競馬予想@競馬総合情報

競馬予想@競馬総合情報!、競馬予想で的中ラッシュするためにいろいろな視点からを作成しています。競馬予想データ、競馬ニュース、競馬情報など

    阪神大賞典予想

    阪神大賞典予想|2017年|予想オッズまとめ

     阪神の日曜メインは、阪神大賞典(19日、GII、芝3000メートル)。1着馬には、天皇賞・春(4月30日、京都、GI、芝3200メートル)の優先出走権が与えられる。スタミナに定評のあるステイヤーが顔をそろえた一戦。また、長距離戦は騎手同士の駆け引きにも見どころがある。登録は10頭と少ないが、春の古馬最高峰のレースを目指す精鋭たちによる熱戦を期待したい。

     昨年の最優秀3歳牡馬サトノダイヤモンド(栗東・池江泰寿厩舎、牡4歳)が、今年初戦を迎える。昨春は皐月賞3着→ダービー2着と大舞台で涙をのんだが、秋はその鬱憤を晴らし、神戸新聞杯→菊花賞→有馬記念と、GI・2勝を含む3連勝を飾った。有馬記念は昨年の年度代表馬キタサンブラックと前年の覇者ゴールドアクターを相手に、見事な差し切り勝ち。今や現役最強との呼び声も高い。

     デビュー戦から手綱を取り続けるクリストフ・ルメール騎手との息もぴったりで、道中の折り合いに不安がなく、勝負どころで中団から一気にポジションを上げていける点が強み。さらに抜群に切れる末脚を持ち、欠点らしい欠点が見当たらないレースセンスの塊だ。秋には仏GI凱旋門賞(10月1日、シャンティイ、GI、芝2400メートル)への参戦が予定されている。4連勝を飾り、天皇賞・春に向けて弾みをつける可能性は高い。

     打倒サトノダイヤモンドの筆頭候補は、連覇を狙うシュヴァルグラン(栗東・友道康夫厩舎、牡5歳)で間違いない。昨年のこのレースで重賞初勝利を飾ると、天皇賞・春は勝ったキタサンブラックから0秒2差の3着に好走。GI初挑戦で、その能力を存分にアピールした。昨秋はアルゼンチン共和国杯で重賞2勝目をマークし、続くジャパンCでも3着。有馬記念こそ6着に敗れたが、器用さが要求される中山芝2500メートルは合わなかった印象だ。全6勝中3勝を挙げている阪神なら巻き返しは必至だろう。晩成型のハーツクライ産駒だけに、まだまだ伸びしろも見込める。ここでサトノに雪辱すれば、天皇賞・春でのGI初制覇が見えてくるはずだ。

     2強ムードが濃厚だが、レーヴミストラル(栗東・高野友和厩舎、牡5歳)は、一昨年の青葉賞、昨年の日経新春杯とGIIを2勝。連覇がかかった前走の日経新春杯は10着に大敗したが、トップハンデ58キロ、8カ月半の休み明けでプラス16キロと余裕ある馬体での出走だったうえ、道中で落鉄するアクシデントもあった。また大雪でレースが2日延期されたことが影響した可能性もある。今回は休み明け2戦目、斤量56キロ、主戦・川田将雅騎手への乗り替わりと、逆襲への好材料がそろった。昨年の日経新春杯では、2着シュヴァルグランに2馬身差をつけて相手にしなかっただけに、ここで復活ののろしを上げることも十分に考えられる。

     ワンアンドオンリー(栗東・橋口慎介厩舎、牡6歳)は、2014年のダービー馬。同年の神戸新聞杯を最後に勝ち星から見放されているが、前走のアメリカジョッキークラブCでは最内から脚を伸ばして0秒6差の5着と内容は悪くなかった。今回は昨年のGI・ドバイシーマクラシック5着時に騎乗した武豊騎手と2度目のコンビ。阪神大賞典8勝、天皇賞・春7勝と、長距離重賞でともにレース歴代最多勝を誇る名手が、ダービー馬を復活させることができるか注目だ。

     タマモベストプレイ(栗東・南井克巳厩舎、牡7歳)は、前走のオープン特別・万葉Sを好位から抜け出して快勝。14年のオープン特別・丹頂S以来2年4カ月ぶりに勝利の美酒を味わった。昨年のこのレースで3着とはクビ差の4着に入っており、前が残る流れになれば、一発があるかもしれない。

     前走のジャパンCでは11着に終わったが、それまで3連勝したトーセンバジル(栗東・藤原英昭厩舎、牡5歳)も上位に入る力は秘めている。前走で強敵と戦って経験を積み、ひと息入れてリフレッシュした効果に期待がかかるところだ。

    【阪神大賞典予想|2017年|予想オッズまとめ】の続きを読む

    阪神大賞典予想|調教・追い切り|ネット評価まとめ

    無料コンテンツが熱い競馬情報会社

    高配当21 
    http://ko-21.jp/
    高配当21の無料情報だけで大万馬券ゲット。無料情報に期待。

    ドリーム万馬券.com
    http://dream100uma.com/
    無料コンテンツの質NO1ですね!馬連・3連複が熱い!!

    千軍万馬 
    http://sngn.jp/
    重賞の無料コンテンツが激アツ!馬連予想で万馬券ゲット

    by競馬予想会社ファン

     「阪神大賞典・G2」(20日、阪神)

     鮮やかに完全復活した姿を見せつける。アドマイヤデウスは17日朝、厩舎周辺の運動で体調を整えた。始動戦の京都記念で復調を示す3着。昨年の日経賞V以来となる掲示板確保に、担当の松田助手は「道悪(重馬場)で3、4コーナーもノメって勝ち馬に離された。態勢を立て直してからは2着争いに食い込んできたし、内容は悪くなかった」と手応えを口にする。

     目標の天皇賞・春(5月1日・京都)に向け、連覇の懸かる日経賞ではなく、伝統の長距離重賞を選択。橋田師は「天皇賞の前に長い距離を使いたかった。1回長い距離を使っておけば、次も競馬がしやすいから」と経緯を説明。前走から一気に4Fの距離延長となるが、松田助手は「スタミナはあるし、馬込みに入れれば掛からないから」と不安視していない。

     肝心の状態面についても、同助手は「毛ヅヤも、張りも言うことはない」と感触は抜群。阪神大賞典をゴールドシップで連覇中の岩田も「どんなレースでもできる強みがある。スタミナもあるので自信を持って乗れる」とトーンは高い。昨年、重賞連勝を飾った得意の季節で、自らの実力を証明する。

     

    阪神大賞典ーサンスポ予想王調教動画

     

     

     TM追い切り診断 2016阪神大賞典 栗東
     

     

     

    主な馬の調教タイム

    カレンミロティック

    3/16 栗東坂

    52.8-38.2-24.7ー12.5

    タンタアレグリア

    3/16 南Wやや

    81.6-65.9-51.9ー38.4ー12.9

    シュヴァルグラン

    3/19 栗東坂不

    61.8-44.7-29.0-14.3

     

     

     

    2chSC 

    694:2016/03/18(金) 10:22:44.77 ID:
    トーホウジャッカルは言われてるほどわるくないんじゃねーのって
    最終追い切りみて思った。あくまで素人目線だけど。
    695:2016/03/18(金) 10:28:02.40 ID:
    悪くもないけど良くもない
    【阪神大賞典予想|調教・追い切り|ネット評価まとめ】の続きを読む

    阪神大賞典予想|2016年予想・オッズ|ネット評価まとめ
     
    無料予想が注目の競馬情報会社

    競馬総本舗ミリオン 
    http://www.k-million.jp/
    3連単無料予想が激アツ!!無料会員になることをおすすめします!!

    高配当21 
    http://ko-21.jp
    無料予想が馬連予想!馬連予想はここを見ろwww

    ハイブリッド 
    http://okanemoukeplus.com
    無料3連単が激アツ!これで予想が注目www

    的中ファクトリー
    http://tekichu-factory.com
    競馬予想の超真髄を体感できるサイト!!

    ベストレコード 
    http://b-record.com
    血統から調教まで、登録料0円に期待

    by競馬予想本気

     ここ3年はゴールドシップが圧倒的な存在感を見せていた阪神大賞典。今年は復活が期待される菊花賞馬トーホウジャッカルなどがエントリーしてきた。ここを勝って天皇賞に弾みをつけるのはどの馬か。出走を予定している主な有力馬は次の通り。

    ■3/20(日) 阪神大賞典(4歳上・GII・阪神芝3000m)

     トーホウジャッカル(牡5、栗東・谷潔厩舎)は2014年の菊花賞馬で、実績ではこのメンバーに入ると断然。前走の札幌記念は8着と厳しい結果に終わったが、前々走の宝塚記念はデキが今一つだった割には良く伸びていた(4着)。得意の長丁場での一戦だけに、久々でも力のあるところを見せて欲しい。

     タンタアレグリア(牡4、美浦・国枝栄厩舎)は詰め切れないところはあるが、長丁場で安定したレースができている。休み明けを一叩きした今回は前進が期待できそうだ。

     シュヴァルグラン(牡4、栗東・友道康夫厩舎)は3連勝で挑んだ日経新春杯で2着に敗れたが、今後に目処の立つ内容ではあった。2走前の阪神での勝ちっぷりが強く、ここは前走以上の結果が期待される。

     その他、昨秋のGIでは惨敗も実績上位のカレンミロティック(セ8、栗東・平田修厩舎)、前走に復調気配がうかがえたアドマイヤデウス(牡5、栗東・橋田満厩舎)、前走大敗も侮れないカムフィー(牡7、美浦・池上昌和厩舎)辺りも上位争いの候補。発走は15時35分。

     

    阪神大賞典-2015年


    1着 ゴールドシップ 岩田康誠

    2着 デニムアンドルビー 浜中俊

    3着 ラストインパクト 菱田裕二

     

    ネット競馬より


    1番人気 トーホウジャッカル 2.6
    2番人気 シュヴァルグラン 2.6
    3番人気 タンタアレグリア 4.5
    4番人気 カレンミロティック 6.8
    5番人気 アドマイヤデウス 7.7

     

    2chSCの声


    1
    :2016/03/13(日) 16:58:43.52 ID:
    第64回 阪神大賞典(GⅡ) 第1回特別登録 11頭
    サラ系4歳以上 (国際)(指定)オープン 別定 3000m 芝・右

    アドマイヤデウス 57.0
    アドマイヤフライト 56.0
    カムフィー 56.0
    カレンミロティック 56.0
    サイモントルナーレ 56.0
    シュヴァルグラン 55.0
    ストロベリーキング 56.0
    タマモベストプレイ 56.0
    タンタアレグリア 55.0
    トーホウジャッカル 57.0
    マイネルメダリスト 56.0
    32:2016/03/13(日) 17:14:46.09 ID:
    >>1
    すごいメンツだな
    春天もこんな感じなんだろうか
    【阪神大賞典予想|2016年予想・オッズ|ネット評価まとめ】の続きを読む

    5

    阪神大賞典予想|追い切り・調教|ネット評価まとめ



    的中ダイヤモンド
    管理人お勧めコンテンツが豊富!!
    まず無料会員へ

    teki





    【阪神大賞典】ラブリーディ止まらぬ快進撃

     ラブリーデイは中山金杯で皐月賞馬ロゴタイプ、京都記念でダービー馬キズナ、桜花賞馬ハープスターとクラシックホースを撃破してきた。「折り合い面に進境を見せて、想像以上に走れるようになってきた。距離延長を考え、追い切りは単走で上がりだけサッとやったが、いい感じ。良馬場でやりたいね」と兼武助手。ここでゴールドシップも破れば、天皇賞・春の主役に躍り出る。(夕刊フジ)

     
    阪神大賞典-追い切り情報
    サンスポ予想王-動画
    【阪神大賞典予想|追い切り・調教|ネット評価まとめ】の続きを読む

    5

    阪神大賞典予想|ゴールドシップ、大丈夫か?|ネット評価(2ch・ツイッター)まとめ

    阪神大賞典レース展望


    的中ダイヤモンド
    管理人お勧めコンテンツが豊富!!まず無料会員へ

    teki

     

     阪神の日曜メーンは阪神大賞典(22日、GII、芝3000メートル)。天皇賞・春の重要な前哨戦で、1着馬には本番への優先出走権が与えられる。

     GI・5勝馬ゴールドシップ(栗東・須貝尚介厩舎、牡6歳)がレース史上初の3連覇をかけて出走する。今年初戦のアメリカジョッキークラブCでは7着に敗退したが、もともとつかみどころがないタイプ。極端な衰えなどではないだろう。その後は短期放牧でリフレッシュし、栗東へ帰厩後は入念にトレーニングが積まれている。3月4日にCWコースで7ハロン94秒4と長めから初時計を出し、11日の1週前追い切りでは坂路で4ハロン51秒4の好時計をマーク。阪神は6戦5勝、2着1回と相性抜群で、貫禄をみせたいところだ。

     昨年の菊花賞をレコード勝ちしたトーホウジャッカル(栗東・谷潔厩舎、牡4歳)がターフに帰ってくる。菊花賞後は疲労が考慮されて休養し、今回は5カ月ぶりのレースになるが、11日の1週前追い切りではCWコースで一杯に追われて、6ハロン82秒8、ラスト1ハロン12秒4をマーク。態勢は整いつつある。スタミナ勝負は望むところ。2年先輩の菊花賞馬ゴールドシップとの初対戦が大いに注目される。

     昨年の宝塚記念でゴールドシップに次ぐ2着となったカレンミロティック(栗東・平田修厩舎、セン7歳)は、香港ヴァーズ5着以来の出走。坂路とコースを併用してしっかり乗り込まれ、3カ月ぶりでも態勢は整っている。ここは初めてとなる3000メートルの距離が鍵。JRAジョッキーとなってから早くも重賞2勝をマークしているミルコ・デムーロ騎手がどう乗るか興味深い。

     中山金杯、京都記念を連勝し、勢いに乗っているラブリーデイ(栗東・池江泰寿厩舎、牡5歳)も距離が課題となる。もともと折り合いがつくタイプだけに、克服できる下地はありそうだが、スタミナ比べになったときがどうかだろう。

     昨年秋に京都大賞典、金鯱賞を連勝したラストインパクト(栗東・松田博資厩舎、牡5歳)は有馬記念7着以来、3カ月ぶりのレースになるが、調整は順調で力は出せそう。一昨年の菊花賞で4着があり、スタミナに不安は感じられない。

     京都記念で2着に逃げ粘ったスズカデヴィアス(栗東・橋田満厩舎、牡4歳)は展開の鍵を握る存在。スタミナは無尽蔵にあるタイプで、後続の仕掛け次第では粘り込みも考えられる。不振続きのデニムアンドルビー(栗東・角居勝彦厩舎、牝5歳)も、ジャパンC2着など実績では上位。距離や相手関係よりも、調子を取り戻しているかがポイントだ。

     
    2014年-阪神大賞典動画
     
    1着 ゴールドシップ 岩田康誠
    2着 アドマイヤラクティ 四位洋文
    3着 バンデ 松田大作
     
    2013年-阪神大賞典動画
     
     
     
    1着 ゴールドシップ 内田博幸
    2着 デスベラード 武豊
    3着 フォゲッタブル シュタルケ
     
     
    過去2年連続勝利している
    ただ、気分屋だけに危険度はいっぱい…。
     
     
     
     ツイッターの評価もあまり・・・
     
     
    【阪神大賞典予想|ゴールドシップ、大丈夫か?|ネット評価(2ch・ツイッター)まとめ】の続きを読む

    このページのトップヘ