競馬予想@競馬総合情報

競馬予想@競馬総合情報!、競馬予想で的中ラッシュするためにいろいろな視点からを作成しています。競馬予想データ、競馬ニュース、競馬情報など

    banazz

    直前情報

    平安S予想|2019年|直前情報まとめ

    chokuzen

    ヤフーニュースより
    【平安S】厩舎の話

      
     ◆アナザートゥルース・高木師 「単走で軽めもこれで十分。速い時計の決着になりやすい京都でどうか」  

     ◆オメガパフューム・安田翔師 「考えていたよりも調教で動きました。前回はリズムよく走れませんでした。59キロを克服できれば」  

     ◆クイーンマンボ・辻野助手 「1週前追い後から体のバランスが良くなっています。体に余裕はありますが、動きはいいですね」  

     ◆グレンツェント・加藤征師 「先週の時点でほぼ仕上がっていたので控えめにしたが、状態は良化。うまくためられれば」  

     ◆サトノティターン・森助手 「輸送を考慮して坂路でさらっと。輸送で減るタイプなので前走と同じくらいの体で出られそう」  

     ◆サンマルデューク・小島良助手 「動きは良く、元気いっぱい。相性の良い京都で前進を」  

     ◆サンライズソア・河内師 「力を出せる状態。前走は相手が強かったが、ここで自分の競馬ができれば」  

     ◆ジョーダンキング・藤原英師 「いい意味で変わりない。今回の方が条件的にはいい。上にくるイメージはある」  

     ◆チュウワウィザード・大久保師 「先週に負荷をかけたので、今週は軽め。今後のためにも58キロの斤量は経験していかないとね」  

     ◆ハイランドピーク・土田師 「長距離輸送があるので(馬場の軽い)ポリトラックコースで追った。叩き3戦目で変わり身を見せてほしい」  

     ◆マイネルユキツバキ・高木師 「相変わらずけいこは走る。相手強化で速い流れにうまく対応してくれるか」  

     ◆メイショウスミトモ・南井師 「順調。脚質の決まっている馬。展開がハマるようなら」  

     ◆ロンドンタウン・牧田師 「前回よりも体が絞れていい気配。最近はレースぶりが安定していますので」

    【平安S】傾向と対策

     
     現行条件となった13年以降6回の結果から傾向を探る。  

     ☆人気 1番人気が【3・0・0・3】。勝つか馬券圏外かはっきりしている。2番人気は【0・0・0・6】と不振。6番人気以下が2勝、2着3回と波乱を演出している。  

     ☆前走 アンタレスS組が3勝、2着3回と断然。近2年は仁川S、ブリリアントSとオープンから臨んだ馬が連勝中。  

     ☆脚質 勝ち馬は全て4角3番手以内。うち3頭は逃げ馬だった。先行力が不可欠。  

    結論 ◎アナザートゥルース ○チュウワウィザード ▲サンライズソア

    【展開を読む【平安S=平均ペース】

     
     サンライズソアとハイランドピークがハナ候補。

     互いに控える競馬も可能で競り合いはない見込み。

     流れが落ち着けばロンドンタウン、チュウワウィザードが早めの仕掛けで進出。

     4角で好位を確保した組の争いで追い込み勢は厳しいか。


    競馬予想サイト レープロの無料予想が激アツなの知っているw

    rep


    これだけの無料コンテンツを誰でも無料・しかも匿名性の高いフリーメールで登録できます。

    競馬レープロへ行く



    ヴィクトリアマイル予想|2019年|直前情報まとめ

    chokuzen

    ヤフーニュースより
    【ヴィクトリアM】夕刊フジ・調教チェッカーズ

      
     1番手のプリモシーンは、福永騎手が美浦入りして騎乗したWコースの最終追いが絶品だった。軽いGOサイン程度でも、目でしっかり確認できるほどの俊敏な反応を披露.僚馬を一瞬で1馬身引き離した。

     ラスト1F12秒3という数字以上のインパクト。フォームもダイナミックで、前走時より動きの質がアップしていた。待望のGI制覇へ機は熟した。  

     カンタービレは休み明けを叩かれ、動きの切れが増している。1週前は馬なりでCWラスト1F11秒4、今週は坂路で同12秒1と鋭いギアチェンジを見せつけた。  

     ラッキーライラックの坂路4F50秒7は当日の一番時計。ラスト1Fも12秒3でまとめて僚馬を2馬身半も置き去りにし、搭載エンジンの違いを示した。馬体を寄せにいった際に少し逃げ気味に見えたのが気になるが、デキは申し分ない。(夕刊フジ)

    【ヴィクトリアマイル】展開から浮上するのはこの馬だ

     
     「ヴィクトリアマイル・G1」(12日、東京)  
     先行タイプはいずれも控えて競馬ができる馬ばかり。最内アマルフィコーストの出方を見ながら、アエロリットが先制。クロコスミア、ミッキーチャームが続き、流れはやや遅めの平均ペースを想定する。  

     ラッキーライラックを筆頭に、その他の有力馬は中団から。土日とも晴天の下で開催されれば、雨上がりの先週日曜のように外差し馬場にはならない。ある程度は前で運ぶ組が有利で、ロスなく直線を迎えられるかが勝敗を分けそうだ。  

     絶好の枠を引き当てたレッドオルガにVチャンス到来。得意の舞台なら確実に上位争いを演じる。

    【ヴィクトリアマイル】馬場状態から浮上するのはこの馬だ

     「ヴィクトリアマイル・G1」(12日、東京)  

     ヴィクトリアマイルが行われる12日、東京競馬場のある府中市の天気予報は晴れ。絶好のコンディションでの決戦となりそうだ。土曜のレースは脚質の偏りこそ見られなかったが、同じ舞台の5R(3歳未勝利)で1分33秒6の好タイムが記録されたように、速い決着が目立った。今週からBコースに変わったことで、馬場の高速化に拍車がかかっている。V時計が1分31秒台前半に突入するシーンも十分だ。  

     高速馬場の適性を重視するなら、プリモシーンは外せない。昨年の関屋記念(1着=1分31秒6)、前走のダービー卿CT(2着=1分31秒7)と、2度速い決着に対応している。直線の長い東京へのコース変わりも好材料。マイル女王戴冠にふさわしい舞台設定が整った。


    競馬予想サイト レープロの無料予想が激アツなの知っているw

    rep


    これだけの無料コンテンツを誰でも無料・しかも匿名性の高いフリーメールで登録できます。

    競馬レープロへ行く



    京王杯SC予想|2019年|直前情報まとめ

    chokuzen

    ヤフーニュースより
    【京王杯SC過去5年で〔2.0.2.2〕 とある厩舎の傾向調査【京王杯SC】

      
     攻略の鍵は「厩舎力」  過去5年で1番人気馬は全て馬券圏外。その分を2番人気が〔1.2.2.0〕とよくカバーしている印象だが、馬連平均配当は7828円、3連複も5回中4回で万馬券となっており、波乱度は高い。  

    難解な一戦ではあるものの、明確な傾向の1つに「藤沢和厩舎の活躍」が挙げられる。同厩舎は当レースの過去5年で〔2.0.2.2〕、昨年は1着&3着と好走、今年はサトノアレス、スターオブペルシャ、タワーオブロンドンの3頭がスタンバイしている。

    ■藤沢和厩舎の京王杯SC成績(過去5年)
    2014年 10番人気1着 レッドスパーダ 牡8 北村宏
    2016年 2番人気3着 ロサギガンティア 牡5 M.デムーロ
    2016年 16番人気16着 エポワス セン8 柴田善
    2017年 9番人気10着 ロサギガンティア 牡6 柴田善
    2018年 4番人気1着 ムーンクエイク セン5 ルメール
    2018年 2番人気3着 サトノアレス 牡4 蛯名.

    今年は3頭出しの藤沢和厩舎勢だが…  

    次に藤沢和厩舎の東京コースにおける成績を見てみよう。
    ■藤沢和厩舎の東京コース成績(2014年以降)

    芝全体〔73.65.49.267〕
    ダート全体〔34.21.14.96〕
    ダ1600m〔23.15.9.62〕
    芝1600m〔22.22.11.81〕
    芝1800m〔19.15.14.82〕
    芝1400m〔13.914.35〕
    芝2000m〔12.11.6.46〕  

    意外にも、勝ち鞍が最も多いのはダート1600m。
    ただし、上位5コースのうち複勝率が最も高いのは芝1400m(複勝率50.7%)である。  

    藤沢和厩舎の芝1400m成績のうち、ダイワメジャー産駒は〔3.4.3.4〕で複勝率71.4%。
    それに対してディープインパクト産駒は〔1.1.2.8〕で複勝率33.3%。

    昨年3着だがディープインパクト産駒のサトノアレスより、ダイワメジャー産駒のスターオブペルシャを狙ってみたい。  

    もう1頭の藤沢和厩舎勢、タワーオブロンドン。
    こちらは鞍上がルメール騎手からレーン騎手へと乗り替わる。

    そのレーン騎手は来日後の東京芝で〔4.2.2.6〕と、初来日とは思えない手綱捌きを披露。1~2番人気時も〔5.0.2.2〕と信頼度は高く、無視できない存在だろう。.

    特注馬
    スターオブペルシャ
    タワーオブロンドン

    【京王杯SC】傾向と対策

     
    過去10年で傾向を探る。
     
    ☆人気 
    1番人気は【1・0・0・9】と不振。
    2番人気は【1・2・4・3】、
    3番人気は【1・2・1・6】。4番人気が【3・0・1・6】と健闘。伏兵の台頭も多い。  

    ☆前走 高松宮記念組が【3・1・2・26】とややリード。東京新聞杯組は【1・3・1・0】と凡走が少ない。ダービー卿CT組も【2・2・2・21】とまずまず。  
    ☆世代 5歳が【5・2・4・33】と世代別では圧倒。

    4歳が【2・0・4・40】、6歳が【1・4・2・38】。  結論 ◎サトノアレス ○ロジクライ ▲トゥザクラウン

    【展開を読む【京王杯SC=ハイペース】

     スピードあるブロワが逃げる。トゥザクラウンは2番手に控える形。後方組は追いかけず縦長の展開に。直線手前でロジクライが早め進出。

     タワーオブロンドン、サトノアレス、スマートオーディンは末脚に懸ける。ゴール前で態勢が一変。


    競馬予想サイト レープロの無料予想が激アツなの知っているw

    rep


    これだけの無料コンテンツを誰でも無料・しかも匿名性の高いフリーメールで登録できます。

    競馬レープロへ行く



    新潟大賞典予想|2019年|直前情報まとめ

    chokuzen

    ヤフーニュースより
    【新潟大賞典】追って一言

     
     ▼アウトライアーズ(小島師)本当にいい頃の感じではないが恥ずかしくない出来。脚は持っているので使い方次第。  
     
     ▼アストラエンブレム(小島師)さほどやらなくてもこの時計。肩の張りが取れてくれば。  
     
     ▼エアアンセム(吉村師)2週連続で吉田隼騎手に乗ってもらった。ここ最近では一番いい。  
     
     ▼クリノヤマトノオー(和田)最後だけ気合をつけた。状態は変わっていない。展開がうまくハマれば。  
     
     ▼サンデーウィザード(大久保師)馬場が悪い中でも動きは良かった。前走と比べてもいい感じ。  
     
     ▼ショウナンバッハ(上原師)動きは悪くない。前2戦は緩い馬場が響いた。左回りの2000メートルはベスト。  
     
     ▼ダッシングブレイズ(斉藤崇師)動きが良く調子はいい。前走も差はなかった。折り合いに進境も見られる。  
     
     ▼ドレッドノータス(金羅助手)中1週で輸送もあるのでサラッとやった。思ったより時計が出た。  

     ▼ブラックスピネル(生野助手)ビッシリとやったので、これで良くなってくれれば。重賞でやれる力は持っている。  

     ▼ミッキースワロー(菊沢師)中間、十分乗り込んだ。新潟は初めてだが、しまいの脚を生かすにはいいと思う。  

     ▼ランガディア(木村師)動きは良かった。左回りの広いコースは合っている。

    【新潟大賞典】厩舎の話

     
     ◆エアアンセム・吉村師 「いい意味で変わらないが、ここ最近では一番かもしれない」  
     ◆スズカデヴィアス・児玉助手 「いい動き。使ってよくなるタイプで、(8歳でも)馬自身は元気ですよ」  

     ◆ミッキースワロー・菊沢師 「仕掛けたらビュッとはじけそうだった。今後に向けて賞金を加算したい」  

     ◆メートルダール・戸田師 「前走はメンバーが強く、馬場も合わなかった。コースとの相性はいい」  

     ◆ランガディア・木村師 「体調面の問題はクリアされているし、左回りの広いコースの方がいい」  

     ◆ロシュフォール・木村師 「最後はビュッと伸びたが、向こう正面では遊んでいた。半信半疑のところがある」

    競馬予想サイト レープロの無料予想が激アツなの知っているw

    rep


    これだけの無料コンテンツを誰でも無料・しかも匿名性の高いフリーメールで登録できます。

    競馬レープロへ行く



    天皇賞(春)予想|2019年|直前情報まとめ

    chokuzen

    ヤフーニュースより
    【天皇賞・春】枠順の明暗

     
     〈栗東トレセン〉  
     
     リッジマンは、過去最多の13勝を挙げる〔3〕枠(3)番。2位が(1)、(7)番の9勝だから圧倒的だ。花田助手は「行く馬が何頭かいますし、内で脚を温存して、自分から動いて行ければ。あとはジョッキーにお任せします」と冷静に話した。  

     カフジプリンスは〔5〕枠(6)番。安藤助手は「いいところだと思うのでうまくさばいてこられれば」と語った。  

     パフォーマプロミスは〔6〕枠(8)番。昭和最後の同レースでタマモクロスが勝利している。田代助手は「ゲート後入れの偶数枠はいいね。積極的に自分の競馬ができれば」と力を込めた。  

     2頭出しの友道厩舎。ユーキャンスマイルは〔6〕枠(9)番で、友道調教師は「そんなに頭数が多くないので気にしていなかったけど、内を見ながら競馬ができる」と語った。今回、唯一の未勝利の番号だが、気にしていない。エタリオウは、〔2〕枠(2)番を引いて「3200メートル走りますからね。ここならロスなくじっくり運べる」と大江助手。  

     クリンチャーは外めの〔8〕枠(12)番。過去10年で2勝を挙げており、昨年の勝ち馬レインボーラインとも同馬番だ。「内が欲しかったね」と宮本調教師は渋い表情だったが「仕方がないし、状態は1回使ってよくなっている。あとは三浦騎手に任せます」と前を向いた。  

     〈美浦トレセン〉  

     グローリーヴェイズは〔5〕枠(7)番。2014年フェノーメノなど過去2位タイの9勝を挙げている。「どれだけ外でも((18)番の)菊花賞より外ということはないので(笑)。特に問題ないでしょう。(前に)行く馬が内にいるので、さらに内々で運べそう」と尾関調教師。  

     菊花賞馬フィエールマンは〔7〕枠(10)番。05年スズカマンボV以来、連対のない馬番だが「少頭数なので枠順はそれほど気にしていません。そつなく運んでくれるでしょう」と大村助手に動じた様子はない。

    【天皇賞】傾向と対策

     
    過去10年の結果から傾向を探る。

     ☆人気 1番人気は【1・1・0・8】と不振。17年にキタサンブラックが11年ぶりに1番人気で勝利した。【5・0・2・3】の2番人気が最多勝。  

     ☆枠順 4枠から内が8勝と内枠有利。1枠が5勝と断然。7、8枠はともに2着が2度あるが未勝利。  

     ☆前走 阪神大賞典、日経賞、大阪杯からの臨戦がそれぞれ3勝ずつ。別路戦組は10年にジャガーメイルが京都記念2着から優勝したのみ。勝ち馬のうち8頭は前走も連対していた。  


     結論 ◎エタリオウ ○カフジプリンス ▲メイショウテッコン

    【天皇賞(春)】クリンチャー、リベンジだ 宮本師「4角先頭のイメージで競馬を

     「天皇賞(春)・G1」(28日、京都)  リベンジに燃えている。昨年3着のクリンチャー。決戦を翌日に控えた27日、栗東坂路で4F64秒0-16秒0を計時して最終調整を終えた。

     宮本師は「落ち着いていましたし、思った通りに仕上がりました」と好感触。状態に不安はない。「上積みはあると思いますし、4角先頭のイメージで競馬を。あとはジョッキーに任せます」と逆転の構図を描いていた。

    春盾3勝横山典ロードヴァンドール前走以上/天皇賞

      
     天皇賞・春(G1、芝3200メートル)は今日28日、京都競馬場で発走する。 大外枠でも、父ダイワメジャー×母父ストームキャットでも、やっぱり怖いのがロードヴァンドールだ。27日朝の最終調整は、雨上がりの坂路で4ハロン71秒8。栗毛の馬体を揺らしながら、ゆったりとした脚取りで駆け上がった。藤野助手は「順調。前走よりいいと思う。以前は緩い馬で、2歳の時なんかは歩様も良くなかったけど、今はしっかりしてきた」と上積みを見込んでいる。

      昭和の時代から「長距離は騎手で買え」という格言がある。

     鞍上は横山典騎手。春の盾では96年サクラローレル、04年イングランディーレ、15年ゴールドシップと3勝を挙げている。内のヴォージュが「何が何でも逃げる」(西村師)と宣言しており、名手の手綱さばきはレースの勝敗を左右する。「枠はよろしくないけど、ジョッキーがどう乗るか。お任せします」と藤野助手。目が離せない1頭だ。【太田】


    競馬予想サイト レープロの無料予想が激アツなの知っているw

    rep


    これだけの無料コンテンツを誰でも無料・しかも匿名性の高いフリーメールで登録できます。

    競馬レープロへ行く



    このページのトップヘ