競馬予想@競馬総合情報

競馬予想@競馬総合情報!、競馬予想で的中ラッシュするためにいろいろな視点からを作成しています。競馬予想データ、競馬ニュース、競馬情報など

    banazz

    競馬重賞(G3)

    サダムパテック|京成杯オータムハンデ
     

     今週の新潟メーンは、京成杯オータムハンデキャップ(14日、GIII、芝1600メートル)。秋競馬の開幕を告げる恒例の重賞で、例年は秋の中山開幕週に組まれているが、今年はスタンド改修工事のため新潟で行われる。全3戦の合計ポイントで覇を競うサマーマイルシリーズの最終戦だ。

     シリーズ首位のクラレント(栗東・橋口弘次郎厩舎、牡5歳)は、今回と同じ舞台で行われたGIII関屋記念の覇者。前走から1キロ増える58キロのハンデがカギだが、直線の長い左回りコースを得意としている。中山ではなく新潟で行われる今年はシリーズ制覇の大きなチャンス。陣営の意欲も並々ならぬものがある。

     サトノギャラント(美浦・藤沢和雄厩舎、牡5歳)は、前走のGIII関屋記念で出遅れながらも僅差の3着。良馬場がベストだが、稍重という発表以上に重く感じられた馬場で好走して、地力の高さをアピールした。ハンデも56キロどまりなら、チャンスは十分だろう。

     キングズオブザサン(栗東・荒川義之厩舎、牡3歳)は、前記サトノギャラントの弟で、GI阪神3歳牝馬S(現阪神ジュベナイルフィリーズ)を制したスティンガーを母に持つ。GI・NHKマイルC3着の実績があり、兄同様、左回りのマイル戦はぴったり。ハンデ54キロなら、初の古馬相手でも逆転の期待が持てる。

     エクセラントカーヴ(美浦・堀宣行厩舎、牝5歳)は、昨年の勝ち馬。前走のGIII関屋記念は4着だったが、着差はコンマ2秒とわずかだった。新潟コース2勝の実績があり、叩いた上積みも確か。コースは替わるが、むしろ中山より新潟が合う印象だけに、連覇も大いに考えられる。

     中京記念を制して復活を遂げたGI馬サダムパテック(栗東・西園正都厩舎、牡6歳)はトップハンデの58.5キロを背負う。さすがに楽ではない戦いだが、ここに来ての充実ぶりは目を引くものがあり、フロック視されるようなら配当的な魅力もありそうだ。

     他では、地力確かなエキストラエンド(栗東・角居勝彦厩舎、牡5歳)=57キロ、良馬場を条件に巻き返しを期すシャイニープリンス(美浦・栗田博憲厩舎、牡4歳)=56キロ、マイラーとしての資質が高いショウナンアチーヴ(美浦・国枝栄厩舎、牡3歳)=55キロなども争覇圏内。シリーズ最終戦は、ハンデ戦らしい大激戦が期待できそうだ。

     

    サダムパテックはトップハンデ58.5のハンデです

     

    サダムパテック動画

     マイルCS

     
    前走中京記念
     
     
     
     

    新潟記念を田辺で夢を見るいろいろなまとめ
    ヤフーニュース
     

     「新潟記念・G3」(7日、新潟)

     この夏、七夕賞、関屋記念を制し、目下サマージョッキーズシリーズのトップを走る田辺裕信騎手(30)=美浦・小西=が、7日の新潟記念にはサマー2000シリーズ王者を狙うメイショウナルトとのコンビで参戦する。サマーシリーズも残り2週、14日の京成杯AHにも、関屋記念に続く重賞連勝を狙うクラレントに騎乗を予定。さあ、ラストスパートだ。

     6月22日の函館スプリントSから始まったサマージョッキーズシリーズ。残り2週となったが、先週終了時点でトップに立っているのが田辺だ。七夕賞1着(メイショウナルト)、小倉記念3着(メイショウナルト)、関屋記念1着(クラレント)で、計24点を挙げている。

     「いい馬に騎乗させてもらっているので、いいリズムで騎乗できています」と、田辺はこの夏の好調ぶりを分析する。今週の新潟記念でもメイショウナルトとのコンビで参戦。「ここ2走、しっかり結果を出している。うまく持ち味を引き出したい」と上位争いを狙う。勝てばもちろん、初のシリーズ優勝が限りなく近づく。

     熱く燃えているのも当然だ。シリーズ優勝者には11月29、30日に東京で行われるワールドスーパージョッキーズシリーズへの出場権が与えられるからだ。「理想を言えば、年間の勝ち星で関東代表として出たいけど、今回はせっかくのチャンス。なんとしても生かしたい」と、早くも憧れの舞台へと胸を膨らませる。

     昨年も夏の新潟リーディングに輝くなど大活躍。「夏が好きとか、新潟が好きとか言うことはない。どこの競馬場でもしっかりと騎乗するだけ。あとはうまく結果を出すことができれば」と力を込める。もはや関東の顔となりつつある田辺が、世界へ羽ばたくきっかけをつかむ。

     

    田辺騎手…もっかサマーシリーズトップですよね!!

    七夕賞

     
    関屋記念
     
    【新潟記念を田辺で夢を見るいろいろなまとめ】の続きを読む

    レオパルディナについて小倉2歳S予想のまとめ
     
    ヤフーニュース 

    ◆小倉2歳S追い切り(3日)

     メンバー中、ただ1頭2勝で小倉2歳S(7日、小倉・芝1200メートル)の有力馬レオパルディナが3日、小倉競馬場の芝コースで追い切られた。ノービリス(3歳未勝利)を前に見る形でスタート。3コーナー過ぎから徐々にギアを上げていくと、内から並びかけ併入した。楽な手応えのまま5ハロン73秒8―11秒2をマーク。

     「動きに関しては注文がつかない。ゴーサインを出せばスッといけるような手応えだった。うまく調教できたと思う」。併走馬の馬上から動きを見届けた高橋康調教師は、満足げにうなずいた。

     410キロ台の小柄な牝馬。フェニックス賞後は小倉に滞在した。「前走時はイライラしていたけど、今はカイバもしっかり食べている。普段の調教中もリラックスしている」と坂根助手は滞在効果を感じ取っている。

     今年3月に開業後、初の重賞挑戦。開業190日での2歳重賞Vは史上最速だ。「ありがたいこと。緊張してもしょうがないし、あとは実戦でジョッキーに預けるまで、僕らがしっかりやるだけ」とトレーナー。右手親指の骨折から復帰した武豊とのコンビで、夏のフィナーレを飾るか。

     

    復帰後に2週目になりそうですが

    武豊騎手果たして

     

    キーンランドカップは人気馬に騎乗して2番人気7着 

     
     
    ただ、小倉競馬場芝1200mでは相当のパフォーマンスをしているユタカ様
    (勝率15%-複勝率39%)
     
     
     ツイッタ-の声、小倉2歳S
    【レオパルディナについて小倉2歳S予想のまとめ】の続きを読む

    札幌2歳Sを当てようよ!!!いろいろなまとめ|マイネルサクセサー
    ヤフーニュース 

    【札幌2歳S(土曜=6日、札幌芝1800メートル)注目馬3日最終追い切り:札幌】順調な仕上がりをアピールしたのが同舞台のオープン・コスモス賞を快勝して勢いに乗るマイネルサクセサー。主戦・柴山を背にダートコースでラグジードライブ(古馬500万下)相手に馬なりで楽々併入した(5ハロン69・8―40・2―12・4秒)。

     柴山騎手「1週前にビッシリやってあるし、時計は予定通り。反応も悪くないですよ。前走がプラス体重だったので、中間は意識して長めを乗った。体重は同じだったとしても、中身は違うはず。体の使い方が上手でいいフォームで走る。立ち回りのうまさを生かしたい」

     

    マイネルサクセサー…注目ですね、

    ただ、新馬戦でサウスキャロライナに負けている

     

    コスモス賞動画

    パドック動画

    レース動画

     
     
    2chsc
    マイネルサクセサー
     
    【札幌2歳Sを当てようよ!!!いろいろなまとめ|マイネルサクセサー】の続きを読む

    5
    新潟記念を当てようよ!!!いろいろなまとめ
    ヤフーニュース 

     秋の路線を決定する意味や、サマー2000シリーズの最終戦としても盛り上がりそうな新潟記念。今年はGI級とは現時点で言い辛いが、先々はその路線に移していきたいメンバーが揃った感。出走を予定している主な有力馬は次の通り。

    ■9/7(日) 新潟記念(3歳上・GIII・新潟芝2000m)

     マーティンボロ(牡5、栗東・友道康夫厩舎)は中日新聞杯で重賞初制覇。前走稍重の小倉記念で強力メンバーの2着と好走と、ディープインパクト産駒の割に時計の掛かる馬場が合うタイプ。今の新潟は、本コースとしては時計が掛かる方だし、ある程度のパワーやスタミナといった要素も求められるだけに、長く脚を使えるこの馬にとってはピッタリの条件。今回も上位争い必至だろう。

     ユールシンギング(牡4、美浦・勢司和浩厩舎)は3歳秋から一気に良化して、500万下から連勝でセントライト記念を制覇。菊花賞はさすがに結果が出なかったが、適条件の前走では見事重賞2勝目を達成した。同条件のここは、重賞3勝目が期待される場面。

     アドマイヤタイシ(牡7、栗東・橋田満厩舎)はこれまで重賞2着が6回。前走の函館記念は惨敗したが、これは先行勢が残れない展開となったのが原因だろう。昨年の新潟大賞典で2着に入っているようにコース相性は悪くないし、そろそろタイトルに手が届いても。

     その他、スピード上位のメイショウナルト(セ6、栗東・武田博厩舎)、堅実に走れるようになってきたニューダイナスティ(牡5、栗東・石坂正厩舎)、着実に力を付け条件が合いそうなクランモンタナ(牡5、栗東・音無秀孝厩舎)、海外遠征後調子を崩し掛けていたがここにきて復調ムードのステラウインド(牡5、美浦・尾関知人厩舎)辺りも上位争いの圏内。発走は15時45分。

     

    中日新聞杯で勝利したマーティンボロに注目ですね

    実際に儲けさせてもらいました

     

    中日新聞杯動画

     
    マーティンボロ
     
    新潟記念動画
     
     
     
    【新潟記念を当てようよ!!!いろいろなまとめ|マーティンボロ】の続きを読む

    このページのトップヘ