競馬予想@競馬総合情報

競馬予想@競馬総合情報!、競馬予想で的中ラッシュするためにいろいろな視点からを作成しています。競馬予想データ、競馬ニュース、競馬情報など

    競馬2ch

    マーメイドステークス予想|予想オッズ|1番人気濃厚バウンスシャッセ|ネット評価



    無料予想が3連複ゲット!! 
    taf1

     

    【マーメイドS】-49キロのアースライズ色気あり

     7日のGI安田記念に続いて、今週も“勢い”に注目だ。日曜阪神の牝馬限定のハンデGIIIマーメイドステークス(14日、芝2000メートル)で重賞に初挑戦するマリアライトは、メンバー唯一の連勝馬。4歳を迎えて心身ともに成長して軌道に乗った良血のディープインパクト産駒が、3連勝での重賞初Vを狙う。

     小さなつぼみが大きく花開くときが来た。条件戦を連勝してきたディープインパクト産駒のマリアライトが、勢いそのままに初めての重賞へ。久保田調教師が愛馬の充実ぶりを口にする。

     「レース後の回復が早くなってきた。だいぶ馬がしっかりしてきたね。この中間もさらに良化している感じ」

     半兄にGI馬クリソライト(2013年ジャパンダートダービー)を持つ期待馬。馬格に恵まれた兄弟に比べて420キロ弱と小さく、素質に体力が追いつくのに時間がかかったが、今年2月の復帰戦(1000万下3着)で体が10キロ増えて力強さが出てきた。

     続く潮来特別(1000万下)を3馬身差で快勝。そして、前走の緑風S(1600万下)が圧巻だった。直線で1番人気馬に外からブロックされ、進路がなくなる厳しい競馬を強いられたが、一旦下げて、外へ出してからの差し切り。18頭中ただ1頭の牝馬が牡馬を手玉にとった。「たいしたもの。牧場、厩舎スタッフが大事に育ててくれたから、モノになってきた」。蛯名騎手も本格化の兆しを感じ取った。

     8日にハンデが53キロに決まった。前走と同じだ。マーメイドSは53キロ以下の軽量馬が活躍するレースで、過去10年で53キロの馬が最多の5勝をマーク。さらにディープインパクト産駒は過去3頭が出走し、12年グルヴェイグ、13年マルセリーナが優勝と、データがマリアライトを後押しする。

     久保田師が「秋に向けてどんな競馬ができるか」と期待を込めるマリアライト。メンバーを見渡しても連勝馬は1頭のみ。モーリスが勝った7日の安田記念と同様、勢いで実績馬を圧倒する。

    ★レース展望

     実績ではメンバー唯一の重賞馬バウンスシャッセが断然だ。フラワーC、中山牝馬SのGIII2勝に加え、GIオークスで3着。ハンデは他馬より最少でも2キロ重い56キロに設定された。一番軽い馬とは7キロ差ある。リラヴァティは前走のGIII福島牝馬Sで2着とメキメキ力を付けている。据え置きのハンデ53キロならば好勝負必至。過去にチューリップ賞2着があるウインプリメーラ(54キロ)、ただ1頭の連勝馬マリアライト(53キロ)も上位争いだ。過去10年で馬単万馬券が6回と難解なレースだけに、軽量馬にも注目。中でも最軽量49キロの3歳馬アースライズはフラワーC2着、オークス4着の実力馬。初の古馬相手でも十分に通用する。

    ★今週の馬券作戦

     先週の東京、阪神で牡馬と牝馬がともに出走したレースは36あり、牝馬は12勝、2着9回。特に特別戦では13レース中、牝馬が6勝、2着2回と活躍が目立った。そのうち3歳牝馬が3勝をマーク。世代のレベルの高さを物語っている。一般的に、気温が上昇するにつれて夏バテしやすくなる牡馬に対し、牝馬は暑さに強いといわれている。マーメイドSは牝馬限定戦だが、特別レースを中心に牝馬を狙ってみるのも馬券戦術の一つだ。

    【マーメイドステークス予想|予想オッズ|1番人気濃厚バウンスシャッセ|ネット評価】の続きを読む

    5

    安田記念予想|予想オッズ|1番人気モーリス|ネット評価まとめ


    管理人オススメ無料予想ありサイト
    sarab1

    ここの無料予想はチェック必至
    詳しくはサラブレッドリサーチ無料会員

     

     ダービーをドゥラメンテで制した堀厩舎が今週も超強力2頭出しで2週連続G1獲りを狙う。モーリスは関西から転厩後、3連勝でダービー卿CTを制覇。絶対王者不在のマイル戦線に登場した新星だ。前走は立ち遅れ気味にゲートを出たが、異次元の加速で後続を3馬身半突き放した。しかもレースレコードのおまけ付き。戸崎はレース後、「G1でも十分に通用する。これから先も楽しみ」と、その性能に太鼓判を押した。

     1週前追いは同じく安田記念に出走するリアルインパクトとWコースで併せ馬。追走から馬なりで併入と上々の動きを見せた。「やれば動き過ぎてしまうくらいの馬。背腰に疲れを残さないような調教をしてきた」と橋本助手は順調をアピール。初のG1参戦にも「差しが決まる馬場になっているでしょうし脚質的にも向くのでは」と、その破壊力が生きる府中でビッグタイトルをつかむつもりだ。

     
     

    安田記念予想オッズ

    1番人気 モーリス 4.1

    2番人気 フィエロ 4.6

    3番人気 ヴァンセンヌ 5.4

    4番人気 ミッキーアイル 5.9

    5番人気 ダノンシャーク 8.3

    6番人気 リアルインパクト 9.7

    7番人気 カレンブラックヒル 12.3

    8番人気 レッドアリオン 15.4

    9番人気 ダイワマッジョーレ 26.0

    10番人気 クラレント 29.5

    11番人気 フルーキー 35.1

    12番人気 ケイアイエレガント 36.0

    13番人気 サンライズメジャー 39.3

    14番人気 サクラゴスペル 50.9

     

     

    ツイッターの声

    【安田記念予想|予想オッズ|1番人気モーリス|ネット評価まとめ】の続きを読む

    5

    日本ダービー(東京優駿)回顧|福永が下手なのはわかったけどルメールも|ネット評価まとめ

     


    日本ダービーを外した人へ
    来週は安田記念!!
    yasud1


     
    【日本ダービー】ドゥラメンテ、ディープ超え2冠!凱旋門賞『チャンスある』

     

    ◆第82回日本ダービー・G1(31日・芝2400メートル、東京競馬場、良)

     第82回日本ダービー・G1(芝2400メートル)が31日、東京競馬場で3歳馬18頭によって争われた。単勝1・9倍と圧倒的1番人気のドゥラメンテが完勝。勝ち時計2分23秒2で2004年キングカメハメハ、05年ディープインパクトのダービーレコードを塗り替え、史上23頭目となる春の牡馬クラシック2冠を達成した。陣営は登録している世界最高峰のレース、凱旋門賞(10月4日、仏ロンシャン競馬場)への挑戦は未定としたが、主戦のミルコ・デムーロ騎手は「チャンスがある」と断言。スターホースの誕生とともに夢が大きく広がった。

    【写真】プレゼンターで登場した有村架純と瑛太

     12万9000人が詰めかけたスタンドからミルコ・コールが起こると、Mデムーロはドゥラメンテの背で喜びを爆発させた。「ウオーーー」。03年ネオユニヴァースに続く2度目の制覇だが、JRA騎手としては初。自然と声を張り上げていた。

     皐月賞は出遅れて後方からとなったが、スタートを決めて8番手。絶好の手応えで4コーナーを回り、ステッキが入った残り300メートルからグンと加速。直線で外に膨れた皐月賞と違い、馬場の真ん中から上がり3ハロン33秒9で危なげなく抜け出すと、後続は追いつけない。2着に1馬身3/4をつけてゴール。2冠達成で6897頭の頂点に立った。

     「1、2コーナーでちょっと引っかかったけど、直線で手前が変わったらすごい脚。チョーウレシイ。日本の騎手になってよかった。すごく感動した。夢みたい」。勝ち時計2分23秒2は父キングカメハメハ、ディープインパクトを0秒1上回り、10年ぶりにレースレコードを更新した。「皐月賞もガッツポーズしてレコードを更新できなかった(レースレコードに0秒2差の1分58秒2)」と笑ったが、歴代の名馬を超えた瞬間だった。

     父キングカメハメハ、母アドマイヤグルーヴ、祖母エアグルーヴと“G1馬”の血を凝縮して誕生した超良血馬。皐月賞を制したことで、一躍注目を浴びるようになった。高まる重圧にMデムーロも「レースが怖い」と感じるようになったが、レース2日前に母・ラファエラさん(61)から電話。「(弟の)クリスチャンもイタリアのダービーを勝った(17日にゴールドストリームで勝利)。あなたならできる」。この言葉で気持ちが楽になり、単勝1・9倍に応えた。

     自身の手で2冠に導いたネオユニヴァースと同じ軌跡を歩んでいるが、Mデムーロはさらなる可能性を口にする。「ネオより切れる脚がある。(登録のある)凱旋門賞に行くかどうかはオーナーと調教師が決めることだけど、行けばチャンスはある」。府中の杜(もり)を揺らした最強馬の夢は無限に広がっている。(橋本 樹理)

     ◆ドゥラメンテ 父キングカメハメハ、母アドマイヤグルーヴ(父サンデーサイレンス)。美浦・堀厩舎所属の牡3歳。北海道安平町・ノーザンファームの生産。通算6戦4勝。総収得賞金は3億9276万3000円。主な勝ち鞍は皐月賞(15年)。馬主は(有)サンデーレーシング。

     
    日本ダービー(東京優駿)動画-2015年
     
    【日本ダービー(東京優駿)回顧|福永が下手なのはわかったけどルメールも|ネット評価まとめ】の続きを読む

    目黒記念予想|調教・追い切り|ネット評価まとめ

     

    ここの無料予想が熱い!!
    。。。無料会員が見逃し厳禁

    gpj1
     




    本格化してきた、ダービーフィズハンデ54キロも魅力

    【目黒記念(日曜=31日、東京芝2500メートル):美浦発トレセン秘話】プリンシパルS(9日)の翌週に通称「RB会」なる飲み会を某所で開催した時のこと。開宴間もなく、主役のヨッチャンこと吉田芳行厩務員が席上でポツリとつぶやいた。

    「本当ならダービーの前祝いにしたかったけど、俺のもマルのも結果を出せなかった。ちょっと情けないやら、親分に申し訳ないやらでねぇ…」

    “俺の”とは青葉賞で10着に終わったストレンジクォーク、“マルの”とは丸目助手が担当するフォワードカフェ(プリンシパルS=15着)。親分とは言うまでもなく、御大・小島太調教師である。

    「親分はすごいよ。いまだに北海道の牧場を何か所も車を飛ばして回っている。おそらく700キロ近い距離を運転するんじゃないか。68歳であんなことできる人、他にいないね。それだけに…。引退まであと2年、チャンスも限られるから、今年は何とかダービーに馬を送り出そうと。これを合言葉に年明けから丸目とも奮闘を誓い合ってきたんだ。ジョッキー時代から華やかな舞台こそ似合う花形役者だしさ」

     ダービーに出走できるのはわずか18頭。7000頭前後の同期の0・3%にも満たない。出走するだけで栄誉なことであり、すべてのホースマンにとっての夢舞台。そんな当たり前のことを、改めて心に刻むヨッチャンの宴席での独白だった。

     それでもスンナリ引き下がらないのが、RB(リアル・ビーバップ)たるゆえんか。中間徹ばりの執念で(?)晴れのダービーデーに指揮官を府中に招くのはやっぱりヨッチャンの担当馬。12RのGII目黒記念に出走するダービーフィズである。

    「ダービーはダービーでもこっちのダービーかい、とは言わないの(笑い)。オープンには再昇級の形だけど、当時とは心身の成熟度が違う。5歳にしてようやく本格化してきた感じだし、何より今回は54キロのハンデが魅力。これまで条件戦では58キロとか57・5キロを背負わされてきた馬。460キロとガサがあるほうじゃないから、今回は斤量的にかなり違うと思うんだ」

     頂上決戦・ダービーは個人的に最も好きなレースだが、今年は“アナザー・ダービー”も大いに楽しみ。悲願の重賞Vなら今度の「RB会」はもちろんフィズで乾杯だ。

     
    昨年の目黒記念
     

    1着 マイネルメダリスト 蛯名正義

    2着 ラブイズブーシェ 古川吉洋

    3着 プロモントーリオ  三浦皇成

     

    主な馬の追い切り馬

    ヒットザターゲット

    5/27 栗東坂

    54.7-39.8-25.7-12.6

    ファタモルガーナ

    5/27 栗東坂

    55.3-39.6-25.3-12.6

    アドマイヤスピカ

    5/27 栗東CW

    84.7ー68.5ー53.2-38.6-11.9

    オーシャンブルー

    5/27 栗東CW

    54.1-41.2ー13.1

    ダービーフィズ

    5/27 南P

    66.4-50.9ー36.9ー12.2

     

     

    【目黒記念予想|調教・追い切り|ネット評価まとめ】の続きを読む

    5

    日本ダービー(東京優駿)予想|最新情報・前日オッズ|ネットまとめ

     


    ここの無料予想は必ずチェックします汗
    (トライキャスト)
    tor1





    ドゥラメンテが2.4倍で1番人気、リアルスティールが3.9倍で続く

     31日に東京競馬場で行われる、第82回日本ダービー(3歳・牡牝・GI・芝2400m・1着賞金2億円)の前日オッズがJRAより発表された。

     単勝オッズ1番人気には、金曜日発売では2番人気となっていた皐月賞馬ドゥラメンテ(牡3、美浦・堀宣行厩舎・2.4倍)が支持された。

     続いての2番人気は皐月賞2着のリアルスティール(牡3、栗東・矢作芳人厩舎・3.9倍)、3番人気は皐月賞6着からの巻き返しを狙うサトノクラウン(牡3、美浦・堀宣行厩舎・6.7倍)となった。

     以下、青葉賞を制したレーヴミストラル(牡3、栗東・松田博資厩舎・13.9倍)、京都新聞杯を勝ったサトノラーゼン(牡3、栗東・池江泰寿厩舎・14.4倍)、皐月賞3着のキタサンブラック(牡3、栗東・清水久詞厩舎・15.1倍)と続いている。各馬の単勝オッズは以下の通り。

     左から馬番、馬名、オッズ

    14 ドゥラメンテ 2.4
    13 リアルスティール 3.9
    11 サトノクラウン 6.7
    07 レーヴミストラル 13.9
    01 サトノラーゼン 14.4
    17 キタサンブラック 15.1
    06 ポルトドートウィユ 21.4
    02 タンタアレグリア 23.3
    15 ミュゼスルタン 25.8
    10 ミュゼエイリアン 31.9
    12 アダムスブリッジ 54.6
    16 スピリッツミノル 77.8
    05 ダノンメジャー 90.0
    08 ベルラップ 98.1
    04 グァンチャーレ 141.6
    03 コメート 163.8
    09 コスモナインボール 191.1
    18 タガノエスプレッソ 210.3

     その他、馬連は13-14が3.9倍、馬単は14-13が5.7倍、3連複は11-13-14が6.9倍、3連単は14-13-11が18.8倍でそれぞれ1番人気となっている。

    ※出馬表・成績・オッズ等は主催者発表のものと照合してください。

     
    【ダービー】スティールに福永納得
     
    【日本ダービー(東京優駿)予想|最新情報・前日オッズ|ネットまとめ】の続きを読む

    このページのトップヘ