競馬予想@競馬総合情報

競馬予想@競馬総合情報!、競馬予想で的中ラッシュするためにいろいろな視点からを作成しています。競馬予想データ、競馬ニュース、競馬情報など

    banazz

    スプリンターズステークス

    【能力値ランキング】2021年10月3日スプリンターズS

    nouryokuchi



    競馬情報会社。新規サイト。
    新規の内に無料会員だけの権利は取っておいたほうが良さそうな感じ

    SEED(シード)
    2021-05-07_23h44_47



    2021年10月3日スプリンターズS

    1位 ピクシーナイト
    2位 レシステンシア
    3位 ダノンスマッシュ
    4位 ジャンダルム
    5位 モズスーパーフレア


    毎週数多くの無料予想を毎週チェックしている管理人だから知っている情報
    ここの無料予想はマジで当たる、馬連の3連複だけど的中率は激アツ。

    ※ ウマニキ

    2021-09-14_01h01_46

    セントウルS
    1着 8 レシステンシア
    2着 15 ピクシーナイト
    3着 14 クリノガウディー

    8-14-15 1,790円✕500円=8,950円/5,000円
    まあこういうの着実に当てるところの無料予想は信用します。

    button3-4-u

    スプリンターズS2021年ダイワメジャー産駒が注目な訳


    keibadata

    2018年~中山競馬場芝1200mの種牡馬成績
    着度数1位

    ※ ダイワメジャー産駒
    12-16-8-73/109

    勝率 11%
    複勝率 33%


    ※ 1番人気~3番人気
    8-8-5-23/44


    2021年スプリンターズSにはダイワメジャー産駒は2頭
    ※ ラヴィングアンサー
    ※ レシステンシア




    バカみたいに無料予想を調査しているからわかる

    スプリンターズがおすすめの無料競馬情報サイト2社を紹介します。
    (スプリンターズの無料予想の公開が期待される2サイト)

    ※ ハピネス

    ※ ハナミチ


    スプリンターズS予想|2021年|注目馬の馬体診断


    ヤフーニュースの馬体診断と気になった馬を扱っています。




    batais





    注目馬の馬体診断ニュース


    「広告」馬体はここで学べ
    勝鞍
    2021-09-28_01h54_41



    スプリンターズSの馬体診断
    (気になった馬をヤフーニュースから引用しています)


    ヤフー(引用元)
    https://news.yahoo.co.jp/articles/37d484ff924294438d8fccc3f9bd99ca959b2920

     レシステンシア 評価A
     
     脚長の体形は変わっていないが、トモの筋肉量が増してきた。以前は500キロを超える大型馬の割に馬体をスラッと見せていたが、体重に見合った迫力を身につけてきた印象だ。加えて首差しが太くなり、一線級のスプリンター体形に成長している。  

     4カ月ぶりの前走セントウルS(1着)で太め感なく仕上がっていたため馬体は大きく変わっていないが、当時に比べて毛ヅヤが大幅に良化してきた。前腕と下腿(かたい)に血管が浮き上がって見えているように、叩かれた効果は十分だろう。かなりピークに近い状態と言える。(馬サブロー栗東・竹原伸介)  

    〈1週前追い切り診断〉
     栗東坂路で4F56秒6-41秒6-13秒3(馬なり)。前走を勝った後も、ほとんど疲れを感じさせずスムーズな脚さばきを見せた。状態は高いレベルで安定しており、初の中山コースにもきっちり対応できるはず。

    ヤフー(引用元)
    https://news.yahoo.co.jp/articles/462ebfa51e77bbebd8405f8c808c1ac15f85b30b
     ダノンスマッシュ 評価A
     
     今春の香港遠征は中3週のローテで万全ではなく、6着に敗退。それでも昨秋からのスプリントG1・3戦を2、1、1着した実力は色あせない。

     今回は5カ月ぶりとなるが、海外遠征による疲れは感じられず、休養でしっかりと回復したようだ。太め感はまったくないし、馬体に張りがあり毛ヅヤも上々だ。以前はキ甲(※1)と尻の頂点が平行に近かったが、今はトモ高の体形になってきた。  

     現在では、より短距離向きの体つきになったと言える。うっすらとあばらが見えているし、前腕部と下腿(かたい)の血管も浮き出ている。もともと皮膚が厚ぼったく見える馬だが、これだけ皮膚が薄いのなら体調は申し分ない。(馬サブロー栗東・竹原伸介)  

    〈1週前追い切り診断〉
     川田を背に栗東坂路で4F50秒0-36秒4-12秒2(一杯)。ダノンスプレンダー(5歳オープン)との併せ馬で2馬身先着。久々を感じさせない力強い脚さばきで豪快に登坂した。文句なしだ。  (※1)「キ甲」とは首と背の境の膨らんでいる部分。幼いうちは目立たないが、成長すると隆起してきてよく分かるようになる。この部分が隆起してよく見えるようになることを「キ甲が抜ける」と表現される。

    ヤフー(引用元)
    https://news.yahoo.co.jp/articles/59fa42d47a2f1bc9c0ccb6b3c1e52141f2266e5a
     ピクシーナイト B評価

      今夏はCBC賞とセントウルSで連続2着と、古馬相手でもスピード負けしないことを証明してみせた。500キロを優に超える大型馬で雄大な馬格は目を引き、3歳馬とは思えないほど馬体に迫力がある。半腱半膜様筋(はんけんはんまくようきん)と、大腿二頭様筋(だいたいにとうようきん)に段差が見て取れるのはトモが発達している証拠で、ここ2戦は差す競馬に転向して結果を残した最大の要因だろう。  

     前走で8キロ増の体重だったが、腹回りにいくらか余裕が残っていた。それが今回はすっきりとしており、2カ月ぶりを叩いた上積みは十分。前走時も毛ヅヤはよかったが、さらに光沢が増してピカピカに輝いているのも何よりだ。(馬サブロー栗東・竹原伸介)  

    〈1週前追い切り診断〉
    26日に栗東坂路で4F57秒4-42秒7-14秒6(馬なり)。リラックス十分に駆け抜けた。中2週のローテだが、この中間は短期放牧でリフレッシュ。関東圏への輸送も経験しており、直前にビシッとやれば態勢は整いそうだ。


    管理人的にはピクシーナイト





    バカみたいに無料予想を調査しているからわかる

    スプリンターズがおすすめの無料競馬情報サイト2社を紹介します。
    (スプリンターズの無料予想の公開が期待される2サイト)

    ※ ハピネス

    ※ ハナミチ


    【能力値ランキング】10月4日中山11レース(スプリンターズS)


    nouryokuchi


    管理人の最近の的中報告重賞報告
    オールカマー
    orukama



    セントウルS
    sentouru


    紫苑S
    sions

    ローズS
    4



    スプリンターズS

    1位 グランアレグリア
    2位 ライトオンキュー
    3位 ミスターメロディ
    4位 ダノンスマッシュ
    5位 モズスーパーフレア
    6位 レッドアンシェル




    毎週、数多くの無料予想をチェックする管理人だからわかる
    おすすめな無料予想(有料予想もあるけど無料予想しかわからない)
    1位 EXTRA
    2位 ホライゾン
    3位 LAP競馬









    スプリンターズS予想|2020年|馬体診断まとめ

    ヤフーニュースの馬体診断をまとめています
    batais




    管理人のG1成績

    フェブラリーステークス

    baken3



    大阪杯
    oosakahai2
    oosakahai1


    天皇賞(春)
    tenharu1
    tenharu2


    NHKマイルC
    nhkm2
    nhkm1
    nhkm3

    ヴィクトリアマイル
    viku


    宝塚記念
    takaraduka2






     【グランアレグリア A評価】

     安田記念の492キロから、また一段と体が大きくなった印象を受ける。研ぎ澄まされた前走に比べると、現時点では腹回りに若干の余裕はあるが、見栄えは上品。今週の1本で締まることは計算済みだ。  

     正方形に近い全体的なバランスは前走よりも高松宮記念時に似ており、おそらくスプリント仕様に仕上げているのだろう。首回り、肩の厚みは鍛え上げられ、積み重ねられた質のいい筋肉。キリッとした表情は前回と同じで、走る気がみなぎっている。
    (馬サブロー美浦・佐野裕樹)  

     〈1週前追い切り診断〉
     美浦Wで5F67秒0-39秒0-12秒7(馬なり)。内からスッと並ぶと回転ピッチが上がる。並んだ外の馬に勢いがあったが、無理せずリズムを重視。最後までブレのない走りで真っすぐ伸び切った。入念な乗り込みで、馬体、息もOK。順調な仕上がりを見せる。

     【レッドアンシェル B評価】

     前走の北九州記念(1着)で最高体重の478キロ。年齢を重ねるごとに、馬体も大きく成長してきた。今春の京王杯スプリングCで復帰後、約1カ月半のローテーションで2回使われていて、体つきは変わっていない。それでも馬体に張りが出ており、毛ヅヤも光沢が増してきた。  

     肩から前腕部にかけてと、トモから下腿(かたい)までの部分に血管がはっきり見えるほど、皮膚の薄さは際立っている。状態は引き続き好調だ。ただ顔つきにやんちゃな面が垣間見え、パドックでは常時パシュファイヤーを着用と、年齢の割に気性面に若さが残っている。(馬サブロー栗東・竹原伸介)  
    〈1週前追い切り診断〉

     M・デムーロを背に、栗東坂路で4F52秒5-37秒8-12秒4(馬なり)。素軽い脚さばきでキビキビと登坂。適度に気合が乗って、好気配。

     【モズスーパーフレア A評価】

     5カ月ぶりの北九州記念(2着)は14キロ増の馬体重。デビュー以来最高の508キロだったが、いくらか余裕残しの体つきで皮膚も厚ぼったく見えていた。  

     それがひと叩きされて馬体に張りが増し、皮膚も薄くなって肩や前腕部、下腿(かたい)に血管がはっきりと見えるようになった。ビロードのように光り輝く毛ヅヤも当時とは雲泥の差で、大幅な上積みを感じさせている。牝馬とは思えないほど筋肉量が豊かで迫力満点の馬体からは、急坂の中山芝コースを得意とする要因がうかがえる。(馬サブロー栗東・竹原伸介)  
    〈1週前追い切り診断〉
    松若を背に、栗東坂路で4F50秒2-37秒0-12秒3(G強め)。ジョニーズララバイ(4歳2勝クラス)に3馬身半先着。攻め駆けするタイプとはいえ、鋭い動きで好時計をマーク。ゴール前で気合をつけられるとひと伸びを見せた。気配は絶好。


     【ダイアトニック B評価】

      【ダイアトニック B】  今春の高松宮記念(3着)当時は子どもっぽい体つきをしていたが、ひと夏を越して肩の筋肉量が増加し馬体にも幅が出て実が入ってきた。顔つきにも風格が増して、5歳の秋を迎えてだいぶ大人になってきたようだ。  以前に比べるとトモ高になり、体長と体高のバランスから体形は短距離志向に傾いている。純粋なスプリンターに比べると肩の筋肉の輪郭が物足りなく、トモも発達途上で馬体は迫力不足だが、それでいて実績を残しているのは素質の高さの証明だろう。もう一段階の成長が残っているようだ。(馬サブロー栗東・竹原伸介)  〈1週前追い切り診断〉栗東坂路で4F52秒5-38秒4-13秒4(馬なり)。柔らかい脚さばき。テンから好ラップを刻んで、ラストも数字以上の伸びを見せた。気配は上々。


    馬蹄
    スプリンターズの無料コンテンツはマジでここ使うの必至!!
    batei1b


    このページのトップヘ