競馬予想@競馬総合情報

競馬予想@競馬総合情報!、競馬予想で的中ラッシュするためにいろいろな視点からを作成しています。競馬予想データ、競馬ニュース、競馬情報など

    菊花賞調教

    菊花賞予想|2018年|調教・追い切りニュースまとめ

    choukyou


    高配当21では今週も無料予想GET
    馬券師が馬券的中を目指しますw
    無料予想で有馬記念予想を公開
    kouhai21s


    ヤフーニュースより
    ズバッと言いたい放題
     しの 今週は牡馬3冠のラストです。  
     
     大王 アーモンドアイ1強の牝馬戦線から一転、難解なレースだ。  
     
     しの まずは皐月賞馬エポカドーロ。神戸新聞杯ではまさかの出遅れで1番人気4着でした。  

     水谷 藤原英調教師も「粘り込むのが一番」と。今度は主導権を握りたいところやろ。  大王 もちろん巻き返しは必至。でもボクは2着のエタリオウに注目だ。スタミナ豊富なステイゴールド産駒だし、ダービーで0秒2だったワグネリアンとの差を0秒1に詰めた。  
     
     大阪サンスポ・渡部 エタリオウの陰に隠れがちだけど、ユーキャンスマイルもいいですよ。追い切りに騎乗した武豊騎手も好感触で、侮れないと思います。  

     水谷 2頭出しは人気薄って格言もある。  

     しの ベタね。で、神戸で3着だったメイショウテッコンも0秒1差の惜敗。ただ、距離が延びると決め手で見劣るような気が。  

     大王 ダービー5着のブラストワンピースは新潟記念で復帰と異例のローテ。平坦コースで直線一気の競馬は、京都の外回りを意識してのものか。近年はスローの上がり勝負が多いから、いかにも合いそうだ。  

     東京サンスポ・柴田 右回りは3走前の毎日杯以来2回目。追い切りは3頭併せで楽々最先着していたし、コーナリングもスムーズだった。  

     東京サンスポ・片岡 モレイラ騎乗で注目が集まるグロンディオーズは、美浦Wコース3頭併せで好タイム。重賞初挑戦になるけど、血統的にも距離延長はいい。  
     
     大王 ダービー前日に同条件の500万下を2分24秒4でVと早くから素質は見せていたし、父ルーラーシップは昨年の菊花賞馬キセキを輩出しているね。  

     しの とはいえ、これまでキャリア4戦以下は3着が最高。となると4戦目のフィエールマンも黄信号?  

     柴田 追い切りの動きは抜群。手塚調教師も「すごい動きだった」と満足していた。  しの 私はジェネラーレウーノにしようかな。セントライト記念の勝ちっぷりや、プレッシャーのかかる展開で3着に粘った皐月賞からもスタミナはかなり豊富です。  

     片岡 グローリーヴェイズは祖母がメジロラモーヌ。晩成型だろうけど、未知の魅力はあるで。  

     渡部 栗東ではグレイルも怖い1頭。スピード感あふれる動きで岩田騎手、野中調教師ともに状態に自信を持ってます。うまく脚を残せれば一発があっても。  

     しの そういえば水谷さん、金曜はウインズ梅田で予想会ですって?  

     水谷 大阪サンスポの川端記者と。何とか先輩の貫禄でいいところを見せんとな。  

     しの 古い話ばっかりしないで、ちゃんと予想してきてくださいね!
    【菊花賞予想|2018年|調教・追い切りニュースまとめ】の続きを読む

    5
    菊花賞予想|調教・追い切り|ニュースまとめ
     
    【菊花賞追い切り】2連勝中のウムブルフ、力強い伸び 

     菊花賞・G1(23日、京都・芝3000メートル)でG1初制覇を狙うウムブルフ(美浦・堀宣行厩舎)が20日、美浦のウッドチップコースで追い切りを行った。

     僚馬とともにダートコースを周回後、Wコースへ。単走だったが、最後の直線で力強く伸び、状態の良さをアピールした。

     皐月賞は10着に敗れたが、その後に500万(東京・芝2400メートル)、1000万の札幌日刊スポーツ杯(札幌・芝2600メートル)を連勝中。橋本助手は「先々週は多少もたついていたが、先週ガラッと良くなって、この日は単走でサラッと追った。長丁場は向くと思う。力を出せる状態です」と期待を寄せる。


    ジュベルミエール抜群77秒8、金星狙う

    <菊花賞:追い切り>

     栗東に滞在しているシュペルミエール(牡3、木村)は19日、Cウッドでゴルゴバローズ(3歳1000万)を2馬身追走して4馬身先着。

     内寄りを回ったとはいえ、6ハロン77秒8-12秒5と抜群だった。北村宏騎手は「乗りやすい馬なので、3000メートルでも心配ないと思います」と好感触。昨年のキタサンブラックに続き、金星を狙う。


    【菊花賞】サトノダイヤモンド、CWコースで抜群の動き!ルメールも絶賛「状態は完璧」

    ◆第77回菊花賞追い切り(19日・栗東)

     第77回菊花賞の追い切りが19日、行われた。栗東ではラスト1冠奪取を目指すサトノダイヤモンドがCWコースで抜群の動き。橋本樹理記者が上昇度を伝えた。

     サトノダイヤモンドがひと叩きで一変した。驚いたのが13日の栗東・CWコースでの1週前追い切りだ。助手騎乗でいっぱいに追って7ハロン98秒3―11秒5のタイムも優秀だが、ゴールに近づくにつれて増してくる迫力のある動きが印象に残った。

     ルメールが騎乗したこの日の追い切りこそ、4ハロン52秒9―11秒8と軽めだったが、追いかけたペルシアンナイト(2歳500万)と並ぶと、鞍上の合図がなくても、自らかわそうと加速する好内容。直線で促されてスピードを上げた神戸新聞杯の最終追い切り(CWコースで4ハロン53秒6―12秒0、いっぱい)は正直、もたつきを感じたが、今回は四肢の回転などが明らかに違っていた。

     前走後、初めて調教にまたがったルメールも「すごくいい感じ。追い切りの距離自体は短かったけど、反応がよかった。ストライドがスムーズで、リラックスして走れていた。時計もけっこう速かったし、状態は完璧」と絶賛した。

     最大のポイントは未知の3000メートルだが、馬体は長丁場向きにモデルチェンジ。休み明けを叩いたことで研ぎ澄まされ、スラリとした体形に変わった。「筋肉が盛り上がって水っぽさが取れた。当日のパドックを見てもらえれば、別の馬になっているのが分かると思います」と池江調教師は自信を持って送り出す。

     バトンを受け取るルメールもパートナーへの信頼は厚い。「3000メートルは初めてなので分からないが、スタミナがある。リラックスして走ればいける」。久々の前走こそ気負いを見せたが、中間の落ち着きは十分。勝負仕上げで悲願のクラシックを取りに行く。(橋本 樹理)




    菊花賞はここをとっても参考にしています。
    だから無料コンテンツだから信頼度高いです。
    ベストレコードの無料コンテンツが熱い

    bestre

    【菊花賞予想2016年|調教・追い切り|ネット評価】の続きを読む

    このページのトップヘ