競馬予想@競馬総合情報

競馬予想@競馬総合情報!、競馬予想で的中ラッシュするためにいろいろな視点からを作成しています。競馬予想データ、競馬ニュース、競馬情報など

    調教追い切り

    5
    安田記念予想|調教・追い切り|ネット評価まとめ 
     

     春のマイラーNO.1を決める安田記念(5日、東京、GI、芝1600メートル)に向けてGI4連勝中のモーリス(美浦・堀宣行厩舎、牡5)が2日、東京競馬場で追い切りを行った。香港遠征から帰国して1カ月だけに軽めの内容だったが、シャープな伸びを披露。好調時と変わらない力強さもあり、陣営の感触は上々。連覇を狙える状態に仕上がった。枠順は3日に確定。馬券は4日から発売される。

     澄み切った青空の下、東京競馬場にチャンピオンホースの蹄音だけが響き渡った。昨年の年度代表馬モーリスが迫力満点の走りを披露。まるで連覇へ向けて死角なしを印象づけるかのようだ。

     角馬場で体をほぐした後、落ち着いた様子で芝コースに入り、残り5ハロンでペースアップ。全身を使ったダイナミックなフォームで残り3ハロンからさらに加速し、最後まで馬なりで37秒1-11秒7をマーク。本番でも独り舞台だと言わんばかりに、馬場の真ん中を豪快に駆け抜けた。

     「直線で鋭く伸ばす感じで、予定通り。もう1週あれば一番いい状態にできたが、能力を出せる状態にはなった」。渡邉助手は仕上がりにひと安心の様子だ。数字で表すなら「8~9割」と話すように最高のデキではないまでも、脚さばきには好調時の力強さがあり、不安を感じさせない。

     香港のチャンピオンズマイルから中4週。着地検査を受けた東京競馬場で疲れを取りつつ調整。「初めての環境でストレスがかかったし、馬の様子を見ることに最も気を使った」と細心の注意を払いながらケアを行い、体調の回復に努めた。

     5月27日に帰国後の初時計をマーク。その時点ではまだ「重い感じがあった」と振り返るが、「先週しっかりと負荷をかけて、状態は上向いている。先生(この日の追い切りを見た堀調教師)も『良化を感じている』と話していた」と上昇ムードを強調した。

     昨年から7連勝中で、GIは4戦全勝。安田記念以来5カ月半ぶりだったマイルCSで春秋マイルGI制覇を達成し、そこから中2週で香港マイルも制した。どんな条件でも力を発揮し、並外れたパフォーマンスを見せてきたスーパーホース。力を出せる態勢なら、あとは底力に期待できる。

     コンビを組むT・ベリー騎手は初騎乗だが、チャンピオンズマイルでリワーディングヒーロー(9着)に騎乗してモーリスの強さを実感。「レースの週に調教も見ていたが、素晴らしい馬だと思った。日本の年度代表馬に騎乗できることに感謝している」と意気込む。

     母メジロフランシスは5月5日、モーリスの全妹にあたる産駒を出産した直後に、15歳で急死。安田記念が行われる5日は初めての月命日にあたるだけに、天国の母に勝利を届けたい。

     GI4連勝の起点となった安田記念。世界に名をとどろかせる無敵のマイル王が、また新たな歴史を作る。 (藤沢三毅)

    ★GI5連勝ならタイ記録

     モーリスは今回勝てばGIだけで5連勝となる。間にGI以外のレースを挟まずに5連勝となれば、エスポワールシチーが持つ歴代最多連勝記録(2009年かしわ記念、南部杯、JCダート、10年フェブラリーS、かしわ記念)に並ぶ。GI出走機会の連勝記録はテイエムオペラオー、ロードカナロアが持つ6連勝で、5連勝ならナリタブライアン、タイキシャトルと並んで歴代3位となる。世界記録では、米国の名牝ゼニヤッタがGI出走機会13連勝を達成している。


    サンスポ追い切りCheck 2016安田記念 栗東

     


    サンスポ追い切りCheck 2016安田記念 美浦

     


    TM追い切り診断 2016安田記念 栗東




    安田記念のプロ予想は激アツなんだよね。
    競馬好きなら-競馬コンシェルジュ
    yasudac

    【安田記念予想|調教・追い切り|ネット評価まとめ】の続きを読む

    5
    東海S予想|調教・追い切り|ネット評価まとめ

    ◆第33回東海S・追い切り(21日・栗東)

     アスカノロマンは栗東・CWコースを単走。重い馬場を気にする様子もなく、ほぼ馬なりのまま素軽いフットワークで駆け抜けた。騎乗した太宰は「調教で判断しにくい面がある馬ですが、動きは良かったですよ」と笑顔。川村調教師も「前走後は長め長めの調教をやってきた。雪で追い切りが1日延びた影響もなく、いい状態で使える」と納得の表情を浮かべた。

    【写真】活気にあふれる動きを披露したロワジャルダン

     11月に復帰して〈4〉〈2〉着。レースぶりも安定し、充実期を迎えた。釘田助手は「後肢が著しく良くなって、今は530キロ近くあっても太め感はない。精神面も含めて成長している」と強調。前走についても「まんまと逃げられただけ」と悲観しておらず「ここで賞金を加算できたら『フェブラリーSへ』という考えも出てくるだろうね」と期待の大きさを隠さなかった。

     「中京では強い勝ち方をしたこともあるし、1800メートルはちょうどいい。抜けた馬がいないので、いい勝負ができると思う。楽しみです」と太宰。自身3年ぶりとなる重賞タイトルをつかみ、胸を張ってG1の舞台に乗り込む。(吉村 達)

     
    サンスポ予想王
     

     

    ・ローマンレジェンド

    ・アスカノロマン

     

    主な馬の調教タイム

    ロワジャルダン

    1/20 南W良

    69.4ー54.2-40.1-13.4

    アスカノロマン

    1/20 栗東CW不

    84.2-66.7ー52.5ー39.1-12.9

    インカンテーション

    1/20 栗東CW重

    85.6-69.1-54.3-40.1-14.0

    ローマンレジェンド

    1/20 栗東CW重

    83.8-68.0ー13.3

    モンドクラッセ

    1/20 南W良

    68.9ー52.4-38.2-12.2

     

     

     

     

    【東海S予想|調教・追い切り|ネット評価まとめ】の続きを読む

    このページのトップヘ