マイルCS|2021年|注目馬の馬体診断


ヤフーニュースの馬体診断と気になった馬を扱っています。




batais





注目馬の馬体診断ニュース


「広告」馬体はここで学べ
勝鞍
2021-09-28_01h54_41



マイルCSの馬体診断
(気になった馬をヤフーニュースから引用しています)


ヤフー(引用元)
https://news.yahoo.co.jp/articles/378b447d781b12c2ecf015a12ed558e274eb4b22

 シュネルマイスター 評価A
 
 【シュネルマイスター A】
 前走の毎日王冠から雰囲気はガラッと変わったが、今回は背の高さに見合った筋肉が付いて、ムキムキ感が増した仕上がり。とりわけトモのボリューム感、肩回りの筋肉量は申し分なし。パーツ、パーツに厚みが出た中でも、締まるところが締まり、体のラインをはっきりと見せるようになっている。胸を起こして、堂々とした立ち姿。絶好の出来に映る。
(馬サブロー美浦・佐野裕樹)
 
〈1週前追い切り診断〉
 横山武を背に美浦Wで5F66秒8-37秒1-11秒2(直強め)。前をあっさりととらえると、直線はゴーサインに瞬時に反応。脚力の違いで突き抜けた。バネが素晴らしく、ハツラツとした動きを見せている。

ヤフー(引用元)
https://news.yahoo.co.jp/articles/31365603585d059d241db22c73f9454579357068
 グレナディアーズ 評価A

 今春のNHKマイルC当時は、脚長でトモ高の体形。まだ全体的に筋肉量が物足りず、いかにも若駒らしい体つきだった。ともすればマイル以下の距離が適しているように感じられたが、ひと夏を越して胴が長くなりトモ高の体形も解消。トモと上腕三頭筋(じょうわんさんとうきん)の筋肉量も増加している。  

 フランケル産駒らしく胴体に厚みがあるのもいい傾向で、だいぶ大人の体形に近づいてきたようだ。休み明けを叩かれたことで馬体に張りが増して、前腕と下腿(かたい)に血管がくっきりと見えているように皮膚が薄くなった。前走時より明らかに状態は上向いている。(馬サブロー栗東・竹原伸介)  

〈1週前追い切り診断〉
 池添を背に栗東CWで6F82秒2-36秒5-11秒3(一杯)。プログノーシス(3歳2勝クラス)を3馬身追走して2馬身先着した。テンをゆっくり入ったため全体時計は水準だが、半マイルからスピードアップすると、ラストは鋭く伸びてきた。休み明けを叩いて気配も上向いている。


ヤフー(引用元)
https://news.yahoo.co.jp/articles/aa1201f2b0806fe09867c8501386dd6a7626ce95
 グランアレグリア B評価

 ふっくらとした馬体、柔らかみのある筋肉の質を維持。前回と比べると前傾姿勢での映りになったことで、背中の短さ、前脚の短さが強調されているが、体調自体は何ら問題ない。寒くなってもしっとりと見せる肌の質感は、代謝がいい証拠。大幅な上積みはなくとも、出来は高いレベルで安定している。
(馬サブロー美浦・佐野裕樹)  

〈1週前追い切り診断〉
 美浦坂路で4F57秒8-41秒2-13秒8(馬なり)。速い時計はなくとも、15-15を中心に緩めずに乗り込まれている。シャープな走りで硬さも一切なし。引き続き出来はいい。


管理人的にはホウオウアマゾン





バカみたいに無料予想を調査しているからわかる

菊花賞がおすすめの無料競馬情報サイト2社を紹介します。
(菊花賞の無料予想の公開が期待される2サイト)

※ ハピネス
※ ハナミチ