競馬予想@競馬総合情報

競馬予想@競馬総合情報!、競馬予想で的中ラッシュするためにいろいろな視点からを作成しています。競馬予想データ、競馬ニュース、競馬情報など

    banazz

    競馬重賞(G2)

    5
    京王杯2歳S予想|予想で必要なデータまとめ
     

     11月8日(土)に東京競馬場で行われる京王杯2歳S(GII・芝1400m)に出走予定の美浦所属各馬について、関係者に取材した。

    ニシノラッシュ(牡2・美浦・田村康仁厩舎)について、田村調教師。
    「前走のくるみ賞(2歳500万下・芝1400m・1着)は楽勝できるかなと思いましたが、わりとテンが速い競馬で、2着馬も後ろから来た馬ですし、それを考えるとよくしのいでくれたと思います。ゴール板過ぎても、ウチのは交わされていませんでしたしね。そういう意味でも、良い競馬をしてくれたと思います。今の時点では体もしっかりしていて、完成されています。1600mまでは距離を持たせたいと思って、普段からテンの入りをゆっくりして、ダーッと行かないように調教をしています。前走もそれが生きたのかもしれないですね。頭が良く学習能力も高いですし、マイルまで持つように調整していすけど、距離の1400mはベストだと思います」

    オープンザウェイ(牡2・美浦・田村康仁厩舎)について、田村調教師。
    「トモがしっかりしていなくて不正駈歩(ふせいかけあし=前肢と後肢の手前が異なる駈歩)になることもあったのですが、2戦目で勝ち上がってくれました。未勝利を勝った後に休ませてから臨んだいちょうS(重賞・芝1600m・4着)は、コーナーでまだ不正駈歩になるところもありましたが、結構良いレースをしてくれました。トモがしっかりしていないため、テンから前に出していくと走りがバラバラになるので、最初はゆっくりと入り、リズムよく走らせて終いを生かすレースになれば良いですね。今日(11/5)の追い切りは併走馬に遅れましたが、先週できちんとできていますし、併せた相手が調教駈けする馬なので、心配していません」

    サフィロス(牡2・美浦・手塚貴久厩舎)について、手塚調教師。
    「前走のカンナS(2歳OP・芝1200m・1着)はきつい競馬でしたが、レース間隔も詰まっていなくて、うまくリフレッシュできたのが良かったと思います。今日(11/5)は、後ろから行って、最後に並ぶというような指示でした。重いようなら動かすようにとジョッキーには言っていましたが、動かしていたところを見ると、ジョッキーは少し重いように感じたのではないかと思います。もっと動いても良いかなとも思いましたが、まずまずでしょう。1ハロン延びて1400mになりますので、余裕のある体のつくりだとダメでしょうしね。今回は当日輸送や直線の坂など課題もいろいろありますが、これまで結果を出していますし、頑張ってくれると思います」

    アポロノシンザン(牡2・美浦・堀井雅広厩舎)について、米良俊治調教助手。
    「前走のくるみ賞(3着)は、もうちょっとだったのですが、力んでしまいましたからね。もう少し我慢できていたら、勝ち負けになっていたかもしれません。今日(11/5)はウッドチップコースで69秒くらいでしたが、今回は中1週ですし、この程度で良いでしょう。出来もキープしています。1400mもちょうど良い距離だと思いますし、前走で東京も経験していますから心配していません。堅実な馬ですし、ある程度やれるのではないかと思っています」

    ロンバルディア(牡2・美浦・畠山吉宏厩舎)について、結城伸吾調教助手。
    「前走のくるみ賞(4着)は出負けしましたが、それでも直線では押し上げてきてくれました。攻め馬は動きますし、中1週になるので今日(11/5)の追い切りは、やり過ぎないようにだけ気をつけました。1度使ってピリッとしてきましたが、カリカリするようなことはありません。それに新馬の頃は乗っていて難しいところがありましたが、今は随分乗りやすくなりました。強い相手と1度やってみたいと思っていましたし、ここで良い競馬ができると先々も楽しみになると思います。雨が降っても大丈夫で、天候に左右されないのも強みですね」

    コウソクコーナー(牡2・美浦・畠山吉宏厩舎)について、追い切りに騎乗した柴田大知騎手。
    (レースでは内田博幸騎手)
    「前走のカンナS(4着)の前はモタれていたのですが、今日(11/5)はまっすぐ走っていました。動きも良かったですし、時計も出ていましたね。放牧から帰ってきてリフレッシュされたのかもしれないですし、帰厩して日にちは経っていませんが、これだけ動ければ良いと思います。前に出していくとムキになる面があるようですし、前走のように後ろでじっとしていると、伸びてはきますが届かないという感じで、そのあたりのコントロールがもう少しできるようになるともっと良いと思いますが、ここでも通用する力はあると思います。福島で新馬を勝っていますが、大きな馬で大きな走りをするので、広い東京のコースは合っていると思います」(取材・写真:佐々木祥恵)

     

    京王杯2歳S-動画

     サンスポ-予想王

     
     
    昨年の動画
     
    田辺騎手がさすがの勝利です。
     
     
    2014年-京王杯2歳S参考データ
    種牡馬データ
     
    種牡馬着別度数勝率連対率複勝率単勝複勝
    キンシャサノキセキ0- 1- 1- 3/ 50.00%20.00%40.00%0138
    マンハッタンカフェ6- 9- 6- 45/ 669.10%22.70%31.80%6385
    ヨハネスブルグ2- 1- 1- 16/ 2010.00%15.00%20.00%3940
    スニッツェル0- 1- 1- 9/ 110.00%9.10%18.20%0231
    サクラバクシンオー4- 4- 10- 86/1043.80%7.70%17.30%2171
    スタチューオブリバティ0- 0- 1- 9/ 100.00%0.00%10.00%020
    オンファイア0- 1- 0- 16/ 170.00%5.90%5.90%037
    トワイニング0- 0- 0- 9/ 90.00%0.00%0.00%00
     
     
    騎手データ
    騎手着別度数勝率連対率複勝率単勝複勝
    蛯名正義19- 15- 11-103/14812.80%23.00%30.40%5980
    内田博幸12- 10- 7- 76/10511.40%21.00%27.60%10771
    北村宏司10- 16- 14-114/1546.50%16.90%26.00%5761
    戸崎圭太8- 9- 5- 64/ 869.30%19.80%25.60%4851
    田中勝春16- 4- 15-102/13711.70%14.60%25.50%196113
    田辺裕信8- 8- 12- 93/1216.60%13.20%23.10%6075
    三浦皇成5- 15- 10-112/1423.50%14.10%21.10%60101
    柴田大知7- 9- 5- 88/1096.40%14.70%19.30%11069
    柴田善臣8- 6- 8- 93/1157.00%12.20%19.10%4053
    ムーア0- 2- 0- 10/ 120.00%16.70%16.70%0101
    松田大作0- 0- 1- 5/ 60.00%0.00%16.70%063
    勝浦正樹1- 3- 0- 24/ 283.60%14.30%14.30%4767
     
    調教師データ
    調教師着別度数勝率連対率複勝率単勝複勝
    (美)手塚貴久1- 6- 5-20/323.10%21.90%37.50%8105
    (美)畠山吉宏1- 4- 2-12/195.30%26.30%36.80%1785
    (美)田村康仁4- 4- 3-28/3910.30%20.50%28.20%4373
    (美)中野栄治1- 0- 2- 9/128.30%8.30%25.00%4555
    (美)矢野英一6- 1- 3-37/4712.80%14.90%21.30%5337
    (栗)清水久詞3- 0- 3-26/329.40%9.40%18.80%6658
    (美)堀井雅広1- 2- 2-28/333.00%9.10%15.20%24690
    (美)佐藤吉勝0- 0- 0-14/140.00%0.00%0.00%00
    (栗)崎山博樹0- 0- 0- 3/ 30.00%0.00%0.00%00
    (栗)北出成人0- 0- 0- 2/ 20.00%0.00%0.00%00

     

    こうやって見ると…!!

    サフィロス

    父-キンシャサノキセキ

    調教師-手塚

    5
    best
    アルゼンチン共和国杯『ホッコータルマエ』予想『2014年』|2ch・ツイッター

     今週はGI開催の谷間で、東京ではアルゼンチン共和国杯(9日、GII、芝2500メートル)が行われる。注目はホッコーブレーヴ。天皇賞・春では勝ったフェノーメノとタイム差なしの3着に健闘するなど、地力強化は明らかだ。過去2勝2着3回と東京コースは得意にしており、57キロのハンデも想定内。重賞初制覇を飾り、ジャパンカップ(30日、東京、GI、芝2400メートル)に向かう。

     4カ月半ぶりの実戦でも全力投球。ジャパンCを目指しているホッコーブレーヴが満を持して始動する。

     この春は日経賞で2着に突っ込み、天皇賞・春は1着フェノーメノにクビ+ハナ差の3着。一流ステイヤーに成長を遂げた。前走の宝塚記念は8着に敗れたが、思い切った勝負に出た結果、直線の進路が狭くなってしまった。内容そのものは悪くなかった。

     「夏場は放牧に出て秋初戦がこのレースというのは予定通り。9月17日に美浦トレセンに戻してから、しっかりと乗り込んできた」と松永康調教師は順調な仕上がりを口にする。

     昨年のこのレースが重賞初挑戦で5着。その後もあえて一線級の強いメンバーにぶつけて、潜在能力の覚醒を促してきた。スパルタ教育の成果は今年になって表れ、GIで上位を争える実力を身につけた。

     手綱をとる田辺騎手の存在も頼もしい。3日に盛岡競馬場で行われた交流GIのJBCクラシックをコパノリッキーで制すなど絶好調で、勢いにも乗っている。

     「田辺騎手には1週前追い切りで、感触をつかんでもらった。仕掛けどころの難しい馬だけど、そのあたりのクセはわかっているからね。久々でも心配ないタイプだし、体重も480キロ台で出走できると思う。直線の長い東京は得意だし、ジャパンCへ向かうためにも、ここはしっかりと結果を出して賞金を加算したい」と指揮官はタイトル奪取へ力を込める。

     前2走はGIで58キロを背負ってきたので、今回の57キロのハンデはむしろ歓迎。相手関係も有利になった。この1年で進化したホッコーブレーヴが東京の長い直線で躍動する。 (片岡良典)

     
    アルゼンチン共和国杯-2013年動画
     
    【アルゼンチン共和国杯『ホッコータルマエ』予想『2014年』|2ch・ツイッター】の続きを読む

    5

    トーセンラー、ユタカ様は得意の為殺し?京都大賞典回顧

     1番人気トーセンラーは3着に終わった。「4番手グループが動かない。その後ろにいるこっちは動けないし…伸びてはいるんだけどね」と武豊は展開に敗因を求めた。藤原英師も「4コーナーで前が動けば短くなって届いていた。その分の差」とサバサバとした表情。次走は得意のマイル戦(マイルCS)で巻き返す。

     

    2014年京都大賞典動画

     



    【PR】
    管理人お勧め-無料コンテンツがお勧めマックス!!

    お勧めです、ベストレコード



    【京都大賞典予想】
    1着 ラストインパクト

    2着 タマモベストプレイ

    3着 トーセンラー

     


     

     トーセンラー、ツイッターの声

    【トーセンラー、ユタカ様は得意の為殺し?京都大賞典回顧】の続きを読む

    5

    毎日王冠予想|有力馬のいろいろなまとめ

    ヤフーニュースより

     過去10年の結果から傾向を探る。

     ☆臨戦過程 連対馬20頭中15頭が春の重賞(海外含む)からの直行組。前走で東京重賞に出走していた馬が11連対と強い。夏の上がり馬より春の実績馬。

     ☆3歳注目 以前は古馬相手に苦戦したが、一昨年までワンツー2回を含む3年連続連対と侮れない。

     ☆脚質 連対馬20頭の4角位置は5番手以内13頭、6番手以下が7頭。開幕週だけあって、先行馬がやや優勢。

     結論 ◎ディサイファ ○ワールドエース ▲ウインマーレライ

     

     

    『広告』ベストレコード



    競馬ファン向け無料予想サイト!!無料コンテンツが豊富です(by無料会員より)
    取りあえずチェックする価値あり!!

     

     

    有力馬のまとめ

    ディサイファ

    調教があまり良くないらしい

    エアソミュール

    ワールドエースに先着した過去

    ウインマーレライ

    不気味な3歳馬、内枠

    ダイワマッチョーレ

    過去3戦ノーカウント

    スピルバーグ

    藤沢・ディープインパクト

    グランデッツア

    東京不振

    ロサギガンティア

    3歳馬もNHKマイル組は不振

    ワールドエース

    外枠が…

     

    毎日王冠、ツイッターの声

    【毎日王冠予想|有力馬のいろいろなまとめ】の続きを読む

    毎日王冠【2014年】のネット評価
     

     東京開幕週の日曜メーン、毎日王冠の追い切りが8日、東西トレセンで行われた。栗東では、芝1800メートルの日本レコードを持つグランデッツァが、重賞3勝目へ向けて坂路で軽やかなフットワークを披露。美浦では、ラジオNIKKEI賞勝ちの3歳馬ウインマーレライが折り合い重視の内容で態勢を整えた。

     もう速い時計を出す必要はない。グランデッツァはゆったりと坂路を駆け上がった。

     「やるつもりはなかった。やれば動く馬だけど、先週までに速い追い切りはしているから。変わりない感じです」

     騎乗した秋山騎手は好気配を伝えた。4ハロン54秒6は地味な時計だが、予定通りだ。

     坂路で単走。セーブ気味に入って1ハロン15秒2-14秒0のラップを刻むと、後半は軽やかなフットワークで12秒9-12秒5でフィニッシュした。1週前の1日には4ハロン50秒9-12秒2の好時計で登坂しており、仕上がりは文句なしだ。

     今春のオープン特別・都大路S(京都、芝1800メートル)を1分43秒9の日本レコードで圧勝。2012年3月のフジテレビ賞スプリングS以来の勝利で、復活をアピールした。続く安田記念は11着、前走の函館記念は10着と敗れたが、陣営は悲観してはいない。

     平田調教師は「2走前(の敗因)は道悪で、前走は1週前に栗東で追い切ってから函館へ長距離輸送するなど調整が難しかった。以前より筋肉が付いているし、今は体調もいい。あとは良馬場でやりたいね」と巻き返しを誓う。

     週末は台風の影響が気がかりだが、スピードを生かせる開幕週の馬場は大歓迎。芝1800メートルも全4勝を挙げている得意の距離だ。

     鞍上は「スピードが売りの馬なので、いい馬場でやりたいですね。3走前(都大路S)くらい走れれば、ここでも十分にやれると思います」と力を込める。

     実りの秋へ向けて、グランデッツァが府中で反攻ののろしを上げる。 (鈴木康之)

     

    毎日王冠

     

    【毎日王冠【2014年】のネット評価】の続きを読む

    このページのトップヘ