競馬予想@競馬総合情報

競馬予想@競馬総合情報!、競馬予想で的中ラッシュするためにいろいろな視点からを作成しています。競馬予想データ、競馬ニュース、競馬情報など

    節分S

    【能力値ランキング】1月31日東京競馬場10レース(節分S)

    nouryokuchi



    管理人馬券
    2020-12-11_22h52_45
    2020-12-11_22h53_08
    2020-12-11_22h53_23



    節分S

    1位 オールイズウェル
    2位 レッドアルマーダ
    3位 テルツェット
    4位 インテンスライト
    5位 フォルコメン
    6位 レッドヴァール





    コアな競馬ファンは必ずチェックしたほうが良い。
    だってためになる無料情報が多い

    勝ち馬常勝理論


    2021-01-23_12h37_50


    節分S予想|2018年|直前情報まとめ

    chokuzen

    ヤフーニュースより


    展開を読む【節分S=スローペース】

     逃げ馬不在でマイネルメリエンダが押し出されての先手か。キャプテンペリー、ロジクライ、フィアーノロマーノは好位から早め進出を狙う。ヒーズインラブ、オブリゲーションは脚をためての直線勝負。好位組に有利な展開。
    【データで勝負】土曜東京11R・節分S
     【データからの注目馬・東京11R】

    ◎(12)アルジャンテ

    ☆近5回の同名レースを参考。連対馬は前走が同級で5着以内か、1000万下勝ちのどちらかに該当。勝ち馬の4頭は前走も同距離に出走していた。また、勝ち馬の平均上がり3ハロンは33秒7。連対馬の9頭は上がり3ハロン3位以内で決め手が必要

     前走、同舞台で1000万下勝ちしたアルジャンテ。実績のなかったマイル戦で好結果を出した点に成長がうかがえる。現級で2着の実績があり、昇級は形だけ。ここも持ち前の決め手が生きる。
    【前走後の談話】土曜東京11R・節分S
    ◇アルジャンテ「もともと、しまいはしっかりしているが、今日はいい位置で流れに乗れた。1400メートルに実績があった馬だけど、今の感じならマイルやさらに距離を延ばしても良さそう」(戸崎圭騎手)

     ◇アンタラジー「まだトップコンディションじゃないが、前走よりはいい状態だった。素質がある馬なので、このままいい感じの頃に戻れば」(ルメール騎手)

     ◇オブリゲーション「前回に乗ったときよりもパワーアップしていたし、成長を感じた。コンディションも完璧だったし、いいレースができた」(シュタルケ騎手)

     ◇キャプテンペリー「流れが遅かったが、あの位置でうまく我慢させることができた。一瞬やったかと思ったし、このクラスでやれるめどが立ちた」(大野拓騎手)

     ◇シャドウダンサー「前走はやめる面があったけど、今日は真面目に走ってくれた。馬のコンディションは良くなっていたし、スムーズな競馬ができた」(Cデムーロ騎手)

     ◇チャンピオンルパン「東京よりも中山が合う。本当はもう一列前で運びたかったけど、外めの枠だった。このクラスでもそこまで負けていないし、内容は悪くなかった」(横山和騎手)

     ◇ヒーズインラブ「スローペースで上がりの速い展開になってしまった。あまり器用なタイプではなさそうで、こういう競馬は苦手なパターンなのかもしれない。最後は詰めているが…」(武豊騎手)

     ◇フィアーノロマーノ「この馬のリズムで競馬ができたし、直線でも動いてくれた。まだ幼いところもあるので、これから解消してくれば」(川田将騎手)

     ◇マイネルメリエンダ「ペースが遅かったので、いい位置につけて競馬ができたと思うけど、最後は苦しくなってしまった。しっかりとけいこをやり、具合の良さも感じていただけに残念」(和田郎師)

     ◇マローブルー「馬は仕上がっていたが、間隔があいていた影響があったのでは」(ムーア騎手)

     ◇メイショウオワラ「前の馬が下がってきて、あのポジション(中位)からになった。それでもスッと折り合いがつき、いい感じで運べていたので、最後はもう少し切れるかと思ったが…。ただ、乗りやすいタイプなので、今日の走りならこのクラスでも通用しそう」(小牧太騎手)

     ◇ロジクライ「よく追い上げているが、ペースが遅かった。結果論になるが、(ハナへ)行っておけばよかった」(浜中俊騎手)


    しかも無料で予想を公開中wwwww
    競馬ジャパンの無料コンテンツが激アツw。
    フリーメールで登録可能なだけにチェックしないのは間違い。
    keibaj




    競馬ジャパンへ行く



    このページのトップヘ