競馬予想@競馬総合情報

競馬予想@競馬総合情報!、競馬予想で的中ラッシュするためにいろいろな視点からを作成しています。競馬予想データ、競馬ニュース、競馬情報など

    banazz

    競馬重賞(G3)

    5
    小倉記念|メイショウナルトいろいろなまとめ
    Yahooニュース 

     小倉では10日に、サマー2000シリーズの第3戦・小倉記念(GIII、芝2000メートル)が行われる。

     昨年の覇者メイショウナルト(栗東・武田博厩舎、セン6歳)が前走の七夕賞で復活した。ハナを奪うとマイペースで押し切り、2桁着順が4戦も続いていた低迷がウソのような変わり身を披露。全6勝のうち、6~8月に5勝を挙げており、暑くなると体調が上がってくる“夏に強いセン馬”の典型だ。3勝している小倉に舞台が替わるのは大きなプラス。実績を考えると57.5キロのトップハンデは致し方ないところだろう。田辺裕信騎手が気分を損なわずにリードして連覇を決めれば、サマー2000シリーズVも大きく近づいてくる。

     ラストインパクト(栗東・松田博資厩舎、牡4歳)も小倉が得意で2戦2勝。2月の小倉大賞典では向こう正面で先頭に立つ強気なレースで押し切り、2着カフナに2馬身半差をつけて重賞初制覇を飾った。今回は天皇賞・春9着以来、3カ月ぶりの実戦になるが、栗東のCWコースで長めから入念に乗り込まれており、出走態勢は整っている。無敗の小倉で2度目の重賞Vもありそうだ。

     サトノノブレス(栗東・池江泰寿厩舎、牡4歳)も天皇賞・春(8着)以来のレースとなる。菊花賞2着、日経新春杯勝ちなど長距離戦に強い印象があるが、初勝利(新馬)、2勝目(つばき賞)は1800メートルで挙げたもの。距離短縮は対応可能で、むしろ鍵になるのは平坦小回りの小倉コースをどう克服するかだろう。ハンデ57キロは背負い慣れた斤量で問題ない。

     中日新聞杯で初の重賞タイトルをつかんだマーティンボロ(栗東・友道康夫厩舎、牡5歳)は、左後肢の球節に腫れが見られたためエプソムCを回避した。今回は5カ月ぶりの実戦だが、間隔があいても力を出せるタイプ。5戦3勝とコース適性が高い小倉で、ハンデ56キロならチャンスはありそうだ。

     ニューダイナスティ(栗東・石坂正厩舎、牡5歳)は前走の七夕賞で2着に食い込み、復調をアピールした。小倉は初めての参戦となるが、開幕2週目のスピード馬場で持ち味を生かせそう。休み明けを叩いた効果も大きい。ハンデは前走から据え置きの55キロと恵まれた印象。11年イタリアンレッド、12年エクスペディションでこのレースを連覇している石坂厩舎&浜中俊騎手というコンビだけに、目が離せない。

     ダコール(栗東・中竹和也厩舎、牡6歳)は勝ち切れないながらも堅実なレースを続けている。前走の七夕賞(4着)は良発表ながら緩い馬場で持ち味を出し切れなかったが、パンパンの馬場なら瞬発力を発揮できるはずだ。小倉の芝は【2・2・0・1】と特に成績が良い。初コンビ・松山弘平騎手の手綱さばきにも注目だ。

     伏兵では、小倉4勝の実績があり、夏場に強いミキノバンジョー(栗東・大橋勇樹厩舎、牡7歳)が不気味な存在。前走であっと驚く差し切り勝ちを演じたタガノグーフォ(栗東・松田国英厩舎、セン5歳)も地力強化が著しく、注意が必要な一頭だ。

    小倉記念|メイショウナルト
    七夕賞動画【2014年】
    【小倉記念|メイショウナルトいろいろなまとめ】の続きを読む

    セイコーライコウ|アイビスサマーダッシュ予想
    ヤフーニュース 

     サマースプリントシリーズ第3戦「第14回アイビスサマーダッシュ」と「第62回クイーンS」の追い切りが30日、美浦、栗東両トレセンと札幌、函館競馬場で行われた。美浦ではアイビスSDに出走する7歳馬セイコーライコウが、軽めながら坂路で力強い動きを披露。来年2月に定年を迎える鈴木康弘師(70)に、15年ぶりとなる重賞タイトルをプレゼントできるか!?

     日本で唯一の“直千”重賞。極限のスピードが求められるコース特性が故、調教では多くの馬が好時計を叩き出す。だがセイコーライコウは大舞台を前にしても、坂路単走でマイペースを貫いた。4F57秒1、ラスト3Fは13秒5―13秒4―13秒1と軽めのラップを刻んだ。馬なりだったが、力強いフットワークが際立つ動きだった。

     時計は目立たないが「いいんじゃないかな。暑いので息を整えるくらい。年を重ねて、調教で自分から加減するようになってきている。この馬のペースで走れているし時計は気にしていません」と、鈴木康師の顔には一点の曇りもない。

     ライコウは7歳の今、ようやくピークを迎えている。順調にステップを踏んでいた2歳冬。左飛節が腫れて7カ月間の休養を余儀なくされた。一般的に競走馬が充実期に差し掛かる4歳時にも、アクシデントが襲った。重賞オーシャンSで4着に入り「いよいよ本格化か!?」と思われた時、夏前に右前脚に軽度の屈腱炎を発症し約1年間休養。一昨年夏に一時帰厩したが、今度は夏負け。結局、昨年6月に復帰するまで丸2年もの歳月を費やした。

     鈴木康師は「オーナーが馬を大切にしてくれる方。何の躊躇(ちゅうちょ)もなく長期間休ませてくれた。消耗していないから、今の充実があるんでしょう」と語る。現在、オーナーは竹國美枝子氏に引き継がれているが、先代の竹國弘氏はライコウが本格化する前に亡くなった。「先代オーナーの墓前にいい報告をしたい。ちょうどお盆前だから」としみじみ話した。

     課題の夏負けは今年はクリア。「暑さが入り込む余地がないくらいピリピリしている。初の直千だった韋駄天S(1着)が想像を超えるレース。同じ舞台でまた頑張ってほしい」。来年2月に定年を迎える鈴木康師。15年ぶりの重賞制覇のチャンスは残りわずか。大切に育てられたライコウが師に、オーナーに恩返しのタイトルをプレゼントする。

    セイコーライコウ動画
     
    ツイッター
    【セイコーライコウ|アイビスサマーダッシュ予想】の続きを読む

    クイーンSのアロマティコで一発

     「クイーンS・G3」(3日、札幌)

     待望のタイトル奪取へ向けて、アロマティコが7月31日、函館Wで躍動した。直線では同馬の癖である舌こそ出していたが、鞍上・三浦のゴーサインに応え、重心を沈めて一気に末脚を伸ばした。

     北の大地で“夏女”が躍動した。巴賞Vで勢いづいたアロマティコが、函館Wでダイナミックな動きを披露した。

     掛かることなく、4角までスムーズに運ぶと、スタンドで見守る佐々木師から「よしよし、これはしまい伸びるな」と声が漏れる。その言葉通り、重心を沈めて一気に末脚全開だ。癖である舌は出していたが、5F67秒9‐38秒4‐12秒6の好時計でまとめた。

     騎乗した三浦も納得の表情だ。「折り合い重視で乗りましたが、単走でこれだけ動ければ十分でしょう。前回(巴賞)の追い切りより、コンタクトが取れたし、なじんでいる感じがあります」と手応えを口にした。

     自身もこの夏は、函館開催のリーディングを奪取するなど、存在感を示している。「関係者のおかげですが、素晴らしい先輩方がいる中で(リーディングを)取れたというのは自信になりました。これからも(三浦を)乗せて良かったと思われるレースをしたい」と意欲的に語る。

     今回の札幌参戦で、JRA全10場走破となるアロマティコは、これまで7、8月では3戦3勝の実績を残している。今回は休み明けをひと叩きされた上積みもあるだけに、「秋はG1へ行く馬だし、ステップレースで結果を出していい形で行きたい」と、早くも三浦は大舞台を見据える。

     「秋華賞やエリザベス女王杯で3着がある馬だし、どこかで(重賞を)勝たせたいと思っていた。今回決めたいね」と佐々木師。不思議と重賞には縁がない(10戦未勝利)が、地力は確かだ。秋に弾みをつけるためにも、まずは“北都の女王”の座を手にしたい。

    アロマティコの動画
     
     
    ツイッターの声
     
    【クイーンSのアロマティコで一発】の続きを読む

    クイーンステークス|アロマティコ期待

    ◆クイーンS追い切り(31日)

     巴賞を快勝したアロマティコが7月31日、クイーンS・G3(3日、札幌・芝1800メートル)へ向けて、函館競馬場のウッドチップコースで追い切られた。課題の折り合いが最後までスムーズで上々の内容。状態に不安はない。鞍上は函館で初の開催リーディングを取って乗っている三浦。重賞初タイトル奪取へ態勢は万全だ。

     アロマティコは札幌から駆けつけた三浦を背に、角馬場からWコースへ。先週23日の1週前追い切りでは、かかり気味に5ハロン65秒8の好時計をマークしているため、この日は「折り合い」がテーマ。単走でスムーズにスピードに乗っていった。

     最後まで落ち着きたっぷりに、時計は5ハロン67秒9―12秒6。「ムキにならず、リズム良く走っていた。しまい12秒6? 理想的じゃん」。スタンドから見守った佐々木調教師は合格点。上がってきた三浦も「折り合い重視でこの時計なら十分。いいコンタクトがとれた。気が入りすぎてなくて、いいですね」と笑顔で感触を口にした。

     前走の巴賞は初めての函館で牡馬を相手に後方一気。内から伸ばす、三浦のリードが光る快勝だった。「うまいこと立ち回れた」と振り返る三浦は、今年の函館で自身初の開催リーディングを獲得。「ずっと参戦してきたので自信になった。この夏は特に関係者の方に支えてもらっていると実感するし、これからも乗せて良かったと思われるレースをしたい」と決意を新たに。

     クイーンSについては「脚質的に難しい競馬を強いられるとは思うが、牝馬同士。相手関係を見極められれば。秋へのステップとしていい形で終わらせたい」と、勝利へ導く秘策を練っているようだ。

     重賞のタイトルこそないが、G1・3着2回はじめ、コンスタントに活躍してきたアロマティコ。今回、札幌での出走がかなえばJRA競馬場全10場出走となる。来春での引退が決まっているだけに、佐々木師は「具合はいい。あとは展開。チャンスは少ししかない。この馬で重賞を勝ちたい」。5歳牝馬が23戦目の大勝負に挑む。(猪瀬 謙一郎)

    クイーンステークス|アロマティコ動画
    ツイッター
    【クイーンステークス|アロマティコ期待】の続きを読む

    アイビスサマーダッシュ|セイコーライコウについて 

     直線1000mの電撃戦、アイビスサマーダッシュ。昨年のハクサンムーンのような抜けた存在はいないものの、昨年2着のフォーエバーマークなど、この条件ではおなじみの顔ぶれが揃った。出走を予定している主な有力馬は次の通り。

     ■8/3(日) アイビスサマーダッシュ(3歳上・GIII・新潟芝1000m)

     フォーエバーマーク(牝6、美浦・矢野英一厩舎)は昨年の同レースの2着馬で、続くキーンランドカップで重賞初制覇を果たした。6歳を迎えた今年は今回と同条件の韋駄天Sから始動し2着に入線。前走の函館スプリントSでは逃げ粘れなかったが、ここは当然巻き返しが期待される場面だろう。

     セイコーライコウ(牡7、美浦・鈴木康弘厩舎)は今年に入って1600万特別、韋駄天Sを連勝。続く函館スプリントSでも4着に入り、相変わらずの堅実さを発揮している。重賞初制覇のチャンスは十分と言えそうだ。

     その他、昨年3着のリトルゲルダ(牝5、栗東・鮫島一歩厩舎)、近走不振も侮れない一昨年の覇者パドトロワ(牡7、栗東・鮫島一歩厩舎)、韋駄天S3着のアースソニック(牡5、栗東・中竹和也厩舎)、この条件の経験豊富なアンゲネーム(セ6、美浦・和田正道厩舎)なども出走予定。発走は15時45分。

    2013年アイビスサマーダッシュ動画
     
    セイコーライコウ勝利動画
     
    【アイビスサマーダッシュ|セイコーライコウについて】の続きを読む

    このページのトップヘ