きさらぎ賞予想2016年|直前情報まとめ
 
無料予想が激アツの競馬情報会社

ターフビジョン 
http://tr-vision.net
3連複無料予想が激アツ!!無料会員になることをおすすめします!! 

ハイヴォルテージ 
http://high-voltage.tokyo
元グリーンch解説者在籍!!注目無料予想が期待度大!!

トライキャスト 
http://tricast.jp
無料コンテンツと有料コンテンツが豊富!!

馬生
http://umanama.com/
競馬予想の真髄を学べるサイト!!

競馬劇場 
http://keiba-gekijo.com
マコちゃんの予想が面白い、登録料0円に期待

by競馬予想会社ファン
 
 
サトノダイヤモンドVSロイカバード

【きさらぎ賞(日曜=7日、京都芝外1800メートル)稲富菜穂のだいじょばない】どうも、稲富菜穂です。先週は中京競馬に遠征しましたが、ひとつも当たらず、最終的な財布の中身は8円…。心身ともに震えが止まりません。いやぁ、栗東の冬はまだまだ寒いっすわ! でも今週はそんな寒さを吹き飛ばすクラシックへの重要な一戦が。そう、5億円対決と大騒ぎになっているきさらぎ賞ですよ。

「小学校の生徒会長みたいな性格。(ドラえもんの)出木杉君みたいな感じやね」

 サトノダイヤモンドのことを分かりやすく“擬人化”してくれたのは池江調教師。なるほど、何でもこなしてしまう、あの出木杉君ですか!

「オルフェーヴルはメンタルが安定しなかった。だから凱旋門賞などを取りこぼしたりしたんだけど、ダイヤモンドはメンタル面も言うことなしの優等生。教えることがないんです」

 その若さで池江調教師に褒められるなんて、やるわねっ! さすが出木杉君。ちなみに私は髪形が「ジャイ子に似てるね」と言われました…。あくまで髪形が、ですよね(かなり気にしてる)。

 サトノダイヤモンドをもっともっと絶賛してるのはルメール騎手で「とても乗りやすい! 頭もイイし、賢い。直線長いからちょうどいいデス」。それなら本命はもう決まりやな。「でも、たくさんいい馬がいる。特に(武)ユタカさんの馬が強い。新馬戦ではボクの馬が勝ちました。でもロイカバードは2戦目が強かったし、連勝もしている。アビリティー(能力)がすごいネ」とも。

 お! やっぱりルメール騎手もライバルに一目置いているんですね。ということで、ロイカバードを管理する松永幹調教師の元に直行。お話を聞かせていただいた中で一番気になったのが次のひと言です。

「この馬は入厩した時から馬体重が変わらないんです」

 な、なんですと? 私なんてデビューの時から#$%&ですわ! うらやましいぜ、このやろー!なんでも普通の馬は新馬戦を余裕残しで走るので、使うごとに減っていくものなんですって。だけど「この馬は乗り込んでも体重が変わらない。脂肪が筋肉に変わったんじゃないかなぁ」。

 ダイヤモンド君もそうですが、賢い馬って若いときから自分を分かっている気がします。めっちゃ持論ですけどね、てへ…って本命をどっちにするかこれまた迷うやつやんかぁ~(泣)。

☆いなとみ・なほ=1990年12月16日生まれ。2007年にアイドルユニットに参加し、「ひとりじめ☆Teacher」でCDデビュー。関西在住の女性タレントとして幅広く活躍し、現在はKBS京都の「競馬展望プラス」、ABC「おはよう朝日です」に出演中。休日には一人で競馬場へと出向くほど競馬が大好き。また栗東でのリポーター時代には彼女が取材した馬がたびたび激走。現在でも一部のトレセン関係者からは「競馬界の女神」と呼ばれている。

 

2強一騎打ちムードを打ち砕く第3のディープインパクト産駒

【きさらぎ賞(日曜=7日、京都芝外1800メートル)新バージョンアップ作戦】“5億円リターンマッチ”に話題集中の感がある日曜のGIIIきさらぎ賞。2頭以外も粒揃いでクラシックにつながる重要レースとなりそうだが、「新VU作戦」はあえて2強ではなく◎レプランシュで勝負。“第3”のディープインパクト産駒が一騎打ちムードを打ち砕く。

 渋馬場の2戦で加速ラップの上がり3ハロンを悠々と突き抜けたサトノダイヤモンド。初戦こそサトノの後塵を拝したものの、その後は未勝利→福寿草特別と連勝を決めたロイカバード。ともすれば看板倒れとなりがちな高額落札馬だが、現在のところ2頭は“値段”にたがわない活躍を見せている。

 連日紙面をにぎわせている超高額ホースの再戦が、今年のきさらぎ賞最大のトピックとなることに異論はないが…。発想の是非はともかく、エリートがそのままエリート街道をまい進しても面白みに欠ける、と考えてしまうのがへそ曲がりの当欄。ここはあえて高馬2頭に背を向けてひとひねりしてみたい。

 フルゲートを大きく割る少頭数のうえ飛ばすタイプも不在。となれば、4角団子状態からの瞬発力勝負が濃厚。ラスト3ハロン、いやラスト2ハロンの切れ味こそが勝負の行方を左右するとみた。本命はズバリ、レプランシュ。前走のシクラメン賞のラスト2ハロン(レースラップ)が10秒8→11秒2=22秒0。86年以降の阪神芝9ハロン以上のレース2505鞍のうち、ラスト2ハロン22秒0以内の超速ラップを刻んだのはシクラメン賞を含めてわずかに9鞍しかない(別表参照)。

 直線に坂のある阪神でラスト2ハロンがハロン10秒台+11秒台前半の構成はめったにお目にかかれないレアケース。当然、そのラスト2ハロンの超速ラップを勝ち切るには相応の瞬発力が必要となってくる。自身上がり3ハロンが33秒1。レースの上がり3ハロンが12秒0→10秒8→11秒2(34秒0)なら、レプランシュの推定上がり2ハロンはともにハロン10秒台。これだけの瞬発力レベルなら逆転の目は十分にある。

 もう一つの根拠が別表に記した★印。トーセンレーヴ、ジェンティルドンナ、ラキシス、エイシンヒカリはすべてレプランシュと同じディープインパクト産駒で、重賞を勝っている(トーセン以外はGI優勝)。阪神9ハロン以上のレースでラスト2ハロン22秒0以内の超速ラップを克服したディープインパクト産駒は、瞬発力自慢が揃う同産駒にあっても別格? 人気は同じ父を持つ高額馬2頭に譲れども、勝負は譲れない。第3のディープ産駒が勇躍、クラシック戦線の主役に名乗りを上げる。

 
 
648:2016/02/04(木) 20:56:35.97 ID:
【きさらぎ賞(日曜=7日、京都芝外1800メートル)注目馬4日朝の表情:栗東】

サトノダイヤモンドは厩舎周りの引き運動で息を整えた。陣営は順調な仕上がりをアピール。
初の外回りコースについても問題にしなかった。

岩崎助手「普段から優等生タイプですし、(3日の)追い切り後もいい感じで落ち着いています。
デビューしたころと比べると、体がしっかりしてきて、前向きさが出てきました。
パワーと切れが増してきましたね。大型馬の割に素軽いフットワークをしていますし、
(回りは)どちらでも関係ないと思いますよ。重賞でも楽しみです」

サトノダイヤモンド「大型馬の割に素軽いフットワークをしている」
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160204-00000063-tospoweb-horse


【きさらぎ賞(日曜=7日、京都芝外1800メートル)注目馬4日朝の表情:栗東】

新馬戦ではサトノダイヤモンドに敗れたロイカバード。その後は連勝で迎えるリベンジの舞台。
この日は軽い運動で体調を整えた。

松永幹調教師「(3日は)我慢の利いた、いい追い切りができたし、順調に調整できています。
デビューから馬体はまったく変わりませんが、稽古はしっかり動けるようになっていますし、いいことだと捉えています。
器用さに欠ける分、コーナー2つの条件が合いますし、良馬場で競馬ができそう。
今後のためにも賞金を加算しておきたいですね」

ロイカバード「コーナー2つの条件が合うし良馬場でできそう」
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160204-00000064-tospoweb-horse
Rock54: Caution(BBR-MD5:0be15ced7fbdb9fdb4d0ce1929c1b82f)
649:2016/02/04(木) 20:59:05.05 ID:
レプランシュの勝ちタイムが同日のダートより遅いんだけど
653:2016/02/04(木) 21:04:15.24 ID:
>>649
どうせ時計勝負にはならんだろ
788:2016/02/05(金) 08:47:38.61 ID:
13年セレクトセールで2億4150万円で落札されたサトノダイヤモンド、同じく2億5200万円のロイカバードの
“2度目の5億円対決”が話題だが、一角崩しに燃えるのが、きさらぎ賞2勝を誇るMデムーロ。
1戦1勝と底を見せていないロワアブソリューに大きな可能性を感じている。

“5億円対決”の影で、リーディングジョッキーが静かに闘志を燃やす。
「2頭は強いけど、まだどれだけ強いか分からない。チャンスはあると思う。頑張る」。
1戦1勝のロワアブソリューで挑むMデムーロは力を込めた。
クラシックの登竜門とも言われるG3は、得意のレースだ。
過去に3度騎乗し、10年ネオヴァンドーム(5番人気)、11年トーセンラー(3番人気)の2勝。

「昨日、グリーンチャンネルできさらぎ賞の過去のレースが流れていて、『あ、勝った。また勝った』ってなったよ。
ラーの時は(池添)謙ちゃんの馬(オルフェーヴル3着)が強いと思ったけど、それに勝ったんだ」。
鮮やかに残る記憶に明るい表情を見せた。

今年のパートナーは昨年12月の新馬戦(阪神・芝1800メートル)で逃げて2馬身半差の快勝。
「いい馬。左側を怖がって右にもたれる面がちょっとだけ心配だけど、ポテンシャルはある」。
13年函館スプリントS2着のシュプリームギフトが半姉にいる良血への評価は高い。
3日の追い切りにまたがり、栗東の坂路で52秒7―12秒3をマーク。
「状態はいいね。新馬の時より体が締まって良くなっている。ハートが強い馬。
まだ若いけど、どこまでやれるか楽しみ。頑張る」。
気合の一語を再び重ねた名手が一角崩しを狙っている。

【きさらぎ賞】ロワアブソリュー、Mデムーロ背に“5億円対決”の一角崩しだ!
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160204-00000227-sph-horse