【有馬記念2020年】クロノジェネシスを軽視したい理由

keibadata





有馬記念、

昨年断然人気のアーモンドアイが馬群に沈んで
大きな配当になりました。

その要因の1つかなって思うのが
中山競馬場経験がなかったこと。


クロノジェネシスは有馬記念が初の中山競馬場。
コロナがなかったら香港?だったのかな。


雨降ったら話は変わりそうですけどね。。。



有馬記念、中山競馬場初だった馬。
注)2015年~手作業なのでミスがあったらすみません
注)ご指摘でまさかのリスグラシュー抜け

2015年~
19年
ワールドプレミア(3歳)
4番人気3着

ヴェロックス(3歳)
8番人気8着

アーモンドアイ
1番人気9着

18年
ブラストワンピース(3歳)
3番人気1着

スマートレイアー
16番人気13着

17年
プレスジャーニー
12番人気12着

16年
シュヴァルグラン
5番人気6着

ミッキークイーン
7番人気5着

15年
ルージュバック
6番人気10着

リアファル(3歳)
3番人気16着


3歳馬は斤量有利など来る要素があるけど
古馬はリスグラシューだけは来ている



面白いのはシュヴァルグラン
シュヴァルグラン
16年 有馬記念 6着

中山経験後
17年 有馬記念 3着
18年 有馬記念 3着


多少なりとも、中山競馬場経験が重要なのかもね。


それ以前、主な
中山初で上位人気で馬券圏外だった馬

10年
ペルーサ(3歳)
3番人気4着

09年 
ブエナビスタ(3歳)
1番人気2着

07年
ウオッカ(3歳)
3番人気11着

02年
ファインモーション(3歳)
1番人気5着

97年
メジロドーベル(3歳)
3番人気8着




ちなみに北村友一騎手、中山競馬場芝
2017年~
2020-12-21_10h59_08



1-4-1-4-4-17/31
勝率 19円
複勝率 51円






毎週、無料予想で結構大きい配当でています。
とりあえずチェック必至です。

2020-11-23_14h46_07
EXTRA(エキセトラ)公式サイトへ