競馬予想@競馬総合情報

競馬予想@競馬総合情報!、競馬予想で的中ラッシュするためにいろいろな視点からを作成しています。競馬予想データ、競馬ニュース、競馬情報など

    banazz

    キーランドカップ

    キーンランドカップ|2017年|予想オッズまとめ

    yosouodds

    競馬で勝ちたい・儲けたい
    そんな貴方様に・・・競馬劇場
    無料コンテンツ4つは完全オリジナル
    そんな無料コンテンツが見れる
    競馬劇場が熱い
    keibakaigi


    ヤフーニュースより

    『新潟2歳S』レース展望
       札幌では日曜メインにサマースプリントシリーズ(全6戦)の第5戦となるキーンランドC(27日、GIII、芝1200メートル)が行われる。今年はフルゲート16頭のところ登録は14頭にとどまったが、夏場に使われてきた馬、秋に向けて始動する実績馬など、多士済々な面々がそろった。

     近走の内容から絶対的な存在がおらず混戦模様を呈しているが、総合力ではソルヴェイグ(栗東・鮫島一歩厩舎、牝4歳)が上位。昨年の函館スプリントSをコースレコードで快勝すると、キーンランドCは立ち遅れて位置取りを悪くしながら4着に善戦した。続くスプリンターズSはタイム差なしの3着。前走のヴィクトリアマイルも逃げて見せ場十分の5着(0秒3差)と、GIでも上位のスピードを示している。中間の放牧で馬体はさらに成長し、1週前も函館Wコースで一杯に追われて5ハロン67秒5-12秒7と上々の動き。得意の洋芝で、久々の重賞Vのチャンスだ。

     マイル路線からスプリントへ矛先を向けてきたのがモンドキャンノ(栗東・安田隆行厩舎、牡3歳)。昨年は京王杯2歳Sを制し、続く朝日杯フューチュリティSでも2着と世代上位の力を見せた。戴冠を狙った前走のNHKマイルCは好位から一杯となり9着。安田翔伍技術調教師によると「朝日杯はスローのヨーイドンでメリハリのある競馬が良かったけど、前走のように速いペースが続く流れでは集中力が続かない。1200メートルなら集中力が増す」そうで、距離短縮で真価発揮を期す。札幌へ入厩後も順調に調整。函館2歳Sで2着に好走したように洋芝への適性も高く、2つ目のタイトル奪取は十分にある。

     ブランボヌール(栗東・中竹和也厩舎、牝4歳)は昨年の覇者。その後はスプリンターズS11着、シルクロードS13着、函館スプリントS9着と惨敗続きだが、今回は叩いての上積みが見込める。函館&札幌の洋芝では【3・0・0・1】と相性抜群。函館に入厩後はカイバ食いが良く、落ち着きも目立ち、巻き返しがあっても不思議はない。

     舞台適性ではイッテツ(美浦・斎藤誠厩舎、牡5歳)も引けを取らない。昨秋のオープン昇級後は距離を延ばしたり、ダート戦に挑んだりと活躍の場を探っていたが、2走前の函館スプリントSで5着に善戦すると、続くUHB賞でオープン初勝利をマーク。札幌では【3・1・2・0】と全て馬券圏内で、7~9月も【4・1・2・0】と同様に抜群の安定感がある。勢いに乗って、重賞初制覇を狙う構えだ。

     シュウジ(栗東・須貝尚介厩舎、牡4歳)は小倉2歳S、阪神Cと重賞を2勝。今年に入って8、15、10着と不振にあえいでいるが、前走の函館スプリントSは逃げて前半3ハロン32秒2のハイペースでは大敗も仕方ない。昨年の函館スプリントS、キーンランドCでともに2着と、洋芝適性は確かだ。ワールドオールスタージョッキーズ(WASJ)出場のため、昨年に続き騎乗がかなったモレイラ騎手は、前週の土日で7勝、2着4回と大暴れ。58キロは楽ではないが、名手の手綱で復活が期待される。

     ヒルノデイバロー(栗東・昆貢厩舎、牡6歳)は今年のGII、GIIIで4、2、4着と安定した走りが光る。前走のUHB賞でもイッテツからクビ差の2着に好走し、当舞台への適性を示した。今年8戦目で状態の維持が鍵となるが、力を発揮できれば上位が望めそうだ。

     9歳を迎えたエポワス(美浦・藤沢和雄厩舎、セン)だが、3走前に大阪-ハンブルクCを勝つと、続く函館スプリントSでも3着と健在ぶりをアピールした。前走のUHB賞は7着に敗れたが、3~4コーナーで内から他馬にぶつけられてリズムを崩したことが影響。得意の札幌コースで巻き返しを狙う。

     ナックビーナス(美浦・杉浦宏昭厩舎、牝4歳)はオープン特別3勝馬で、2走前は夕刊フジ賞オーシャンSで2着に好走と着実に力をつけてきた。昨年のキーンランドCでは0秒3差の5着に善戦し、その後良馬場では1、2、1、2着と連対を外していない。成長した今、馬場が良ければ重賞取りも可能な雰囲気だ。

     ノボバカラ(美浦・天間昭一厩舎、牡5歳)はダートで重賞3勝の実績馬。初芝の前走・函館スプリントSは7着に敗れたが、上がり3ハロンはメンバー最速の33秒5をマークした。芝2戦目で慣れが見込めるだけに侮れない。

     昨年の京阪杯を制したネロ(栗東・森秀行厩舎、牡6歳)は、近2走が2桁着順と今ひとつだが、時計がかかった方がいいタイプだけに、初めての洋芝が向く可能性もある。WASJで参戦する中野省吾騎手(船橋)とのコンビが起爆剤となれば面白い。

     その他、前走のバーデンバーデンC勝ちで好位からの競馬を身につけたフミノムーン(栗東・西浦勝一厩舎、牡5歳)、全2勝が1200メートルで、ニュージーランドT2着の実績も光るメイソンジュニア(栗東・渡辺薫彦厩舎、牡3歳)なども上位をうかがう。混戦を断ち切るのは果たしてどの馬か-。
    【キーンランドカップ|2017年|予想オッズまとめ】の続きを読む

    5
    キーンランドカップC予想|2016年|調教・追い切り

    競馬好きには見逃すなwwwww←くま速

     UHB賞4着のオメガヴェンデッタは、前日に函館から札幌に移動し、芝コースでオウケンビリーヴ(1000万下)と併せ馬。馬なりで5ハロン69秒7、3ハロン38秒0-12秒4をマークして、併入した。全体のタイムは平凡ながらキビキビとしたフットワークで体調は良さそうだ。

     「函館からの輸送で体も減っていなかったし、きょうは3コーナーあたりで手前を替えてから真面目に走っていました。前走は調整で難しいところがあって(前走後の)反動が怖かったけど、上積みの方に出て安心しました」と、安田翔助手は笑顔を見せていた。



    ベストレコードの予想が注目しています
    これだけの無料コンテンツ
    見逃すな


    bestre





    【キーンランドカップC予想|2016年|調教・追い切り】の続きを読む

    5
    キーンランドカップ予想|ソルヴェイグについてまとめてみました

    <キーンランドC:追い切り>

     キーンランドC(G3、芝1200メートル、28日=札幌)の追い切りが24日、札幌、函館の両競馬場で行われた。函館スプリントS覇者ソルヴェイグ(牝3、鮫島)は札幌芝コースで軽快な走りを披露。厩舎の先輩パドトロワ(12年)、リトルゲルダ(14年)に続くサマースプリントシリーズ王者へ向けて、順調な仕上がりをアピールした。

     台風一過の札幌で容赦なく降り注ぐ太陽の光を浴びながら、ソルヴェイグが躍動した。札幌芝コースで5ハロン67秒2-12秒7。栗東でも稽古に騎乗する田中博騎手(レースは丸田)が「リズムよく加速できたし、キャンターの1歩目から良かったです」と好感触を伝えると、上着を脱いでシャツの袖をまくった鮫島師が「うん、いい感じだね」とニコニコ顔で人馬を出迎えた。

     最終戦セントウルS(9月11日)を残しているが、勝てば厩舎3頭目のサマースプリント王者へ大きく近づくことになる。「夏に強い厩舎? 牝馬が強い? それはあまり意識してないよ」と鮫島師は気にするそぶりは見せないが、ソルヴェイグには底知れぬものを感じている。桜花賞は直線の不利で17着に敗れたが、「(適距離は)マイルぐらいかな」との思いが今もある。「ただ、スタートがいいから速い馬についていける。前走はシュウジにやられたと思ったけど、この子は勝負根性がある。オンとオフがはっきりしているし、改めてスタートの良さとスピードを感じました」。

     前走後は社台ファームでのリフレッシュ放牧を挟み、函館で先月末から乗り込んできた。先週金曜の札幌入り後も落ち着いた様子で調教をこなしてきた。「息もできているし、体も仕上がっている。相手も強くなって、(負担重量)2キロプラスもあるけど、スムーズなレースができれば楽しみです。毛づやもいいし、今は本当に状態がいいから。枠はどこでも。スタートさえ決めてくれれば」と、力強く話す鮫島師。この日の動きを見届け、好勝負を確信した。【木南友輔】

     

    前走函館SSでお見事勝利

     

    9番人気で勝利・・・・。外枠から見事だった。

     

    フィリーズレビューでも8番人気勝利

     

     


    ここを信頼しましょうwwwww
    競馬ファンなら無料予想でチャンスしましょう

    ホースキング

    hosukin

    【キーンランドカップ予想|ソルヴェイグについてまとめてみました】の続きを読む

    5
    キーンランドカップ予想|予想オッズ|1番人気シュウジ

     札幌の日曜メインはサマースプリントシリーズ(全6戦)の5戦目、第11回キーンランドC(28日、GIII、芝1200メートル)。登録はフルゲート(16頭)を割る14頭にとどまったが、実力伯仲の好メンバーがそろった。

     中心は函館スプリントS(芝1200メートル)組だ。1分7秒8のコースレコードで勝った3歳牝馬ソルヴェイグ(栗東・鮫島一歩厩舎)はここも勝てば10ポイントを加算して20ポイントとなり、ベルカント(19ポイント)を抜いて首位へ。サマースプリントシリーズ制覇にグッと近づく。マイルの桜花賞(17着)以外は全て1200メートル~1400メートルで掲示板を確保しているように安定性十分。今回は斤量が2キロ増えて52キロとなる点が鍵だが、持ち前のスピードを生かせれば連勝も十分にある。

     シュウジ(栗東・須貝尚介厩舎、牡3歳)は前走でソルヴェイグとハナ差の2着に敗れたが、スプリント路線に戻って復活の気配が漂う。昨年は7月のデビューから中京2歳S、小倉2歳Sと3連勝を飾っており、暑い時期にも強いタイプ。香港の名手、ジョアン・モレイラを背に本領発揮となりそうだ。

     同3着の2015年桜花賞馬レッツゴードンキ(栗東・梅田智之厩舎、牝4歳)も久々に馬券に絡む走りを見せて復調ムード。1200メートルは3走前の高松宮記念(8着)でも経験しており、ペース慣れが見込める。ここを勝って、一流スプリンターへの道を突き進むか。

     同4着アクティブミノル(栗東・北出成人厩舎、牡4歳)も昨年のセントウルSを勝ち、今春の高松宮記念で4着に入った実力派。以前は逃げ馬だったが、今は脚質に幅が出てきた。状況に応じた競馬ができるのは強みだ。今回は、同じ別定戦ながら58キロを背負う点がポイントだろう。

     エポワス(美浦・藤沢和雄厩舎、セン8歳)も忘れてはいけない。札幌芝1200メートルのレコードホルダー(1分7秒5)で毎年、北海道シリーズをにぎわせる洋芝巧者。今年は函館スプリントS5着からUHB賞2着を挟んでの参戦だが、9着に終わった昨年よりローテーションに余裕があり、8歳ながら状態もフレッシュだ。ミルコ・デムーロ騎手との新コンビも魅力がある。

     他路線では昨年の函館2歳Sの覇者ブランボヌール(栗東・中竹和也厩舎、牝3歳)が有力。案外なレースが続いていたが、1200メートルでは2戦2勝と底を見せておらず、前走のNHKマイルCでも0秒3差の6着と復調の兆しを見せている。洋芝も得意(函館芝で2戦2勝)で斤量は51キロ。鞍上に戸崎圭太騎手を配して重賞2勝目を狙う。

     3歳馬では、函館スプリントS7着、UHB賞5着のオデュッセウス(美浦・手塚貴久厩舎、牡)も軽視は禁物。今回は米国のヴィクター・エスピノーザ騎手が騎乗するだけに注目したい。

     函館の条件戦を連勝してきたホッコーサラスター(栗東・飯田祐史厩舎、牝5歳)、昨年の京阪杯でのちの高松宮記念勝ち馬ビッグアーサーを破ったサトノルパン(栗東・村山明厩舎、牡5歳)、大崩れのないオメガヴェンデッタ(栗東・安田隆行厩舎、セン5歳)も侮れない。

     


    ネット競馬の予想オッズ

    1番人気 シュウジ 2.9
    2番人気 ソルヴェイグ 4.8
    3番人気 レッツゴードンキ 5.6
    4番人気 オメガヴェンデッタ 8.6
    5番人気 アクティブミノル 9.5  


    週間競馬ブック(印)

    1番人気 シュウジ
    2番人気 レッツゴードンキ
    3番人気 ソルヴェイグ
    4番人気 エポワス
    5番人気 ブランボヌール



    競馬ファンならここをチェックしますwwww

    ベストレコード

    ここの無料予想をチェックしますwwww

    bestre
    button3-4-u


    5
    キーンランドカップ予想|予想・直前情報まとめ
     
    【キーンランドカップ予想|予想・直前情報まとめ】の続きを読む

    このページのトップヘ