競馬予想@競馬総合情報

競馬予想@競馬総合情報!、競馬予想で的中ラッシュするためにいろいろな視点からを作成しています。競馬予想データ、競馬ニュース、競馬情報など

    菊花賞予想

    【PR】
    管理人お勧め-無料コンテンツがお勧めマックス!!

    お勧めです、ベストレコード

    ワンアンドオンリーの敗因とは|菊花賞の回顧

    【菊花賞】26日、京都競馬場で行われたGI第75回菊花賞(芝外3000メートル)で、1番人気のワンアンドオンリーは9着と惨敗した。

     内を立ち回った上位馬とは対照的な競馬になったのがワンアンドオンリー。常に外々を回らされ、直線ではダービーで見せた伸びがまるで見られなかった。9着という結果に橋口調教師は「これが菊花賞だよ。ダービーの時と違って前に壁をつくれなかった。ずっと外を回ったコースロスが大きかった」。横山典も「負けるべくして負けました。悔いはないです。勝ち馬が強かった」と敗戦の弁。

     見せ場なく敗れたダービー馬だが、この一戦で評価が下がるわけではない。瞬発力勝負のダービーと違い、菊花賞で求められるのはロスなく内を立ち回れる器用さ。3冠馬を除けばダービーと菊花賞の2冠は、73年のタケホープ以来達成されていない。求められる適性が異なることは歴史が証明している。

     父ハーツクライが4歳で初めてGIを制したように、まだまだ成長の余地がある馬。この馬が得意とする舞台なら巻き返しがあるはずだ。

     
    菊花賞-2014年
     
    【ワンアンドオンリーの敗因とは|菊花賞の回顧】の続きを読む

    5

    【PR】
    管理人お勧め-無料コンテンツがお勧めマックス!!

    お勧めです、ベストレコード


    花賞予想を公開している佐藤哲三氏のまとめ


    佐藤哲三が25日、念願の“ウインズデビュー”を果たした。

    大阪市のウインズ道頓堀で毎日放送ラジオ「GOGO競馬サンデー」の菊花賞トークショーに登場。大勢のファンの前で元騎手ならではの視点から予想を披露し、会場は「お~っ!」という歓声があがる盛況ぶりだった。その後も馬券を購入するなど、ファンと競馬を楽しんだ。

     

    土曜日の段階で5頭…最終結論は日刊スポーツでやるらしいです。

    (内枠から)

    トーホウジャッカル

    サウンドオブアース

    トゥザワールド

    ワンアンドオンリー

    ヴォルシェーブ

     

    トーホウジャッカル(牡3=谷)はいつも通り坂路へ。しっかり抑えが利いて4F65秒3で駆け上がった。
    末永助手は「きのう、きょうと折り合いはピッタリついた。思い通りに調整できたし、出来は言うことない」と絶好の感触だ。
     
    【菊花賞予想を公開している佐藤哲三氏のまとめ】の続きを読む

    5
    菊花賞を当てるぞ【2014年】|トゥザワールドはやっぱり注目!!
     

    ■トゥザワールドに騎乗予定の川田将雅騎手
    ――今朝の追い切りはいかがでしたか?
    川田「非常にいい動きでした。いい状態で本番に向かえると思います」

    ――休み明けを叩いた上積みは?
    川田「前走も今回もいい状態だと思うので、極端に変わったというかんじではないですが。いい状態をキープできていると思います」

    ――セントライト記念を振り返っていかがですか?
    川田「いい内容で走ってくれましたし、頑張ってくれました。ただし、勝った馬は非常に強かったです。でも、トゥザワールド自身はよく頑張ってくれたなと思います」

    ――この馬のいいところは?
    川田「完成度の高さであり、非常に賢い馬であるというところです」

    ――ライバル関係はいかがでしょうか?
    川田「セントライト記念で強い勝ち方をしたイスラボニータはいませんが、ダービー馬もいますし、他に強い馬もいます。夏を越えて他の馬たちが成長したなと思いますし、早くからいい競馬をしていたトゥザとしてはまわりがより強くなったかなという印象なので本当に難しい戦いになると思います」

    ――春は届きそうで届きませんでした。最後の一冠にかける思いは?
    川田「一生に一度のこの子の舞台。なんとか最後のひとつで一番いい結果を出したいと思います」

    ――最後にひとこと
    川田「トゥザにとって最後のクラシックです。人気にこたえられるよう、なんとかいい結果を出せるように頑張りたいと思います」


    ■トゥザワールドなどを管理する池江泰寿調教師
    ――まず、トゥザワールドについてお願いします。今日の追い切り、動きはいかがでしたか?
    池江「よかったです」

    ――3000mという距離はいかがですか?
    池江「距離については一回やってみないとわからないですが、力は出せると思います」

    ――続いて、トーセンスターダムについて伺います。今朝の調教の動きは?
    池江「実に素晴らしかったですね」

    ――前走の神戸新聞杯を振り返ってください。
    池江「ダービーで直線内ラチに接触し、平地調教再審査(の処分)を受けました。それは一度でパスしたんですが、(神戸新聞杯は)再審査明けでしたのでどういう競馬をしてくれるかというかんじでした。レースでは馬群の中で競馬をしてくれということで直線壁になって力を出し切れませんでしたが、バラけたら抜け出しましたしね。さすが力があるなと思いました」

    ――3000mという距離については?
    池江「折り合いもつきますし。こなしてくれるのではないか、と思います」

    ――どんなレースを期待されますか?
    池江「うまく差し切るようなかたちになればと思います」

    ――最後にサトノアラジンについてお願いします。今朝の調教の動きはいかがでしょうか?
    池江「ふだんからいい動きをするのでね、いつもどおりだなと感じました」

    ――前走の神戸新聞杯を振り返ってください。
    池江「ちょっと力を出し切れませんでした。度外視できるんじゃないかなと思います」

    ――菊花賞の3000mについてはいかがですか?
    池江「距離的にはあまりよくはないと思うのですが。直線に賭けています」

    ――期待されている部分を教えてください。
    池江「能力の高さ、見た目の素晴らしさ、トップクラスの馬だと思います」
    (取材:花岡貴子)

     



    まあ…菊花賞でも注目なのは間違いないですけど


    トゥザワールド

    父-キングカメハメハ

    母父-サンデーサイレンス

     
    tozas

    【PR】
    管理人お勧め-無料コンテンツがお勧めマックス!!

    お勧めです、ベストレコード

     

    勝利した、 弥生賞動画

     
    【菊花賞を当てるぞ【2014年】|トゥザワールドはやっぱり注目!!】の続きを読む

    このページのトップヘ