愛知杯予想|2017年|データ・ニュースまとめ

競馬のプロが愛用する注目サイトwwww
大川慶次郎の遺伝子の信頼度が高すぎる


愛知杯関連ニュース

 土曜日に中京競馬場で行われる愛知杯(GIII・牝馬限定・ハンデ・芝2000m)に美浦から出走する注目馬2頭について、管理する各調教師のコメント。

■クインズミラーグロ(牝5・美浦・和田正道)について、和田調教師。
「前走(カウントダウンS・1600万下・1着)はこちらの指示通り、前めで競馬ができました。スムーズなレースができれば、あのくらいやれる能力はありますね。中間も順調ですし、今週(1/11)の追い切りも良い動きで、好調を維持しています。今回は重賞になりますが、ハンデ戦ですし、前走同様スムーズにレースを運べれば、やれるのではないかと思います」

■ダイワドレッサー(牝4・美浦・鹿戸雄一)について、鹿戸調教師。
「前走(ターコイズS・16着)はハイペースに巻き込まれたこともあり、馬も途中で嫌気がさしてやめてしまった感じです。レースであまり走っていないので、ダメージもないですね。長めの距離を使っていたこともありますが、前走のマイルは少し短かったので、今回は距離を延ばしました。

 明け4歳ですし、もう少し斤量(54キロ)は軽いと考えていましたが、見込まれた感もありますね。ただじっくりとためていければ、前走のようなことはないでしょう」

(取材・文:佐々木祥恵)

 
主な馬の追い切りニュース
(ヒルノマデーラ)

<愛知杯:追い切り>

 今週開幕の土曜中京メインは牝馬限定の愛知杯(G3、芝2000メートル、14日)。オープン特別1勝、重賞2着1回で実績上位のヒルノマテーラ(牝6、昆)が坂路、馬なりで4ハロン53秒5-12秒6をマークし、好調キープをアピールした。

 全馬が重賞未勝利という混戦ならマテーラの末脚が上位だ。手綱をとった四位騎手は「使ってきている馬なので、これで十分。いい感じだったよ。坂があった方がいいと思える馬だし、ブチ抜けられるように頑張ります」と好勝負を誓う。

 直線の全長が412・5メートル、西日本最大の高低差3・5メートルの急坂が待ち構える中京は、牝馬が好位から押し切るのは難しいコース。実際、最近2回は差し、追い込みが上位を独占している。「先週しっかりやっているので今日は馬なりで。前走(チャレンジC10着)も内が伸びる特殊な馬場で0秒4差なら悲観する必要はない」と昆師。トップハンデタイの55キロでも期待は大だ。【中西典章】

 


プリメラアスール

 「愛知杯・G3」(14日、中京)

 平常心を保持したままプリメラアスールは11日、栗東CWでゆったりとスタートした。行きたがることなく、徐々にペースをアップさせて直線へ。力強い伸びを見せ、6F81秒3-39秒1-12秒4をマークした。

 「予定通りの追い切りをすることができた。落ち着いて走れていたし、これで十分」と鈴木孝師はうなずく。

 エリザベス女王杯は果敢にハナを奪って5着。14番人気ながらも掲示板を確保する善戦を見せた。「これまで競馬に行って力を発揮できなかったけど、年齢とともに、落ち着きが出て走れるようになった」。牝馬限定重賞ならチャンスは十分だ。

クリノラホール

 連勝中の勢いに乗って重賞へ。愛知杯に出走するクリノラホール(牝4=谷)は調教役の木村助手を背に坂路単走で元気いっぱい。道中は軽快にラップを刻んで4F53秒2、ラスト12秒5で真っすぐ伸びてゴールへ。森井厩務員は「去年の夏に小倉で使う前から、ずっと厩舎にいるし、もう体はできている。今朝は調整程度。順調に来ているよ。先週追い切ってからスイッチが入ったし、後はいかにテンションを上げないようにするか」と状態の良さを伝えた。

 昨秋に新潟で500万を勝ち上がると1000万、準オープンと特別3連勝で条件クラスを卒業。完全に軌道に乗った。「勝ち出した頃と比べて特に動きが変わったわけじゃないけど結果が伴っているし、力をつけているんだろうね。食べたものが実になって筋肉がついてきた」と充実ぶりをアピール。



競馬のプロが愛用する注目サイトwwww
ターフビジョンhttp://tr-vision.net/?r=af_29のぐりぐり君(無料軸馬)の信頼度が高すぎる
tafugu