競馬予想@競馬総合情報

競馬予想@競馬総合情報!、競馬予想で的中ラッシュするためにいろいろな視点からを作成しています。競馬予想データ、競馬ニュース、競馬情報など

    banazz

    直前情報

    新潟2歳予想|2019年|直前情報まとめ

    chokuzen

    ヤフーニュースより
    【札幌記念】夕刊フジ・調教チェッカーズ 厳選3頭教えます


     21日の美浦Pコースで俊敏な動きを見せたのがタイムマシン。5歳1勝クラスの胸を借り、2馬身追走から4角で内から併せると、直線追われてラスト1F11秒8(5F68秒3)と鋭く伸びた。脚さばき、気合乗りともに申し分なく、夏場でも元気いっぱいだ。  
     
     シコウは同日の美浦坂路で抜群の動きを披露。激しく追われる内の5歳1勝クラスを尻目に馬なりで1馬身先着した。残り2Fを11秒7-12秒8でまとめつつ、4F51秒4はこの日の2歳馬で2番目に速いもの。スピードの質は非常に高い。  

     ペールエールは21日の栗東坂路で4F54秒9。時計は目立たないが、躍動感のある動きが目を引いた。1週前にCW6F83秒2をマークしており、調整過程に狂いはない。(夕刊フジ)

    展開を読む【新潟2歳S=平均ペース】

     ビッククインバイオがマイペースの逃げ。競りかける馬はおらず、ゆったりとした流れになる。4角で馬群がグッと一団に凝縮。

     後方待機ウーマンズハート、モーベットは大外へ。余力十分の先行勢も粘るがゴール前で大勢が一変する

    【新潟2歳S】傾向と対策

     過去10年の結果から傾向を探る。  

    ☆前走条件 連対20頭の内訳は新馬V13頭、未勝利V5頭、ダリア賞2頭。新馬勝ちが優勢も、最近は4年連続で未勝利組が連対。  

    ☆前走場所 新潟組が6勝2着4回で優勢。中京組が3勝2着1回、東京組が4連対で続く。左回りで結果を出してきた馬が有利。  ☆前走距離 7Fと8Fが5勝ずつで互角。6、9Fからの転戦は苦戦傾向。  

    ☆性別 牡馬が14連対とリード。牝馬は4勝を挙げているが、全て牡馬相手に勝利していた。  

    結論 ◎タイムマシン 〇ペールエール ▲エレナアヴァンティ


    競馬予想サイト レープロの無料予想が激アツなの知っているw

    rep


    これだけの無料コンテンツを誰でも無料・しかも匿名性の高いフリーメールで登録できます。

    競馬レープロへ行く



    北九州記念予想|2019年|直前情報まとめ

    chokuzen

    ヤフーニュースより
    【覆面記者の耳よりトーク】北九州記念

     今週の『覆面記者の耳よりトーク』は、北九州記念を徹底取材。ハンデ戦ながら重い斤量を背負う馬の評判がよかった。連覇を目指す57・5キロのアレスバローズ、4連勝中で56・5キロのミラアイトーンは外せないか。対して逃げ馬のモズスーパーフレア、3歳のディアンドルには不安視する意見が出た。  

    記者A 今年のハンデは上下幅が6・5キロ差か。いかに実績があっても、重い斤量の馬は気になるよな。  

    記者B いやいや今年は違いますよ。G調教師は「今年のメンバーなら、実績のある年長馬が一枚上じゃないかな」と話してくれました。  

    記者A 連覇を狙うアレスバローズは、57・5キロでトップハンデか。  

    記者B 去年より1・5キロ重くなりますが、地力信頼の手でしょう。夏にも小倉にも強く、前走のCBC賞は苦手の道悪でも2着になったように充実一途。追い切りの動きからもデキのよさが伝わってきました。  

    記者C 56・5キロのミラアイトーンは、1200メートル戦を使い出してから4連勝。「気性的にも最適距離なんだろうね。前走(鞍馬S)は発馬が悪く、道中も再三、前が壁になりながらラスト1ハロンだけで突き抜けた。この距離ならGI級の能力がある」とJ助手は分析しています。  

    記者D L騎手は「スタートから少し坂で下っていて、重賞で逃げ、先行馬が多いとオーバーペースになりやすいんですよね」とコメント。過去10年を振り返っても逃げ馬は苦戦しておりモズスーパーフレアを含めて、今年も先行勢は苦しいかも。  

    記者B 5連勝中の3歳牝馬ディアンドルが注目を集めますが、こちらも先行馬。「初の年長馬相手だし、戦ってきた相手はそれほど強くない。厳しい戦いは覚悟しないとな」と、P厩務員は冷静に分析していました。

    展開を読む【北九州記念=ハイペース】

     モズスーパーフレアがハナを主張。イエローマリンバ、ラブカンプーが追う。前を見ながら運ぶディアンドル、ミラアイトーンに向く流れ。4角からアレスバローズなども末脚を伸ばすが、先行勢も強力で極端な追い込みは厳しいか。

    【北九州記念】傾向と対策

     過去10年の結果から傾向を探る。  

    ☆性別 牝馬が5勝、2着6回、3着6回。勝率、連対率ともに牡馬を上回る。1~3着を牡馬が独占した年はない。  

    ☆枠順 1~9番枠が【8・5・6・71】で、内枠が優勢。2桁馬番で勝利した2頭はともに差し馬だった。  

    ☆前走 アイビスSD組が3勝、2着3回、3着4回とリード。佐世保S組、バーデンバーデンC組が2勝ずつ。  

    ☆ハンデ 重量56キロの連対は2頭のみ。56・5キロ以上になると3着以内もない。軽ハンデ馬の激走に注意。  

    結論 ◎ディアンドル ○ダイメイプリンセス ▲クインズサリナ


    競馬予想サイト レープロの無料予想が激アツなの知っているw

    rep


    これだけの無料コンテンツを誰でも無料・しかも匿名性の高いフリーメールで登録できます。

    競馬レープロへ行く



    札幌記念予想|2019年|直前情報まとめ

    chokuzen

    ヤフーニュースより
    【札幌記念】夕刊フジ・調教チェッカーズ 厳選3頭教えます

     1番手はブラストワンピース。  新陳代謝の進む夏場が本質的に得意なのか、滞在する函館での動きが実に軽快。14日は直線持ったままで、格下相手に脚力の違いを発揮して1馬身先着した。頭の高さは相変わらずだが、道中のスピードの乗りも休み明けとは思えないほど。GPホースが好ムードだ。  
     クルーガーは重心の低いフォームで力強いフットワーク。丸山騎手とのコンタクトもスムーズで、ラスト1F11秒5と鋭く伸び切った。帰国初戦ながら気合乗りも上々で、態勢は整った。  
     クロコスミアは気配がすっかり安定。3カ月ぶりも、四肢をリズミカルに繰り出すこの馬らしいフットワークで駆け抜けた。高速決着だったヴィクトリアマイル(3着)の疲れもすっかり取れた様子で、相性のいい洋芝で先行力を遺憾なく発揮できそうだ。(夕刊フジ)

    展開を読む【札幌記念=平均ペース】

     逃げ候補のロードヴァンドールは最近控える競馬が目立つ。エイシンティンクルかクロコスミアがハナを叩くか。ブラストワンピース、フィエールマンは流れに応じての仕掛け。直線はワグネリアンも末脚を伸ばし実力馬同士の叩き合い。

    【札幌記念】傾向と対策

     
     過去10年の結果から傾向を探る(13年は函館)。  
    ☆人気 1番人気は【2・5・1・2】と大崩れは少ない。2番人気が最多3勝、5番人気が4連対と健闘している。  
    ☆性齢 4~6歳が3勝ずつと拮抗。3歳1勝で、7歳以上の勝利はない。牝馬は出走頭数こそ少ないが【2・1・3・18】と好走歴も多く、割引は必要ない。  
    ☆前走 函館記念組が3勝、2着3回、3着3回。10、14、18年は前走G1組が1~3着を独占しており、実績上位組も外せない。  
    結論 ◎フィエールマン ○ステイフーリッシュ ▲クロコスミア


    競馬予想サイト レープロの無料予想が激アツなの知っているw

    rep


    これだけの無料コンテンツを誰でも無料・しかも匿名性の高いフリーメールで登録できます。

    競馬レープロへ行く



    ラジオNIKKEI賞予想|2019年|直前情報まとめ

    chokuzen

    ヤフーニュースより
    【ラジオNIKKEI賞】ミスターX “素質馬”ブレイキング重賞初Vへ

      
     福島11R・ラジオNIKKEI賞はヴィクトワールピサ産駒のブレイキングドーンを本命に指名する。デビュー2戦目の昨年11月・京都2歳Sではクラージュゲリエと激しい叩き合いを演じて2着。続くホープフルSでも積極的な競馬で5着に食い込んだ。今年に入っても弥生賞(3着)、皐月賞(11着)と世代の一線級と戦ってきた。  

     前走の京都新聞杯で6着に敗れた後は放牧へ。リフレッシュ効果はてきめんで、調教の動きがガラリと変わってきた。福島コースは初めてだが、中山でも好走歴があるように輸送&小回りコースは大丈夫。世代上位の実力を持つ素質馬がここで重賞初Vを決める。(14)から(2)(3)(10)(16)。  

     中京11R・CBC賞は3歳牝馬アウィルアウェイに期待する。新馬→ダリア賞とデビュー2連勝を飾った素質馬。続く京王杯2歳Sでも牡馬ファンタジストと叩き合い。鼻差の2着に入った。今年に入ってからはフィリーズレビュー7着、桜花賞10着と着順を落としたが、距離を短縮した前走の葵Sでは3着と復調のきっかけをつかんだ。  

     左回りは【1・1・0・0】、1200メートル戦は【1・0・1・0】とともに得意。久々のスプリント戦だった前走は前半戸惑い、流れに乗れない場面があった。慣れが見込める今回はさらに前進が可能。重量51キロも恵まれた印象。初コンビ浜中とともに重賞初勝利だ。(13)から(2)(3)(4)(7)。

    【ラジオNIKKEI賞】傾向と対策

     
     過去10年の結果(11年は中山)から傾向を探る。  

    ☆人気 1番人気は【2・3・1・4】。2番人気が【4・1・1・4】とともに連対率5割。5番人気以下は3勝で、15頭が馬券に絡んでいる。  

    ☆ハンデ 56キロ以上が3勝、55キロが1勝に対して54キロが6勝と断然。52キロ以下は一頭も馬券に絡んでいない。  

    ☆脚質 4角10番手以下から優勝したのは13年ケイアイチョウサンのみ。好走には先行力が必要不可欠。  

    結論 ◎ヒシイグアス ○ディキシーナイト ▲インテンスライト

    【展開を読む】ラジオNIKKEI賞=平均ペース

     
     ランスオブプラーナは外枠でもハナが理想。行き切れば流れは落ち着くがサヴォワールエメ、ヒシイグアスの出方が鍵。ダディーズマインドも先行争いに加われば思わぬ激流の可能性も。基本は先行有利も、差し馬の台頭も十分ある。


    競馬予想サイト レープロの無料予想が激アツなの知っているw

    rep


    これだけの無料コンテンツを誰でも無料・しかも匿名性の高いフリーメールで登録できます。

    競馬レープロへ行く



    CBC賞予想|2019年|直前情報まとめ

    chokuzen

    ヤフーニュースより
    【CBC賞】近年は高速化が進んでいる/コース解説

      
     30日に中京競馬場で行われるCBC賞(3歳上・GIII・芝1200m)の舞台となる中京芝1200m。このコースについて解説していく。 
      
     中京競馬場は1周距離が1706m。コース全体の高低差は3.5mとタフなコース設定だ。ゴール前の直線は412.5mで、直線半ばに約2mの急坂が待ち構えている。  向正面直線半ばからのスタート。初角となる3コーナーまでは315mほど。スタートから120mほどは緩やかな上りで、そこからは700mほど下りが続く。残り340m地点から100mほどで急坂を上り、そこからさらに緩やかな上り坂を経てゴールとなる。  

     3回中京開催は今週からスタート。前半4日間をAコース、後半4日間をBコースで行う。  中京競馬場は2012年にリニューアルオープンしているが、コース改修直後は時計を要し、差し馬の台頭が非常に目立っていた。実際、このCBC賞も、時期的に重馬場になりやすいこともあるが、12年~15年は全て1分8秒台から9秒台での決着。

     しかし、近3年は1.07.2、1.08.0、1.07.0となっており、明らかに高速化が進んでいる。しかも連対馬6頭中5頭が33秒3よりも速い上がりを使っていた。良馬場ならば、中団から速い上がりを使えるのが好走条件と言えそうだ。

    【CBC賞】傾向と対策

     
     過去10年の結果から傾向を探る。    
    ☆人気 1番人気は【2・1・1・6】。2番人気が【3・1・1・5】、4番人気が【3・1・0・6】と活躍が目立つ。5番人気以下の優勝は1頭だけで、伏兵馬の台頭は意外に少ない。  
    ☆前走 高松宮記念組が【2・1・2・9】、安土城S組が【2・1・1・12】でややリード。  

    ☆ハンデ 56キロが【3・1・4・20】で最も成績がいい。

    55キロが【1・2・1・22】、57・5キロが【1・2・0・2】で続く。58キロでは13年マジンプロスパーが優勝。  

    結論 ◎ショウナンアンセム ○レッドアンシェル ▲セイウンコウセイ

    【展開を読む】CBC賞=Hペース

     
    グランドボヌールが最内枠からハナを奪うが、セイウンコウセイも徹底先行の構え。6F戦らしい息の入らない流れになる。ビップライブリー、レッドアンシェル、アウィルアウェイが続き、ショウナンアンセムは中団から直線勝負へ。


    競馬予想サイト レープロの無料予想が激アツなの知っているw

    rep


    これだけの無料コンテンツを誰でも無料・しかも匿名性の高いフリーメールで登録できます。

    競馬レープロへ行く



    このページのトップヘ