競馬予想@競馬総合情報

競馬予想@競馬総合情報!、競馬予想で的中ラッシュするためにいろいろな視点からを作成しています。競馬予想データ、競馬ニュース、競馬情報など

    banazz

    朝日杯FS(朝日杯フューチュリティステークス)

    【能力値ランキング】2021年12月19日朝日杯FS

    nouryokuchi



    競馬情報会社。新規サイト。
    新規の内に無料会員だけの権利は取っておいたほうが良さそうな感じ

    SEED(シード)
    2021-05-07_23h44_47



    【能力値ランキング】2021年12月19日朝日杯FS
    1位 セリフォス
    2位 ジオグリフ
    3位 オタルエバー
    4位 カジュフェイス
    5位 プルパレイ


    なかなか難しそうですね。


    バカみたいに無料予想を調査しているからわかる

    今週がおすすめの無料競馬情報サイト2社を紹介します。
    (今週の無料予想の公開が期待される2サイト)

    ※ 金の鞍
    2021-12-14_21h52_10

    ※ ATARU
    2021-12-14_21h56_11


    朝日杯FS|2021年|注目馬の馬体診断


    ヤフーニュースの馬体診断と気になった馬を扱っています。




    batais




    注目馬の馬体診断ニュース


    「広告」馬体はここで学べ
    勝鞍
    2021-09-28_01h54_41



    朝日杯FSフィリーズの馬体診断
    (気になった馬をヤフーニュースから引用しています)


    ヤフー(引用元)
    https://news.yahoo.co.jp/articles/40a3485ec79a69ac17da9d181d3ae907f26c38e3

     セリフォス 評価A
     
     2歳時から活躍するダイワメジャー産駒らしい胴長+脚長の姿形。2走前に比べると頭が上ずった分、パッと見の印象は違うが、骨格は変わらず前後上下のバランスは整っている。  前走後も負荷をかけた効果か、あばらをくっきりと見せて体脂肪の少ない質感。それでいてトモの丸みやボリュームは高値で安定しており、ここ一連の好状態を維持している。  

     特殊なエッグバミを使用し、ハミ受けに課題は残るが、1週前追い切りに騎乗したC・デムーロとのコンタクトは上々。いい形で本番を迎えられそうだ。
    (馬サブロー栗東・吉田順一)  
    〈1週前追い切り診断〉

     C・デムーロを背に栗東CWで6F80秒4-36秒2-11秒5(G一)。直線で追われると併走馬を一気に突き放し、レッドランサー(6歳2勝クラス)に4馬身、ララシャルロット(3歳1勝クラス)には3馬身先着した。素早い反応が目を引き、気配はさらに上向いている。


    ヤフー(引用元)
    https://news.yahoo.co.jp/articles/d318b57dc3b5875ab5d808e82e6848b1579523ac
     ジオグリフ 評価B

     父のドレフォンは今年から産駒がデビュー。まだサンプルは少ないが、馬体はパワー指向のタイプが多い印象がある。当馬も太めの首差しで前肢部ががっちりとたくましいつくり。重厚感がある一方で、つなぎの長さやトモにかけてのボリュームのバランスも取れている。固まり過ぎずに抜けるところがある分、全体的に窮屈さがないのがいい。  

     美浦トレセンに帰厩当初はテンションが高めだったが、撮影時の表情はそれほどキツくない。皮膚の質感からも順調な仕上がりと判断していいだろう。新馬戦で瞬発力勝負を制し、札幌2歳Sは展開が味方したとはいえ、楽々と突き抜けての圧勝劇。ここもポテンシャルの高さに注目だ。(馬サブロー美浦・石堂道生)  
    〈1週前追い切り診断〉

     ルメールを背に美浦Wで6F84秒6-67秒6-38秒1-11秒8(馬なり)。2頭の間に入れると、両サイドを圧倒。早々と手が動いた内の馬を置き去りにすると、抵抗する外の馬には余力たっぷりの手応えで併入してみせた。パンパンに張った馬体からも、仕上がりに隙はない。

    ヤフー(引用元)
    https://news.yahoo.co.jp/articles/072f516ec14795c0fcf50a0eccbcd40d6f889d7a
     ドウデュース 評価B

     500キロ前後のハーツクライ産駒らしく、頭が高めでトモが少し流れた立ち姿。クッションのある寝気味のつなぎとたくましい前腕が、かき込みの利いた走法を生み出している。
     現状は速い脚は使えないが、このあたりは月日の経過と鍛錬によって克服が可能。関東遠征後だが、中身の濃い調整過程で筋肉の質感は悪くない。

     距離を詰める点は、緩急のつきやすい中山芝二千よりは、よどみない流れで体力勝負になりやすい阪神芝千六を選択したと判断したい。仕上げに抜かりはないが、現状の完成度を踏まえればB評価だろう。(馬サブロー栗東・吉田順一)

     〈1週前追い切り診断〉武豊を背に栗東CWで6F78秒4-36秒5-11秒4(仕掛け)。最後までスピードを持続して好時計をマークした。折り合いもピタリとつき、直線で鞍上が少し気合をつけるともう1段階ギアを上げた。単走の分、少しフワッとするようなしぐさを見せたが、前2走と比べると随分マシになっている。使うごとに着実に成長を遂げている印象だ。


    管理人的にはジオグリフ





    バカみたいに無料予想を調査しているからわかる

    今週がおすすめの無料競馬情報サイト2社を紹介します。
    (今週の無料予想の公開が期待される2サイト)

    ※ 金の鞍
    2021-12-14_21h52_10

    ※ ATARU
    2021-12-14_21h56_11


    【能力値ランキング】12月20日阪神競馬場11レース(朝日杯FS)

    nouryokuchi



    最近の管理人馬券
    2020-12-11_22h52_45
    2020-12-11_22h53_08
    2020-12-11_22h53_23



    朝日杯FS

    1位 レッドベルオーブ
    2位 ショックアクション
    3位 モントライゼ
    4位 ホウオウアマゾン
    5位 ロードマックス





    「広告」最近できたNEW、競馬情報会社サイト無料だけでも権利を取っといてください
    誰でも無料・フリーメールで閲覧可能-TENKEI
    2020-10-31_17h23_40


    「種牡馬・血統」朝日杯FSの血統評価

    chi




    無料予想4戦3勝、管理人も無料予想で儲かりましたw
    テイケンの無料予想をゲットしましょう
    2020-11-16_09h22_24





    最近の管理人馬券

    福島記念
    2020-11-17_14h00_40


    11月15日東京8レース
    2020-11-17_14h04_11

    11月15日福島3レース
    2020-11-17_14h04_27

    11月14日東京10レース
    2020-11-17_14h04_51


    朝日杯FS血統分析

    1) 過去10年の朝日杯FS
    2020-12-17_10h50_12

    ※ ディープインパクト産駒


    2) 登録馬父朝日杯FS
    2017年~
    2020-12-17_11h00_26

    ※ ディープインパクト産駒
    ※ バゴ産駒


    【広告】

    朝日杯フューチュリティステークス予想|2020年|注目馬の馬体診断


    ヤフーニュースの馬体診断と気になった馬を扱っています。




    batais





    注目馬の馬体診断ニュース

    ヤフー(引用元)
    https://news.yahoo.co.jp/articles/2469c14e444decbddf0bc9e51c2fdb312f0a0c79

     レッドベルオーブ A

     中型サイズのディープインパクト産駒だが、クビ差しが長く、胴長&脚長のスラッとしたシルエット。必要最低限の筋肉を身にまとい、パッと見は非力な印象を受けるほどだ。ただ、管囲の細い脚を考慮すれば、これ以上筋肉をつけると脚元に負担がかかってくるのも事実。また、つなぎも長めで少しクッションが硬めなことを考慮すれば、絶妙なバランスと言っていいだろう。
     目つきは鋭く、ハミをかんでいる顔立ちからは、やはり気性は勝ち気。依然、折り合いに課題を残している現状で、マイルがベストだろう。前走同様のシルエットを維持しており、状態は高いレベルで安定している。

    (馬サブロー栗東・吉田順一)

     〈1週前追い切り診断〉福永を背に栗東CWで5F68秒9-38秒5-12秒4(馬なり)。エイカイファントム(2歳1勝クラス)を0秒4追走して0秒2先着。余分な力みがなく、直線の加速も滑らか。1週前としては動き、気配ともに申し分ない。
    ヤフー(引用元)
    https://news.yahoo.co.jp/articles/9cfbb1cb6bb098f94e18e9e9828911ad50f5626b
     レッドベルオーブ 90
     
     レッドベルオーブはディープインパクト産駒らしい均整の取れた体つきです。頭から尾まで流れるような輪郭を描くアカ抜けた体形。馬体重470キロ前後と大きくはありませんが、各部位が機能的にリンクされています。玄人好みの馬体と言っていいでしょう。
     筋肉の量はさほど目立ちませんが、その分、質が高い。疲れのたまりづらい柔軟さ、瞬発力を生み出す繊細さを兼備した筋肉。この極上の筋肉が2戦連続レコード勝ちをもたらしたのでしょう。

     ただし、立ち姿には力が入りすぎています。白眼でカメラマンをにらみながらハミを気にして口を開き、尾は上げ気味。ナーバスな面がうかがえる。レースで冷静に走れるかが浮沈の鍵です。
    ヤフー(引用元)
    https://news.yahoo.co.jp/articles/04001f173d85eecdbb3dc10d457c3a61bb2128f4
     モントライゼ B評価

     地面の傾斜+前重心のため、いつも以上にトモ高の姿形だが、ダイワメジャー産駒らしい筋肉隆々の馬体を誇示。関東遠征後だが馬体減りはなく、前腕とトモのボリュームはキープしている。首差しや背中が短めで回転の速い走りだが、ストライドは多少稼げる走法。時計の出る舞台ならマイルは十分に守備範囲だろう。

     とはいえ、少し破折(※1)気味の脚元からすれば、速いラップが求められる流れは厳しく、前走のような前受けで踏ん張る競馬が理想。よどみのない適度に上がりがかかる流れを演出したいところだ。

    (馬サブロー栗東・吉田順一)

     〈1週前追い切り診断〉栗東坂路で4F52秒4-38秒8-12秒8(一杯)。京王杯2歳Sを快勝した反動はなく、元気に駆け上がってきた。好調を維持している。

     (※1)「破折」とは、爪の前面(あるいは背面)の蹄壁の角度とつなぎの角度が違っている馬のこと。
    ヤフー(引用元)
    https://news.yahoo.co.jp/articles/a88c24c2a7742ba560031d6550eb338c927758f6
     モントライゼ 85点評価
     
     親に似ぬ子なしといいますが、どこが似るかは人それぞれ。馬も似る箇所は異なります。モントライゼは父ダイワメジャーにそっくりなのは臀部(でんぶ)。

     トモの筋肉の中核ともいうべき臀筋は非常に発達しています。トモのパワーを受ける飛節も立派。顎っぱりがいいので食欲旺盛なのでしょう。ただし、腹袋は物足りない。


    どちらも、評価高いですよね。
    管理人的におすすめなのは
    モントライゼは距離かなって感じはしますね。

    好きなのはレッドベルオーブかな。







    「広告」最近激アツの無料予想ありサイトを見つけました
    誰でもフリーメールを用意すればかんたんに予想がゲットできます。

    勝ち馬常勝理論
    (某パチスロライターの番組ではないw)



    「無料予想結果」←管理人確認済み。
    180点をどう考えるか?

    12月13日(日)
    中山3R 的中
    結果→ 13-1-14
    「22,190円」×200円
    →「4万4380円」の払い出し

    180点

    中山4R 的中
    結果→ 16-14-17
    「59,200円」×200円
    →「11万8400円」の払い出し

    180点


    中京1R 的中
    結果→ 16-11-7
    「48,440円」×200円
    →「9万6880円」の払い出し



    このページのトップヘ