競馬予想@競馬総合情報

競馬予想@競馬総合情報!、競馬予想で的中ラッシュするためにいろいろな視点からを作成しています。競馬予想データ、競馬ニュース、競馬情報など

    追い切り

    ホープフルS予想|2018年|調教・追い切りニュースまとめ

    choukyou


    高配当21では今週も無料予想GET
    馬券師が馬券的中を目指しますw
    無料予想で有馬記念予想を公開
    kouhai21s


    ヤフーニュースより
    【ズバッと言いたい放題】ホープフルS

     しの 今年最後のGIです。死力を尽くして頑張りましょう…。  

     大王 注目は新馬→萩Sを連勝中のシーザリオ産駒、サートゥルナーリアだ。父がロードカナロアに代わって、スピードが入っているのもトレンドに沿っている。  

     南 「2歳という枠組みではとらえていない。いい意味で図太さがあるし、自分を見失うこともない。パワーがあるので馬場が荒れても苦にしないでしょう」と辻野助手。期待は相当やな。  東京サンスポ・漆山 ただ、連勝の時計と相手関係はあまり評価できないような…。  

     しの スタンド前発走で折り合い面は心配だけど、走りっぷりは同じカナロア産駒の3冠牝馬アーモンドアイのようにパワフルですよね。  

     水谷 何や、満場一致かいな。  

     しの いえ、私はニシノデイジーからいきたいな。地味なタイプかもしれませんが、GIII連勝はダテではないはず。  

     漆山 勝浦騎手は「しまいが甘いイメージがあったので、前走にはビックリ。有馬記念もしまいがかかっていたし、舞台設定は魅力。不安要素はない。あるとすれば自分(笑)」とリラックス。前走は時計、内容とも評価できるものだしね。  

     大王 朝日杯FSはアドマイヤマーズが勝ったが、ここにはアドマイヤジャスタ。ジャスタウェイの産駒で、スピードと瞬発力が持ち味だ。  

     水谷 須貝調教師は「質のいい筋肉が付いてきたし、中間はCWコースで破格の時計。中山も問題なく、どんな競馬にも対応できる」やて。  

     大王 ヴァンドギャルドの素質もかなりだとは思うけど、粗削りな面がある。本当に良くなるのは来年かも。  

     水谷 京都2歳S2着のブレイキングドーンは「一瞬の切れより長くいい脚を使うタイプ」やて。前走時より良くなっているらしいが、「サートゥルナーリアとは完成度が違う」と白旗や。  

     しの 舞台適性の違いで戦うしかありませんね。ミッキーブラックは京都2歳Sで4着でしたが、芙蓉Sの内容から中山に戻るのはプラス。  

     漆山 穴なら余裕残しに映ったデビュー戦の内容が強いキングリスティア。上積みはあるし直線の急坂も合いそう。  

     大王 ジャストアジゴロも。デビュー2戦でともにメンバー最速の切れ味。末脚が生きる流れになれば面白い。  

     南 タニノドラマは有馬記念男・池添騎手が手綱を取るが、「乗りやすくて、センスがありそう」ゆうとったな。  

     しの それにしてもまだGIが残っているなんて、不思議な感覚よね。  

     大王 総決算の有馬記念は終わったのに。  

     水谷 例年、有馬でやられたら地元の園田に行ったり、東京大賞典で予算オーバーの勝負したりしてたもんやが…。とりあえず“本場”で挽回といくか。  

     しの 私はキャリーオーバーが4年ぶりに出たWIN5に渾身の力を注ぐことにします!

    【ホープフルS予想|2018年|調教・追い切りニュースまとめ】の続きを読む

    日本ダービー予想|2018年|調教・追い切りニュースまとめ

    choukyou


    高配当21では今週も無料予想GET
    馬券師が馬券的中を目指しますw
    無料予想で有馬記念予想を公開
    kouhai21s


    ヤフーニュースより
    【日本ダービー】ブラストワンピース自在に攻める!大竹師は枠順気にせず

    「日本ダービー・G1」(27日、東京)

     競馬の祭典・日本ダービーに出走する18頭とその枠順が24日、確定した。無傷3連勝中のブラストワンピースは4枠8番に決まった。大竹師は「真ん中より少し内でいいんじゃないですか。自在性がある馬なので、枠順はあまり気にしていませんでした」と淡々とした口ぶり。

     追い切り翌日の木曜朝は厩舎周りの運動で仕上げを進めた。東のエース格がどんな走りを見せるか注目だ。

    【日本ダービー予想|2018年|調教・追い切りニュースまとめ】の続きを読む

    関屋記念予想|2017年|調教・追い切りニュースまとめ

    choukyou


    勝馬の栞で今週も無料予想GET
    関屋記念注目馬はここで無料GETw
    http://horse-win.com/
    kachiuma


    ヤフーニュースより引用

    【関屋記念】ヤングマンパワー 連覇へ「デキは今年に入って一番」
    【関屋記念(日曜=13日、新潟芝外1600メートル)注目馬10日朝の表情:美浦】連覇を目指すヤングマンパワーは厩舎周りの運動でしっかりと体をほぐした。

     手塚調教師「先週ビシッと追って、予定通りの調整ができている。デキは今年に入って一番。昨年と同じくらいの感じかな。(外枠からタフな競馬を強いられ16着大敗した前走の安田記念を踏まえ)テンの3ハロンを34秒台で入るとどうしても後半が厳しくなる。最初のポジションにはこだわらず途中から押し上げていく形で」
    【関屋記念予想|2017年|調教・追い切りニュースまとめ】の続きを読む

    NHKマイルC予想|2017年|調教ニュースまとめ

    choukyou


    ヤフーニュースより

    【NHKマイルC】アウトライアーズ、田辺を背に坂路50秒8の好時計

    ◆NHKマイルC追い切り(3日、美浦トレセン)

     NHKマイルC・G1(7日、東京・芝1600メートル)に出走する関東馬のアウトライアーズ(牡3歳、美浦・小島茂之厩舎)が3日、美浦の坂路で追い切られた。

     主戦の田辺騎手を背に、外スレッジハンマー(5歳1000万)、中マサノグリンベレー(6歳1000万)を追走し、3頭併せの形。最後まででシャープに脚を伸ばして、50秒8―12秒7で外のスレッジハンマーと併入した。

     皐月賞(12着)から中2週での参戦は当初のプラン通り。田辺騎手は「もともと調教で動く馬なので、雰囲気や息遣いを見ながら追った。落ち着いているし、状態面も平行線なのはいいと思う。距離短縮はプラスだと思うし、ここは頑張りたい」と反撃へ力を込めていた。
    【NHKマイルC】ジョーストリクトリ、CWコースで軽快な伸び脚
    NHKマイルC・G1(7日、東京・芝1600メートル)に向けて、前哨戦のニュージーランドTを勝ったジョーストリクトリ(牡3歳、栗東・清水久詞厩舎)が3日、栗東のCWコースで追い切りを行った。

    黒岩悠騎手(レースは武豊騎手)がまたがり、序盤を1ハロン15秒程度のラップでゆったり進めた。単走だったが、直線では他厩舎の馬と併せるような形になって、しまいをサッと伸ばして軽快な伸びを見せて、フィニッシュした。

     清水久調教師は「使い込んできているので、1週前もそれほどビシッとやる必要はなかったです。今日も、いい動き。他厩舎と併せる形になりましたが、しまいの伸びも、時計もいい感じでした。操縦性が良く、性格もいいので期待していた馬。いい状態で臨めるし、いい流れもあるので、楽しみにしています」と、先週の天皇賞・春を勝ったキタサンブラックに続く武豊騎手とのコンビで、2週連続のG1制覇を期待した。
    【NHKマイルC】カラクレナイ、必勝仕上げ!牝馬が混戦断つ

    ◆NHKマイルC追い切り(3日、栗東トレセン)

     第22回NHKマイルC・G1の出走予定馬の追い切りが3日、東西のトレセンで行われた。4頭が出走する牝馬の筆頭格、桜花賞4着のカラクレナイは栗東・CWコースを単走でラスト11秒8と抜群の切れを披露。桜花賞11着から反撃を狙うミスエルテなど、いずれもが史上5頭目の牝馬Vを狙えるムードを漂わせた。

     カラクレナイの最終追い切りは栗東・CWコース。単走で向こう正面から引っ張り切りの手応えで加速を続けると、外ラチ沿いを回って直線へ。残り1ハロンで軽く促される程度だったが、ぐいぐいと加速を続け、6ハロン83秒0―11秒8と脚を伸ばした。

     気迫に満ちた走りを見届けた松下調教師は「いっぱいに追った先週も力強かったですが、輸送を考慮してサッとやった今朝もいい動き。春はここを使って休ませる予定。“お釣りなし”の仕上げです」と満足そうにほほ笑んだ。

     初めてのマイル、道悪と不安要素がそろっていた桜花賞で4着。消耗戦のなか、直線で上位3頭より外を通って0秒2差まで詰め寄った。「後方の位置取りは距離を考えてのものでしたし、悪い馬場をこなせるパワーも見せてくれました」と松下師は収穫を強調する。今回も東京は初めて。長距離輸送が控えているが「普段はおとなしいですし、問題ないと思っています」と自然体で臨む。

     Mデムーロとのコンビ復活も心強い。報知杯フィリーズレビューで重賞ウィナーに導いた鞍上は「横山典さんの馬(アエロリット)や田辺君の馬(アウトライアーズ)が強敵だと思うけど、この馬もどんどん良くなっている。いつもすごい瞬発力を見せてくれるし、中団くらいにつけられれば」とVロードを思い描いた。2走前、のちの桜花賞馬を差し切った末脚が府中でもうなりを上げる。(吉村 達)
    【NHKマイルC予想|2017年|調教ニュースまとめ】の続きを読む

    5
    天皇賞秋|2016年追い切りニュースまとめ
     
    【PR】元競馬エイトTM在籍の無料予想サイト-勝馬の栞

    エイシンヒカリ、最終追いきり翌日テンション高めも『ちゃかちゃかするのはいつも』

    【天皇賞・秋(日曜=30日、東京芝2000メートル)注目馬27日朝の表情:栗東】厩舎周りの運動で体をほぐしたエイシンヒカリ。最終追い切り翌日とあって、ややテンションは高く映るが、陣営は余裕の表情で精神面の変化を口にした。

     坂口調教師「チャカチャカするのはいつものこと。普段通りだよ」

     中村厩務員「他の馬を気にするところは前から見せていたけど、最近は自分から襲いかかるようなしぐさを見せることが増えた。力をつけて、それだけ自信をつけたのかもね」

     

    ベストレコードの無料予想が熱い…
    秋天皇賞もしっかり参考にしますw
    bestre





    【天皇賞秋|2016年追い切りニュースまとめ】の続きを読む

    このページのトップヘ