競馬予想@競馬総合情報

競馬予想@競馬総合情報!、競馬予想で的中ラッシュするためにいろいろな視点からを作成しています。競馬予想データ、競馬ニュース、競馬情報など

    阪急杯

    阪急杯予想|2018年|直前情報まとめ

    chokuzen

    ヤフーニュースより

    【前走後の談話】日曜阪神11R阪急杯

     ◇アポロノシンザン「メンバーが強化されても、楽にハナへは行けた。スピードは通用するので、来年は重賞でも楽しみ」(津村明騎手)

     
     ◇カラクレナイ「初めての1200メートルのペースにも対応できていた。いい脚を使えたし、この距離でもやれるめどは立ったと思う」(池添謙騎手)

     
     ◇コスモドーム「流れに乗ることができなかった。他馬は手綱を持ったままだったのに、こちらは途中から動ける手応えではなかった。いつもはグッと上がっていけるけど」(柴田大騎手)

     
     ◇ダイアナヘイロー「展開は悪くなかったが…。気分屋なところが出てしまったのだろうか」(武豊騎手)

     
     ◇ディバインコード「集中力を持続させるため、馬の後ろに置いて進めた。強い相手だったが頑張っている」(北村宏騎手)

     
     ◇ニシノラッシュ「ゲートをポンと出て、道中は楽に行かせてもらえた。今日は内枠だったし、ゴチャつくよりはいいと思い、行けるようならハナへ行こうと思っていた」(幸英騎手)

     
     ◇ヒルノデイバロー「ゲートを出てからぶつけられた。ゴチャついて進路もなく、スムーズな競馬ができていなかった」(昆貢師)

     
     ◇ペイシャフェリシタ「思ったよりもスタートを決められた。ペースが遅くて逃げ切られてしまったが、こういう形で運べるのなら、レースの幅が広がると思う。久しぶりに乗ったが、成長している」(大野拓騎手)

     
     ◇ミッキーラブソング「スタートは良かったが、外枠だったぶん(位置を取るのに)脚を使ってしまった」(松山弘騎手)

     
     ◇モーニン「初芝だったが、よく頑張った。これがきっかけになれば…。まだ奥がありそう」(岩田康騎手)

     
     ◇モズアスコット「今回はいいメンバーだったし、現状ではよく走っている。来年は重賞でも通用するだろう」(Cデムーロ騎手)

     
     ◇ユキノアイオロス「よく頑張っている。流れ次第だろうか」(川島信騎手)

     
    ◇レッドファルクス「いい感じで運べ、仕掛けてから反応もあったが、最後の1ハロンで止まった」(Cデムーロ騎手)

    【阪急杯】傾向と対策

     過去10年の結果から傾向を探る。

     ☆人気 1番人気は【2・2・1・5】。1~4番人気で8勝と基本的には堅いが、7番人気も2勝している。

     ☆近走 2走前と前走が同じ距離だった馬が7勝。勝率10・1%もトップ。

     ☆脚質 前走4角の位置で比較すると「2~4番手」組が【6・4・1・32】と圧倒的な数字。連対馬20頭中10頭が同組だ。だが、3着6頭は「10番手以下」の組でヒモは後方組が狙い目か。

     ☆年齢 4歳【2・3・7・20】、5歳【6・3・1・31】、6歳【1・3・1・38】、7歳【1・0・0・25】。中心は5歳。

     結論 ◎ダイアナヘイロー ○ペイシャフェリシタ ▲シュウジ


    【データで勝負】阪神11R・阪急杯

    【データからの注目馬・阪神11R】

     
     ◎(17)モズアスコット

    ☆ここ5回の阪急杯を参考。連対馬の9割が前走で重賞に出走。中でも阪神カップ組が【2・2・1・9】。連対した4頭は0秒6差以内だった

     
    上記のデータに加え、連対馬の6割は前走4着以内。同馬は好ステップの阪神カップで0秒4差の4着だった。今回は【2・0・0・0】と好相性のC.ルメール騎手を配し、前進が期待できる。

    【阪急杯】傾向と対策

     外枠でもスピード備えるアポロノシンザンがハナ。ディバインコード、ダイアナヘイローは好位で折り合いそこまで速くはならない。中団で構えるモズアスコット、レッドファルクス、カラクレナイは仕掛けどころが鍵になる。



    競馬予想サイト レープロの無料予想が激アツなの知っているw

    rep


    これだけの無料コンテンツを誰でも無料・しかも匿名性の高いフリーメールで登録できます。

    競馬レープロへ行く



    阪急杯予想|2018年|調教・追い切りニュースまとめ

    choukyou


    高配当21では今週も無料予想GET
    馬券師が馬券的中を目指しますw
    無料予想で有馬記念予想を公開
    kouhai21s


    ヤフーニュースより
    モズアスコット動き満足、坂路で3馬身先着/阪急杯

    <阪急杯:追い切り>

     モズアスコットがS評価獲得だ。坂路でリーゼントロック(古馬オープン)と併走。軽く1度気合をつけただけでラスト1ハロン11秒7とはじけ、3馬身先着した。やれば動く馬だが、道中は制御も利き、全体時計は4ハロン52秒9とほどよい。玉井助手も「やり過ぎでもなく、遅くもなく」と満足の表情だ。

     昨夏から4連勝。重賞初挑戦の前走・阪神Cでは、外を回りながらレコード決着の4着と健闘した。「だいぶ甘かったのが、少しずつしっかりしてきた。無事にいけば結果はついてくるかな」。今春の安田記念出走も見据えるフランケル産駒のスター候補。飛躍の一戦にしたい。

    【阪急杯予想|2018年|調教・追い切りニュースまとめ】の続きを読む

    阪急杯予想|2018年|予想オッズまとめ

    yosouodds



    無料の予想で
    競馬を勝ちたい・儲けたい
    そんな貴方さまにはUMAチャンネル

    充実の無料予想・・・
    umachs

    チャンピオンズカップでコパノリッキー買えたのはこのサイトのこの
    無料コンテンツのおかげ

     トラックマンS(栗東担当者)

    コパノリッキーが好調キープ出来ているようです。フェブラリーSの後リフレッシュされたことで走りがスムーズになりしっかり手前を変えて走れるようになったのがここ3戦の好走の原因のようです。前走も出遅れがなければ勝てていたかという競馬で、ここもうまく立ち回れば勝ち負けに加わってくるという感触です

    ヤフーニュースより

    【阪急杯展望】スプリント王レッドファルクスVSフランケル産駒モズアスコット

    ◆第62回阪急杯・G3(2月25日、阪神競馬場・芝1400メートル)

     第62回阪急杯・G3が2月25日、阪神競馬場の芝1400メートルを舞台に行われる。

     スプリンターズS連覇のレッドファルクス(牡7歳、美浦・尾関知人厩舎)が中心。前走のマイルCS(8着)は、やや距離が長かったが、1400メートルはダートも含め5勝と最も適した条件。明け7歳に58キロは楽ではないが、持ち前のパワー、スピードで克服へ。

     フランケル産駒のモズアスコット(牡4歳、栗東・矢作芳人厩舎)は、4連勝で挑んだ阪神Cは4着。勝ったイスラボニータなど好メンバー相手の善戦(0秒4差)で、まだ上がり目もありそう。大きなストライドと回転力で時計勝負も歓迎のタイプだ。

     カラクレナイ(牝4歳、栗東・松下武士厩舎)は、前走のシルクロードS4着。4コーナー11番手から上がり2位タイの末脚を使って勝ち馬に迫った。古馬牡馬相手にも迫力負けしない地力を備えている。報知杯FRを勝った舞台で重賞2勝目を目指す。

     ダイアナヘイロー(牝5歳、栗東・福島信晴厩舎)は、1400メートルは距離的に微妙だが、引退する福島師最後のレースで鞍上が武豊。ドラマティックな展開があっても。過去、阪神マイルで3着が2回も、1400メートルで上手に立ち回れば差はないディバインコード(牡4歳、美浦・栗田博憲厩舎)、展開がはまればヒルノデイバロー(牡7歳、栗東・昆貢厩舎)、ムーンクレスト(牡6歳、栗東・本田優厩舎)、阪神Cは見せ場十分の6着だったモーニン(牡6歳、栗東・石坂正厩舎)は芝2戦目でさらに前進。

    【阪急杯予想|2018年|予想オッズまとめ】の続きを読む


    阪急杯-万哲の乱 

    阪神11R・阪急杯の(3)ブラヴィッシモは、昨年(3着)も本命馬。マイペースで逃げ切ったミッキーアイル(結果的に実力が一枚上だった)に届かず、2着オメガヴェンデッタに首差負け。ただ道中3番手から粘り込んだ内容は良かった。今年も同じレースに出走してきたとあれば、迷わず買いの一手だ。近走成績はこの際、無視でOKだ。3走前のスワンS(15着)は直線半ばで前が詰まって、騎手が立ち上がるほどの不利。京阪杯(7着)は雨が降りすぎて「超」の付く極悪馬場。前走・シルクロードS(9着)を見る限り、現状1200メートルは1F忙しいのかもしれない。同じ須貝厩舎の僚馬シュウジに注目は集まっているが「2頭出しは人気薄を狙え」の金言もある。

     ≪もうひと押し≫
    中山10R・ブラッドストーンSは(14)ゲマインシャフト。体も徐々に絞れ、再びベスト舞台の中山ダート1200メートル戦。モマレにくい外寄り14番枠も、典型的な差し馬だけに好都合。伊藤大厩舎はイーグルカザンと2頭出しが、こちらは「人気のある方」を素直に買う。



    阪急杯-展開を読む

      
     典型的な逃げ馬不在の中、ブラヴィッシモがハナ。シュウジ、ミッキーラブソングは好位で折り合い、7F戦にしては道中の息は入る。ロサギガンティア、テイエムタイホーが中団で先行勢を射程圏。後方待機勢には試練の展開に。



    阪急杯-傾向と対策

      
     過去10年の結果から傾向を探る。(07年は1着同着)。

     ☆人気 1番人気は【2・2・1・5】で連対率40%とまずまず。4番人気が【3・2・0・5】、2番人気が【3・1・2・4】と好成績。

     ☆前走距離 1400メートル組が【4・3・5・34】、1200メートル組が【4・1・1・43】でリード。1600メートル組が【2・5・4・48】で続く。

     ☆世代 5歳が【7・3・2・33】で優勢。4歳が【2・3・7・22】、6歳が【1・2・1・37】。7歳以上は1勝(2着1回)で苦戦。

     結論 ◎シュウジ ○ロサギガンティア ▲ブラヴィッシモ




    シュウジ-秀逸

     

     阪急杯の追い切りが22日、東西トレセンで行われた。昨年12月の阪神Cを制覇したシュウジは、栗東坂路で4ハロン51秒4と活気あふれる動きを披露。サンケイスポーツ調教評価で最高の『S』だ。ミッキーラブソングとヒルノデイバローも坂路でシャープな伸びを見せた。美浦ではロサギガンティアが、Wコースを軽快に駆け抜けた。

     軽快かつ力強い走りで、真っすぐに駆け上がった。ハイレベル世代の4歳馬シュウジが、充実ぶりをアピール。始動戦へ向けて、出走態勢を整えた。

     「先週、時計を出しているので、きょうは息を整える程度。成長しているし、迫力が出てきた」と須貝調教師も納得の表情だ。

     坂路で単走追い。小気味いいフットワークで加速していく。内から3~4分どころを通って、ラスト1ハロンは12秒3とシャープな伸び。目いっぱいではないが、4ハロン51秒4と全体時計も上々だ。先週15日は坂路で一杯に追われ、4ハロン49秒8(ラスト1ハロン12秒0)と一番時計をマーク。しっかりと負荷をかけられおり、2カ月ぶりでも仕上がりに不安はない。

     前走の阪神Cは、先団のインをキープ。直線はメンバー最速の上がり3ハロン34秒8を繰り出し、2015年9月の小倉2歳S以来となる2つ目の重賞タイトルを獲得した。今回も同舞台で、強力なライバルも不在。目標の高松宮記念(3月26日、中京、GI、芝1200メートル)へ向けて、白星で弾みをつけたいところだ。

     「前回は1400メートルでも、ああいう競馬ができたからね。(乗り方は)ジョッキーに任せるよ」とトレーナーが語れば、川田騎手も「前走は道中で我慢して、末脚を使ってくれました。今回は前哨戦ですし、いい内容で次につなげたいですね」と力が入る。

     昨秋のスプリンターズSでは、勝ち馬(レッドファルクス)に0秒1差の4着と善戦。スプリント界の次代を担う逸材が、前哨戦からその実力を見せつける。 (鈴木康之)



    阪急杯の予想はプロ予想で
    いろいろと参考になりそうな無料予想ありサイト
    ホースキング・・・・ここは見たほうが良い
    栗東競馬・・・・ここは無料が熱い
    競馬劇場・・・もう有名すぎるか

    阪急杯予想2017年|予想オッズまとめ

     阪神Cを鮮やかな差し切り勝ちでモノにしたシュウジが、同じ阪神7Fで重賞連勝を狙う。

     栗東坂路で単走。豪快なフットワークにして、さばきも実に軽快で、13秒8-13秒1-12秒2とスムーズに加速。ラスト1Fもわずかに気合をつけられた程度ながら、切れのいい身のこなしで12秒3。目下の充実ぶりを印象づけた。

     「少し馬体は増えているだろうが、成長分もある。目標は高松宮記念だし、現時点ではちょうどいい体だと思う。先週もいい動きで、雰囲気がいい」と北村助手。

     小倉2歳S以来のVとなった阪神Cは、頭差ながら迫力を感じさせた。「当時も中間の動きが良く、レースでも道中のためが利いて、いい競馬をしてくれた。前走と同じ舞台でもあり、このメンバーでも負けられない気持ち」

     勝てばスプリント界の主役へ。GI制覇へ負けられない。(夕刊フジ)

    【阪急杯予想2017年|予想オッズまとめ】の続きを読む

    このページのトップヘ