競馬予想@競馬総合情報

競馬予想@競馬総合情報!、競馬予想で的中ラッシュするためにいろいろな視点からを作成しています。競馬予想データ、競馬ニュース、競馬情報など

    banazz

    競馬重賞(G3)

    5
    チャレンジカップ予想・データ

    【トレセン発秘話】チャレンジカップ(13日=阪神芝外1800メートル)

    「なあ、ハンデはどっちが重くなると思う?」

     GIIIチャレンジカップ(13日=阪神芝外1800メートル)に管理馬ウインフルブルームを送り込む宮本調教師からこの中間、何度こう聞かれただろうか? 気にかけている相手が同じ3歳馬で、同脚質でもある無傷の5連勝馬エイシンヒカリなのは言うまでもない。

    「師匠(坂路に陣取る某ベテラン調教師)はエイシンヒカリの方が重くなるだろうって言うてたんやけどな。一方で、ウチのGI・3着(朝日杯FS&皐月賞)がより評価されるんちゃうかという人もいるんよ。もしかしたら同斤かもしれへんね」(宮本調教師)

     発表された注目のハンデはエイシンヒカリ=56キロに対して、ウインフルブルーム=55キロ。チャレンジCにはこの2頭だけでなく、牝馬のスマートレイアーや、条件戦を連勝してきたフルーキーなど、それぞれがほとんど交わることなく別ルートから出走してきており、さぞかしハンデキャッパーも頭を悩ませたのではないか。

    「3歳馬のうえ初重賞。そう重くはならんやろ」と楽観的に捉えていたエイシンヒカリの坂口調教師にとって56キロは予想外の斤量だったかもしれない一方で、ハンデでは1キロ優位に立ったウインフルブルームにも、いい材料ばかりが揃ったわけではない。

     本来、ここにはルメール鞍上で臨むはずだったのだが、落馬で骨折してしまったため、ブドーに変更。ところが、そのブドーも先日、体重調整がままならずに帰国というアクシデントが続いた。その後は前走のカシオペアSで手綱を取った池添に依頼しようとしたのだが、タッチの差でスマートレイアー陣営に取られてしまった。予定していた鞍上がこうまで替わっては、さすがにいいリズムとは言えない。

    「鞍上のことはまあ仕方ないけど。ウチのとエイシンヒカリとバッドボーイ。前に行く馬が多いし、それらがやり合ったら、フルーキーあたりに一番いいところを持っていかれるかもしれへん」と後続の漁夫の利に警戒を強める宮本調教師。注目の主導権争いがどうなるのか、各馬の出方も実に興味深いところ。

     いずれにしろ、チャレンジCが土曜のGIIIとして行うにはもったいないぐらいの好メンバー、そして好レースになることは間違いなかろう。

     (栗東の坂路野郎・高岡功)

     
    チャレンジカップ予想
    種牡馬データ
    種牡馬着別度数勝率連対率複勝率単勝複勝
    ディープインパクト49- 34- 20-157/26018.80%31.90%39.60%10384
    キングカメハメハ14- 9- 11-109/1439.80%16.10%23.80%7973
    ダイワメジャー12- 9- 12- 40/ 7316.40%28.80%45.20%141103
    マンハッタンカフェ8- 6- 10- 73/ 978.20%14.40%24.70%474147
    ゼンノロブロイ3- 7- 4- 48/ 624.80%16.10%22.60%2580
    ストーミングホーム2- 1- 1- 5/ 922.20%33.30%44.40%251163
    スペシャルウィーク1- 5- 6- 48/ 601.70%10.00%20.00%662
    Redoute's Choice1- 2- 1- 1/ 520.00%60.00%80.00%26120
    Singspiel1- 1- 1- 3/ 616.70%33.30%50.00%36113
    ブラックタキシード0- 1- 0- 4/ 50.00%20.00%20.00%0130

     

    騎手データ


    騎手着別度数勝率連対率複勝率単勝複勝
    川田将雅11- 13- 22- 54/10011.00%24.00%46.00%6595
    岩田康誠15- 16- 8- 66/10514.30%29.50%37.10%4471
    浜中俊13- 15- 11- 76/11511.30%24.30%33.90%7081
    池添謙一12- 9- 2- 50/ 7316.40%28.80%31.50%5481
    武豊7- 8- 11- 58/ 848.30%17.90%31.00%6489
    小牧太6- 6- 8- 60/ 807.50%15.00%25.00%62112
    和田竜二7- 13- 8- 85/1136.20%17.70%24.80%4187
    幸英明1- 8- 10-100/1190.80%7.60%16.00%1570
    国分恭介3- 4- 5- 66/ 783.80%9.00%15.40%3960
    秋山真一3- 4- 2- 62/ 714.20%9.90%12.70%5035
    菱田裕二2- 0- 2- 28/ 326.30%6.30%12.50%21266
    ビュイッ0- 0- 0- 2/ 20.00%0.00%0.00%00

     

     

     

    【チャレンジカップ予想・データ】の続きを読む

    5
    カペラS予想|絶対に当たるぞ|いろいろなまとめ

     今週の中山メーンは、暮れのダート短距離重賞として定着してきた第7回カペラS(14日、GIII、ダート1200メートル)。過去6回で1番人気馬が馬券に絡んだことは1度(2009年ダイワディライト2着)しかなく、3連単は全て3万円以上という波乱の傾向がある。今年も混戦模様で、一筋縄ではおさまりそうにない。

     ダッシャーワン(栗東・安田隆行厩舎、牡6歳)は重賞初挑戦になるが、NST賞→室町Sとオープン特別を連勝中。4日の栗東坂路での追い切りでは4ハロン52秒7でシャープな伸び脚を見せて、好調ぶりをアピールしている。中山コースは【2・2・1・2】と相性がいい。2走前に続いて北村宏司騎手とコンビを組み、3連勝での重賞Vを目指す。

     エイシンゴージャス(栗東・大久保龍志厩舎、牝3歳)は、前走の室町Sではテンから絡まれて11着に惨敗したが、その前は500万下→1000万下→1600万下と3連勝してオープンまで駆け上がった。テンに行けるスピードがあり、馬場状態も晴雨兼用タイプ。前回は内枠だったこともあり、引くに引けない形だったが、2番手からでも競馬はできる。素質はオープンでもやれるものがあり、スムーズに立ち回れれば巻き返しも十分にあるだろう。

     ノーザンリバー(栗東・浅見秀一厩舎、牡6歳)は昨年の覇者。今年は東京スプリント、さきたま杯、東京盃と交流重賞を3勝して、実績を積み重ねてきた。前走のJBCスプリントは1番人気で5着に敗れたが、勝ち馬からの着差は1馬身1/2と僅か。ここでは明らかに今の充実度で上回っている。ただ、今回は58キロを背負う点がポイント。プロキオンSでは伸び切れず4着に敗れており、他馬との力関係よりも自身との戦いとなりそうだ。

     シルクフォーチュン(栗東・藤沢則雄厩舎、牡8歳)は一昨年の勝ち馬で、昨年は3着。直線の末脚勝負が身上で、展開に左右される面はあるが、はまれば突き抜けるだけの力がある。前走のスワンSは芝のレースで参考外。ここも流れが速くなりそうな顔ぶれだけに、展開的には期待できる。戸崎圭太騎手と久々のコンビ結成という点も見逃せない。

     地方馬は2頭参戦するが、注目は前走のJBCスプリント2着で2着に激走したサトノタイガー(浦和・小久保智厩舎、牡6歳)だ。今年4月の転厩初戦以降、ハナを奪うケースが目立つが、前走は好位でうまく流れに乗る競馬。勝ったドリームバレンチノにクビ差競り負けて2着だったが、内容的には勝ちに等しいものだった。短距離ダートという新天地で遅咲きの花を咲かせつつあるいま、新コンビ・御神本訓史騎手の手綱さばきに期待がかかる。

     ほかには、2走前に交流GIIIスパーキングレディーCを勝ち、中山ダート1200メートルは2戦2勝というサウンドガガ(栗東・佐藤正雄厩舎、牝5歳)や、1000万下→1600万下を連勝している上がり馬ナンチンノン(栗東・中竹和也厩舎、牡3歳)にも注目したい。

     
    カペラS-2013年
     
    【カペラS予想|絶対に当たるぞ|いろいろなまとめ】の続きを読む

    東京スポーツ杯2歳S予想|注目馬アヴニールマルシェ|2ch

     秋のGIシリーズが熱を帯びる中、負けじと激アツな2歳重賞が月曜(24日)の東京競馬場で行われる。第19回東京スポーツ杯2歳S(芝1800メートル)。のちのGI馬を量産している超出世レースだ。来春のクラシックを占う意味でも見逃せない本社杯には今年も素質馬が多数エントリー。なかでも東西の“番記者”の推しメンは東=アヴニールマルシェ、西=ジャストドゥイングの2頭だ。

    【東京スポーツ杯2歳S(24日):美浦の推奨馬】新潟2歳Sは昨年の1、2着馬ハープスター、イスラボニータのその後の活躍で注目度が一気に高まった。今年はそのハープスターのV時計を1秒1も上回るレコード決着(1分33秒4)。1着ミュゼスルタンがレース後に骨折が判明し戦列を離れた今、ハナ差2着のアヴニールマルシェに注がれる視線が日に日に熱を帯びている。

     敗れたといってもその内容がまた秀逸。出遅れ気味のスタートで直線勝負にかけざるを得なかった中、アヴニールマルシェが駆使した上がりはメンバー最速の33秒0。立ち回りひとつで逆転可能な差だったことは誰の目にも明らかだ。「勝ちに等しい内容」(津曲助手)と陣営が振り返るのも納得の素質は十分に見せつけた。

     16日終了時点で49勝。リーディングを走る藤沢和厩舎はとりわけ2歳世代が好調で、これまでにデビューした10頭のうちアヴニールマルシェを含めた6頭がすでに勝ち上がる盛況ぶり。これには「(春の)クラシックを勝つには早い時期からの始動が不可欠」とする藤沢和調教師の戦略が根底にあり、来春を見据えた流れに沿った結果の集積に他ならない。

     前走後はリフレッシュ放牧を挟んで先月27日に帰厩。12日の1週前追いでは北村宏を背に南芝で古馬オープンを相手に併入決着(5ハロン61・9―12・0秒)に持ち込むなど、すこぶる順調な調整が続く。

    「一戦ごとに馬が良くなっているし、気持ちに余裕があるから道中の我慢が利く。反応の良さがこの馬の身上ですね。総合的に見て世代屈指の存在だと思っているし、まだまだ奥がありそう」と近況を語った津曲助手は「競馬でも調教でも、もっと先を見据えている馬」と言葉を結んだ。

     藤沢和厩舎にとって古くは1995年にバブルガムフェロー(当時は府中3歳S)が優勝、2012年にはコディーノ→レッドレイヴンでワンツーを決めるなど何かと縁は深い。悲願のダービー制覇に向け、堂々と名乗りを上げるにふさわしいレースであることは間違いない。

     
    東京スポーツ杯2歳S予想|注目馬アヴニールマルシェ
    新潟2歳S
    【東京スポーツ杯2歳S予想|注目馬アヴニールマルシェ|2ch】の続きを読む

    5
    東京スポーツ杯2歳Sを当てるぞ|2014年

    【東京スポーツ杯2歳S(月曜=24日、東京芝1800メートル)注目馬18日朝の表情:栗東】アイビーSで2着のスワーヴジョージはウッドでキャンター調整。陣営は武蔵野Sのワイドバッハに続く2週連続重賞Vへ自信をのぞかせた。

     庄野調教師「距離はまだ延びても大丈夫だが、現状では東京の1800メートルという舞台が合ってるな。前走も惜しい内容だったし、モマれる競馬をしたのはいい経験になったと思う。まだ腰の緩い馬だが、それも少しずつ良くなっている」

     
    2013年東京スポーツ杯2歳Sの動画
     
    1着 イスラボニータ 蛯名正義
    2着 プレイアンドリアル 柴田大知
    3着 クラリティシチー 田中勝春
     
     
    今年注目のハービンジャー産駒
    12-12-11-12-12-57/116(10%-30%)
     
     
     
    ツイッターの声
     
    【東京スポーツ杯2歳Sを当てるぞ|2014年】の続きを読む

    5
    2014年福島記念予想|競馬まとめ|2014年も福島記念を当てる

     5週間にわたって開催されてきた秋の福島競馬。その掉尾を飾るのは、伝統のハンデGIII福島記念(芝2000メートル)だ。

     今年の注目は何と言っても、ダイワファルコン(美浦・上原博之厩舎、牡7歳)の3連覇なるか、という点に尽きる。JRAの同一平地重賞3連覇は、セカイオー(1956~58年鳴尾記念)、タップダンスシチー(2003~05年金鯱賞)、エリモハリアー(05~07年函館記念)、マツリダゴッホ(07~09年産経賞オールカマー)と過去に4頭が達成しており、ファルコンが勝てば史上5頭目の快挙だ。

     前走の毎日王冠は10着だったが、勝ち馬とは0秒5差とそれほど負けていない。休み明けを使われて調子も上向き。上原博之調教師は「まだ馬が若々しいので状態面の上積みが見込める。3連覇できるように頑張りたい」と意気込む。10日に発表されたハンデは58キロ。コースレコード勝ちした昨年より0.5キロ重くなったが、得意のレースでは負けられないところだ。自身も3連覇がかかる川須栄彦騎手とのコンビで挑む。

     メイショウナルト(栗東・武田博厩舎、セン6歳)は今年、同舞台の七夕賞を快勝した。前走の新潟記念10着は実績のない左回りと直線の不利が敗因で、巻き返しの可能性は十分にある。「ハナを切れればしぶといし、福島の小回りも合う」と武田博調教師。あとはハンデ(57.5キロ)と、実績のない寒い時期の競馬がどう影響するかだろう。

     コース巧者といえばウインマーレライ(美浦・高木登厩舎、牡3歳)も忘れてはいけない。福島では昨夏に新馬戦を勝ち、今夏のラジオNIKKEI賞でも3番手から鮮やかに抜け出して、2戦2勝だ。「1週前(美浦Wコース5ハロン63秒6)の動きは良かったし、久々(毎日王冠11着)を使った上積みが見込める。実績あるコースで改めて」と高木登調教師は古馬撃破をもくろむ。ハンデ54キロも許容範囲だろう。

     ほかでは、7歳の今年が一番安定しているアロマカフェ(美浦・小島太厩舎、牡)=55キロ、マイル路線から矛先を向けてきたミトラ(美浦・萩原清厩舎、セン6歳)=56キロ、GII2勝、GIII1勝で実績ナンバーワンのナカヤマナイト(美浦・二ノ宮敬宇厩舎、牡6歳)=57キロ、福島のオープン特別で2戦1勝2着1回のムーンリットレイク(美浦・加藤征弘厩舎、牡6歳)=56キロ=も上位争いできる力がある。

     実力伯仲の好レースが見られそうだが、7年連続で7番人気以下が馬券に絡むなどハンデ戦らしい面もあり、人気薄の台頭にも注意しておきたい。

     
    福島記念-2013年動画
     
    【2014年福島記念予想|競馬まとめ|2014年も福島記念を当てる】の続きを読む

    このページのトップヘ