天皇賞(春)予想|2018年|予想オッズまとめ

yosouodds



無料の予想で
競馬を勝ちたい・儲けたい
そんな貴方さまにはUMAチャンネル

充実の無料予想・・・
umachs

チャンピオンズカップでコパノリッキー買えたのはこのサイトのこの
無料コンテンツのおかげ

 トラックマンS(栗東担当者)

コパノリッキーが好調キープ出来ているようです。フェブラリーSの後リフレッシュされたことで走りがスムーズになりしっかり手前を変えて走れるようになったのがここ3戦の好走の原因のようです。前走も出遅れがなければ勝てていたかという競馬で、ここもうまく立ち回れば勝ち負けに加わってくるという感触です

ヤフーニュースより

3200mという舞台ながら、スピードが求められる/天皇賞・春展望


 このレースを2連覇したキタサンブラックが引退。また、キセキ、サトノダイヤモンドという菊花賞勝ち馬も不在で、GI馬は昨年のジャパンC勝ち馬シュヴァルグラン一頭のみ。GI馬が5頭出走していた大阪杯に比べ、華やかさに欠ける顔ぶれで行われることになって、人気も割れそうだ。

1.スピードが求められる舞台

 冬の京都開催が不順な天候に祟られた影響が心配されたが、レコードで決着したマイラーズCを見てわかるように、今春の京都もまた高速馬場になった。春の淀の3200mはスタミナ以上にスピードが求められる条件であり、一連の長距離路線とは一線を画する。

2.先行する準備はできているか

 過去10年で阪神大賞典から臨んだ馬の成績は[3-2-4-48]だが、阪神大賞典での4コーナー通過順位が3番手以内だった馬の成績は[3-2-1-20]。つまり、天皇賞で連対した阪神大賞典組は、すべて前走で先行する脚を見せていた、ということになる。阪神大賞典に限らず、前走の脚質が「逃げ・先行」だった馬が過去10年の天皇賞で7勝して2着4回。

3.順調に使われている馬が中心

 過去10年の勝ち馬で、前走馬券圏外から巻き返した馬は2頭のみ。1頭は2014年のフェノーメノで、前走の日経賞は5着と言っても0.5秒差だった。もう一頭の2012年のビートブラックは、二頭で離して逃げる形から粘り込んだもの。長丁場のGIということで、勝ち負けするためには心身ともにピークに近い状態が求められる。不振馬の巻き返しは、展開を味方につけた場合にほぼ限定される。


 クリンチャーは昨年の菊花賞2着を含めて、これまで京都コースでは[2-1-0-0]のパーフェクト連対。3コーナー過ぎの下り坂を利用してスピードに乗っていけるコース形態が合っているようだ。前走の阪神大賞典は「一周目の3コーナーを勝負所だと馬が勘違いしてしまった」らしいが、いかにも前哨戦と割り切った敗戦でもあった。折り合いを欠く場面がありながら3着に粘り込んだのだから、むしろスタミナの確かさに自信を深めた部分もあるのではないか。武豊騎手の騎乗停止による乗り替わりは誤算だが、あえて仕掛けを遅らせた前走の布石が、今走に活きてくるものと見る。

天皇賞(春)2017年動画と結果



天皇賞(春)2017年

1着 キタサンブラック 武豊
2着 シュヴァルグラン 福永祐一
3着 サトノダイヤモンド ルメール


2017年天皇賞(春)オッズ関連

予想オッズ-ネット競馬

1番人気 シュヴァルグラン 3.2
2番人気 レインボーライン 3.6
3番人気 ガンコ 5.2
4番人気 クリンチャー 6.6
5番人気 サトノクロニクル 7.5


週刊競馬ブック印より想定

1番人気 シュヴァルグラン
2番人気 レインボーライン
3番人気 ガンコ
4番人気 クリンチャー
5番人気 サトノクロニクル



ギャロップジャパン(GallopJapan)

無料コンテンツでこれだけ楽しめます。
管理人に日々チェックしています。もちろん無料でw
特に鉄板の複勝圏内率が半端ないw
とりあえず誰でも無料で試せる無料コンテンツを大事にしようw
gjs