競馬予想@競馬総合情報

競馬予想@競馬総合情報!、競馬予想で的中ラッシュするためにいろいろな視点からを作成しています。競馬予想データ、競馬ニュース、競馬情報など

    菊花賞回顧

    菊花賞回顧2016年|やっぱり強かったサトノダイヤモンド

    菊花賞勝った人も負けたも向いているのはこのサイト-ギャロップジャパン
    今週は天皇賞無料コンテンツをいっぱいGETしよう



    大上記者のレース戦評・・・菊花賞

     日本ダービー2着のサトノダイヤモンド、皐月賞馬ディーマジェスティが1、2番人気を分け合い、上がり馬カフジプリンス、ミッキーロケットが3、4番人気。実績か、勢いか―。毎年我々を悩ませるテーマは、今年のオッズにもしっかり反映された。

     ダッシュを利かせたミライヘノツバサに、サトノの先兵サトノエトワールが絡む。前半1000メートル59秒9。過去10年で3番目タイの流れで、縦長の隊列になったが、3番手以下は多少速い程度。それでもG1らしい締まった展開となった。エアスピネルは頭を上げつつの先行。サトノダイヤモンドが中団、ディーマジェスティは、それを見る形。

     中間点で1ハロンが13秒台に落ち、そこから12秒、最後の3、4ハロンは11秒台を刻む、いわゆる菊花賞ラップは、加速型のサトノに理想的。ずっとマークしていたディーマジェスティに馬体を合わすことすら許さず、直線で突き放す完勝だった。

     2着には後方でじっと動かなかったレインボーラインが突っ込み、折り合いを欠いたエアスピネルが内で粘って3着。サトノを負かしにいった4着のディーマジェスティまでの並びは、人気を背負っていたかどうか。レースのアヤだろう。

     マカヒキを含め、超ハイレベルといわれた皐月、ダービー組を差し置いて、私はカフジプリンスを本命に推したが、無理筋だった。下りの反応もイマイチで、ゆえに前走同様、直線で前が詰まった。

     これでクラシック3冠は、それぞれ別のディープインパクト産駒で独占の快挙。鬼門とされた3000メートル超も克服し、今後、よりG1寡占状態が進むことは間違いない。

     【今後の注目馬=ジュンヴァルカン】6月の1000万特別Vから、4か月半ぶりの実戦。出遅れたが、レースには参加できていた。4コーナーで外を回し、直線半ばまで鋭く伸びるも10着。それでも能力の片りんは見せたし、もともと馬体の良さはオープン級。ベッラレイア(07年オークス2着)を出した母系も魅力で、自己条件に出てくれば確勝級の評価。将来は重賞を勝ち負けする馬に育っていくと思う。(大上 賢一郎)

     
    菊花賞-2016年レース結果





    1着 サトノダイヤモンド ルメール
    2着 レインボーライン 福永祐一
    3着 エアスピネル 武豊




    天皇賞秋のお得な情報をゲットしたい人向けサイト
    大川慶次郎の遺伝子を次ぐ伝説サイトから




    【菊花賞回顧2016年|やっぱり強かったサトノダイヤモンド】の続きを読む

    【PR】
    管理人お勧め-無料コンテンツがお勧めマックス!!

    お勧めです、ベストレコード

    ワンアンドオンリーの敗因とは|菊花賞の回顧

    【菊花賞】26日、京都競馬場で行われたGI第75回菊花賞(芝外3000メートル)で、1番人気のワンアンドオンリーは9着と惨敗した。

     内を立ち回った上位馬とは対照的な競馬になったのがワンアンドオンリー。常に外々を回らされ、直線ではダービーで見せた伸びがまるで見られなかった。9着という結果に橋口調教師は「これが菊花賞だよ。ダービーの時と違って前に壁をつくれなかった。ずっと外を回ったコースロスが大きかった」。横山典も「負けるべくして負けました。悔いはないです。勝ち馬が強かった」と敗戦の弁。

     見せ場なく敗れたダービー馬だが、この一戦で評価が下がるわけではない。瞬発力勝負のダービーと違い、菊花賞で求められるのはロスなく内を立ち回れる器用さ。3冠馬を除けばダービーと菊花賞の2冠は、73年のタケホープ以来達成されていない。求められる適性が異なることは歴史が証明している。

     父ハーツクライが4歳で初めてGIを制したように、まだまだ成長の余地がある馬。この馬が得意とする舞台なら巻き返しがあるはずだ。

     
    菊花賞-2014年
     
    【ワンアンドオンリーの敗因とは|菊花賞の回顧】の続きを読む

    このページのトップヘ