競馬予想@競馬総合情報

競馬予想@競馬総合情報!、競馬予想で的中ラッシュするためにいろいろな視点からを作成しています。競馬予想データ、競馬ニュース、競馬情報など

    菊花賞

    菊花賞予想|2018年|馬体診断(スポニチ)まとめ

    batais


    ヤフーニュースより

    【菊花賞】ジェネラーレウーノ100点 まさにステイヤーの見本

     キタサンブラックから最強ステイヤーのたすきを受け継ぐのは…。鈴木康弘元調教師(74)がG1有力候補の馬体を診断する「達眼」。第79回菊花賞(21日、京都)ではジェネラーレウーノを1位指名した。達眼が捉えたのは、戦後日本を代表するマラソンランナー・君原健二氏ともダブって映る筋肉と首の姿勢。皐月賞3着後はダービー大敗、秋初戦のセントライト記念1着。キタサンブラックと同じ蹄跡で菊の大輪をつかむ勢いだ。


      ジェネラーレウーノとブラストワンピース。今菊花賞で人気を集める東の両雄ですが、その体形は対照的です。ワンピースが陸上の短距離ランナーを思わせる筋肉質の馬体なら、ウーノは無駄な肉をそぎ落としたマラソンランナー。ちょうど50年前のメキシコ五輪(68年)で日本人初の銀メダルに輝いた君原健二氏を思い起こします。首を鶴のように曲げながら加速するウーノの走法は、首を傾けた君原走法のように個性的。「あの走法は苦しくなったときのあがき」と本人は語っていたそうですが、ウーノの鶴首は気迫を示すしぐさ。首を曲げながら長距離馬らしい体を伸縮させ、君原氏のようなしぶとく粘り強い走りを見せてくれる。


      背中も胴も長いステイヤーの見本のような体形。総じて短距離ランナーは瞬発系の速筋と呼ばれる厚い筋肉が発達するためマッチョなボディーになる。一方長距離ランナーは遅筋という持久力のある薄い筋肉を付けるためスリムなボディー。今年の菊花賞有力馬ではグロンディオーズ、メイショウテッコン、タイムフライヤーも長距離型の体形ですが、ウーノが最もステイヤーらしい薄くて上質な筋肉を付けています。


      長距離馬らしい穏やかな表情にも好感が持てる。顔つきはシャープではないが、耳にも尾にも力みなし。3000メートルを乗り切るのにちょうどいい精神状態でしょう。皐月賞3着からダービー大敗、セントライト記念快勝を弾みに菊の大輪を咲かせたキタサンブラックと同じ臨戦過程ですが、悠然とした立ち姿もダブって映ります。どちらも一瞬のスピードがない代わりに、主導権を獲って平均ペースで押し切るスタミナ型。キタサンブラックのような首と脚が長い「キリン体形」ではありませんが、発達したキコウ(首と背中の間のふくらみ)も似ている。ダービー時よりも腹袋にボリュームが増したのはひと夏越しての成長力です。四肢を見れば、腱がしっかり浮き出ていて、とても丈夫。加減せずに調教を積める。タフな脚部もキタサンと同じです。


      君原健二氏は自著にこんな名言を残しています。「人生はよくマラソンに例えられるが、私はむしろ、人生は駅伝であると思う。前を走った者から、たすきを受け継ぎ、後に走る者につなぐ…」。馬名通り世代1番(ウーノ)の長距離資質を備える3歳馬がキタサンブラックから受け継ぐのは最強ステイヤーのたすきか。君原氏がメキシコ五輪のゴールを駆け抜けたのは50年前の日本時間10月21日、今菊花賞の当日です。 (NHK解説者)


      ○…関東馬ジェネラーレウーノは前走・セントライト記念で2番手から早めに抜け出し、1月京成杯に続く重賞2勝目。2走前のダービー16着から巻き返しに成功した。矢野師は「ダービーは先行争いをした皐月賞(3着)の影響が出ただけ。控えても競馬はできる馬だし、能力を見せてくれた」と評価。先週末の13日に早めに栗東へ移動。「スタミナはあるし、この馬の力を出せれば楽しみ」と手応えを得ている。


    【菊花賞】エポカドーロ95点 骨格を闘争心でカバーできるか

     血統は体形を超えられるか。ブラストワンピースが抱えるテーマはエポカドーロにもそのまま当てはまります。背中も腹下も短いマイラー体形。かつて私の義兄、増沢末夫の厩舎で短距離重賞を連勝したダイワパッション(母)の影響でしょうか。ダービー時よりも腹周りに厚みが増し、首から肩にかけてたくましくなってきた。全体に実が入ってきたような体つき。3歳秋を迎えて成長しているのは間違いないのですが、マイラーを思わせる胴の詰まった骨格は時を経ても変わりようがないのです。


      だが、立ち姿は変わってきた。皐月賞、ダービー時には穏やかに垂らしていた尾を上げています。父オルフェーヴルの激しい気性が体の成長と共にもたげてきたように映ります。並の馬とはちょっとズレた気性。一度へソを曲げてしまうと修正が利きませんが、前向きになれば信じられないような闘争心とパワーを発揮します。ノーザンテーストやサンデーサイレンスの気性もズレていました。エポカドーロがマイラー体形を乗り越えられるとすれば…。血統通りの激しい気性を闘争心に転化できた時です。

    【菊花賞】ブラストワンピース95点 屈強のマイラ―体型

    血統は体形を乗り越えるのか。菊花賞でブラストワンピースに課された宿題です。ケタ違いの筋肉量。全身に筋肉の鎧(よろい)をまとったようなボリュームです。野太い首、はち切れそうな肩とトモ。キングカメハメハ(母の父)の特徴をストレートに体現している。ワンピースというよりもノースリーブとハーフパンツの筋トレ用ツーピースのほうが似合っています。アスリートに例えるなら、前回の東京五輪(64年)陸上100メートルで金メダルに輝いた“弾丸”ボブ・ヘイズ氏の隆々たる筋肉。無条件に満点の馬体です。長距離G1でなければ…。屈強のマイラーを思わせる体形。3000メートルを走るには筋肉が立派すぎるのです。


      血統は長距離仕様のハービンジャー産駒。レースに集中しすぎず、遊びがある子が多い。だから体力の消耗を防げる。ゆったりとレースに向かえる精神力を備えた産駒もいる。ブラストツーピース、いや、ワンピースがそうです。立ち姿には一切の気負いがない。ゆとりに満ちたたたずまいです。


      ダービー時には未成熟だったキコウもだいぶ抜けてきました。3歳夏を越しての成長力です。古馬になればもっとキコウが抜けて完成されるでしょう。四肢に着けた肢巻きもダービーと同じ。膝の周辺には湿布の痕がのぞいていますが、予防のためでしょう。


      短距離型の体形に宿る長距離の血統。血統は体形を乗り越えるのか。正解は神のみぞ知る…。


      〇…新潟記念で古馬をノーステッキで撃破したブラストワンピース。主戦・池添を背にした1週前追いは僚馬を5馬身突き放すパワフルな動き。大竹師は「ダービーの頃よりも落ち着きが出てきた。馬体重は1週前追いを終えて530キロ台になりそう。予定通り」と順調をアピール。「池添騎手も緩さが解消したと言ってた。夏を越えて良くなっている」と愛馬の成長に目を細めた。ダービー5着以外負けなしの大器。余裕を持ったローテーションでラスト1冠獲りを狙う。


    宝塚記念
    はここの無料情報で万馬券GETw
    競馬ファンならここの予想を信頼して大儲けwwww
    競馬劇場
    keibageki

    菊花賞予想|2018年|予想オッズまとめ

    yosouodds



    無料の予想で
    競馬を勝ちたい・儲けたい
    そんな貴方さまにはUMAチャンネル

    充実の無料予想・・・
    umachs

    チャンピオンズカップでコパノリッキー買えたのはこのサイトのこの
    無料コンテンツのおかげ

     
    トラックマンS(栗東担当者)

    コパノリッキーが好調キープ出来ているようです。フェブラリーSの後リフレッシュされたことで走りがスムーズになりしっかり手前を変えて走れるようになったのがここ3戦の好走の原因のようです。前走も出遅れがなければ勝てていたかという競馬で、ここもうまく立ち回れば勝ち負けに加わってくるという感触です!!


    ヤフーニュースより

    【菊花賞】異例のローテーションで菊の舞台に挑むブラストワンピース


     12週連続のGIシリーズ第2弾は3冠最終戦の菊花賞(21日、京都、芝3000メートル)。ダービー馬でトライアルの神戸新聞杯も勝ったワグネリアン(栗東・友道康夫厩舎、牡3歳)は次週の天皇賞・秋に出走するため不在だが、それでも、重賞ウイナーが8頭登録し、夏を境にメキメキと力をつけた新興勢力も多く、見応えのある一戦になりそうだ。


     最も注目されるのがブラストワンピース(美浦・大竹正博厩舎、牡)だ。デビュー3連勝で毎日杯を制した後、2番人気と高い支持を得たダービーは5着に敗れたが、それ以来3カ月ぶりのレースとなった古馬相手の新潟記念を快勝。異例のローテーションだが、美浦Wコースでの11日の1週前追い切りは主戦の池添謙一騎手を背に6ハロン81秒1、ラスト1ハロン12秒6のハードトレを敢行し、上々の動きを披露している。母ツルマルワンピースの全3勝は1400メートルだが、父がスタミナ豊富なハービンジャー。チャンスは十分ありそうだ。

    【菊花賞予想|2018年|予想オッズまとめ】の続きを読む

    菊花賞予想|2017年|直前情報まとめ

    chokuzen

    ヤフーニュースより


    【菊花賞】直前生情報
     (1)ブレスジャーニー

    長所=前走でダービー2着馬撃破。底力上位
    短所=骨折で11カ月ぶりの実戦。転厩初戦で

     (2)ウインガナドル

    長所=「黄金配合」。先行力としぶとさ魅力
    短所=今回は斤量5キロ増。G1では実績不足

     (3)スティッフェリオ

    長所=抽選突破の強運。重馬場で2着が2回
    短所=実績見劣り、収得賞金はメンバー最低

     (4)クリンチャー

    長所=持久力が武器。血統から道悪適性あり
    短所=最近は出脚がひと息。もまれると心配

     (5)トリコロールブルー

    長所=32キロ増の前走をV。叩かれて上昇気配
    短所=初めてのG1戦。当日のテンションが鍵

     (6)マイネルヴンシュ

    長所=スタミナ豊富。馬場悪化も苦にしない
    短所=中間のテンション高い。馬体減り心配

     (7)アダムバローズ

    長所=マイペースの先行策ならしぶとさあり
    短所=近走不振。皐月賞17着とG1では疑問

     (8)サトノアーサー

    長所=セレクトセールで2億超えの超高額馬
    短所=折り合いの難しいタイプ。距離に不安

     (9)クリノヤマトノオー

    長所=2連勝中。オープン2着の実績もあり
    短所=中1週で3000メートル。スタミナに不安

     (10)ベストアプローチ

    長所=外国産馬で道悪歓迎。折り合いも不問
    短所=器用さに欠け、1勝馬で勝ちみに遅い

     (11)サトノクロニクル

    長所=京都は(2100)。堅実ぶりは魅力
    短所=G1初出走。大舞台での経験値が不足

     (12)ミッキースワロー

    長所=皐月賞馬を撃破した瞬発力。上昇一途
    短所=若さ残す気性。輸送で消耗する可能性

     (13)キセキ

    長所=着外1回。トライアル2着の上がり馬
    短所=夏場から使い続けており上積みは薄い

     (14)ポポカテペトル

    長所=スタミナ豊富。力を要する馬場も向く
    短所=ゲートに難。先手を奪えないともろい

     (15)ダンビュライト

    長所=血統的に長距離向き。重馬場にも実績
    短所=崩れない一方、勝ち切る要素に乏しい

     (16)アルアイン

    長所=皐月賞の覇者でメンバー唯一のG1馬
    短所=母は短距離で活躍。距離延長に疑問も

     (17)プラチナヴォイス

    長所=キャリアメンバー最多タイ。京都2勝
    短所=G1での2戦が2桁着順。モタれる癖あり

     (18)マイスタイル

    長所=ダービー最先着の4着。センスは抜群
    短所=理想は単騎逃げ。大外枠では厳しそう
    日曜日危険な馬
     【京都11R・アルアイン】母ドバイマジェスティは10年エクリプス賞チャンピオンスプリンター牝馬を受賞。1100メートルから1600メートルで12勝を挙げた。ダービー5着に、セントライト記念2着と、距離が延びてパフォーマンスを下げたのは血統のせいだろう。3000メートルは長い。

    日曜京都“この馬は消さないで”
    【京都11R・モズカッチャン】京都の天気予報は土曜夜からずっと傘マーク。京都芝内回りAコースは、馬場が悪くなると前有利の傾向がさらに強まる。過去10年、稍重~不良のAコースでのレースは17例。勝ち馬14頭が4角3番手以内で、真ん中より後ろの位置にいた馬の差し切り勝ちは1頭しかいない。

     オークスでのレース巧者ぶりが光るこの馬は、4番枠からアエロリットをぴったりマークして運べそう。前めの競馬をする組の中では最もスタミナがあり、距離適性では他の有力馬を上回る。馬なり調整に終始した前走はプラス14キロ。ひと叩きして馬体は陣営のもくろみ通りに締まってきた。宝塚記念、スプリンターズSを制したM・デムーロが、春にルメールが達成したG1戦3連勝の記録に並ぶか注目だ。
    【菊花賞直前情報】アルアイン2冠奪取なるか?兼武助手は上積みアピール
    アルアインは坂路で最終調整を行った。兼武助手は「キャンターの気合乗りも良くていい雰囲気。一度使って素軽くなっています」と上積みをアピール。

     皐月賞から2冠奪取に臨む一戦。(16)番枠からの発進に「枠はそこまで気にならない。後はジョッキーに任せます」。ルメールは土曜に東京で固め勝ちとリズム良し。昨年のサトノダイヤモンドからの菊連覇へ、絶妙なヘッドワークでVへ導く。
    【菊花賞直前情報】ダンビュライトの音無師 馬場状態で戦術変更示唆
    ダンビュライトは坂路を駆け上がり、フットワークを確かめた。音無師は台風の進路状況に目をやり「馬場状態によっては後ろから行ってもダメかもしれないな。(立ち回りは)当日の馬場傾向もある。道悪は下手ではないので」と話した。

     鞍上はこのレース4勝の武豊。「外枠は乗りにくいかもしれないけど、ユタカだから考えて乗ってくれると思う」と名手の手綱さばきに期待を寄せた。
    【菊花賞直前情報】角居師 キセキに太鼓判「いい出来で使える」
     キセキは午前5時ちょうど、坂路をスムーズに駆け上がってきた。「いい出来で使えると思います。体は前回と同じくらい。落ち着きもありますね」と角居師。

     春を休養にあて、夏場に連勝。前走の神戸新聞杯で2着と一線級を相手に結果を残した。「春先も素質は見せてくれていたけど、秋になってだいぶしっかりしてきました」。着順が示す通りの成長モード。この勢いでG1獲りに向かう




    いつも競馬でお世話になっています。
    なんでこれだけの情報を無料で見ることができるのか?
    本当に質が高い予想に感謝していますよ
    ベストレコード・・・
    無料でこれほど質の高い予想サイトはない。
    まずは誰でもできる無料登録から
    bestre

    菊花賞予想|2017年|調教・追い切りニュースまとめ

    choukyou


    ランキングでは今週も無料予想GET
    馬券師が馬券的中を目指しますw
    http://keiba-ranking.club

    rannking


    ヤフーニュースより引用

    【菊花賞】ベストアプローチ 1馬身先着に岩田「折り合えるし、バテないので距離は問題ない」

     【菊花賞(日曜=22日、京都芝外3000メートル)注目馬19日最終追い切り:栗東】ベストアプローチは岩田騎乗で芝に登場。僚馬イダエンペラー(2歳未勝利)を4馬身前に行かせて追撃が始まった。

     雨で湿った馬場は本番でも想定される状況。欧州血統の栗毛馬は、そんな悪路を豪快なフットワークで突き進む。直線半ばで標的を捕らえると、ラスト1ハロンは12・2秒を刻んで、1馬身先着フィニッシュを決めてみせた(5ハロン66・5―37・5秒)。

     岩田騎手「下は悪かったけど、動きは素軽かった。折り合えるし、バテないので距離は問題ない。むしろ、いいんじゃないかと思う」

     荻野助手「ひと夏を越して体がしっかりした。ひと叩きしたことで、いくらか絞れてくると思うし、どういう結果が出るか楽しみ」

    【菊花賞】ミッキースワロー「リラックスして走れれば三千でも脚は使ってくれるはず」
     【菊花賞(日曜=22日、京都芝外3000メートル)注目馬19日朝の表情:美浦】京都への遠征を考慮して、前日は“静”の追い切りで体調を整えたミッキースワロー。この日は厩舎周りで引き運動を行い、落ち着いた様子で周回を重ねた。

     菊沢調教師「ひと夏を越して、肉体面が良くなり、走りがスムーズになった。精神面では落ち着きが出てきたのも大きいですね。当日のテンション次第ではありますけど、リラックスして走れれば、3000メートルでも脚は使ってくれるはず」
    【菊花賞】アルアイン、2冠へ「完璧」追い!
     クラシック最終戦、菊花賞の追い切りが18日、滋賀県の栗東トレセンで行われた。今年はダービーの1~3着馬が不在で混戦模様の中、皐月賞馬が存在感を示した。アルアイン(栗東・池江厩舎、牡3)がCWコースでの併せ馬で確かな伸びを見せて先着。皐月賞制覇時と同じように、休み明けをひと叩きして心身とも右肩上がりの態勢で、2冠達成に挑む。

     雨雲が去った栗東の空のように、2冠奪取へ視界良好だ。メンバー唯一のGI馬、アルアインがCWコースで力強い動き。風格漂う走りに、手綱を取ったルメール騎手は満足げにうなずいた。

     「すごくリラックスして自分から動いていた。前回は休み明けで少し重くて最後はちょっと疲れていたけど、今回はいいコンディション。状態は完璧になったと思う」

     プロフェット(1600万下)を2馬身追ってスタートし、序盤はゆったりしたペースで向こう正面を流す。3コーナー過ぎからスピードを上げ、内側に進路を取って最後の直線へ。仕掛けられると伸びやかなフットワークで加速し、クビ差先着した。前日までの雨の影響で稍重だった馬場状態を考えれば、6ハロン81秒5、3ハロン37秒3-12秒0の時計も上々。見届けた池江調教師は「使ったぶん、動きや息の入りがよくなっている」と納得の表情だ。

     今春は2カ月半ぶりの毎日杯で勝ち、1カ月後の皐月賞も制覇。担当の音瀬助手が、当時との共通点を語った。

     「(レースを)使ってガス抜きができて、余計なことをしなくなりました。春も、毎日杯を使った後に落ち着きが出ました。肉体的にも、使ってからビルドアップされて筋肉が付くタイプなので上積みはありますよ」

     3カ月半ぶりだった前走のセントライト記念は、見せ場十分ながら2着に終わった。その後、心身ともに一変の気配。皐月賞時の“Vモード”に入ったのは間違いない。

     名手・ルメール騎手も最後の1冠奪取へ自信をみせる。3000メートルへの対応力が鍵となるが、「いけると思います。オートドライブ。何もしなくていい。どんなペースでもいいポジションを取れるので、いけそう」。道悪になっても、重馬場で勝利経験があり問題はない。

     ルメール騎手は昨年、サトノダイヤモンドでV。秋華賞(ディアドラ)からの2週連続GI制覇に加え、1981、82年の菅原泰夫元騎手以来、史上4人目となる菊連覇もかかる。

     「すごく楽しみです。アルアインはまたGIを勝てると思います。先週(の秋華賞V)は素晴らしかった。また、GIを勝ちたいです」

     名手のエスコートで、史上9頭目の皐月賞&菊花賞の2冠(3冠馬は除く)達成へ。アルアインが歴史にその名を刻む。
    【菊花賞】キセキ、最後方から併入
     神戸新聞杯2着のキセキは芝コースの3頭併せで6ハロン82秒2、3ハロン37秒2-12秒0をマーク。最後方追走から、内ロイヤルバローズ(新馬)、中グローブシアター(1000万下)の外へ楽に並びかけ、ゴール前は手綱を抑え気味で併入した。

     M・デムーロ騎手は「追い切りでもいつも一生懸命だね。前回と変わらないいい動き」と状態キープを強調。距離や道悪については「前走の最後の伸びなら3000メートルも問題ない。きょうの少し重い馬場でもいい走りだったし、道悪も悪くないよ」と前向きだった。
    【菊花賞】ダンビュライト、力強い脚さばき
     神戸新聞杯4着のダンビュライトは坂路の併せ馬で一杯に追われ、4ハロン53秒0-12秒8。スティッフェリオ(1000万下)に1馬身遅れたが、脚さばきは力強かった。

     「しっかりやって動けていたし、馬体も見映えがいい。状態も前走と同様、いい意味で変わらない」と生野助手が力を込めれば、武豊騎手も「乗った感じはしぶといし、まぎれた時にうまくはまってくれれば」。キャリア8戦で1勝だが、皐月賞では3着。菊花賞最多の4勝を誇る名手を背に、再び大舞台で輝く
    【菊花賞予想|2017年|調教・追い切りニュースまとめ】の続きを読む

    菊花賞予想|2017年|予想オッズまとめ

    yosouodds

    競馬で勝ちたい・儲けたい
    そんな貴方様に・・・競馬劇場
    無料コンテンツ4つは完全オリジナル
    そんな無料コンテンツが見れる
    競馬劇場が熱い
    keibakaigi


    ヤフーニュースより

    【菊花賞展望】大混戦の3冠最終戦はトライアルVのミッキースワロー、キセキ、名手・武豊騎手騎乗のダンビュライトの争いか
    ◆第78回菊花賞・G1(10月22日、芝3000メートル、京都競馬場)

     第78回菊花賞・G1が10月22日、京都競馬場の芝3000メートルを舞台に行われる。

     日本ダービー1、2、3着馬レイデオロ、スワーヴリチャード、アドミラブルが不在の3冠最終戦。トライアルのセントライト記念を制したミッキースワロー(牡、美浦・菊沢隆徳厩舎、父トーセンホマレボシ)を中心視する。

     その前走、直線半ばで先頭に立った皐月賞馬アルアイン(牡、栗東・池江泰寿厩舎、父ディープインパクト)を並ぶところなく差し切った瞬発力が最大のセールスポイント。レースラップのラスト1ハロンが11秒0だから、この馬は確実に10秒台の末脚を使った計算になる。長距離戦特有の淡々とした流れで、上がりの勝負になれば、この馬を上回る脚を使える馬はいない。アエロリットで挑んだ秋華賞で1番人気を背負って7着と敗れた、横山典騎手と菊沢厩舎のタッグ。再び向かう淀のG1で今度こそ頂点に立つか。

     前哨戦としては合格点の競馬だったアルアイン。2400メートルの日本ダービー(5着)で直線で伸び切れなかっただけに距離延長がベターとはいかないが、そこは唯一のG1ホース。立ち回りの良さで勝機をうかがう。

     春の毎日杯3着のあと、休養を挟んで、夏は裏街道を歩んだキセキ(牡、栗東・角居勝彦厩舎)だが、中京、新潟で500万、1000万を連勝し、神戸新聞杯ではダービー馬レイデオロの2着。直線でインが開かずに外へ進路を切り替えながら伸びて、ラスト3ハロン(33秒9)はレイデオロを0秒2上回った。G1級の脚力に、馬群を割ることができる勝負根性を備えており、凡走のイメージはない。いまだ重賞勝利のないルーラーシップ産駒初のタイトルがG1になっても驚けない。

     同じ父のダンビュライト(牡、栗東・音無秀孝厩舎)は皐月賞3着、ダービー6着の安定感が武器。神戸新聞杯(4着)も2番手からしぶとく粘り込んだ。アロンダイト(2006年ジャパンCダート)を出した母系はパワーに優れ、ひと雨くればチャンス増大。スーパークリーク、ダンスインザダーク、エアシャカール、ディープインパクトで菊花賞4勝を挙げる名手武豊の手綱で期待が高まる。

     セントライト記念3着サトノクロニクル(牡、栗東・池江泰寿厩舎、父ハーツクライ)、神戸新聞杯3着サトノアーサー(牡、栗東・池江泰寿厩舎、父ディープインパクト)の池江×サトノ軍団2騎は上々の秋発進から戴冠を狙う。

     メンバー中では日本ダービー最先着(4着)のマイスタイル(牡、栗東・昆貢厩舎、父ハーツクライ)、「ステイゴールド×メジロマックイーン」配合で成長力あるウインガナドル(牡、美浦・上原博之厩舎)、東京スポーツ杯2歳S(1着)以来のブレスジャーニー(牡、栗東・佐々木晶三厩舎、父バトルプラン)もエントリーしている。
    【菊花賞予想|2017年|予想オッズまとめ】の続きを読む

    このページのトップヘ