エピファネイアは有馬で川田将雅…最大限の不安点

 ジャパンCを4馬身差で圧勝したエピファネイア(栗東・角居勝彦厩舎、牡4歳)は、新たに川田将雅騎手(29)=栗東・フリー=とのコンビで有馬記念(28日、中山、GI、芝2500メートル)に向かうことになった。同馬が所属するキャロットクラブのホームページで5日、発表されている。

 ジャパンCでは、クリストフ・スミヨン騎手(ワールドスーパージョッキーズシリーズで来日)とピンポイントでコンビを組んで復活を遂げたが、主戦・福永祐一騎手は引き続きジャスタウェイ(栗東・須貝尚介厩舎、牡5歳)とコンビを組むことから、川田騎手に白羽の矢が立った。

 
エピファネイア
 
【エピファネイアは有馬で川田将雅…最大限の不安点】の続きを読む