競馬予想@競馬総合情報

競馬予想@競馬総合情報!、競馬予想で的中ラッシュするためにいろいろな視点からを作成しています。競馬予想データ、競馬ニュース、競馬情報など

    追い切り

    関屋記念予想|2017年|調教・追い切りニュースまとめ

    choukyou


    勝馬の栞で今週も無料予想GET
    関屋記念注目馬はここで無料GETw
    http://horse-win.com/
    kachiuma


    ヤフーニュースより引用

    【関屋記念】ヤングマンパワー 連覇へ「デキは今年に入って一番」
    【関屋記念(日曜=13日、新潟芝外1600メートル)注目馬10日朝の表情:美浦】連覇を目指すヤングマンパワーは厩舎周りの運動でしっかりと体をほぐした。

     手塚調教師「先週ビシッと追って、予定通りの調整ができている。デキは今年に入って一番。昨年と同じくらいの感じかな。(外枠からタフな競馬を強いられ16着大敗した前走の安田記念を踏まえ)テンの3ハロンを34秒台で入るとどうしても後半が厳しくなる。最初のポジションにはこだわらず途中から押し上げていく形で」
    【関屋記念予想|2017年|調教・追い切りニュースまとめ】の続きを読む

    NHKマイルC予想|2017年|調教ニュースまとめ

    choukyou


    ヤフーニュースより

    【NHKマイルC】アウトライアーズ、田辺を背に坂路50秒8の好時計

    ◆NHKマイルC追い切り(3日、美浦トレセン)

     NHKマイルC・G1(7日、東京・芝1600メートル)に出走する関東馬のアウトライアーズ(牡3歳、美浦・小島茂之厩舎)が3日、美浦の坂路で追い切られた。

     主戦の田辺騎手を背に、外スレッジハンマー(5歳1000万)、中マサノグリンベレー(6歳1000万)を追走し、3頭併せの形。最後まででシャープに脚を伸ばして、50秒8―12秒7で外のスレッジハンマーと併入した。

     皐月賞(12着)から中2週での参戦は当初のプラン通り。田辺騎手は「もともと調教で動く馬なので、雰囲気や息遣いを見ながら追った。落ち着いているし、状態面も平行線なのはいいと思う。距離短縮はプラスだと思うし、ここは頑張りたい」と反撃へ力を込めていた。
    【NHKマイルC】ジョーストリクトリ、CWコースで軽快な伸び脚
    NHKマイルC・G1(7日、東京・芝1600メートル)に向けて、前哨戦のニュージーランドTを勝ったジョーストリクトリ(牡3歳、栗東・清水久詞厩舎)が3日、栗東のCWコースで追い切りを行った。

    黒岩悠騎手(レースは武豊騎手)がまたがり、序盤を1ハロン15秒程度のラップでゆったり進めた。単走だったが、直線では他厩舎の馬と併せるような形になって、しまいをサッと伸ばして軽快な伸びを見せて、フィニッシュした。

     清水久調教師は「使い込んできているので、1週前もそれほどビシッとやる必要はなかったです。今日も、いい動き。他厩舎と併せる形になりましたが、しまいの伸びも、時計もいい感じでした。操縦性が良く、性格もいいので期待していた馬。いい状態で臨めるし、いい流れもあるので、楽しみにしています」と、先週の天皇賞・春を勝ったキタサンブラックに続く武豊騎手とのコンビで、2週連続のG1制覇を期待した。
    【NHKマイルC】カラクレナイ、必勝仕上げ!牝馬が混戦断つ

    ◆NHKマイルC追い切り(3日、栗東トレセン)

     第22回NHKマイルC・G1の出走予定馬の追い切りが3日、東西のトレセンで行われた。4頭が出走する牝馬の筆頭格、桜花賞4着のカラクレナイは栗東・CWコースを単走でラスト11秒8と抜群の切れを披露。桜花賞11着から反撃を狙うミスエルテなど、いずれもが史上5頭目の牝馬Vを狙えるムードを漂わせた。

     カラクレナイの最終追い切りは栗東・CWコース。単走で向こう正面から引っ張り切りの手応えで加速を続けると、外ラチ沿いを回って直線へ。残り1ハロンで軽く促される程度だったが、ぐいぐいと加速を続け、6ハロン83秒0―11秒8と脚を伸ばした。

     気迫に満ちた走りを見届けた松下調教師は「いっぱいに追った先週も力強かったですが、輸送を考慮してサッとやった今朝もいい動き。春はここを使って休ませる予定。“お釣りなし”の仕上げです」と満足そうにほほ笑んだ。

     初めてのマイル、道悪と不安要素がそろっていた桜花賞で4着。消耗戦のなか、直線で上位3頭より外を通って0秒2差まで詰め寄った。「後方の位置取りは距離を考えてのものでしたし、悪い馬場をこなせるパワーも見せてくれました」と松下師は収穫を強調する。今回も東京は初めて。長距離輸送が控えているが「普段はおとなしいですし、問題ないと思っています」と自然体で臨む。

     Mデムーロとのコンビ復活も心強い。報知杯フィリーズレビューで重賞ウィナーに導いた鞍上は「横山典さんの馬(アエロリット)や田辺君の馬(アウトライアーズ)が強敵だと思うけど、この馬もどんどん良くなっている。いつもすごい瞬発力を見せてくれるし、中団くらいにつけられれば」とVロードを思い描いた。2走前、のちの桜花賞馬を差し切った末脚が府中でもうなりを上げる。(吉村 達)
    【NHKマイルC予想|2017年|調教ニュースまとめ】の続きを読む

    5
    天皇賞秋|2016年追い切りニュースまとめ
     
    【PR】元競馬エイトTM在籍の無料予想サイト-勝馬の栞

    エイシンヒカリ、最終追いきり翌日テンション高めも『ちゃかちゃかするのはいつも』

    【天皇賞・秋(日曜=30日、東京芝2000メートル)注目馬27日朝の表情:栗東】厩舎周りの運動で体をほぐしたエイシンヒカリ。最終追い切り翌日とあって、ややテンションは高く映るが、陣営は余裕の表情で精神面の変化を口にした。

     坂口調教師「チャカチャカするのはいつものこと。普段通りだよ」

     中村厩務員「他の馬を気にするところは前から見せていたけど、最近は自分から襲いかかるようなしぐさを見せることが増えた。力をつけて、それだけ自信をつけたのかもね」

     

    ベストレコードの無料予想が熱い…
    秋天皇賞もしっかり参考にしますw
    bestre





    【天皇賞秋|2016年追い切りニュースまとめ】の続きを読む

    セントライト記念予想|2016年|調教・追い切り・ネット評価まとめ


    ここを見れば馬券って簡単になる????

    <セントライト記念:追い切り>

     菊花賞TRのセントライト記念(G2、芝2200メートル、18日=中山、3着までに優先出走権)に出走する皐月賞馬ディーマジェスティ(牡3、二ノ宮)が14日、美浦ウッドで6ハロン83秒1-13秒0をマークした。3頭併せで遅れはしたが、馬なりで余力は十分。3着に終わったダービー以上に順調な調整過程を踏み、時計、動きとも申し分ない。メンバー中唯一のG1馬。前哨戦とはいえ、ここは負けられない。

    【写真】プロフェットしっかり調整/セントライト記念

     ディーマジェスティは4角、進路を内めに取った。僚馬が2頭、大きく前を行く。蛯名が強く促すことなく体を柔らかく使って加速すると、ラストは13秒0の伸び。10馬身以上前にいた外ギブアンドテイク(古馬1000万)と並び、中で最先着したショウナンマルシェ(古馬1000万)に半馬身差まで詰め寄った。どこまでも悠然とした走り。鞍上は「馬体は並べる程度で、と思っていたので。時計は速いけど、先週より余裕をもって行けた」。下馬後、陽気に鳴らした口笛が好内容を物語った。

     気配はダービー以上だ。夏の放牧中は血統的に不安を抱える爪を入念にケア。そのかいあって、先月12日の函館入厩からは順調にステップを踏んできた。二ノ宮師は「(ダービーは)中間、順調でないところもあった。今は何の問題もなく、いい状態」。鞍上も「目方は変わらないけど、リフレッシュして充実しているかな」。ともに秋初戦を前に晴れやかな表情だ。

     海の向こうの同期から刺激を受けた。11日、ダービー馬マカヒキがニエル賞を快勝。凱旋門賞に弾みをつけた。蛯名は「よその陣営のことはわからないけど…。日本に残って競馬をするからには、いい競馬をしたいなという気持ち。いい形で本番に向いていけるように」。メンバー中唯一のG1馬でもあり「何とかいい結果を」と、もう1度力を込めた。菊花賞を狙うため、皐月賞馬は日本に残った。トライアルから、容赦はしない。【柏山自夢】

     ◆ダービー前のディーマジェスティ レース2週前に週末の追い切りをパスするなど皐月賞後の疲れを取りながら調整。美浦ウッドの最終追い切り(併せ馬)は6ハロン80秒1-11秒9と時計は出たが、これもコースの内側を通ったものだった。

     

    いよいよ秋のG1シリーズ
    競馬ファンなら無視できないところになってきましたね。
    もちろん・・・ここの予想を信頼して馬券を買っています
    私・・・だからみなさまも参考にどうぞ
    ギャロップジャパンの予想を信頼
    下記の無料コンテンツは見逃し厳禁


    gyrofee1







    【セントライト記念予想|2016年|調教・追い切り・ネット評価まとめ】の続きを読む

    5

    新潟記念予想|2016年|調教・追い切り|ネット評価


    競馬はここで儲けろ2ch。。。激アツ

     マイネルミラノの調教を祈るような表情で見守っていたのは、荒木助手の妻・比沙子さん(27)。函館から新潟まで、出張先の同助手を支えるべく同行している。「家でも(ミラノは)“おとなしくてカワイイ馬だ”って、よく話をしてくれるんですよ」とニッコリ。

     勤務先の牧場で同助手と知り合い、付き合い始めたのがミラノが2歳の頃。14年に結婚して、その年に同馬はオープン入り。今年12月には長女が誕生予定。ミラノとともに、歩んできた“荒木ファミリー”にとって、思い出深い年となりそうだ。

     
    サンスポ追い切りCheck 2016新潟記念 美浦

     


    TM追い切り診断 2016新潟記念 美浦

     

    主な馬の調教タイム


    ベルーフ

    8/31 栗東CWやや

    84.5-68.7ー53.8ー12.9


    ダコール

    8/31 栗東坂やや

    55.5-39.8ー25.4-13.0


    バーディーイーグル

    9/2 南坂良

    62.7ー46.2-30.2-14.8


    マイネルミラノ

    8/31 新潟芝やや

    68.5ー52.2-37.0ー12.0


    アルバートドック

    8/31 CWやや

    84.0ー68.2-53.8ー39.5-12.9



    競馬ファンならここの無料コンテンツ
    競馬予想コンシェルジュが熱い

    keibaconm



     

     

    【新潟記念予想|2016年|調教・追い切り|ネット評価】の続きを読む

    このページのトップヘ