競馬予想@競馬総合情報

競馬予想@競馬総合情報!、競馬予想で的中ラッシュするためにいろいろな視点からを作成しています。競馬予想データ、競馬ニュース、競馬情報など

    banazz

    スプリンターズステークス

    スプリンターズS予想|2019年|予想オッズまとめ

    yosouodds



    スポンサードリンク




    スプリンターズS1番人気を調べてみました。

    2018年 ファインニードル 1着
    2017年 レッドファルクス 1着
    2016年 ビックアーサー 12着
    2015年 ストレイトガール 1着
    2014年 ハクサンムーン 13着
    2013年 ロードカナロア 1着
    2012年 カレンチャン 2着
    2011年 ロケットマン 4着
    2010年 グリーンバーディー 7着
    2009年 アルティマトゥーレ 5着




    無料の予想で
    競馬を勝ちたい・儲けたい
    そんな貴方さまにはUMAチャンネル

    充実の無料予想・・・
    umachs

    チャンピオンズカップでコパノリッキー買えたのはこのサイトのこの
    無料コンテンツのおかげ

     トラックマンS(栗東担当者)

     コパノリッキーが好調キープ出来ているようです。フェブラリーSの後リフレッシュされたことで走りがスムーズになりしっかり手前を変えて走れるようになったのがここ3戦の好走の原因のようです。前走も出遅れがなければ勝てていたかという競馬で、ここもうまく立ち回れば勝ち負けに加わってくるという感触です!!


    ヤフーニュースより
    【スプリンターズS展望】ダノンスマッシュが頂点目指す


     「スプリンターズS・G1」(29日、中山)  

     秋のG1シリーズ開幕を飾る電撃6F戦。キーンランドCで重賞3勝目を決めたダノンスマッシュが主役を張る。1番人気の支持を受けた高松宮記念は4着に敗れたものの、すぐさま軌道修正に成功。父ロードカナロアに続く父子Vへ、安田隆師は「(父に)すごく似てきました。カナロアもここから世界へ羽ばたきましたからね」とスプリント界の頂点獲りを見据えている。  

     逆転候補はセントウルSでコースレコードVを果たし、サマースプリントシリーズを制したタワーオブロンドンだ。スプリント路線に転向してから3、2、1着。2走前のキーンランドCではダノンスマッシュに先着を許したが、藤沢和師は「短い距離をこなしながら、短距離の競馬が分かってきた」とリベンジを狙う。  

     高松宮記念の覇者ミスターメロディは、久々のセントウルS(8着)を使っての変わり身がありそう。北九州記念2着の3歳牝馬ディアンドルも楽しみな一頭だ。


    スプリンターズS動画【2018年】





    スプリンターズ-2018年結果 

    1着 ファインニードル 川田将雅
    2着 ラブカンプー 和田竜二
    3着 ラインスピリット 武豊


    2019年ローズS関連

    予想オッズ-ネット競馬

    1番人気 ダノンスマッシュ 2.3
    2番人気 タワーオブロンドン 3.0
    3番人気 モズスーパーフレア 7.9
    4番人気 ミスターメロディ 11.3
    5番人気 グランアレグリア 12.4



    管理人予想
    1番人気 ダノンスマッシュ






    ギャロップジャパン(GallopJapan)

    無料コンテンツでこれだけ楽しめます。
    管理人に日々チェックしています。もちろん無料でw
    特に鉄板の複勝圏内率が半端ないw
    とりあえず誰でも無料で試せる無料コンテンツを大事にしようw
    gjs

    スプリンターズS予想|2018年|調教・追い切りニュースまとめ

    choukyou


    高配当21では今週も無料予想GET
    馬券師が馬券的中を目指しますw
    無料予想で有馬記念予想を公開
    kouhai21s


    ヤフーニュースより
    【スプリンターズS】夕刊フジ・調教チェッカーズ
     1番手はワンスインナムーン。  
    以前から坂路などで軽快な動きを見せてきたが、今回は気持ちの部分が充実しているのか、動きのメリハリ、仕掛けられての反応が極上のレベルだった。スピードオンリーだったこれまでとはキャラクターまで違って見えるほどで、ピークのデキで大一番に臨む。  
     
     アレスバローズは坂路の前半でフワフワとしたフォームになってしまうが、後半の集中力は素晴らしく、ハミを取るや一気に鋭く伸びた。夏場の好調をキープできたどころか、さらに上向いている雰囲気もある。  

     ファインニードルは坂路で内めを回ったとはいえ、素軽いフットワークで上々の雰囲気。この中間に疲れが出たというが、表面上の気配は前走をしのぐレベルだ。
    【スプリンターズS予想|2018年|調教・追い切りニュースまとめ】の続きを読む

    スプリンターズS予想|2018年|予想オッズまとめ

    yosouodds



    無料の予想で
    競馬を勝ちたい・儲けたい
    そんな貴方さまにはUMAチャンネル

    充実の無料予想・・・
    umachs

    チャンピオンズカップでコパノリッキー買えたのはこのサイトのこの
    無料コンテンツのおかげ

     
    トラックマンS(栗東担当者)

    コパノリッキーが好調キープ出来ているようです。フェブラリーSの後リフレッシュされたことで走りがスムーズになりしっかり手前を変えて走れるようになったのがここ3戦の好走の原因のようです。前走も出遅れがなければ勝てていたかという競馬で、ここもうまく立ち回れば勝ち負けに加わってくるという感触です!!


    ヤフーニュースより
    【JRA】「勝率.413」モレイラ旋風再び 今週から短期免許で騎乗、スプリンターズSにはナックビーナスで参戦


    今夏、計8日間の騎乗で31勝を挙げたJ.モレイラ騎手が、今週末から再び短期免許により日本で騎乗する。30日(日)に中山競馬場で行われるスプリンターズS(GI・芝1200m)には、8月に人馬ともに初となる重賞制覇を果たしたナックビーナス(牝5、美浦・杉浦宏昭厩舎)とのコンビで参戦。サトノクラウンら4頭の日本馬と海外G1を勝利している名手が、今度はJRAのGI制覇に挑む。

     JRAの通年免許の取得を目指すモレイラ騎手は、今年も8日間で勝率.413、連対率.520、複勝率.627という驚異の数字を残している。これまでの短期免許などでの来日は札幌競馬場での騎乗が主で、スプリンターズSが行われる中山競馬場や、来月から開催がスタートする京都競馬場などでの騎乗は初となるが、昨年の安田記念に参戦(香港馬コンテントメントに騎乗)した際は通算2度目の東京開催への参戦で2勝を挙げた。初の秋競馬への参戦でどんな活躍を見せるのか。名手の騎乗に注目が集まる。

    【スプリンターズS予想|2018年|予想オッズまとめ】の続きを読む

    スプリンターズS予想|2017年|直前情報まとめ

    chokuzen

    ヤフーニュースより

    【スプリンターズS】出走馬の長所短所

    「スプリンターズS・G1」(1日、中山)

     (1)スノードラゴン

    長所=14年の勝ち馬。豊富なキャリアが武器
    短所=9歳馬。全盛期の力を望むのは酷では

     (2)レッツゴードンキ

    長所=好位でも控えても競馬ができる自在性
    短所=出走馬で唯一、1200メートル戦で未勝利

     (3)セイウンコウセイ

    長所=先行力は屈指。重い馬場も苦にしない
    短所=高速決着の前走が案外。時計に限界?

     (4)フィドゥーシア

    長所=母はスプリントG1で2勝を誇る名牝
    短所=前走はかわされて失速。もろさが露見

     (5)ラインミーティア

    長所=充実一途。決め手なら引けを取らない
    短所=展開に左右される脚質。坂越えも不安

     (6)ワンスインナムーン

    長所=当舞台は1、1着。ダッシュ力が生きる
    短所=春の高松宮記念は大敗。地力に課題が

     (7)ダイアナヘイロー

    長所=4連勝と充実一途。6F戦は相性抜群
    短所=G1での経験に見劣り。中山も初で…

     (8)レッドファルクス

    長所=国内芝重賞は1、1、3、1、3着。鉄砲利く
    短所=昨年覇者だが、本質的にはサウスポー

     (9)メラグラーナ

    長所=中山は3戦3勝。コース適性文句なし
    短所=成績にムラ。包まれるともろいタイプ

     (10)ビッグアーサー

    長所=16年高松宮記念をレコードVの実力馬
    短所=長期休養明け。調教の動きもひと息で

     (11)モンドキャンノ

    長所=1週前に栗東坂路で自己新。充実一途
    短所=初のスプリントG1出走。経験不足で

     (12)ブリザード

    長所=短距離路線の層が厚い香港馬。不気味
    短所=今までの来日馬と比べて実績が落ちる

     (13)ファインニードル

    長所=前走で重賞初制覇。持ち時計は上位だ
    短所=G1初挑戦。使い詰めで上積みも疑問

     (14)ネロ

    長所=大外枠の昨年が小差の6着。速力No.1
    短所=今季は11、10、8着。年齢的な衰え否めぬ

     (15)シュウジ

    長所=昨年は4着。スピードはメンバー屈指
    短所=近走が負け過ぎの感。ガラリ一変は…

     (16)ダンスディレクター

    長所=骨折明けの前走が3着。叩いてさらに
    短所=平たん巧者で、中山コースに不安あり


    【スプリンターズS】馬場から浮上するのはこの馬だ

    「スプリンターズS・G1」(1日、中山)

     今週は木曜に大雨が降ったものの回復は早く、土曜は1Rから良馬場でスタートした。芝は内に多少、荒れた部分は見受けられるが、コンディション自体はいい。同じ舞台で行われた土曜の9R・カンナS(2歳オープン)は1分9秒2で決まった。昨年よりわずか0秒1遅いだけだったことを踏まえれば、昨年と馬場状態は大きな差はない。これを物差しにすると、V時計は1分7秒台後半あたりになりそうだ。

     昨年は逃げたミッキーアイルが頭差の2着にこらえた。前述したカンナSも2着は逃げ馬だったことから、最終週とはいえ、前に行った馬がそのまま残る傾向は今年も変わらないだろう。そこで抜てきしたいのはワンスインナムーン。このメンバー、枠順ならさほど労せずハナがかなう。そして何より、中山6F戦は2戦無敗という実績が光る。

     G1初挑戦だった今春の高松宮記念(16着)とは馬の充実度も違うだろう。鮮やかな逃走劇に期待だ。

    【スプリンターズS】展開から浮上するのはこの馬だ

    「スプリンターズS・G1」(1日、中山)

     稍重、同じ舞台で行われた先週の土曜メイン・セプテンバーSが1分8秒0。最終週でもかなり時計は速くなる。

     加えて序盤から激しい競り合いはなく、前半3Fは33秒台半ばを想定。中団よりも後ろの位置取りでは厳しい。

     スタートに若干不安が残るファインニードルだが、この枠なら二の脚を利かせて絶好位を確保できる。前後半がほぼイーブンペースだったセントウルSの完勝劇を再現。

     内枠有利の馬場傾向から3セイウンコウセイも有力な一頭。ただ、高速決着には一抹の不安が。それなら、イチかバチかでインを突くレッツゴードンキに懸ける手も。
    日曜中山の危険な人気馬
    【中山9R・ニシノウララ】この馬も含めてJRAで11頭が勝ち上がっているリーチザクラウン産駒。ただ1着馬の次戦は〈0、0、1、10〉とサッパリだ。初戦こそ仕上がりの早さで勝てたが、昇級初戦は様子見が妥当か。

     【中山10R・ワイナルダム】昇級戦の前走で4着といきなりクラスにメドを立てた。ただ、内枠を利して楽に先手を奪えたのも事実。外枠を引いてしまった今回は、レースの組み立て自体が難しくなりそうだ。

     【中山11R・レッドファルクス】昨年V時は、直線で渋滞するインの馬群を回避した鞍上の好判断が光った。全てがうまくいった昨年の再現をできるかは微妙だろう。右回りでは“ポカ”のあるタイプ。過信は禁物だ。

    いつも競馬でお世話になっています。
    なんでこれだけの情報を無料で見ることができるのか?
    本当に質が高い予想に感謝していますよ
    ベストレコード・・・
    無料でこれほど質の高い予想サイトはない。
    まずは誰でもできる無料登録から
    bestre

    スプリンターズS予想|2017年|調教・追い切りニュースまとめ

    choukyou


    ランキングでは今週も無料予想GET
    馬券師が馬券的中を目指しますw
    http://keiba-ranking.club

    rannking


    ヤフーニュースより引用

    【スプリンターズS】昨年覇者レッドファルクス「ここまではほぼイメージ通り」
    【スプリンターズS(日曜=10月1日、中山芝外1200メートル)注目馬28日朝の表情:美浦】連覇を狙うレッドファルクスは厩舎周りの運動を入念に行った。陣営は納得の仕上げを口にした。

     尾関調教師「昨年と違って、山元トレセンで速いところを乗って入厩した今年はスムーズに動きだせた。(27日の最終)追い切りは半マイルからガツンと行ってしまったが、手前もきっちり替えて、コーナーでもしっかり動けましたからね。ここまではほぼイメージ通りきています」
    ビッグアーサーが良化ムード/スプリンターズS
     昨年の高松宮記念を制したビッグアーサー(牡6、藤岡)が良化ムードだ。

     坂路4ハロン52秒3-13秒5としまいで伸びなかった最終追い切りから一夜明け、運動をこなした。

     前日は「不満」とこぼしていた藤岡師が「追い切り後も順調。体の張りも出てきたと思う」と復調ぶりを口にした。9カ月半ぶりのレースへ「このまま上がっていってくれれば」と期待した。
    【スプリンターズS予想|2017年|調教・追い切りニュースまとめ】の続きを読む

    このページのトップヘ