競馬予想@競馬総合情報

競馬予想@競馬総合情報!、競馬予想で的中ラッシュするためにいろいろな視点からを作成しています。競馬予想データ、競馬ニュース、競馬情報など

    高松宮記念

    高松宮記念予想|2019年|直前情報まとめ

    chokuzen

    ヤフーニュースより
    パドックのつぼ

     
     ダノンスマッシュは牡馬にしては細身の体形。
     いつも適度な気合乗りでキビキビと周回する。馬体重はずっと安定しており、極端な増減は歓迎できない。

     モズスーパーフレアも胴長ですっきりと見せる体つき。小さな完歩で硬さを感じさせるのは、いつものことで割り引きは不要だ。

    ミスターメロディは前走時に若干緩さがあり、少し絞れた方がベター。近走はイレ込み気味で、落ち着きが欲しい。

    【高松宮記念】夕刊フジ・調教チェッカーズ

     抜群の気配を漂わせているのがナックビーナスだ。Pコース併せ馬で2馬身ほどの差を4角外から楽に詰めて、手応え優勢に併入。前走時より2秒以上も速い5F63秒0の超抜時計で駆け抜けた。手先は実に軽く、馬体の充実度も文句ない。  
     
     モズスーパーフレアの動きも申し分ない。坂路で序盤から快調に飛ばすと、2、3F目ともに11秒9とスピードを持続させつつ、4F49秒2! しかも馬なりで、20日の一番時計かつ自己ベストを叩き出した。中2週でも絶好調だ。  

     レッツゴードンキは坂路で軽く仕掛けられて50秒0、ラスト1F12秒3。7歳でもスピード感は満点で、年齢的に落ち着きが増して力みがなくなったフォームにも好感が持てる。

    【高松宮記念】馬場状態から浮上するのはこの馬だ

     「高松宮記念・G1」(24日、中京)  

     中京競馬場がある愛知県豊明市の24日は晴れ時々曇りの予報。土曜の芝は良馬場で行われ、高松宮記念も絶好のコンディションで行われそうだ。芝はBコース(Aコースから3メートル外に内柵を設置)を使用。内ラチ沿いの傷みはカバーされたが、3、4コーナーや直線は部分的に傷みが見られる。芝1600メートルの土曜6R3歳未勝利戦では今年の中京開催で最速となる1分33秒7の勝ちタイムが出るなど、時計の出やすい馬場状態。1分7秒台の決着もありそうだ。  

     馬場傾向から浮上するのはアレスバローズだ。初重賞勝ちのCBC賞が同じ中京の1200メートル。勝ち時計1分7秒0はレースレコードだった。前走のシルクロードSは57・5キロとG1馬に次ぐ重いハンデを背負った上に、折り合いのつけづらい外枠。それでも5着なら地力を見せたし、馬番も(8)番だったCBC賞と近い(6)番ならVがイメージできる。


    競馬予想サイト レープロの無料予想が激アツなの知っているw

    rep


    これだけの無料コンテンツを誰でも無料・しかも匿名性の高いフリーメールで登録できます。

    競馬レープロへ行く



    高松宮記念予想|2019年|予想・指数


    keibaspeed




    3月24日に中京競馬場で日経賞が開催されます。
    私の指数を公開しています。
    ハズレても一切責任負いませんので。。。





    1位 ナックビーナス
    2位 ミスターメロディー
    3位 ロジクライ
    4位 モズスーパーフレア
    5位 デアレガーロ








    競馬予想サイト レープロの無料予想が激アツなの知っているw

    rep


    これだけの無料コンテンツを誰でも無料・しかも匿名性の高いフリーメールで登録できます。

    競馬レープロへ行く



    高松宮記念予想|2019年|調教・追い切りニュースまとめ

    choukyou


    高配当21では今週も無料予想GET
    馬券師が馬券的中を目指しますw
    無料予想で有馬記念予想を公開
    kouhai21s


    ヤフーニュースより
    【高松宮記念】ミスターメロディ抜群!余力十分11秒5

     高松宮記念の追い切りが21日、栗東トレセンで行われた。

    阪急杯7着から挑むミスターメロディは、芝コース単走で確かな伸びを披露し、調教評価は「A」。世代交代を狙う4歳馬が、実績ある左回りの舞台でGI初勝利を狙う。  

    小雨が舞う芝コースを、ミスターメロディがさっそうと駆け抜けた。2週続けて追い切りの手綱を取った福永騎手は、満足げにうなずいた。  

    「躍動感があって、ダイナミックな走りでいうことなかった。いい動きで調子がよさそう」  向こう正面からスタートし、りきむことなく、軽快なフットワークで加速していく。直線では自らギアを上げてシャープにもうひと伸び。余力十分に5ハロン65秒2-11秒5を叩き出した。動きを見届けた藤原英調教師は「動きはよかった。予定通り、計算通りにGIに向かえるのはいい」と納得の表情だ。  

    反撃を期す一戦だ。前走の阪急杯は7着。直線の入り口で内の他馬と接触し、力を出し切れなかった。翌週まで気にする面を見せていたが、順調に回復。師は「あのスピードで横にふられるときつい。大きな損傷がなくてよかった。目に見えない部分の心配はあったけど、何とか無事にきた」と胸をなでおろす。  

    陣営は左回り&1200メートルへの条件替わりを歓迎する。鞍上は「前へ前への気持ちが強いタイプで、何とか1400、1600メートルをもたせていた感じだった。1200メートルならもっとのびのび走れると思う」と距離短縮のメリットを強調。また昨春のGIII・ファルコンSを含め、全3勝を左回りで挙げている。師は「アメリカンで左回りのトレーニングセールで競り落とした馬。左回りというのがいい」と、生粋の“サウスポー”ぶりに期待する。  

    福永騎手は「各路線で4歳世代が主役になりつつある。ダノンスマッシュがその筆頭格と思われているけど、この馬も上位の力がある」と締めくくった。実績ある条件でGIに挑むミスターメロディが、新スプリント王に輝いてみせる。 (川端亮平)

    ★ヘイローに感謝  福永騎手は19日に死んだキングヘイローへの感謝を胸に、因縁のGIに臨む。デビュー戦からコンビを組んで1998年の日本ダービーに初参戦(14着)。その後、柴田善騎手が手綱を取った2000年の高松宮記念で、同馬はGI初勝利を挙げた。「自分はいい思いをさせてあげられなかったけど、いろんな経験をさせてもらって感謝の思いしかない。その経験を糧に今も現役を続けているからね」と話した。

    【高松宮記念予想|2019年|調教・追い切りニュースまとめ】の続きを読む

    高松宮記念・2019年・・・この父見たら買え

    keibadata






    プロフェッショナルズ
    最大で120万円にも及ぶオッズを含む特別なプランこそがファーストステージで御座います!!
    個人的には好きなのはこの馬券師

    popo


    中京競馬場芝1200m
    ロードカナロア産駒1番人気~3番人気

    takam






    2019年は1頭登録しています。
    ダノンスマッシュ







    だって・・・
    これ凄い良い無料コンテンツなんだよねwww
    利用しないのがもったいない。
    競馬予想レープロが激アツw

    rep



    高松宮記念予想|2018年|直前情報まとめ

    chokuzen

    ヤフーニュースより

    【高松宮記念】前走後の談話

      ◇キングハート「相手なりに走れる馬なので期待していた。スタートが決まって楽に追走。スムーズに行ければと思っていた通りに行けた。少しずるい面があるので、直線で併せていったのも良かった」(北村宏騎手)

     ◇シャイニングレイ「休養明けだったし、ハートが強すぎるタイプなので、引っ掛かった」(北村友騎手)

     ◇ジューヌエコール「もう少しリラックスして走ってくれれば…。向こう正面で外からプレッシャーがかかったときに、必要以上に力んでしまった」(北村友騎手)

     ◇スノードラゴン「道中はいいリズムで走れた。展開が少し向かなかった」(大野拓騎手)

     ◇セイウンコウセイ「復調している。スタートが速くて、うまく先行できた。さすがはGI馬」(松田大騎手)

     ◇ダイアナヘイロー「何といっても(福島信師の)最後のレースだった。さすがに最後は一杯になったが、本当にうれしい」(武豊騎手)

     ◇ダンスディレクター「ゲートも出たし、ある程度のポジションを取った。折り合いもついていい形で運べたけど、相手の決め手が一枚上だった」(武豊騎手)

     ◇ナックビーナス「スタートでつまずいたが、(横山典騎手が)よく立て直して、その後も我慢させて走らせてくれた。最後はもうひと伸びしてくれた」(杉浦宏師)

     ◇ネロ「今まで乗ってきた馬の中で、この馬が一番スタートが速かった。うまく流れに乗れたし、かわされてからも頑張っている」(ミナリク騎手)

     ◇ノボバカラ「スタートを出ればハナへと思っていたが、あれだけ速かったので4番手に収まった。このペースでも最後まで頑張っていたし、自分の形ならもっとやれるはず」(石橋脩騎手)

     ◇ファインニードル「思い通りの位置を取れたし、流れも理想的。4コーナーの手応えも良く、しまいもしっかり動いてくれた。以前よりもコントロールが利くようになっている」(川田将騎手)

     ◇ラインスピリット「スタートは出てくれたし、脚もうまいことたまった。ただ、直線を向いて手応えがなかった。前にスペースはあったけど、入れなかった。平坦の方がいいタイプかもしれない」(森一騎手)

     ◇ラインミーティア「前回より調子は上がっていたし、ゲートも出てくれた。年齢とかではなく、まだ若い面が残っている。このまま暖かくなり、さらに調子が上がっていけば、まだまだ脚は使えます」(西田雄騎手)

     ◇リエノテソーロ「1200メートルは少し忙しい。よく頑張っているけど…」(吉田隼騎手)

     ◇レーヌミノル「スタートが良くてさすがのスピードだった。スムーズに運べたが、最後はしんどくなってしまった。1回叩いたことで(次は)良くなると思う」(和田竜騎手)

     ◇レッツゴードンキ「直線に向いて馬が反応してくれたので“いいかも”と思ったが、最後は同じ脚いろになった」(幸英騎手)

     ◇レッドファルクス「すごくいい脚を使ったので、勝ち切れずに申し訳なかった」(川田将騎手)

    【データで勝負】高松宮記念

    ◎(10)ダイアナヘイロー

    ☆2013年以降、同名レース5戦では、連対馬は前3走以内に重賞で連対歴があった

     阪急杯で連対した4、5歳馬が1、1、3、2着と抜群の成績を残している。また、勝ち馬5頭中4頭が4コーナーで4番手以内の先行馬だった。前記条件を満たすダイアナヘイローが狙い目だ。前走の阪急杯は持ち味のスピードを生かして逃げ切り勝ち。ここも前めで運んでGI初勝利を目指す。

    展開から浮上する馬

    「高松宮記念・G1」(25日、中京)

     中京改修後の過去6回は馬場状態に関係なく、勝ち馬6頭のうち5頭が4コーナーで4番手以内で通過していた。ここ2週の傾向や、Bコース変わりも踏まえれば、インを通る先行勢が有利とみていいだろう。

     連覇を狙うセイウンコウセイは、同馬主のネロを行かせて好位のラチ沿いをがっちりキープ。ダイアナヘイロー、ラインスピリットが無理に競りかけない限り、平均よりも少し速いくらいの流れ。直線でいち早く抜け出して後続の追撃を抑え込む。

     レッドファルクスは阪急杯と同様、いったん後方に下げて外を回す形では届かない恐れも。穴はセイウンの後ろで機をうかがうリエノテソーロ、ブリザードの2頭。

    【高松宮記念】馬場状態から浮上するのはこの馬だ

     「高松宮記念・G1」(25日、中京)

     中京競馬場のある愛知県豊明市の25日の天気は晴れの予報。土曜の芝は重→稍重と推移したが、レース当日は良馬場まで回復しそうだ。本番と同じ舞台で行われた土曜12R岡崎特別(1000万下)は、好位で運んだメイショウカリンが押し切った。今週からBコースが使用され、芝は比較的内外の差が少ないと考えて良さそうだ。同レースの決着タイムは1分9秒7(稍重)。パンパンの良馬場まで回復するかは微妙だが、一線級の短距離馬が集うだけに、1分7秒台後半から8秒台前半の決着となりそうだ。

     となれば、セイウンコウセイの出番だ。昨年覇者にもかかわらず、今年は相応の人気を得ていないが、逆に馬券的な妙味は高まった。絶好の最内枠から好位に取り付き、抜け出すシーンに期待。



    競馬予想サイト レープロの無料予想が激アツなの知っているw

    rep


    これだけの無料コンテンツを誰でも無料・しかも匿名性の高いフリーメールで登録できます。

    競馬レープロへ行く



    このページのトップヘ