『なるべく先に行けたら行け』という指示は出したが、結果を見るといつものパターンでないとあかんのかもな」と松田博調教師。予定通り次走はドバイシーマクラシック(3月28日、メイダン、GI、芝2410メートル)に向かう。 (正木茂)

     
    京都記念-2015年動画
     
    1着 ラブリーディ 戸崎圭太
    2着 スズカデヴィアス 藤岡佑介
    3着 キズナ 武豊
     
     
     
     
    ツイッターの声
     
    【ハープスター・キズナ惨敗|京都記念のネット評価】の続きを読む

    5
    ルージュバック|きさらぎ賞回顧|大竹調教師もうやることがない


    【GODSPEED-注目サイト】
     

     3カ月ぶりに、初コースの京都。良血の牡馬たちが相手とくれば、多少の割引があってもいいのに、単勝1.7倍の断トツ人気。ルージュバックの強さをファンはよくご存じだ。

     確かにすごかった。スタートが良すぎて、先手を奪い合うネオスターダム、エメラルヒマワリの後ろへ。「3番手で大丈夫かなと思ったけど、鞍上(戸崎騎手)にまったく心配した様子がなかったからねえ」と大竹調教師。後方からぶち抜いた前走と競馬は異なっても、結果は同じ。はっきりいって大楽勝だった。

     「競馬場に到着してからも落ち着いていたし、輸送も何ともなかった。あと何をすればいいのか。走る馬は調教師がいらないというけど、ホント、もうやることがないんだよね」という指揮官の自画自賛を、そのまま受け止めていい勝ちっぷりだ。

     結果的に引き立て役になったとはいえ、2着ポルトドートウィユも4角で外へ振られた以外は思いどおりの競馬。高野調教師も「デビュー時とは別馬と思えるほど。ひ腹の辺りがガッシリしてきた」と成長を口にしながら、ルージュとは2馬身差。オルフェーヴルの全弟アッシュゴールドの池添騎手も「馬ごみのなかで競馬ができた。成長力のある血統だし、作り直した成果はあった」としながら、勝ち馬には3馬身離されていた。

     「気性の荒さを見せているとはいえ、牝馬特有のもの。ここまでは思い描いたとおりにきている。あとは多頭数。それがカギになるかな」と大竹調教師。次走は「桜花賞を含めいろいろ」と。牡馬相手のGIIIをあっさり勝って連勝を伸ばせば、確かに選択肢は広がってくる。 (南庄司)

     
    2015年のきさらぎ賞を圧勝した
    ルージュバック
    【ルージュバック|きさらぎ賞回顧|大竹調教師もうやることがない】の続きを読む

    5
    キングカメハメハ祭り|2015年は時代を作る?

    管理人お勧めの無料予想ありサイト

     1日、京都競馬第10R・松籟Sでアドマイヤスピカが優勝し、キングカメハメハ産駒はこの日の京都競馬で7勝を記録。これは2000年4月2日にサンデーサイレンスが阪神競馬場で記録した1場における1日最多勝記録(6勝)を更新する新記録。

     勝利の内訳は以下の通り。

    02R トップディーヴォ
    04R ブチコ
    05R オメガゴールドレイ
    06R ヤマカツエース
    07R トゥザレジェンド
    09R キングストーン
    10R アドマイヤスピカ

     また、キングカメハメハ産駒は本日の東京第7R~9R、12Rでも勝利を挙げており、1日合計11勝。

     これはサンデーサイレンスが1999年6月12日に3場開催で達成した、1日における種牡馬最多勝記録(9勝)を2場開催で更新する快挙となった。

     
    キングカメハメハ
    【キングカメハメハ祭り|2015年は時代を作る?】の続きを読む

    5
    ゴールドシップ敗れる、岩田もショック|アメリカJCC|2015年回顧

    無料予想が激熱の注目サイト…只今無料会員募集中!!
    best
     

    ◆第56回アメリカJCC・G2(25日・芝2200メートル、中山競馬場、良)

     4番人気のクリールカイザー(田辺)が早め先頭から押し切って重賞初制覇を飾った。2着は1馬身1/4差でミトラ(柴山)、3着にエアソミュール(C・デムーロ)。1番人気に推されたゴールドシップ(岩田)は精彩を欠き、7着に終わった。

     ◆クリールカイザー 6歳牡馬、父キングヘイロー、母スマイルコンテスト。北海道新ひだか町の千代田牧場生産、馬主は横山修二氏。戦績は29戦6勝、重賞初勝利。獲得賞金は2億3734万4000円。

    岩田もショック

     ゴールドシップの7着敗戦に、岩田康誠騎手(40)もショックを隠せなかった。4角手前から直線にかけてレースの流れが急激に速くなり、得意のまくりが不発に終わった。

     「勢いに乗れなかった。勝負どころでもモタモタしてしまって…」とうなだれた。強い時ともろい時のギャップが激しいタイプなのは周知の事実とはいえ、得意の中山での惨敗は予見しにくかった。

     

    2015年-アメリカJCC

     

    1着 クリールカイザー 田辺裕信

    2着 ミトラ 柴山雄一

    3着 エアソミュール ルメール

     

     ツイッターの声

    【ゴールドシップ敗れる、岩田もショック|アメリカJCC|2015年回顧】の続きを読む

    このページのトップヘ