日経賞予想|2019年|直前情報まとめ

chokuzen

ヤフーニュースより
【日経賞予想】ステイゴールド産駒2頭に期待/JRAレース展望

 優勝馬には天皇賞・春への優先出走権が与えられるレースで、阪神大賞典や大阪杯とともに天皇賞・春を目指す馬にとっては重要な位置にあるレース。実際、2013、14年に天皇賞・春を連覇したフェノーメノや、09年優勝馬マイネルキッツは、このレースをステップに天皇賞を制している。

 長距離の別定戦ではあるが、中山競馬場で行われた過去10回において1~3番人気馬は5勝2着3回3着4回。6番人気以下の馬も2勝2着5回3着5回と健闘している。昨年は条件クラスを勝ちあがってきた馬がワン・ツー・フィニッシュを決めているが、一昨年は日経新春杯2着シャケトラが勝って、アメリカジョッキーCC2着ミライヘノツバサが2着。16年は有馬記念の1,2着がそのままワン・ツー。基本的には重賞戦線を戦ってきた馬が有利という傾向がある。  

◎ルックトゥワイスは日経新春杯2着。これまで1番人気に支持されたデビュー戦と、重賞初挑戦となった昨年のアルゼンチン共和国杯以外はすべて5着以内をキープしている堅実派。昨年暮れは、同距離同コースのグレイトフルSをトップハンデで完勝しており、コースに不安はない。  

同じステイゴールド産駒の○エタリオウも侮れない。いまだ1勝馬ながらも菊花賞2着でダービー4着と世代トップクラスの成績を残している。今回は、菊花賞以来約5ヵ月ぶりの実戦でやや狙いを下げたが、天皇賞・春へ向けて結果を残しておきたいところだ。  

 3番手以下は混戦模様だが距離延長を味方にできそうな▲ブラックバゴに注目。中山金杯、京都記念ともに着順ほどは大きく負けておらず、展開次第では待望の重賞初勝利も夢ではない。  

 8歳になったとはいえレースぶりには力の衰えを感じさせない△サクラアンプルール、青葉賞勝ちの△ゴーフォザサミット、昨年の2着馬△チェスナットコートまで抑えておきたい。

【日経賞】傾向と対策

 過去10年の結果(11年は阪神開催)から傾向を探る。  
 
 ☆オッズ 単勝オッズ2・9倍以下の馬が【3・1・1・3】と優勢。次点で5~6・9倍の馬が【3・2・2・6】と活躍している。  

 ☆前哨戦 前走でジャパンC、有馬記念、AJC杯、日経新春杯を使った馬が7勝。昨年は1600万組がワンツーを決めたが、基本的には前述4競走を走った馬を優先。  

 ☆所属 馬は美浦組4勝、栗東組6勝。騎手で見ると美浦が【6・5・6・88】、栗東【4・5・4・15】。勝ち数こそ美浦組が優勢だが、好走率は圧倒的に栗東組。  

 結論 ◎ルックトゥワイス ○メイショウテッコン ▲クリンチャー11

展開を読む【日経賞=平均ペース】

 内枠を利してメイショウテッコンが行けばスロー必至。好位にカフェブリッツ、ルックトゥワイスは中団の前。チェスナットコート、エタリオウは後方待機。先行勢は余力十分の追走で、後方組は早めに動かないと厳しい。



競馬予想サイト レープロの無料予想が激アツなの知っているw

rep


これだけの無料コンテンツを誰でも無料・しかも匿名性の高いフリーメールで登録できます。

競馬レープロへ行く