競馬予想@競馬総合情報

競馬予想@競馬総合情報!、競馬予想で的中ラッシュするためにいろいろな視点からを作成しています。競馬予想データ、競馬ニュース、競馬情報など

    banazz

    競馬重賞(G3)

    5

    福島牝馬S(福島牝馬ステークス)予想|調教・追い切り|2ch・ネットまとめ

     


    無料予想で40万円・・・!!

    的中ダイヤモンド
    管理人お勧めコンテンツが豊富!!
    まず無料会員へ


    teki



    パワースポットは体調上向き、福島牝馬S厩舎情報/美浦トレセンニュース

     4月25日(土)に福島競馬場で行われる福島牝馬S(GIII・芝1800m)に出走予定の美浦所属各馬について、関係者に取材した。

    ■オメガハートロック(牝4・美浦・堀宣行)について、橋本篤典調教助手。
    「前走の中山牝馬S(GIII・8着)は途中で止める気難しい面も見せず、集中して走れていました。若干のんびり構えた感じもあり、もう少し早めに仕掛けても良かったようにも思いますが、レース内容は良くなってきています。前走後は、短期放牧を挟んで順調にきています。まだ気の悪さも残っていて良化途上ではありますが、体も締まってきました。中山でも走っていますから、小回りの福島も大丈夫でしょう」

    ■パワースポット(牝7・美浦・菊沢隆徳)について、菊沢調教師。
    「最近は輸送をしても体が減らなくなりました。中間も飼い葉を食べていますし、元気一杯です。暖かくなってきて体調もさらに上向いてきました。福島コースなので、直線でうまくさばければ良いですね」

    ■フィロパトール(牝6・美浦・武藤善則)について、武藤調教師。
    「先々週、先週と少し重たかったのですが、追い切りはビシッとやっています。その分、体も絞れてきました。今回は重賞なので、今週(4/22)も動く馬の後ろに入れてビッシリ追い切りましたが、時計も良く動きも良かったです。データ的には叩き良化型と言われていますが、福島では休み明けで2着になったこともありますし、昨年の福島記念(GIII)ではいつもよりレースをしにくい位置で4着に来てくれました。得意な福島ですし、期待したいですね」

    ■アルマディヴァン(牝5・美浦・高橋文雅)について、高橋調教師。
    「レースを使うごとに良くなっています。これまでは左回りで良績を収めていますが、前走の幕張S(1600万下)は中山の1600mで勝てたことは大きかったと思います。これまでは脚質的なものもあって、1400m、1600mを使ってきたので、おのずと左回りの中京や東京で走ることが多かったのですが、右回りでも問題はありません。今回は小回りで距離も1800mに延長されますが、力をつけていますし、展開がハマれば楽しみはありますね」

    ■グレイスフラワー(牝6・美浦・宗像義忠)について、宗像調教師。
    「前走の中山牝馬S(6着)は休み明けでしたが、最後は良い脚を使っていました。叩かれて良くなっていますし、今週(4/22)の追い切りでも気合いが入ってきた感じがしました。体もだいぶ絞れてきましたね。小回りの1800mになりますが、柴田善臣騎手にうまく乗ってもらえればと思います」

    ■ペイシャフェリス(牝4・美浦・高市圭二)について、高市調教師。
    「いつも追い切りは動きますが、今週は時計も動きも良かったです。前に行く馬なので、枠順が鍵になると思います。できれば真ん中くらいの枠が理想です。小回りの福島なら距離も大丈夫だと思います。自分のペースで行ければ持ち味を発揮できるでしょう」

    ■ウエスタンメルシー(牝4・美浦・奥村武)について、奥村調教師。
    「1000万下、初音S(1600万下)と連勝する前の4戦は、夏場で馬が萎んでいたのもありましたし、雨が降ったり、札幌の外枠に当たったりと惨敗続きでした。馬が精神的に折れてしまってはいけないということで、刺激を与える意味もあり、2走前に勝った時は中1週でレースに出走させました。また初音Sで乗ってくれた後藤騎手が、レース後に折り合いも心配ない、脚をためてレースを進めるのも大丈夫、中山牝馬Sに行ったらおもしろいと言ってくれまたので、この条件も大丈夫だと思います。

    攻め馬の動きとレースが直結するわかりやすい馬です。先週、丸田騎手が乗ってビシッとやり、今週は予定通りに良い併せ馬ができました。馬の後ろに入れても折り合いも良かったです。重賞ですから甘くはないですけど、状態が良いので期待したいです」

    (取材・文・写真:佐々木祥恵)

     
    【福島牝馬S(福島牝馬ステークス)予想|調教・追い切り|2ch・ネットまとめ】の続きを読む

    アンタレスS予想|調教・追い切り|予想まとめ
     
     京都記念ではスズカデヴィアスを無料予想で推奨!!

    sarab


    【アンタレスS】アジアエキスプレス2馬身差先着

     7カ月半ぶりの名古屋大賞典で2着と地力の高さを見せたアジアエクスプレスは、美浦Wコースでシベリアンスパーブ(1600万下)と併せて5ハロン66秒4、3ハロン37秒3-12秒9。残り1ハロンから力強い脚取りで僚馬を2馬身突き放した。

     「抜け出してフワッとする面はあるが、4コーナーから自分でハミを取って、しっかりと動けていた。(馬群で)もまれたりするとどうかだが、千八以上の距離ならある程度先行できる脚があるし、どれだけやれるか楽しみ」と手塚調教師。

     

    アンタレスSー追い切り・タイム

    アジアエキスプレス

    4/15【南W不】

    81.7-65.8-51.6-37.4-13.1

    アスカロマン

    4/15【栗東坂不】

    55.8-41.0ー26.4ー13.0

    ナムラビクター

    4/15【栗東坂不】

    55.7ー40.2ー26.8ー13.9

    マルカフレジオ

    4/15【栗東坂】

    53.6-39.0ー25.6-13.1

    ローマンレジェンド

    4/15【栗東CW不】

    83.7-67.3-52.4ー38.1-11.9

     

     アンタレスS-ツイッターの声

    【アンタレスS予想|調教・追い切り|予想まとめ】の続きを読む

    5
    ダービー卿CT予想|調教・追い切り|ネット評価まとめ
     

    無料予想で京都記念的中!!
    京都記念ではスズカデヴィアスを無料予想で推奨!!

    sarab




    雨降ったら怖い
     

     今週からBコースに替わるとはいえ、週末の降雨で馬場悪化は避けられない状況。マイネルメリエンダのパワー走に注目だ。

     重・不良の経験こそないが、稍重で(1)(1)(1)(7)着の“隠れ道悪巧者”。直線の長い東京で差し有利だった東京新聞杯にしても着差は0秒3だった。「高速決着より時計のかかる馬場のほうが戦いやすい。先行力を生かせるコースもピッタリですね」と和田郎調教師。事実、中山マイルでは(3)(2)(2)(1)着と馬券率100%だ。

     1日の坂路は馬場の荒れた最も遅い時間帯にラスト1F13秒1。「重い馬場でもしっかり走れていたし、反応も良かった。さらに成長した感じですね」。枠順も〔1〕枠(2)番なら文句なし。開業7年目の重賞初Vへ、絶好のお膳立てが整った。

    (夕刊フジ)

     

    追い切り動画・サンスポ予想王

     

    主な馬の調教タイム

    ① カオスモス

    4/1-栗東坂

    51.5-37.8-24.6-12.1

    ② マイネルメイレンダ

    4/1-南坂良

    54.9-39.7-25.9-13.1

    ③ シャイニンプリンス

    4/1-南W良

    67.9-52.8-39.0-12.8

    ④ インパルスヒーロー

    4/1-南W良

    68.8-53.5-38.5-12.5

    ⑨ クラリティシチー

    4/1-南W良

    66.2-50.4-37.4-13.3

    ⑩ モーリス

    4/2 南W稍

    55.1-40.2-12.7

    ⑯ クラレント

    4/3-栗東坂良

    63.8-46.7-30.1-14.9

     

    ツイッターの声

     

    【ダービー卿CT予想|調教・追い切り|ネット評価まとめ】の続きを読む

    5
    ダービー卿CT予想|不気味な一頭|クラリティシチーまとめ
     

    無料予想が激熱の注目サイト
    管理人お勧めの無料予想ありサイト


    クラリティシチー仕上がり上々

    ◆ダービー卿CT追い切り(1日)

     ダービー卿CT・G3(5日、中山・芝1600メートル)に出走するクラリティシチーが1日、美浦のWコースで追い切りを行った。単走だったが5ハロンから軽快な脚どりでスムーズに加速。鞍上が追えばはじけそうなぐらいの手応えを残し、ゴールを駆け抜けた。

     東風S(1着)から中2週ながら、活気ある動き。5ハロン66秒2―13秒3と上々の時計を刻んだ。「間隔が詰まっているので先週は疲労の回復に努めたが、予定通りに調整ができている」と上原調教師は満足そうだった。

     昨秋は3戦目のキャピタルS(10着)こそ状態が下降気味だったが、初戦のセントライト記念(11着)、2戦目の富士S(12着)はともに先行して最後はバテ負けした。その反省もあり、10番手でためた前走はメンバー最速の上がり3ハロン33秒7で差し切り勝ち。鋭い切れが戻った。

     昨年は皐月賞で8着に敗れたが、勝ったイスラボニータとは0秒5差。力ではひけを取らない。「前回のようにためる競馬がこの馬には合っている。前走と同じ舞台なら」と上原師。昨秋の不振から完全に脱した4歳馬は侮れない。(牧野 博光)

     

    クラリティシチー前走動画

    3月15日-東風ステークス

     
    1着 クラリティシチー 田辺裕信
    2着 シャイニープリンス 横山典弘
    3着 インパルスヒーロー 田中勝春
     
     
    ツイッターの声
     
    【ダービー卿CT予想|不気味な一頭|クラリティシチーまとめ】の続きを読む

    5

    マーチS予想|追い切り・調教|ネット情報まとめ

     


    的中ダイヤモンド
    管理人お勧めコンテンツが豊富!!
    まず無料会員へ


    teki

    ソロル連覇なるか? 

     今年のマーチSには昨年の覇者ソロルや、重賞初制覇を狙うマスクトヒーローなどがエントリー。登録時点での除外対象にも面白い馬が多く、難解な一戦となりそうだ。出走を予定している主な有力馬は以下の通り。

    ■3/29(日) マーチS(4歳上・GIII・中山ダ1800m)

     ソロル(牡5、栗東・中竹和也厩舎)は昨年の覇者。昨夏以降は期待ほどの成績を挙げられないでいたが、今年に入って東海Sで強い相手に5着、アルデバランSでトップハンデを背負いながら3着と、復調気配を見せている。中山ダ1800mは昨年の本レースを含め4戦3勝と相性の良い舞台で、ここは連覇の期待がかかる。

     マスクトヒーロー(牡7、美浦・新開幸一厩舎)は骨折明け2戦目となった前走の師走Sを快勝し、オープン戦初勝利を飾った。脚元が弱く順調には使えなかったが、素質は間違いなく重賞級のものがある馬で、この条件も過去4勝と相性抜群。ここは重賞初制覇のチャンスだろう。

     その他、フェブラリーSで4着に入ったグレープブランデー(牡7、栗東・安田隆行厩舎)、前走の佐賀記念で重賞初制覇を果たしたマイネルクロップ(牡5、栗東・飯田雄三厩舎)、地方在籍時以来のダート戦となるサンレイレーザー(牡6、栗東・高橋義忠厩舎)なども上位を狙う。また、登録時点では除外対象のベルゲンクライ(牡5、美浦・高橋文雅厩舎)、キクノソル(牡5、栗東・北出成人厩舎)、ドコフクカゼ(牡5、栗東・友道康夫厩舎)辺りも出られれば面白い。発走は15時40分。

     
    マーチS-追い切り
     
    【マーチS予想|追い切り・調教|ネット情報まとめ】の続きを読む

    このページのトップヘ