有馬記念予想|調教助手ゴールドシップは逃げたら勝てる発言まとめ
 

ゴールドシップとアンカツ【ここまでの馬になるとは思わなかった】

◆第60回有馬記念・G1(27日・芝2500メートル、中山競馬場)

 まだ、ゴールドシップが覚醒する前だった2歳時。13年の現役引退後、現在は主に解説者として競馬を見守っている安藤勝己さんは札幌2歳SとラジオNIKKEI杯2歳Sでコンビを組み、ともに2着だった。

 「ここまでの馬になる感触は正直、なかったかな。乗っていてスピード感はないし、クッションもそれほど良くはなかった。バネがすごいというわけでもなく、乗った瞬間に“すごい”というタイプでもない」

 ただ、通算4464勝を挙げ、キングカメハメハやダイワメジャーなど数々の名馬の背中を知る名手の感覚はしっかりと適性を見抜いていた。

 「乗った瞬間にすごい馬というのはスピード馬に多い。ゴールドシップは動き出すといい馬。心肺機能がすごいんだろうね。今年の天皇賞(春=1着)にしても普通、あの位置からまくっていって、もつわけがないから」

 印象的なのはコンビ2戦目のラジオNIKKEI杯2歳S。須貝調教師から「どこかでまくってほしい」とオーダーを受け、3角過ぎから手綱を押したが、なかなか反応しない。直線で伸びてはきたが、2着に敗れた。

 「無理してまくるような競馬をすると、嫌気を差すような面があるし、いつも勝つようなタイプじゃない。ただ、本当に真面目な馬なら、常に一生懸命走って、故障しているよ。(シップは)いい意味で気を抜いて走って、力を出し切ってないときがあった。すごく頭のいい馬なんじゃないかな」

 決して気まぐれではない。オンとオフの切り替えが利く“頭のよさ”こそ、無事是名馬を地でいく4年半にもわたる競走生活を支えてきた、と分析する。そんな芦毛の怪物もターフを去る瞬間が迫ってきた。

 「本当に我が強いんだけど、それは競走馬にとっては大事なこと。最近にはない個性的な馬だったと思う」(取材・構成、山本 武志)

 ◆安藤 勝己(あんどう・かつみ) 1960年3月28日、愛知県生まれ。55歳。76年に笠松競馬でデビュー。78年以降19度のリーディングに輝き、笠松所属時代に通算3299勝を挙げた。03年にJRAへ移籍。同年から9年連続でG1制覇。04年キングカメハメハのダービー、06年ダイワメジャーの天皇賞・秋、08年ダイワスカーレットの有馬記念などJRA重賞はG122勝を含む81勝。JRA通算1111勝。13年1月に引退。

 


2chSCの声
1:2015/12/23(水) 15:22:10.23 ID:
【ゴールドシップ最後の闘走】北村助手の“骨が折れる”相棒、乗るなら大逃げ

「一番悔しいのは、僕が騎手を引退していて、シップのレースに乗れなかったこと。
もし乗れるなら、大逃げをするかな。
この馬が逃げたら、どの馬も差せないですよ」

芦毛の怪物の背中を最も知る男が思い描く作戦が、ラストランで現実になれば…。何が起こっても不思議はない。
2:2015/12/23(水) 15:23:04.75 ID:
北村 浩平(きたむら・こうへい)

1983(昭和58)年12月24日生まれ、31歳。京都市出身。
2003年に騎手デビューし、05年にエリモハリアーで函館記念を勝って重賞初勝利。
JRA通算59勝。
10年に引退後、所属していた須貝厩舎の調教助手に転身した。
ゴールドシップに加え、ローブティサージュ(11月に引退)、レッドリヴェールのGI馬2頭の調教役も務める。
http://race.sanspo.com/keiba/news/20151223/ope15122305040017-n2.html
9:2015/12/23(水) 15:25:36.04 ID:
ゲートの出が悪いのに逃げるとか( "・ω・゛)
15:2015/12/23(水) 15:29:53.28 ID:
ゴールドシップさんに
大逃げをしろだと

16:2015/12/23(水) 15:30:15.85 ID:
ハーツクライが逃げられれば強いねくらい現実味がない
19:2015/12/23(水) 15:31:34.35 ID:
逃がすのは難しいだろうな
スタートだけなら武でも乗っけて1発決めてもらえばいいけど
そこから持続的にスピードに乗せるのは無理だろう
2ハロンめを10秒そこそこでいけるくらいの脚がないと
36:2015/12/23(水) 15:47:38.17 ID:
シップの特質を全く理解していない
ゴールドシップの本質はワールドエースであって
京都1600をレコードで走れる脚力
つまり京都1600を走らせたらゴールドシップが一番早いので
残り1600でシップが先頭に立つと誰もおいつけない
シップが一番早く走れるから
51:2015/12/23(水) 16:01:08.89 ID:
横山は今年の天皇賞春をマイルチャンピオンシップに変えた
内田も有馬記念を中山記念に変える必要がある
残り1Fは未知数
熱い絆を見せてくれ
59:2015/12/23(水) 16:19:52.85 ID:
ゴールドシップがスンナリ先行出来たのは、共同通信杯と2014阪神大賞典だけ(2013&2014宝塚記念は「スンナリ」ではないから除外w)で、どちらも超絶スローペースだった。
逆に、ゴールドシップは行くも下がるも運任せ、の気まぐれ野郎に見えて、レース序盤は常に同じようなラップタイムで走っており、ポジション取りは100%他馬の動向の影響下にあると言える。
今回は中山芝2500のコース形態上、スローペースにはなるだろうけど、ここで誰も動かず行く気無しなんて事はあり得ないので、逃げる事は到底不可能。
ウチパクは勝ち負けに関係なく、2角出口からゴーサインを出し、向こう正面で捲っていく戦法を採るしかないだろうな。
100:2015/12/23(水) 19:04:03.36 ID:
内田の時にテンから必死でポジション取りに行って惨敗してたじゃん
前目取りついたぐらいで抑えても惨敗したのにさらにハナまで脚使ったら大差シンガリ負けだよw
112:2015/12/23(水) 21:24:16.97 ID:
須貝が23年で302勝、重賞4勝
渡辺が18年で350勝、重賞10勝
北村浩が7年で60勝、重賞1勝
細江が5年で14勝
牧原が17年で34勝

全体的に見れば中の上ぐらいの騎手実績になんのかね
114:2015/12/23(水) 21:37:37.00 ID:
ヒシミラクルの角田も似たようなこと言ってたな
当時は俺も真に受けたけど
140:2015/12/23(水) 23:36:17.09 ID:
ゴールドシップはトップスピードが長く使えるというのとはまた違うけどな
全開スパート区間が長いようなディープみたいな馬とはまた別物
この馬は普通の馬と違って追うのやめると自分からピッチ落としてうまい具合にサボるから、
それを利用すると2段階スパートが出来るんだよね
今年の天皇賞(春)の横山ノリなんかはその典型の乗り方
向こう上面で一気に押し上げたけど、3角過ぎからうまくピッチ落として馬が自発的に脚を溜めてる
この馬は局地的なトップスピードで言えば押しまくってやっと他の馬に食らいついていけるぐらいだし、
ギアチェンジに関して言えば、最低レベルで一気にギアチェンするような流れだと置いて行かれるよ
だから自分からロンスパかけなきゃいけない
前半ドスローから一気にペースアップするロンスパや他の馬が仕掛けた上での受動的なロンスパだと
ついていくのに精いっぱいで自らピッチを緩めて脚を溜める区間が作れなくなるので負ける
だから必然的にペースが落ちやすく後半偏重になりやすい高速馬場だと弱い
内田で負けた京都大賞典とかウィリアムズの天皇賞(春)とかがこれに当たる
息継ぎが滅茶苦茶うまいだけで、ノーブレーキで全開スパートかけられる区間が他の馬より長いわけじゃないからね
去年の有馬だってトゥザワールドにラスト1Fで差し返されてるわけだし、高速ロンスパだった天皇賞(春)だと最速地点でついていけたキズナに
ラスト200mでバテてついていけなくなってる

競馬予想会社の無料コンテンツ
競馬予想会社コンシェルジュ

arimakon