競馬予想@競馬総合情報

競馬予想@競馬総合情報!、競馬予想で的中ラッシュするためにいろいろな視点からを作成しています。競馬予想データ、競馬ニュース、競馬情報など

    banazz

    菊花賞

    菊花賞予想|2016年NHKなどで解説する鈴木元調教師評価


    菊花賞の予想など無料予想が熱いサイト-ギャンブルジャパン

    ディーマジェスティ-95点

     菊戦線2強のボディーに明暗。鈴木康弘元調教師(72)がG1候補の馬体を診断する「達眼」。第77回菊花賞(23日、京都)では皐月賞馬ディーマジェスティに95点の最高得点を与えた。達眼がその立ち姿から捉えたのは心身の大きな変化。対するサトノダイヤモンドにはダービーからの成長に疑問符を付け、次位の90点にとどめた。

     菊花賞に挑む3歳馬たちが産声を上げた13年、「プールサイド・デイズ」という米国映画が公開されました。14歳の少年ダンカンが夏の間、別荘地のプールでアルバイトをしながらたくましく成長していくヒューマンストーリー。その10年ほど前に封切られたのが「ウォルター少年と、夏の休日」。14歳のウォルターが大伯父の家に預けられたひと夏を境に大人へ変わっていく青春映画です。サラブレッドも3歳の夏、人間で言えば彼らのような思春期にあたる季節に大きな成長を遂げる。その姿を星の数ほど見てきました。それにしても…。ディーマジェスティの成長には少々驚かされました。

     「前肢が後肢よりも勝った体形」。2冠の懸かったダービーの馬体診断ではこうコメントして、80点の評価にとどめました。ところが、ひと夏越した馬体は前後肢のバランスが見事に調和しています。春には寂しく映ったトモ(後肢)に厚みが増して、丸みを帯びている。素晴らしかった前肢(特に肩の筋肉)に後肢が追いついたのです。

     立ち姿も変化しています。皐月賞、ダービー時には前肢を投げ出すような立ち方でしたが、しっかり四肢が大地をつかんでいる。春とは違ってハミもしっかりくわえ、耳、目、鼻が前方の一点に集中しています。気性も明らかに成長している。平常心を示すようにすらりと垂れた尾。毛ヅヤはさえ、腹周りにはゆとりがある。脚元にも狂いなし。セントライト記念できつい競馬をしたのに反動のかけらも見当たりません。

     5点だけ減点したのは飛節の角度。サンデーサイレンス(SS)系には飛節の深い馬が多いのですが、このディープインパクト産駒は逆に少し浅い。まあ、母の父ブライアンズタイム(BT)の産駒は浅い飛節で活躍したので心配ないでしょう。SSよりもBTの特徴を伝えるがっちりした体形。ステイヤーではありませんが、ゆったり走れる気性なら3000メートルもこなせます。何より評価したいのが3歳夏を越した心身の変化。「プールサイド・デイズ」や「ウォルター少年と、夏の休日」の成長ドラマを地でいくサラブレッドです。(NHK解説者)

     ◇鈴木 康弘 1944年(昭19)4月19日、東京生まれの72歳。早大卒。69年、父・鈴木勝太郎厩舎で調教助手。70~72年、英国に厩舎留学。76年に調教師免許を取得し、東京競馬場で開業。78年の開場とともに美浦へ。93~03年には日本調教師会会長を務めた。JRA通算795勝、重賞はダイナフェアリー、ユキノサンライズ、ペインテドブラックなどで27勝。


    サトノダイヤモンド-90点

     秋の成長を予感させたゆったり遊びのある体つき、最後の1冠こそはと思わせた胴のすらりと長いステイヤー体形…。私の期待が大きすぎたのかもしれません。待ちに待ったサトノダイヤモンドの秋の姿を見て、拍子抜けしました。ダービー時からの成長の跡が見いだせません。相変わらず無駄のないすっきりしたつくりですが、春以上に細く映る。トモ、腹周りは立派になるどころか、少し寂しくなっています。

     立ち姿にも今春のような余裕がありません。尾が尻から離れすぎている。「尾離れが良すぎる」といって、警戒心を示すしぐさです。目つきと耳の立て方も春よりきつい。ナーバスになっています。3000メートルの距離でも落ち着いて走れるのか。神戸新聞杯でも少し掛かっていたことを考え合わせると…。

     白状すると、現3歳馬の中で一番好きな馬格です。頭から蹄まで全ての部位がバランス良くつながっている。特に飛節はトモのパワーを余すところなく推進力に変えられる絶妙な角度と大きさ。ディーマジェスティの飛節とは対照的です。よくブラッシングされた手入れの行き届いた毛並み。とても好感が持てます。

     だからこそ、もっと成長してほしかった。余裕を持って立ってほしかった。一時代を築く名馬になれる。そんな期待が馬体チェックのハードルを上げすぎているのかもしれませんが、完成するにはもう少し月日が必要です。


    ジュベルミエール-90点

     耳を絞って威嚇しています。食事中にちょっかいを出すと、カイバを奪われると思って耳を絞る馬がいますが、写真撮影中に絞る馬は見たことがありません。父ステイゴールドのように気性が凄く激しいのでしょう。顔をよく見ると、目の先の部分、鼻から口にかけての形状が父親にとても似ています。馬体には欠点がほとんどありません。唯一気になるのは前肢の余裕のないつくり。膝、球節に柔らかさがあれば申し分ありません。写真撮影中でも耳を絞る激しい気性はもろ刃の剣。騎手の向こうを張ってしまえば競馬になりませんが、父親のようにすさまじい闘争心を生み出すこともあります。毛色こそ異なりますが、良くも悪くもステイゴールド2世です。



    ここの無料コンテンツをとっても参考にしています
    馬券を買うならやっぱり・・・ターフオンラインの無料予想はチェックしたほうが良い
    tafuon1


    5
    菊花賞|2016年|熱い熱い蛯名騎手まとめ

    ◆第77回菊花賞・G1(芝3000メートル、23日・京都競馬場)

     淀の3000メートルで行われる菊花賞(23日、京都)は『強い馬』が勝つとされ、底力とスタミナが問われるとともに、2度の上り下りのあるコースはジョッキーの腕の見せどころでもある。皐月賞馬ディーマジェスティで2冠を狙う蛯名正義騎手(47)は京都の芝3000メートル以上で現役2位の6勝を挙げる長距離巧者。15年ぶりの関東馬Vを目指す大一番へ向けて、今の思いを聞いた。(聞き手・石野 静香)

     ―ディーマジェスティは秋初戦のセントライト記念を快勝。2冠に向けて好スタートを切りました。

     「順調にきていたので、普通の競馬さえすれば負けないだろうと思って乗っていた。まあ、競馬なので、いろいろあるし、前回もスタート後に2回寄られた。そういうことも想定していたけれど、力が違った」

     ―プレッシャーはありましたか。

     「なかったとは言わないけれど、とにかく順調にきていたことが、自分のなかで非常に自信になった。今まで乗ってきたなかで、一番順調だと感じていたし、大きなアドバンテージだった。秋に向けて、夏をうまく過ごせたのではないか」

     ―順調な調整ぶりが自信につながったのですね。

     「馬って一生懸命やってもうまくいかない時もある。無事にレースまで行くことは、簡単なようだけど、大変なんだ。秋華賞でも、シンハライトがあんなふうになった(屈腱炎で回避)。競馬に進むことがいかに大変か。みんな一生懸命やっているし、別に手抜きしてるわけじゃない。けいこをしなくちゃいけないけれど、やればリスクも出てくる。やり過ぎも、やらな過ぎも良くない。そういうことを含めて難しいんだ」

     ―13日の1週前追い切りは、美浦のWコースで5ハロン67秒2―12秒4で併走馬に先着。感触は?

     「しまいに気合をつけたが、それ以上無理はしなかった。落ち着いて走れていたし、いい動きだった。前走の状態が良く、上積みがすごくあるわけではないけれど、今のところ順調にきている。それが一番」

     ―京都の芝3000メートル以上のレースで、現役では武豊(19勝)に次ぐ6勝をマーク。春の天皇賞3勝など、淀の長丁場で好成績を残しています。

     「たまたまだよ。上り下りが2回あって、面白いコースだと思うけどね。関東に下るコースはないから。障害コースしかないんじゃないか。最後に坂のあるコースはあるけれど、下りってなかなかないから」

     ―下りがポイントですか?

     「上り下りだと、下りのほうが難しいね。ブレーキをかけながら走らせなくちゃいけないから。人間だって、下りを走る時にどんどん加速したら、足がついていかなくなるだろう? ブレーキをかけ気味にって、言ったらおかしいけれど、そうじゃないとうまくスピードをコントロールできない。上りは馬も結構一生懸命上るし、人間もついていきやすいけれど、下りはそういう意味で馬は走りづらいし、消耗する。下りで勢いをつけ過ぎてもいけない。だから、なだらかに走らせることが大事」

     ―3歳馬にとってはタフなレース。気を付けることはありますか。

     「3歳だと適性が分からない。古馬と比べて大事なのは、いかにリズムよく走らせられるかどうか。ディーマジェスティに関しては、折り合いがつきやすいところが一番のいいところだから、スムーズに流れに乗っていければ。それだけだよ」

     ◆蛯名 正義(えびな・まさよし)1969年3月19日、北海道生まれ。47歳。87年3月、美浦・矢野進厩舎からデビュー。その年に30勝を挙げ、民放競馬記者クラブ賞(関東新人騎手賞)を受賞。JRA通算2448勝、重賞125勝。うちG1は96年天皇賞・秋(バブルガムフェロー)で初制覇後、98年ジャパンC(エルコンドルパサー)、01年菊花賞、有馬記念、02年天皇賞・春(マンハッタンカフェ)、07年有馬記念(マツリダゴッホ)、10年牝馬3冠、11年ヴィクトリアマイル(アパパネ)など26勝。162センチ、50キロ。血液型A。



    京都G1勝利-菊花賞
    2001年-マンハッタンカフェ




    京都G1勝利-天皇賞(春)
    2002年-マンハッタンカフェ




    2013年-フェノーメノ




    2014年-フェノーメノ





    蛯名正義騎手(京都G1)
    4-3-5-16/28(14%ー42%)
    ebina1



    菊花賞も期待する-競馬情報サイト
    ウイニングチケット
    winningt



    菊花賞予想|2016年|ネットニュース展望まとめ

    競馬ファンならここの予想を見逃すな・・・・ターフオンライン

    菊花賞-レース展望

     先週の3歳牝馬による秋華賞に続き、今度は3歳牡馬の3冠最終レース・菊花賞(10月23日、京都、GI、芝3000メートル)が行われる。淀の長丁場を舞台に、ラスト1冠を狙う精鋭が勢ぞろい。前2年は1番人気が連対を外すなど、未知の距離で波乱の結果となるケースも多い。馬券的にも妙味のあるレースだ。

     ただ、今年は一騎打ちムードが色濃く漂う。春の実績上位馬が東西のトライアルを快勝したからだ。東のトライアル・セントライト記念を制したのは皐月賞馬ディーマジェスティ(美浦・二ノ宮敬宇厩舎、牡)。最後は食い下がるゼーヴィントとクビ差だったが、自ら動いて力でねじ伏せる内容は、さすがクラシックホースといえるものだった。肉体的に大きな成長は見られなかったものの、折り合いに不安がなく、自在に仕掛けられる点は長丁場向き。経験のない関西への遠征が未知数とはいえ、戴冠に近い存在であることは間違いない。勝てば関東馬としてはマンハッタンカフェ以来、15年ぶり。当時と同じ蛯名正義騎手の手綱に期待が高まる。

     対する西のトライアル・神戸新聞杯を制したのがダービー2着馬サトノダイヤモンド(栗東・池江泰寿厩舎、牡)。こちらも、ダービーと同じ馬体重で出走したように見た目には大きな成長がなかったが、中団から危なげない内容で抜け出し、2着ミッキーロケットにクビ差で勝った。中間は順調に調整が進んでおり、ディーマジェスティとともに、「ディープインパクト産駒は平地の3000メートル以上で勝ち星なし」というデータに挑む。

     夏の北海道で力を付け、神戸新聞杯でサトノダイヤモンドを脅かしたミッキーロケット(栗東・音無秀孝厩舎、牡)は、地力強化が目立つ一頭だ。夏場から使い込んでいるぶん、大きな上積みは望めないが、安定感を増している今なら大きく崩れることはないだろう。

     神戸新聞杯では前記の2頭に3馬身ほど離された3着だったレットエルディスト(栗東・笹田和秀厩舎、牡)は、後方から脚を伸ばしたものの勝ち負けに加わるまでには至らなかった。ただ、長丁場を意識した“試走”に徹した印象もあり、長く脚を使えることは証明した形だ。陣営は早くから距離の長いレースを選んできており、スタミナには自信を持つ。京都コースに替わるのも歓迎だ。

     古馬相手の札幌記念でしぶとく3着に食い込んだのがレインボーライン(栗東・浅見秀一厩舎、牡)。春はマイル路線を歩んだぶん、距離延長に対する不安は否めないが、ダービーでもよく差を詰めて0秒7差の8着に食い込んだ実績がある。ネオリアリズム、モーリスといった強豪と戦った経験もプラスになるはずだ。

     神戸新聞杯で4着に終わったカフジプリンス(栗東・矢作芳人厩舎、牡)は、やや脚を余す内容が惜しまれる。そのぶん、巻き返しの余地は残されており、ハーツクライ×シンボリクリスエスの配合からも、距離延長の不安はない。やや器用さに欠けるだけに、スムーズに勝負どころをクリアできるかが鍵になる。

     関東からは注目の上がり馬2頭も参戦。2400メートル、2600メートルを連勝中のウムブルフ(美浦・堀宣行厩舎、牡)と、2600メートル、2400メートルで連勝中のシュペルミエール(美浦・木村哲也厩舎、牡)だ。前者は札幌戦からひと息入っているが、1週前にいい動きを披露。後者は前走の阪神戦を終えてそのまま栗東トレセンに入り、環境に慣らしながら調整されている。ともにここ2戦の勝ちっぷりは目を引き、底を見せていない点は魅力だ。

     ジュンヴァルカン(栗東・友道康夫厩舎、牡)の陣営にとっては、神戸新聞杯回避は確かに誤算だったが、大きな不安があったわけではない。乗り込みは順調。1週前には坂路で豪快な動きを見せ、ぶっつけ本番となるものの態勢は整いつつある。鞍上はスプリンターズSをレッドファルクスで制したミルコ・デムーロ騎手、さらに秋華賞をヴィブロスで制したばかりの友道康夫調教師の管理馬で、勢いを感じさせる存在だ。

     セントライト記念3着のプロディガルサン(美浦・国枝栄厩舎、牡)も叩いての上積みは十分。なかなか順調に使い込めなかった馬だが、夏休みを挟んでの調整過程は全く不安がない。前走はやや不利を受けた面もあり、スムーズならディーマジェスティとの差はもっと詰まっていたはず。田辺裕信騎手は3度目のコンビで、手の内に入れている。上位争いに加わっても何ら不思議はない。

     神戸新聞杯で案外な結果(5着)だったエアスピネル(栗東・笹田和秀厩舎、牡)は、やや伸び悩み気味の近況。堅実に脚を使うぶん、GIも含めて掲示板を外さないレースぶりは評価できるが、血統的にも距離が延びてプラスとはいいにくい。名手・武豊騎手が持ち前の決め手をどう生かすか、注目だ。


    菊花賞展望】サトノダイヤモンドvsディーマジェスティ

    「菊花賞・G1」(23日、京都)

     クラシック最後の1冠。トライアルレースを勝ち上がった東西の2頭に注目が集まる。

     神戸新聞杯を制したサトノダイヤモンドは悲願のG1初制覇を狙う。皐月賞3着、ダービー2着と今春は苦汁を味わった。1週前追い切りでは栗東CWでラスト1F11秒7と鋭い伸びを披露。大舞台に向けて着々と態勢を整えつつある。池江師は「使った上積みも大きく、上積みが動きに表れている」と好感触を口にした。

     セントライト記念を制し、順調な滑り出しを見せたディーマジェスティ。12年ゴールドシップ以来の皐月賞&菊花賞制覇をもくろむ。ダイヤモンド同様、こちらも中間の気配はいい。初の関西遠征となる今回、輸送が鍵になりそうだ。

     その他、前走でサトノダイヤモンドに食い下がったミッキーロケット、今年未勝利からの巻き返しを狙う実力馬エアスピネル、前走3着と好走したレッドエルディストも争覇圏内だ。

     
    【菊花賞予想|2016年|ネットニュース展望まとめ】の続きを読む

    5

    菊花賞予想|直前生情報|ネット評価まとめ



    競馬のプロ予想を注目
    只今限定無料会員募集中!!見逃し厳禁
    競馬劇場-プロ予想を見逃し厳禁



     「菊花賞」リアファル出来に不安なし

     「菊花賞・G1」(25日、京都)

     立ちはだかる試練に打ち勝ち、クラシック最終関門を突き破れるか。神戸新聞杯を制して、菊に名乗りを上げたリアファルは金曜朝、栗東坂路を1本という調整メニュー。音無師は「追い切り後もどうもないね。状態はいいよ」と出来に不安がないことを強調した。

     ただ、22日に決まった枠順の話になると表情が一気に険しくなる。「基本的に(京都の)3000メートルは内枠が有利。6回もコーナーを回るんだから」と外枠に嘆き節。過去に88年スーパークリーク、96年ダンスインザダークが勝っている馬番だが、00年以降では3冠に挑戦したネオユニヴァースの3着(03年)があるだけで、あとは全て4着以下と結果は振るわない。特に近年は内枠有利の傾向が強くなっている。

     さらに音無師の頭を悩ませるのが、外に逃げ宣言をしているスピリッツミノルが入ったこと。「ハナにはこだわらないので、行くならスッと行ってほしい。こすられるようだと…。まあなるようにしかならない。ルメールさんに一任するしかないよ」。頼みの綱は、やはりルメール・マジック。菊花賞は初騎乗(天皇賞・春は今年ラブリーデイで初参戦して8着)となるフランスの名手が、いかに淀の長丁場を乗り切るかが注目される。

     
    【菊花賞】最新ナマ情報
     
    【菊花賞予想|直前生情報|ネット評価まとめ】の続きを読む

    5
    菊花賞予想|調教・追い切り|ネット評価まとめ


    タンタアレグリア、毛艶抜群

     栗東で調整中の関東馬タンタアレグリアに大駆けムードが漂う。23日は同じ菊花賞に出走するマッサビエルと一緒に馬場入り。Eコース(ダート)を軽めに流した。毛ヅヤも抜群で上々の雰囲気だ。騎乗した中村助手は「追い切りも動いたがその後も元気いっぱい。出来は良すぎるぐらい。道中でフワッとしたり、決して真面目な馬ではない分、3000メートルは合うと思う」と穏やかに切り出した。

     デビュー時から陣営は長距離向きと評価してきた。出遅れたダービー(7着)でもしぶとく伸び、見せ場はつくった。「枠(3番)は絶好。京都の長距離GIに強い蛯名さんに全て任せます」と同助手は笑顔で結んだ。

     関東が誇る巧腕は菊花賞1勝、天皇賞・春3勝の実績。同馬が勝てば、くしくも蛯名が騎乗した01年マンハッタンカフェ以来、14年ぶりの関東馬優勝となる。スタミナ自慢の大仕事の舞台は整っている。

     

    菊花賞予想ー調教動画

    サンスポ予想王

    栗東

     

    栗東

     

    栗東

     

     

    競馬ブックー調教タイム

    サトノラーゼン

    10/21 栗東CW良

    54.7ー39.9ー12.4

    タンタアレグリア

    10/21 栗東CW良

    80.4ー64.6ー50.3ー37.7ー12.2

    キタサンブラック

    10/21 栗東CW良

    84.9ー67.8ー52.2-38.0-11.8

    ベルーフ 

    10/24 栗東坂良

    62.7-45.9-28.8-13.6

    スティーグリッツ

    10/21 栗東坂良

    53.6-39.3-26.0-13.0

    リアルスティール

    10/21 栗東坂良

    53.6-39.0-25.2ー12.6

    リアファル

    51.6-38.1-25.2-12.9

     

    【菊花賞予想|調教・追い切り|ネット評価まとめ】の続きを読む

    このページのトップヘ